住友電気工業 (株)

会社概要

■URL

http://www.sei.co.jp

■本社所在地

〒541-0041 大阪市中央区北浜4-5-33 住友ビル

業容

-ワイヤーハーネス製造の大手メーカー。

-事業は以下の5部門で構成:

  • 自動車関連事業 (Automotive Business)
  • 情報通信関連事業 (Infocommunications Business)
  • エレクトロニクス関連事業 (Electronics Business)
  • 環境エネルギー関連事業 (Environment and Energy Business)
  • 産業素材関連事業他 (Industrial materials Business)

-自動車関連事業では、ワイヤーハーネス、自動車用電装部品 (同社、住友電装)、防振ゴム・自動車用ホース (住友理工)、を扱う。 2017年3月期の全売上高に占める、自動車関連事業の割合は53.7%。

-ハーネス事業の体制は以下の通り。

会社名 担当業務
同社 事業戦略、営業、製造
住友電装 (株) 開発、設計、製造
(株) オートネットワーク技術研究所 研究開発

資本構成

-東京証券取引所一部、名古屋証券取引所一部、福岡証券取引所上場 (2017年3月31日現在)
氏名および名称 出資比率 (%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 7.70
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 (信託口) 6.24
日本生命保険相互会社 3.11
住友生命保険相互会社 1.96
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口5) 1.83
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口9) 1.78
GOVERNMENT OF NORWAY 1.49
STATE STREET BANK WEST CLIENT - TREATY 505234 1.45
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口7) 1.37
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口1) 1.35
合計 28.28

主要製品

自動車用ワイヤーハーネス (Wiring harnesses for automobiles)
-アルミハーネス (Aluminum wiring harnesses)
-光ハーネス (Optical harnesses)
-スライドドア用ハーネス (Harnesses for sliding doors)
-アンテナハーネス (Antenna harnesses)

ワイヤーハーネス構成部品 (Component parts of wiring harnesses)
-コネクター (Connectors)

  • 防水コネクター (Waterproof connectors)
  • 高周波コネクター (High-frequency connectors)
  • モジュール用コネクター (Connectors for modules)

-電線 (Electric wires)

  • 自動車用低圧電線 (Low-voltage cable electric wires for automotive)
  • ISO適合PVC導線 (PVC conductive wires complied with ISO)
  • アルミ電線 (Aluminum wires)

-外装品 (Exterior equipments)

  • コルゲートチューブ (Corrugated tubes)
  • シンプルプロテクションネット (Simple protection nets)
  • グロメット (Grommets)

電気自動車/ハイブリッド車/プラグイン・ハイブリッド車用製品 (Products for Electric Vehicles, Hybrid Vehicles, Plug-in Hybrid Vehicles)
-床下パイプハーネス (Under-floor pipe harnesses)
-モーターケーブル (Motor cables)
-充電コネクター (Charger connectors)
-高圧ジャンクションブロック (High-voltage junction blocks)
-バスバーモジュール (Bus bar modules)
-耐熱電線 (Heat resistance wires)

エレクトロニクス製品 (Electronics components)
-ECU (Electronics Control Unit)
-ゲートウェイ (Gateway)
-ジャンクションブロック (Junction blocks)
-リレーボックス (Relay boxes)
-小型リレーモジュール (Small relay modules)
-パワーディストリビューター (Power distributors)
-ヒーターコントロールパネル (Heater control panels)
-センターモジュール (Center modules)

防振ゴム (Anti vibration rubbers)
-高機能ゴム材料 (Highly-functional rubber materials)
-アクティブコントロールマウント (ACM: Active Control Mount)
-液体封入式サスペンションブッシュ (Liquid enclosed type suspension bushes)
-ダイヤフラム式アキュムレーター (Diaphragm accumulators)
-高耐久ゴム製ブシュ (Bushes made from highly durable rubber)

タイヤ用製品 (Components for tires)
-スチールコード (Steel cords)
-ビードワイヤー (Bead wires)

焼結接合部品 (Powder metallurgical products)

車輪速センサー (Wheel speed sensors)

ブレーキ用ABSセンサーケーブル (ABS sensor cables for brake)

沿革

1897年04月 住友本店が日本製銅株式会社を買収し、直営事業として大阪市北区安治川上通に住友伸銅場を開設、銅電線などの製造を開始。(創業)
1899年03月 大阪製銅株式会社を買収し、住友伸銅場中之島分工場を開設。
1890年04月 被覆線の製造開始。
1909年10月 通信用ケーブル試作開始。
1911年08月 住友伸銅場より電線製造業を分離し、住友電線製造所を置く。ほぼ、あらゆる電線ケーブルの製造能力を持つにいたる。(創立)
1916年04月 エナメル線の製造開始。
1916年12月 現在の大阪製作所の地に新工場を建て移転完了。
1920年12月 住友総本店から分離独立、株式会社住友電線製造所に改組。(設立) (資本金1千万円)
1931年10月 東海電線株式会社 (現・住友電装株式会社) に資本参加。
1932年09月 耐酸ニッケル線など特殊金属線の製造開始。
1937年10月 東海護謨工業株式会社 (現・東海ゴム工業株式会社) に資本参加。
1939年11月 社名を住友電気工業株式会社 (現社名) と改称。
1943年01月 防振ゴム、続いて燃料タンクの製造開始。
1946年01月 東京支店 (現本社)、名古屋出張所 (現中部支社) および福岡出張所 (現九州支店) を開設。
1948年11月 焼結製品の販売開始。
1949年05月 株式を東京・大阪・名古屋の各証券取引所に上場。
1962年07月 本社を大阪市此花区より現在地 (大阪市中央区) に移転。
1963年06月 ディスクブレーキの製造開始。
1986年06月 米国にスミトモエレクトリックワイヤリングシステムズインク設立。
1993年01月 播磨研究所開設。
1999年07月 住友電工ブレーキシステムズ株式会社にブレーキ・ABS事業を営業譲渡。
2000年07月 米国オハイオ州のTRWとの合弁で米国オハイオ州の「ルーカス・スミトモ・ブレーキス」の株式を買収、完全子会社化。
2000年11月 タイにディスクブレーキ用の製造会社SEIブレーキシステムズ・タイランドを設立。
2001年03月 住友電装などと合弁でイタリアにワイヤーハーネスを生産する新会社「SEWSカビンド」設立。
2006年03月 ドイツの自動車用ワイヤーハーネスメーカー (現・スミトモエレクトリックボードネッツェゲーエムベーハー) を買収。
2007年08月 住友電装株式会社を完全子会社化。
2009年08月 光・電子デバイス事業の組織再編により住友電工デバイス・イノベーション株式会社が発足。
2012年 韓国の大手タイヤ補強材メーカーの暁星 [Hyosung Corporation] とタイのラヨーン県に合弁会社「Sumiden Hyosung Steel Cord (Thailand) Co., Ltd.」を設立。
同社と住友電装は、充電コネクターを手がける独レマ社とともに電気自動車用コネクターの開発、設計を行う合弁会社「スミ・レマ・EVソリューションズ」を設立。

補足 1