Mando Corporation
[(株) 万都]

会社概要

■URL

http://www.mando.com

■本社所在地

21 Pangyo-ro, 225-gil, Bundang-gu, Seongnam-si, Gyeonggi-do, Korea

業容

-ブレーキ、サスペンション、ステアリング、ADAS関連部品の4事業部門から構成。
 
-韓国企業初ABS(Anti-Lock Brake System)を開発

-2010年5月、韓国取引所に上場。

-2008年3月、筆頭株主がSunsage B.V.から漢拏 (ハルラ) ホールディングスに変更。9年振りに漢拏グループ傘下に復帰した。

業績 (連結)

(単位:百万ウォン)
区分 2018年12月期 2017年12月期 2016年12月期
金額 比率 (%) 金額 比率 (%) 金額 比率 (%)
自動車部品
および
その他
韓国 売上高 3,108,352 54.87 3,095,560 54.45 3,187,763 54.34
中国 売上高 1,495,917 26.41 1,643,151 28.90 1,771,557 30.20
米国 売上高 768,606 13.57 846,586 14.89 1,130,100 19.26
その他 売上高 909,923 16.06 762,191 13.41 616,094 10.50
内部取引・連結調整 売上高 (617,965) (10.91) (662,784) (11.66) (839,142) (14.30)
合計 売上高 5,664,833 100.00 5,684,705 100.00 5,866,372 100.00

資本構成

(2018年12月31日現在)

主要株主 出資比率 (%)
(株) 漢拏ホールディングス [Halla Holdings Corp.] 30.25
国民年金公団 [National Pension Service] 13.44
合計 43.69

主要製品

ブレーキシステム (Brake systems)
-マスターシリンダー (Master cylinders)
-バキュームブースター (Vacuum boosters)
-ブレーキキャリパー (Brake calipers)
-ドラムブレーキ (Drum brakes)
-モジュール (Modules)
-インラインバルブ (Inline valves)
-ABS (アンチロックブレーキシステム) (ABS : Anti-lock Brake Systems)
-TCS (トラクションコントロールシステム) (TCS : Traction Control Systems)
-ESP (横滑り防止装置) (ESP : Electronic Stability Programs)
-EPB (電動パーキングブレーキ) (EPB : Electric Parking Brakes)
-アクティブリトラクションキャリパー(Active retraction calipers)
-インテグレーテッドダイナミックブレーキ (Intergrated dynamic brakes)
-キャリパーブレーキ (Caliper brakes)
-ESC(横滑り防止機構) (Electronic Stability Control)
-アクティブ油圧ブースト (Active Hydraulic Boost)

ステアリングシステム(Steering systems)
-ステアリングコラム (Steering columns)
-ステアリングギアシステム (Steering gear systems)
-インターミディエイトシャフト (Intermediate shafts)
-EPS (電動パワーステアリング) (Electric Power Steerings)

サスペンションシステム (Suspension systems)
-ショックアブソーバー (Shock absorbers)
-ECS (電子制御式サスペンション) (Electrically Controlled Suspensions)
-ダンパースプリングモジュール (Damper spring modules)
-ストラット (Struts)

ドライバーアシスタントシステム (Driver Assistance System (DAS))
-車線維持アシストシステム (LKAS : Lane keeping assist systems)
-スマートパーキングアシストシステム (Smart parking assist systems)
-スマートクルーズコントロールシステム (SCC : Smart cruise control systems)
-ハイウェイドライビングアシストシステム (Highway driving assist systems)
-自動緊急ブレーキシステム(Autonomous emergency braking systems)
-死角検知システム (Blind spot detection systems)

パワーエレクトロニクス製品 (Eco-friendly - Power Electronic Products)
-オンボードチャージャー (On-board Chargers)
-統合パワーコンバージョンモジュール (IPCM:Integrated Power Conversion Modules)

沿革

1962年10月 (株) 現代洋行 設立。
1980年02月 万都機械 (株) に社名変更。
1988年03月 平澤 (Pyeongtaek) ブレーキ工場が竣工。
1988年08月 原州 (Wonju) ステアリング工場が竣工。
1993年12月 Robert Boschとの折半出資により、KAMCO (株) を設立。
1994年10月 マレーシアにAutoventure Mando Sdn. Bhd (A.V.M) を設立。
1995年09月 益山 (Iksan) サスペンション工場が竣工。
1996年10月 トルコにMaysan Mando Otomotive Parcalari Sanayi Ve Ticaret A.S.を設立。
1997年09月 インドにMando Brake Systems India Private Ltd.を設立。
1999年12月 投資会社Sunsage B.V.に売却され、漢拏 (ハルラ) グループより分離。
(株) 万都に社名変更。
2000年10月 スウェーデンのAutolivと合弁でAutoliv-Mandoを設立。
(資本金1千万米ドル、出資比率は同社35%、Autoliv65%)
2001年01月 エアバッグ事業をAutoliv-Mandoに売却。
2001年07月 Fordにステアリングコラムの納入を開始。
2001年11月 DaimlerChryslerにブレーキシステムの納入を開始。
2002年07月 モジュール事業を現代モービスに売却。
2002年07月 中国に万都底盤部件 (蘇州) 有限公司[Mando (Suzhou) Chassis System Co.,Ltd.]を設立。
2002年10月 中国に万都 (哈爾浜) 底盤系統有限公司[Mando (Harbin) Automotive Chassis System Co.,Ltd.]設立。
2002年11月 韓国の器興 (Giheung) にR&Dセンターを設立。
2003年01月 中国に万都 (北京) 汽車底盤系統有限公司[Mando (Beijing) Automotive Chassis System Co.,Ltd.]を設立。
2003年06月 中国に万都 (北京) 汽車部件開発中心有限公司[Mando (Beijing) Automotive Components R&D Center Co.,Ltd.]を設立。
2004年05月 米国アラバマ州にMando America Corporationを設立。
2004年07月 韓国で初めて横滑り防止装置 (ESP: Electronic Stability Program) の独自開発に成功。
2004年12月 中国に万都 (天津) 汽車零部件有限公司[Mando (Tianjin) Automotive Parts Co.,Ltd.]を設立。
2005年07月 中国の上海に研究開発拠点を設立。
2005年07月 インドにMando Softtech India Pvt. Ltd.を設立。
2006年09月 Fordより「Q1 Award」受賞。
2007年01月 Autoliv-Mandoの株式をAutoliv (スウェーデン) に売却。
2007年04月 GMより「Supplier of the year」を4年連続で受賞。
2008年03月 筆頭株主がSunsage B.V.から漢拏建設に変更。9年振りに漢拏グループの傘下となる。
2008年03月 Stackpole Ltd. (カナダ) との合弁会社Halla Stackpole Co., Ltd.を設立。
2008年07月 中国に漢拏世特科 (北京) 汽車部件有限公司[Halla Stackpole (Beijing) Automotive Co., Ltd.]を設立。
2008年10月 Hella KGaA Hueck & Co. (ドイツ) との合弁会社 Mando-Hella Electronics Corp. を設立。
2009年07月 PSA Peugeot Citroenからブレーキキャリパーを受注。欧州自動車メーカーからの初受注となる。
2010年05月 韓国取引所の有価証券市場に上場。
2011年01月 中国の吉利汽車 (Geely) との合弁で、万都 (寧波) 汽車零部件有限公司[Mando (Ningbo) Automotive Parts Co., Ltd.]を設立。
2011年01月 ドイツのBroseとの合弁で、韓国にMando-Brose Corporationを設立。
2011年05月 日本のKYBとの合弁で、ブラジルにKYB-Mando do Brasil Fabricante de Autopecas S.A.を設立。
2012年05月 同社ブラジル工場の竣工式を開催。
2012年09月 グローバルR&Dセンターの竣工式を開催。
2013年11月 ドイツのDSP-Weuffen GmbHの持分80.0%を取得。
2014年09月 会社分割により持株会社体制に移行。
2015年07月 メキシコにMando Corporation Mexicoを設立。
2015年12月 万都 (北京) 汽車底盤系統有限公司[Mando (Beijing) Automotive Chassis System Co., Ltd.]が万都 (哈爾浜) 底盤系統有限公司[Mando (Harbin) Automotive Chassis System Co., Ltd.]を吸収合併。
2016年07月 インドに研究開発センターを開設。
2017年03月 米国シリコンバレーに研究開発センターを開設。

補足 1