Lear Corporation

会社概要

■URL

http://www.lear.com

■本社所在地

21557 Telegraph Road, Southfield, MI 48033 USA

業容

-同社事業は、シート部門とEシステム部門 (旧電装部品部門) の2部門で構成。同社製品は世界で400車種以上に搭載。

最近の動向

-2016年8月、電装部品 (Electrical) 部門の名称を、Eシステム (E-Systems) 部門に変更すると発表した。自動車電子システムが多様化し、同社が取り扱う電装部品と車両のコネクティビティ機能が拡大していることを反映した措置。

-2017年2月、Grupo Antolinの自動車シート事業を買収する合意文書に署名したと発表。買収額は286百万ユーロで、手続きは2017年上期に完了する予定。

競合企業

シート Eシステム
-Adient
-Faurecia
-Magna International
-トヨタ紡織
-テイ・エス テック
-Bosch
-Continental
-Delphi
-
デンソー
-Harman
-Hella
-Leoni
-住友電気工業
-TE Connectivity
-Valeo
-Visteon
-矢崎総業

資本構成

-ニューヨーク証券取引所に上場

主要製品

シート部門 (Seating)

-ジャストインタイムシートシステム (Just-in-time complete seat systems)
-ストラクチャーシステム (Structure systems)

  • フレーム (Frames)
  • StrucSuresモジュール フロント/リアシートアーキテクチャー (StrucSures modular front and rear seat architectures)

-フォーム (Foam)

  • SoyFoam部分的再生シート (Partially-renewable SoyFoam seats)

-裁断および縫製トリムカバー (Cut & sewn automotive trim covers)
-ファブリック (Fabrics) - Guilford Performance Textiles

  • たて編ニット (Warp knits)
  • 織布 (Woven fabrics)
  • ダブルニードルバーファブリック (Double needle bar fabrics)
  • バイラミネートファブリック (Bi-laminate fabrics)

-TeXstyle Enhance二次装飾技術 (TeXstyle Enhance secondary embellishment technologies)

  • 高周波溶接 (High frequency welding)
  • 顔料プリント (Pigment printing)
  • エンボス加工 (Embossing)
  • レーザーエッチング加工 (Laser etching)

-レザー (Leather) - Eagle Ottawa

  • 土汚れ防止仕上げ、リサイクル合成皮革 (Soil-prevention finished, recycled composition leather)
  • 低揮発性レザー (Low-volatile emission leather)

-ProActive Posture Seating 人間工学に基づいた個別シートシステム (ProActive Posture Seating individualized ergonomic seating system)
-機構部品 (Mechanisms)
-ヘッドレスト (Headrests)
-シート用電装部品およびソフトウェア (Seating related electrical and electronics (including software products))
-シート快適性技術 - 冷暖房システム (Seat comfort technologies - heating and cooling)
-INTU Seating インテリジェントシートソリューション (Intelligent seating solutions - INTU Seating)

電装部品部門 (Electrical)

配電システム (Electrical distribution systems)
-ワイヤーハーネスASSY (Wire harness assemblies)
-端子・コネクター (Terminals and connectors)
-ジャンクションボックス (Junction boxes)

  • スマートジャンクションボックス (Smart Junction Box (SJB) integrated with electronic module functionality)
  • ソリッドステートスマートジャンクションボックス (Solid State Smart Junction Box)

-高出力ハイブリッド電気システム・部品 (High power and hybrid electric systems and components)

  • 車載充電システム (On-board charging systems)
  • 充電用コードセット (Charge cord sets)
  • 高電圧配電システム (High voltage electrical distribution systems)
  • バッテリーモニタリング (Battery monitoring technology)

エレクトロニクス (Electronics)
-車体制御モジュール (Body control modules)

  • 内装機能制御システム (Interior function control systems)
  • インフォテインメントシステム (Infotainment systems)
  • スマートジャンクションボックス (Smart junction boxes)

-ゲートウェイモジュール (Gateway modules)
-ワイヤレスシステム (Wireless systems)

  • リモートキーレスエントリーシステム (Remote Keyless Entry (RKE) systems)
  • パッシブエントリー/パッシブスタートシステム (Passive Entry/Passive Start (PEPS) systems)
  • デュアルリモートキーレスエントリーシステム (Dual range/dual function remote keyless entry systems)

-照明制御モジュール (Lighting control modules)

  • 内装/外装LEDライト制御システム (LED lighting control systems for vehicle interiors and exteriors)
  • 外装ライトモジュール (Exterior lighting modules)
  • アダプティブフロントライト制御モジュール (Adaptive front-light control modules)
  • アダプティブLEDマトリックスビーム制御モジュール (Adaptive LED Matrix Beam control modules)

-オーディオエレクトロニクス (Audio electronics)

  • プレミアムオーディオアンプ (Premium audio amplifiers)
  • 車載音響システム (Complete vehicle sound system)

コネクティビティ (Connectivity)
-OTA無線ソフトウェア更新機能付きコネクテッドゲートウェイモジュール (Connected gateway modules with over-the-air software update capabilities)
-組み込み式移動体通信モジュール (Embedded cellular communication modules)
-e-Call緊急通報サービスモジュール (e-Call modules for emergency services)
-車車間・路車間 (V2X) 通信用DSRC (専用狭域通信) ユニット (On-board and roadside DSRC units for V2X communications)

沿革

1917年 American Metal Products Corporationとして、米国デトロイトに設立。
1993年11月 Ford Motor Co.のPlastics and Trim Products部門を買収。
1993年12月 親会社Lear Holdings Corporationを統合。
1994年12月 Gilardini S.p.A.からSEPI S.p.A.を買収。
1995年06月 Masland Corporationの株式97%を取得。
ブラジルに合弁会社Lear Seating Inespo Industrial Do Brasil L.T.D.A.を設立。
1995年08月 Automotive Industries Holding, Inc.を買収。
1995年10月 ブラジルに合弁会社Lear Seating Do Brasilを設立。
1996年07月 Acquisition Corp.をMaslandに統合。
1996年12月 インストルメントパネル、ドアパネル、その他自動車部品サプライヤーBorealis IndustrierABを買収。
1997年06月 Dunlop Cox Limitedを買収。
1997年07月 Keiper Car Seating GmbH & Co.の一部株式取得。
1997年08月 ITT AutomotiveのSeat Sub-Systems部門を買収。
1998年09月 Delphi Automotive Systemsのシート事業を買収。
1999年02月 PolovatとOvatexの自動車事業を買収。
1999年04月 Peregrine Windsor, Inc.の一部資産買収。
1999年05月 United Technologies Corporationの子会社、UT Automotive Inc.を買収。
1999年06月 Electric motor Systems (EMS) をJohnson Electric Holdings Limitedに売却。
1999年09月 Donnelly Corporationから合弁会社Lear-Donnelly Overhead Systems, L.L.C.への持株分50%を取得。
2000年05月 Motorola, Inc. と合弁会社設立。
2000年06月 シールおよび成形ゴム事業をAcoustiSealに売却。
2000年11月 高島屋日発工業と合弁で、Total Interior Systems (米国) を設立。
2000年12月 欧州のプラスチック・メタル製造4拠点を売却。
2000年 North American Interiors, L.L.C.、Pianfei Glass S.A.、Autoform Kunstoffteile GmbH、Autoform Kunstoffteile GmbH & Co.KG.を売却。
2002年02月 自動車用ワイヤーハーネス事業で三菱電線と包括的な業務提携を締結。
2002年04月 Xindiの子会社であるYuejin Motor Group Corporationと合弁会社Nanjing Lear Xindi Automotive Interiors System Co., Ltd. (Lear Xindi) を設立。
2006年 内装事業からの撤退を決定。欧州の内装事業を売却。
2007年03月 内装事業の売却を完了。
2009年07月 米連邦破産法11条の適用を申請。米国とカナダの子会社も申請対象に含まれる。
2009年11月 米連邦破産法11条の適用から脱却。
2012年05月 自動車用および特殊製品用のファブリックメーカーGuilford Mills Inc.を買収。
2015年01月 自動車用レザーのサプライヤーEagle Ottawaを850百万ドルで買収。
2015年08月 車載システム向けソフトウェアおよびデバイスを開発するAutonet Mobileから知的財産および技術を取得。
2015年11月 車車間・路車間 (V2X) 通信システムを開発するArada Systemsを買収。
2016年12月 特殊ファブリックの開発・製造会社AccuMED Holdings Corp.を買収。
2017年02月 Grupo Antolinの自動車シート事業を買収する合意文書に署名。

補足 1