Autoliv, Inc.

会社概要

■URL

http://www.autoliv.com

■本社所在地

Klarabergsviadukten 70, Section B7, SE-111 64, Stockholm, Sweden

業容

-セーフティシステムの世界最大手サプライヤー。パッシブセーフティシステムおよびアクティブセーフティシステムの両方を開発、製造、販売。主要製品はエアバッグ、インフレーター、シートベルト、ステアリングホイール、セーフティエレクトロニクス、レーダー、ナイトビジョン、ECU、カメラステム。

-1997年にAutoliv AB (スウェーデン) とMorton ASP (米国) が合併して創立。

-自動運転車両向けにアクティブセーフティシステムとパッシブセーフティシステムの統合を目指している。

-2017年12月末時点、パッシブセーフティシステムにおける同社の市場シェア―は約38%。シートベルトで約40%、エアーバッグで40%、ステアリングホイールで30%以上。またアクテイブセーフティシステムで15%から20%の市場シェア―。

-2015年1月1日、同社事業をパッシブセーフティ (Passive Safety) とエレクトロニクス (Electronics) の2部門に再編。パッシブセーフティ部門はエアバッグ、シートベルト関連製品・部品、エレクトロニクス部門はパッシブセーフティおよびアクティブセーフティ用の電子部品・システムが含まれる。






競合

パッシブセーフティ エレクトロニクス
-芦森工業
-Chris-Cintos
-デンソー
-現代モービス
-錦恒 (Jinheng)
-Key Safety Systems
-日本プラスト
-Samsung
-タカタ
-東海理化
-豊田合成
-ZF-TRW
-Aptiv
-アドヴィックス
-Bosch
-Continental
-デンソー
-Gentex
-Hella
-Magna
-Mando
-Mobileye
-パナソニック
-ZF-TRW
-Valeo

資本構成

-ニューヨーク証券取引所、ストックホルム証券取引所上場 (2017年12月31日現在)
株主名 保有株数 保有比率 (%)
Alecta Pension Insurance Mutual 8,262,500 9.4
AMF Pensionforsakring AB 5,529,279 6.3
JPM Chase & Co. 3,925,627 4.5
Forsta AP-Fonden 3,051,751 3.5
Swedbank Robur Fonder AB 3,043,978 3.5
Management & Directors as a group 320,368 0.4
合計 (上位6株主) 24,133,503 27.7
発行済株式数 86,972,854 100.0

主要製品

パッシブセーフティシステム (Passive Safety Systems)
エアバッグシステム (Airbag systems)
-ドライバーエアバッグ (Driver airbags)
-助手席用エアバッグ (Passenger airbags)
-ニーエアバッグ (Knee airbags)
-抗スライドエアバッグ (Anti-sliding airbags)
-サイドカーテンエアバッグ (Side-curtain airbags)
-サイドエアバッグ (Side airbags)
-リアエアバッグ (Rear passenger airbags)
-フロントセンターエアバッグ (Front center airbag)
-胸部エアバッグ (Thorax bags)
-頭部、胸部 (Head-thorax bags)
-ドア搭載インフレーターカーテン (Door mounted inflatable curtains)
-骨盤、胸部エアバッグ (Pelvis and thorax bags)
-座席間エアバッグ (Far-side airbags)
-ベルト内エアバッグ (Bag-in-belt airbags)

チャイルドシート (Child restraints)
-シート内蔵型チャイルドシート (Integrated child booster cushions)

インフレーター (Inflators)
-点火式エアバッグインフレーター (Pyrotechnic airbag inflators)
-ガス式エアバッグインフレーター (Stored gas airbag inflators)
-電気式イニシエーター (Electrical initiators)
-マイクロガスジェネレーター (Micro gas generators)

ステアリングホイール (Steering wheels)
-エアバッグ付きハブ固定式ステアリングホイール (Fixed-hub steering wheels with optimized airbags)
-電動バイブレーションモーター付きステアリングホイール (Steering wheels with electrical motor for vibration)
-ヒーターリム付きステアリングホイール (Steering wheels with heated rim)

シートベルトシステム (Seatbelt systems)
-ベルトグラバー (Belt grabbers)
-ベルトインシート (Belts-in-seat)
-バックル (Buckles)
-高さ調整機構 (Height adjusters)
-ロードリミッター (Load limiters)
-プリテンショナー (Pretensioners)
-リトラクター (Retractors)
-スマートベルト (Smart belts)
-トランクベルト (Trunk belts)
-補助ベルト (Supplemental belts)

歩行者保護 (Pedestrian protection)
-点火式アクティブフードリフター  (Pyrotechnic active hood-lifters)
-歩行者保護用エアバック (PPA: Pedestrian Protection Airbag)

むち打ち防止システム (AWS: Anti-whiplash systems)

追加安全機能 (Additional safety features)
-バッテリー切断用安全スイッチ (Battery disconnect safety switches)
-パイロ安全スイッチ (Pyro safety switches)
-自動ボルトリリースシステム(Automatic bolt release system)
-インテグレートチャイルドブースターシート (Integrated child booster seats)

繊維 (Textiles)

エレクトロニクス (Electronics)
パッシブセーフティーエレクトロニクス (Passive safety electronics)
-電子制御装置 (ECU)
-サテライトセンサー (Satellite sensors)
-セーフィティドメインコントローラー (Electronic safety domain controllers)
-衝突センサー (Crash sensors)

ブレーキコントロール (Brake controllers)
-統合慣性センサー (Integrated inertial measurement unit to combine brake and restraint control systems)
-ステアリングホイール角度センサー (Steering wheel angle sensors)
-ヨーレートセンサー (Yaw rate sensors)
-ロールレートセンサー (Roll rate sensors)
-側面および縦軸加速センサー (Lateral and longitudinal acceleration sensors)
-ホイールスピードセンサー (Wheel speed sensors)

レーダーシステム (Radar systems)
-中短距離レーダーシステム (Short and medium range radar systems)
-長距離レーダーシステム (Long range radar systems)
-超高帯域レーダー (Ultra wide band radars)
-狭帯域レーダー (Narrow band radars)
-マルチモードレーダー (Multi mode radars)

ビジョンシステム (Vision systems)
-単眼カメラシステム (Mono-vision camera systems)
-ステレオカメラシステム (Stereo-vision camera systems)
-歩行者御および動物を認識照明する夜間ダイナミックスポットビジョンシステム (Dynamic spotlight night vision system to identify and highlight pederians and animals)
-ナイトビジョン赤外線センサー (Night vision infrared sensor)

アクティブシートベルト (Active seatbelts)

ロードスケープGNSS モデュール (RoadScape GNSS modules)

LiDARシステム (LiDAR system)

ドライバーモニタリングシステム (Driver monitoring system)

拘束コントロールシステム (Restraint control system)

沿革

1956年 Autoliv ABがシートベルト事業を開始。
1996年10月 Autoliv ABと、北米・アジアのエアバッグ・リードメーカー、Morton ASP の統合によりAutoliv Inc.設立。
1997年 Marling Industries Plcと、Van Oerle Albertonを買収。
1998年 Autoliv-Nokiaおよび Nokiaの自動車関連事業の50%株式取得。
Sagem-Autolivの50%株式取得、およびその他エレクトロニクス関連合弁会社の株式取得。
日本のSensor Technologies社の資産買収。
米国でのステアリング・ホイール生産開始。

1999年10月

エストニアのNorma ASの株式 49.5%を取得。同社はロシア向けの大手シートベルトサプライヤー。保有株式数を51%まで引き上げるオプションを取得。

1999年

アルゼンチン、カナダ、ポーランド、トルコ、およびチュニジアの新工場の建設完了。
日本の新テクニカルセンターの建設を完了。
2000年1月 泉自動車の99%株式取得。
2000年4月 NSK (北米シートベルト事業) が、アジアシートベルト事業の40%株式取得。

2000年5月

エアバッグインフレーター用イニシエーターの大手サプライヤー、OEAを買収。

2000年10月

米国のリード線事業を、Tyco International Ltd.の一部門であるTyco Electronics Corporationへ売却。

2000年11月

韓国の大手部品メーカーMandoと共同で、合弁会社Autoliv Mando Corporationを設立。出資比率65%。
2002年4月 VisteonからRestraint Electronics Businessを買収。
2002年9月 Maw Hung Industrial Corporation (中国長春) と新しい合弁会社を設立。
2003年4月 欧州の大手エアバッグ用インフレーテーおよびイニシエーターメーカーLivbag (フランス) の株式17%を取得。
2004年6月 中国長春市に、Maw Hung Industrial Corp.と合弁会社Autoliv Maw Hung Vehicle Safety Systems (ACC) を新設。
2004年12月 中国のエアバッグ会社Autoliv (Shanghai) Vehicle Safety Systemsの残りの発行済み株式40%の取得契約を締結。
2006年7月 中国のシートベルトメーカーNanjing Honggouang-Autoliv Safety Systems Co., Ltd. (NHA) に追加投資して20%を新規に獲得、株式保有を70%とした。
2007年1月 韓国Autoliv-Mandoの未取得分株式35%を取得することで合意。
2007年10月 中国の合弁会社 Autoliv (Changchun) Maw Hung Vehicle Safety Systemsを完全子会社化。
2007年10月 インドの合弁会社「Autoliv IFB Private Limited.」の株式50.01%を取得し、完全子会社化。
2008年7月 Tyco Electronicsの車載レーダーセンサー事業を買収することで合意。買収金額は42百万ドル。
2009年11月 Delphiからパッシブセーフティシステム事業の北米資産を取得することを発表。
2009年12月 Delphiから欧州のエアバッグおよびステアリングホイール事業を買収することを発表。
2010年1月 合弁会社「オートリブニチユ」の発行済み株式40%を取得し完全子会社化することで合意。
2010年1月 Delphiから韓国と中国の乗員パッシブセーフティ (OPS) 事業を買収。
2010年3月 Visteonのレーダーシステム事業を買収。
2010年4月 Delphiからパイロテクニック・セーフティースイッチ (PSS) 事業の欧州資産を取得。
2011年 AXTYSから長距離レーダーに関する技術供与を受ける。
2011年 Hellaから自動車用ビジョンシステムに関する技術供与を受ける。
2011年11月 米国の化学繊維会社Millikenより、エアバッグクッションのカットソー設備を買収すると発表。
2012年6月 子会社Autoliv Mekan ABをスウェーデンの非公開会社Verktygs Allians i Hassleholm ABへ売却。
2015年8月 M/A-COM Technology Solutions (MACOM) より自動車部品事業を買収。
2016年4月 日信工業とのブレーキコントロールシステム合弁会社 「Autoliv-Nissin Brake Systems (ANBS)」 の設立手続きが完了。
2016年9月 Volvo CarsとADASおよび自動運転システムの開発合弁会社、Zenuityの設立について合意。
2017年4月 ADASと自動運転シスエムのソフトウエアー開発する同社とボルボ50/50の合弁会社のZenuityの運営開始。

補足 1