芦森工業 (株)

会社概要

■URL

http://www.ashimori.co.jp

■本社所在地

〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江3-10-18

業容

-事業は以下3部門で構成:

  • 自動車安全部品事業:自動車用シートベルト、エアバッグ、後部車室用カバー (トノカバー)、電動リアサンシェード等
  • 機能製品事業:高機能資材織物、消防用ホース、パルテム事業 (管路補修システム) 等
  • その他:不動産管理

-自動車安全部品事業の売上高は、売上高全体の約71.5%を占める。(2017年3月期)

資本構成

-東京証券取引所一部上場 (2017年3月31日現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
日本毛織株式会社 28.12
芦森工業取引先持株会 4.74
芦森工業従業員持株会 2.88
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 (信託口) 2.29
CBNY DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO 2.20
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 1.90
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口5) 1.37
個人株主 1.21
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口1) 1.17
日本生命保険相互会社 1.11
合計 46.99

主要製品

自動車安全部品事業 (Automotive Safety System Division)
-シートベルト (フロント/リア) (Automotive seat belts; front, rear)

  • リトラクター (チャイルドシート固定機能付き) (Retractors equipped for child restraint system locking capability)
  • リトラクタープリテンショナー (Retractor pretensioners)
  • ラップアンカープリテンショナー (Lap anchor pretensioners)
  • ロードリミッター (シングル/ダブル/可変) (Load limiters; single, double, variable)
  • モーター巻き取り式リトラクター (Motorized roller-type retractors)
  • テンションリデューサー (Tension reducers)
  • ショルダーアンカーアジャスター (Shoulder anchor adjusters)
  • バックル/タング (Buckles and tangs)
  • ウェビング (Webbing)


-エアバッグ (Air bags)

  • フロントエアバッグ (Front air bags)
  • カーテンエアバッグ (Curtain air bags)
  • サイドエアバッグ (Side air bags)


-トノカバー (Tonneau covers for auto
mobile)

  • トノカバーとリアシートをカバーするタイプ (Type that covers the space between the tonneau cover and the rear seat)
  • バックドア連動タイプ (Type that is connected with the trunk door)
  • フロントカバー付きタイプ (Type with front cover)


-手動ドアシェード (Manual door shades)

-電動リアシェード (Electric rear shades)

-ステアリングホイール
(Steering wheels)

沿革

1878年11月 芦森武兵衛が個人経営で、我が国最初の伝導用綿ロープの製造に着手。その後、紡織用スピンドルテープおよびバンドを主とする細巾織物、組紐の製造に着手。
1935年12年 法人組織にし、株式会社芦森製綱所 (資本金100万円) 設立。
1943年05月 企業整備を契機に東洋紡績株式会社に経営委任。
1944年05月 社名を芦森工業株式会社に改称。
1949年02月 東洋紡績株式会社より株式を買い戻して独立。
1950年01月 大阪証券取引所市場第一部上場。
1952年09月 消防用「ジェットホース」の製造販売を開始。
1953年02月 東京支店 (現東京支社) を東京都中央区に開設。
1953年11月 合成繊維ロープの製造販売を開始。
1960年10月 大阪市東淀川区の本社工場を、本店 (大阪市東区) と大阪工場 (摂津市) に分離して新築移転。
1961年12月 東京証券取引所市場第一部上場。
1962年06月 自動車用シートベルトの製造販売を開始。
1963年12月 東京支店の社屋を新築移転。(東京都中央区)
1967年06月 英国アンガス・ファイヤー・アーマー社と技術提携し「ラインホース」の製造販売を開始。
1976年12月 ロープと浮子を一体成形した浮子綱「アバライン」の製造販売を開始。
1980年07月 東京瓦斯株式会社との共同開発により導管補修工法「パルテム」の実用化に成功。
1981年02月 「パルテム」の工事専門会社として芦森エンジニアリング株式会社を設立。
1972年03月 ノルウェーのフィスケベグン社と「アバライン」の技術援助契約を締結し、現地生産を開始。
1972年09月 台湾の明芳工業股份有限公司とシートベルトの技術援助契約を締結。
1985年04月 福井工場を開設し、ロープ事業を集約化。
1985年04月 中国の天津市織帯一廠と消防用ホースの設備および技術援助契約を締結。
1986年10月 「パルテム」の専用工場として東京工場を新設。
1988年04月 東京支店を支社に改称し、東京都文京区に移転。
1988年11月 本社を大阪市西区に新築移転。
1989年04月 海外子会社Ashimori International Ltd. (旧Ashimori Europe Ltd.) を英国に設立。
1990年10月 「自動車安全部品」の専用工場として防府工場を新設。
1992年07月 組織体制整備のため東京工場を廃止。
1996年05月 東京支社を東京都中央区に移転。
1998年02月 タイ国のKPNGroup Co., Ltd.および (有) トーヨー産業と合弁会社KPN Ashimori Co., Ltd.設立。
2000年09月 Ashimori America Inc.を米国ミシガン州に設立。
2000年09月 米国デルファイ・オートモーティブ・システムズ社 (現デルファイ社) とシートベルトの製造・販売を目的とした合弁会社を設立。
2001年03月 米国デルファイ社とエアバッグ事業に関する業務提携契約を締結。
2003年07月 Ashimori (Thailand) Co., Ltd.の増資を全額引き受け。
2004年05月 Ashimori International Ltd.を清算。
2005年04月 芦森科技 (無錫) 有限公司 [Ashimori Technology (Wuxi) Co., Ltd] を中国江蘇省無錫市に設立。
2007年10月 米国デルファイ社との合弁契約を解消。
2007年12月 Ashimori America Inc. を解散。
2008年07月 芦森工業山口株式会社を設立。
2008年10月 「自動車安全部品」の専用工場として浜松工場を新設。
2009年10月 Ashimori India Private Ltd.をインド ラジャスタン州に設立。
2011年10月 Ashimori Korea Co., Ltd.を韓国江原道原州市に設立。
2012年02月 Ashimori Industria de Mexico, S.A. de C.V.メキシコ・グアナファト州シラオ市に設立。
2013年04月 無錫芦森国際貿易有限公司を中華人民共和国江蘇省無錫市に設立。
2015年11月 札幌営業所を開設。
2016年05月 オールセーフ株式会社を子会社化。
2016年10月 東北営業所・中部営業所・九州営業所を開設。札幌営業所を北海道営業所に改称。
2017年06月 欧州事務所をドイツ連邦共和国バーデン=ブュルテンベルク州に開設。

補足 1