Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC)

会社概要

■URL

http://www.aptiv.com

■本社所在地

5725 Delphi Drive, Troy, Michigan 48098-2815, USA

業容

-自動車市場にサービスするグローバルで主要な技術とモビリティー会社で電気、電子、アクティブセーフティー技術ソリューションの設計・製造を行っている。

-1991年にGMの部品部門 "Automotive Components Group"として設立。1999年に予定されたGMからの分離独立を見込んで、1998年に独立法人化。

-2017年12月期、配電システム (Electrical distribution systems)が全社売上の約47%を占めた。

-以下2部門で構成。

部門 主な取扱分野・製品 競合企業
シグナル・パワーソリューション (Signal and Power Solution)

-コネクションシステム
-エレクトリカルセンター
-電気・電子ディストリビューションシステム

-Draexlmaier
-Lear
-Leoni
-Molex
-住友電工
-TE Connectivity
-矢崎総業
先進安全性とユーザーエクスペリエンス (Advanced Safety and User Expereince)  

-コントロールとセキュリテイー
-インフォティメントとドライブ・インターフェイス
-先進運転支援システム

-アルパイン
-
Autoliv
-
Bosch
-
Continental
-
デンソー
-
Harman
-現代モービス
-パナソニック
-サムスン電子
-Valeo
-
Visteon
-
ZF

最近の動向

-2017年12月4日、以前のパワートレインシステム事業をDelphi Tchnologies PLCの名前でスピンオフし、分離した。

-2015年12月、英国のケーブルマネジメント製品メーカーHellermannTyton Groupを買収。



資本構成

-ニューヨーク証券取引所に上場。2017年12月4日のDelphi Technologiesのスピンオフの完了に伴い、社名と銘柄記号をAptiv PLCに変更した。

主要製品

シグナル & パワーソリューション (Signal & Power Solutions)
接続システム (Connection systems)
-クリップ、留め金、ルーティング補助製品 (Clips, clamps and routing aids)

  • 密封ワイヤータイクリップ (Sealed wire-tie clips)

-データ接続システム (Data connectivity systems)

  • 同軸ケーブルASSY (Coax cable assemblies)
  • ポート/メディアモジュール (Consumer ports and media modules)
  • 高速データケーブルASSY (High speed data cable assemblies)
  • ワイヤレスデバイス充電システム (Wireless device charging systems)

-ヘッダーシステム (Header systems)

  • ピンコネクター (Compliant pin technology)

-高出力コネクターシステム (High power connection systems)

  • 高電圧部品 (High voltage components)
  • 高電圧充電デバイス (High voltage charging device)

-液体シリコンおよびエラストマー技術 (Liquid silicone and elastomer technologies)

  • 粘剤ベースシリコンゴム密封部品 (Gum based silicone rubber sealing components)

-その他コネクター (Other connectors)

  • グラウンドシステム (Grounding systems)

-安全拘束装置 (Safety restraint systems)

  • 11mmスクイブコネクター (11 mm squib connectors)
  • 11mmリテーナー (11 mm retainers)

-自動車用スタンダードコネクターシステム (Standard automotive connection systems)

  • 150 & 280シリーズ GT FBT USCAR 非密封コネクターシステム (150 & 280 series GT FBT USCAR unsealed connection systems)
  • アクティブコネクターシステム (Active connection systems)
  • ErgoMate メカニカルアシストシステム (ErgoMate mechanical assist systems)
  • コネクター用フレキシブルビーム技術 (Flexible beam technology (FBT) for connectors)
  • OCSコネクター (密封、非密封) (OCS sealed and unsealed connectors)
  • パフォーマンスパックコネクターシステム (Performance pack connection systems)
  • ウエハーコネクターシステム (Waferized connection systems)

-端子システム (Terminal systems)

  • ブロック密封端子システム (Block-sealed terminal systems)
  • OCS端子 (OCS terminals)
  • L型クリンプウイング付き端子 (Terminals with L-shaped crimp wings)

-商用車用接続システム (Connection system for commercial vehicles)

  •  064コネクター (064 connectors)
  • 基盤間インターコネクト (Board-to-Board interconnects)
  • CTCSインターコネクションシステム (CTCS interconnection system)
  • Duconコネクター (Ducon connectors)
  •  GTコネクター (GT connectors)
  • 過酷環境コネクターおよび端子 (Harsh environment series (HES) connection systems and terminals)
  • J1939終端抵抗器 (J1939 terminating resistors)
  • Metri-Packコネクター (Metri-pack connectors)
  • Micro-Packコネクター (Micro-pack connectors)
  • マルチ分配システム (Distributed multiplexing systems)
  • その他コンポーネント各種 (Other components)
  • その他コネクター (Other connectors)
  • パフォーマンスパックコネクターシステム (Performance pack connection systems)
  • パワーパックコネクター (Power pack connectors)
  • ウェザーパックコネクター (Weather pack connectors)        

電気/電子アーキテクチャ (Electrical/Electronic Architecture)
-ケーブル・ワイヤー (Cables and wiring)

  • 0.13mm2 PVC薄肉ケーブル (0.13mm2 PVC thin-wall cables)
  • アルミケーブル (Aluminum cables)
  • バッテリーケーブル (Battery cables)
  • ハロゲンフリー薄型ケーブルおよび超薄型ケーブル (Halogen free thin-wall & ultra thin-wall cables)
  • PVC一次ケーブル (PVC primary cables)
  • RFケーブルASSY (RF cable assemblies)
  • XLPE一次ケーブル (XLPE primary cables)

-エレクトリカルセンター (Electrical centers)

  • バッテリーモニタリング機器 (Battery monitoring device)
  • DC/DCコンバーターモジュール (DC/DC converter modules)
  • アイドリングストップ付きエレクトリカルセンター (Electrical centers with start/stop technology)
  • ハイブリッド/EVエレクトリカルセンター (Hybrid/electric vehicle electrical centers)
  • パワーフレキシベルエレクトリカルセンター (Power flexivel electrical centers)
  • 密封プリント基板エレクトリカルセンター (Sealed printed circuit board electrical centers)
  • ソリッドステートリレー (Solid state relays)

-設計ツールセット (Velocity tool suite)

ハイブリッド車および電気自動車用製品 (Hybrid & Electric Vehicle Products)
-車載充電器 (Universal on-board battery chargers)
-ハイブリッド車用バッテリーパックシステム (Hybrid vehicle battery pack systems)
-コントローラー (Controllers)

  • バッテリーマネジメント制御 (Battery management controllers)
  • ハイブリッド車/電気自動車用ECU (Hybrid and EV controllers)
  • 統合ECU (エンジン、トランスミッション、モーター、ジェネレーター等を統合制御) (Supervisory controllers)

-電気自動車充電システム (Electric vehicle charging systems)

  • ケーブル一体型充電用カプラー (Charge coupler connectors with cables)
  • 携帯型電気自動車用充電器 (Portable electric vehicle chargers)
  • インレット (Charge inlets)

-蒸発ガスシステム (Evaporative emissions systems)

  • ハイブリッドキャニスターモジュール (Hybrid evaporative emissions canister modules)
  • 炭化水素センサー (Hydrocarbon sensors)

-高電圧ワイヤーおよびエレクトリカルセンター (High voltage wiring & electrical centers)

  • DC/DCコンバーターモジュール (DC/DC converter modules)
  • 高電圧ワイヤーASSY (High voltage wiring assemblies)
  • ハイブリッド/EVエレクトリカルセンター (Hybrid/electric vehicle electrical centers)

-統合ソリューション (Integrated solutions)

  • 統合インバーター、コンバーター、制御システム (Integrated inverter, converter and controllers)
  • パワーボックス (Power boxes)

-HEV用トラクションインバーター (Traction inverter for hybrid electric vehicles)
-音声発生装置 (Vehicle sound generators)
-多電圧ワイヤーASSY (Multi-voltage wiring assemblies)

先進安全性とユーザーエクスペリエンス (Advanced Safety and User Experience)
ボディ & セキュリティ (Body & Security)
-ボディエレクトロニクス (Body electronics)

  • ボディコントロールモジュール (Body control module)
  • パワーボディコントロールモジュール (Power body control modules)
  • 2.2トラックボディコントローラー (2.2 truck body controllers)

-セキュリティ & 車両アクセスシステム (Security and vehicle access systems)

  • 盗難防止システム (Anti-theft systems)
  • バックアップバッテリー付き警報発生器 (Battery backed sounders)
  • イモビライザー (Immobilizer systems)
  • 超音波内装保護システム (Ultrasonic interior protection systems)
  • 音声発生装置 (Vehicle sound generators)

ドライバーインターフェイス (Driver Interface)
-ディスプレイ (Displays)

  • 低価格車用インストクラスター (Instrument clusters for low-cost vehicles)
  • ハイブリッドクラスター (Hybrid clusters)
  • リコンフィギュラブルディスプレイパネル (Reconfigurable displays)

-メカトロニクス、スイッチ、コントローラー (Mechatronics, switches and controls)

  • 先進型ステアリングホイールコントローラー (Advanced steering wheel controls)
  • コラム一体型モジュール (Column integrated modules)
  • 一体型センターパネル (Integrated center panels)
  • マルチメディアインターフェースモジュール (Multimedia interface modules)
  • ルーフモジュール (Roof modules)
  • シートコントロールモジュール (Seat control modules)

インフォテインメント (Infotainment)
-最新受信システム (Advanced reception)

  • 接続システム (Connectivity systems)
  • Fuba 統合アンテナ (Fuba integrated antennas)
  • Fuba MIMO アンテナ技術 (Fuba MIMO antenna technologies)
  • Fuba モバイルテレビワールドチューナー (Fuba mobile TV world tuner)
  • Fuba マルチアンテナ受信システム (Fuba multiple antenna reception systems)
  • Fuba ロッドアンテナ (Fuba short rod antennas)

-オーディオシステム (Audio systems)

  • HDラジオ (HD radio)
  • MyFi接続インフォテインメントシステム (MyFi connected infotainment systems)
  • MyFi接続ナビゲーションラジオ (MyFi connected navigation radio)
  • 衛星ラジオシステム (Satellite radio systems)
  • 超軽量ラジオ (Ultra light radio)

-ナビゲーション (Navigation)

  • MyFi 3Dナビシステム (MyFi 3D navigation systems)
  • MyFi接続ナビゲーションラジオ (MyFi connected navigation radio)
  • タッチスクリーンナビゲーションラジオ (Touchscreen navigation radio)  

セーフティ関連電子部品 (Safety Electronics)
-アクティブ・セーフティ (Active safety)

  • 車間距離適応走行制御 (Adaptive cruise control)
  • 衝突緩和システム (Collision mitigation systems)
  • 電子走査レーダー (Electronically scanning radar)
  • レーダー・カメラ統合システム (Integrated radar and camera system)
  • インテリジェント前方視認カメラ - 100シリーズおよび200シリーズ (Intelligent forward view cameras -100 series and 200 series)
  • 駐車場誘導システム (Parking guidance systems)
  • 車線逸脱警報 (Lane departure warning)
  • 後方/側面検知システム (Rear and side detection systems)

-パッシブ・セーフティ (Passive safety)

  • クラッシュセンサー - エアバッグ制御ユニットおよびサテライトセンサー (Crash sensors - Airbag control units and electronic satellite sensors)
  • 乗員識別システム - 乗員検知およびシートベルトリマインダー (Occupant classification -  Occupant detection and seat belt reminders)

センサー (Sensors)
-シャシーセンサー (Chassis sensors)

  • 非接触ロータリー位置センサー (Non-contact rotary position sensors)

 

沿革

1991年 GMの部品部門、"Automotive Components Group"として設立。
1995年 Delphi Automotive Systemsに組織名を変更。
1997年 Delco Electronics (GM) をDelphiに移管。
1998年 GMの100%子会社として、米国デラウェア州で設立。
1999年01月 GMの部門・子会社整理により、Delphiの事業部門をGMから分離独立。
1999年05月 GMから完全に分離独立。
2002年03月 社名をDelphi Automotive Systems CorporationからDelphi Corporationに変更。
2003年11月 ドイツのGrundig Car InterMedia System GmbHを約39百万ドルで買収。同社は、自動車用オーディオシステム、テレマティクス機器、その他の自動車用エンターテイメントシステム等を供給。
2004年11月 古河電気工業と、北米にワイヤーハーネスの設計と生産、販売を行う合弁会社を設立すると発表。
2005年07月 アメリカの2工場を除くバッテリー製品ラインをJohnson Controlsに202.5百万ドルで売却。
2005年07月 保有する曙ブレーキ工業の全株式を売却したことが明らかになった。
2005年10月 米国連邦破産法第11章 (Chapter11) による会社更生手続きの申請を破産裁判所に行った。
2006年03月 欧州のブレーキメーカー、ローランド・ブレーキシステムズとインドにブレーキ用摩擦材の合弁会社を設立したと発表。
2006年第2四半期 中国上海のShanghai Delphi Automotive Air Conditioning Co. ("SDAAC") に約14百万米ドルを追加投資、SDAACの株主所有権を34%から50%に増加させた。
2006年04月 中国・上海に「中国テクニカルセンター (CTC)」を開設した。
2006年08月 芦森工業とのシートベルトの合弁事業を解消すると発表。
2007年10月 北京汽車工業と中国にシートベルト生産の合弁会社を設立。
2008年01月 ニューヨーク南地区の破産裁判所が共同再建計画の1次修正案を承認。
2008年10月 再建計画の1次修正案に対する再修正案を提出。
2009年03月 GMは同社への支援額を、当初予定の300百万米ドルから450百万米ドルに引き上げることで合意。
2009年10月 連邦破産法第11章 (チャプターイレブン) から脱却、事業再編計画が事実上完了した旨を発表。
2010年 Autolivに乗員パッシブセーフティ事業 (韓国・中国)、パイロテクニック・セーフティスイッチ事業 (欧州)、北京徳爾福汽車安全産品有限公司の株式51%を売却。
2011年11月 親会社Delphi Automotive PLCがニューヨーク証券取引所 (NYSE) に上場。
2012年10月 FCIグループより自動車部門MVLを買収。
2014年09月 北米最大手の自動車ガラス用コネクターメーカーAntaya Technologiesを買収。
2014年09月 メディアコネクティビティ製品を生産するUnwired Technologyを買収。
2015年04月 電気・電子アーキテクチャー部門の一部であったアルゼンチンのエレクトリカルワイヤー事業から撤退。
2015年06月 サーマルシステム事業をMahleに約660百万米ドルで売却完了。
2015年07月 自動運転システムソフトウェア開発会社Ottomatika, Inc.を32百万米ドルで買収。
2015年07月 電子・安全部門の受信システム事業 (自動車用アンテナや車載テレビチューナーなど) を中国の東北工業集団 [Northeast Industries Group] へ25百万ドルで売却。
2015年09月 サーマルシステム事業の一部であった、Korea Delphi Automotive System Corporationの残り株式を70百万米ドルで売却。
2015年11月 テレマティクスおよびクラウドホストデータ分析ソリューション会社であるControl-Tec, LLCを124百万米ドルで買収。
2015年12月 ケーブルマネジメント製品メーカーHellermannTyton Groupを10.7億ポンドで買収。
2016年03月 上海徳爾福汽車空調系統有限公司 [Shanghai Delphi Automotive Air Conditioning Systems Co., Ltd.] の保有株式50%を合弁先の上海航天汽車機電股份有限公司 [Shanghai Aerospace Automobile Electromechanical Co., Ltd.] に売却。
2016年03月 3Dディスプレイ技術の大手プロバイダー、PureDepth, Inc.の全株式を約15百万ドルで買収。
2016年12月 電子・安全部門の一部であったメカトロニクス事業の売却を完了。
2017年01月 OTAソフトウェアおよびデータ管理サービスを自動車産業向けに提供する大手プロバイダー、Movimentoを買収。
2017年11月 自動運転ソフトウエアーの開発者のnuTonomy,Incを買収。
2017年12月 Delphi Technologiesをスピンオフし、パワートレイン技術の開発に専念。

補足 1