Tenneco Inc.

会社概要

■URL

http://www.tenneco.com

■本社所在地

500 North Field Drive, Lake Forest, IL 60045, USA

業容

-クリーンエアおよびライドパフォーマンス分野の製品・システムを製造。小型車両、商用トラック、オフハイウェイ車両向けに供給。

-同社事業は、クリーンエア部門 (Clean Air) とライドパフォーマンス部門 (Ride Performance) の2部門で構成。

-同社は世界中で435プラットフォームに製品を供給している。

-クリーンエア部門は、自動車メーカー約25社に製品を供給しており、2017年で欧州で生産された乗用車トップ10モデルのうち5モデル、北米で生産された小型トラックでトップ10モデルのうち8モデルに製品を供給している。

-ライドパフォーマンス部門も、自動車メーカー約25社に製品を供給しており、2017年で欧州で生産された乗用車トップ10モデルのうち5モデル、北米で生産された小型トラックでトップ10モデルのうち8モデルに製品を供給している。

-2012年~2016年、市場需要に基ずく拡張戦略と同地域への投資額を反映して、アジア太平洋地域の前年同期比での売上高の伸びが他の全ての地域をリードした。2011年以降、毎年売上高を拡大しているのはアジア太平洋地域のみ。2015年12月期に売上が前年を上回ったのはアジア太平洋地域だけで、2017年12月期は欧州・南米に続き前年同期比で3.1%のポイントで2番目にランクした。

-クリーンエア製品およびライドパフォーマンス製品・システムの大手であり、多くの市場で世界2大サプライヤーの1社となっている。

競合企業

-カルソニックカンセイ
-Eberspaecher
-Faurecia
-日立オートモティブシステムズ
-KYB
-Magneti Marelli
-ユタカ技研
-ZF

資本構成

-ニューヨーク証券取引所、シカゴ証券取引所上場

主要製品

クリーンエアシステム (Clean Air Systems)
-マニホールド (Manifolds)

  • 配管マニホールド (Braised tubular manifolds)
  • 組立式ディーゼルエンジン用マニホールド (Fabricated diesel manifolds)
  • ガソリンエンジン用マニホールド (Fabricated high temperature manifolds for gas engines)
  • ダブルウォールエアギャップ絶縁マニホールド (Double-wall air gap insulated manifolds)
  • シングルウォールマニホールド (Single-wall manifolds)
  • モジュールエアギャップ絶縁マニホールド (Modular air gap insulated manifolds)
  • 3シェルマニホールド (Three-shell manifolds)

-マニホールドコンバーター (Manifold converters)
-触媒コンバーター (Catalytic converters)
-触媒用HC再燃焼装置 (Catalytic burner with secondary hydrocarbon dosing)
-3ウェイ触媒 (Three-way catalysts)
-4ウェイ触媒 (Four-way catalysts)
-ディーゼル酸化触媒 (Diesel oxidation catalyst)
-ダブル渦流ミキサー (Double swirl mixers)
-ステアウェイミキサー (Stairway mixers)
-Raspパイプミキサー (Rasp pipe mixers)
-HPパッシブバルブ (HP passive valves)
-熱交換器 (Heat exchangers)
-電熱ジェネレーター (Thermoelectric generators)
-One-Box統合排熱回収システム (One-Box integrated waste heat recovery systems)
-ディーゼルパテキュレイトフィルターシステム (Diesel particulate filter system)
-ガソリンパテキュレイトフィルターシステム (Gasoline particulate filter system)
-金属繊維フィルター (Woven metal filters)
-クロスチャンネルフィルター (Cross-channel filters)
-高周波ターボデカップラー (High frequency turbo decouplers)
-NOx還元触媒 (DeNOx converter aftertreatment systems)
-SCR: 選択的触媒還元システム (SCR: Selective Catalytic Reduction)
-XNOx統合型SCRシステム (SCR system integration XNOx systems)
-リーンNOxトラップ (Lean NOx traps)
-HCベーパライザー・インジェクター (Hydrocarbon vaporizers and injectors)
-ハイドロフォームASSY (Hydroformed assemblies)
-ハンガー・アイソレーター (Elastomeric hangers and isolators)
-ダウンパイプ (Downpipes)
-テイルパイプ (Tailpipes)
-チューブ (Tubing)
-レゾネーター (Resonators)
-電子制御排気バルブ (Electronically controlled exhaust valves)
-マフラー (Mufflers)

  • セルフサポートマフラー (Self-supporting mufflers)
  • 軽量マフラー (Lightweight mufflers)
  • 超軽量SiCファイバーマフラー (Ultra light-weight mufflers - SiC fiber muffler)
  • セミアクティブマフラー (Semi-Active Muffler)
  • スパンマフラー (Spun mufflers)
  • シェルマフラー (Shell mufflers)
  • 薄壁パイプ軽量マフラー (Lightweight mufflers with thin-wall pipes)
  • エアギャップパイプ (Air gap pipes)

ライドパフォーマンスシステム (Ride Performance Systems)
-パッシブダンパー (Passive dampers)
-ショックアブソーバーおよびストラット (Shock absorbers and struts)
-サスペンションシステムおよびモジュール (Suspension systems/modules)

  • ストラットモジュール (Strut modules)
  • コイルオーバーモジュール (Coil-over modules)
  • エアスプリングモジュール (Air spring modules)
  • ダンパーモジュール (Damper modules)
  • フルアクスルモジュール (Full axle modules)
  • キャビンダンパーモジュール (Cabin damper modules)

-電子制御サスペンション (Computerized Electronic Suspension (CES) and intelligent suspension systems)

  • マニュアルアジャスト電子制御サスペンション (Manually adjustable electronic suspension)
  • アダプティブ電子制御サスペンション (Adaptive electronic suspension)
  • セミアダプティブ電子制御サスペンション (Semi-active electronic suspension)
  • アンチロール電子制御サスペンション (Anti-roll electronic suspension)
  • アンチロール付セミアクティブ電子制御サスペンション (Semi-active with anti-roll electronic suspension)
  • アクティブ電子制御サスペンション (Active electronic suspension)

-キネティックセミアクティブサスペンションシステム (Kinetic passive stability systems)
-コイルおよびルーフスプリング (Coils and leaf springs)
-キャブショックアブソーバー (Cab shock absorbers)
-シートショックアブソーバー (Seat shock absorbers)
-大型トラックおよび鉄道車両用ショックアブソーバー (Heavy duty truck and train shocks)
-トップマウント (Top mounts)
-ゴム/金属製ブッシュおよびマウント (Rubber-to-metal bushings and mountings)
-サスペンションアーム、ロッド、リンク (Suspension arms, rods, and links)
-スプリング (Springs)
-スタビライザー (Stabilizers)
-マルチ調整バルブ (Multi-tuneable valves)
-周波数対応ダンパーバルブ (Frequency dependent damping valves)
-ComfortMax モノチューブダンパー (ComfortMax monotube dampers)
-位置検知ツインシステム多層油圧ショックアブソーバー (Position-sensitive twin system multi-stage hydraulic shock absorbers)
-高さ調整機能統合バルブ (Integrated height internal valves)
-アジャスタブルシートダンパー (Adjustable seat dampers)
-軽量シートダンパー (Lightweight seat dampers)
-加速ダンパー (Velocity progressive dampers)
-アクスルダンパー (Axle dampers)

エラストマー (Elastomers)
-パワーステアリングアイソレーター (Power steering isolators)
-フルイドダンプエラストマー (Fluid-damped elastomers)
-自己潤滑エラストマー (Self-lubricated elastomers)
-トルクロッド (Torque rods)
-Vロッド (V-rods)
-サイレントブロックブッシュ (Silent block bushings)
-スプリングアイブッシュ (Spring eye bushings)
-サスペンションブッシュ (Suspension bushings)
-コントロールアームブッシュ (Control arm bushings)
-エンジンおよび車体マウント (Engine and body mounts)
-スプリングシート (Spring seats)
-スタビライザーバーブッシュ (Stabilizer bar bushings)
-Gripperスタビライザーバーシステム (Gripper stabilizer bar systems)
-リンクおよびリンクブッシュ (Links and link bushings)
-サブフレームブッシュ (Subframe bushings)
-ダンパートップマウント (Damper top mounts)
-エキゾーストシステムアイソレーター (Exhaust system isolators)
-サスペンションリンク (Suspension links)
-トルク調整ブッシュ (Controlled torque bushings)

沿革

1940年 Tennessee Gas and Transmission Companyを設立。
1967年 Walker Manufacturing Companyを買収。
1994年-1996年 IPO、売却、スピンオフおよび統合により、自動車と包装部門以外の全ての事業を売却。
1997年 Monroe Auto Equipment Companyを買収し、Tenneco Automotiveを設立。WalkerとMonroeの2事業で展開。
1999年 Tenneco Packagingをスピンオフし、Tenneco Automotiveがニューヨーク証券取引所に上場。
2000年 フタバ産業と戦略的提携を締結。
2001年 トキコ (現・日立オートモティブシステムズ) と戦略的提携を締結。
2005年10月 Tenneco AutomotiveからTenneco Inc.に社名変更。
2008年 Gruppo Marzocchiのサスペンション事業を買収。
2011年7月 日立オートモティブシステムズとの提携を解消。
2012年9月

同社の日本初の生産拠点「大阪工場」(大阪府泉佐野市)で操業を開始、エミッションコントロールシステムの製造。

2012年9月

スウェーデンVittarydにあるエミッションコントロール製品の生産工場を閉鎖。

2013年2月

組織の再編を行ったと発表。排ガスコントロール事業を含むClean Air部門とライドコントロール事業から成るRide Performance部門を新たに設置した。

2013年9月

スペインGijonにあるライドコントロール製品工場を閉鎖。ベルギーSint-Truidenのライドコントロール製品工場を再編。

2013年10月 インドPune近郊のChakanに新工場を開設。同社にとってインド6カ所目の生産拠点となる。
2014年9月 中国にクリーンエア製品の研究・開発・生産を行う新拠点を開設。
2016年8月 米国のミシガン州Lansingにクリーンエア製品工場を開設。GMのクロスオーバーモデル用プラットフォーム向けに生産。
2016年8月 米国のテネシー州Spring Hillにおいて、新たにクリーンエア製品工場を開設。
2017年8月 ミシガン州Northville Townshipに23百万ドルを投じてカスタマーセンターを建設。

補足 1

主な戦略提携

提携パートナー 活動
フタバ産業 -英国、Burnleyに合弁会社2社を設立。
Beijing Hainachuan Automotive Parts Company [北京海納川汽車部件股份有限公司] -中国にて現代 (Hyundai) 向けの排ガス規制対応エキゾーストシステムを製造。
Eberspaecher International GmbH -中国生産のBMW、Audi向けに排気ガスコントロール製品を供給。
Chengdu Lingchuan Mechanical Plant -Fordの各プラットフォーム向けに排気ガスコントロール製品を供給。
上海実業交通電器有限公司 -エンジニアリングセンターを設立し、排気ガスコントロール製品を開発。Shanghai Automotive Industry Corpの子会社。
GE Transportation -炭化水素選択触媒還元技術の共同開発。(2009年2月)

-タイに合弁会社を設立し、GMいすゞ向けの排気ガス製品を供給。
-2006年、蘇州に同社の中国拠点では初めての完全子会社を設立し、エラストマーを生産。
-2007年9月、排気ガス処理企業、Combustion Components Associates社のモバイル排気ガス事業を買収。
-2010年3月にFAW Sihuanと排ガス制御コンポーネントの合弁会社を設立した。排ガス規制制御部品を乗用車および商用車に供給する。
-2011年8月、タイのWalker Exhaust Co., Limitedの株式を75%から100%に買い増し。
-2013年第4四半期、中国大連市のTenneco (Dalian) Exhaust System Co., Ltd.の出資比率を80%から100%に引き上げ。

>>>2007年12月期の動向
>>>2008年12月期の動向
>>>2009年12月期の動向
>>>2010年12月期の動向
>>>2011年12月期の動向
>>>2012年12月期の動向
>>>2013年12月期の動向
>>>2014年12月期の動向
>>>2015年12月期の動向
>>>2016年12月期の動向

>>>展示会取材アーカイブス

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。