ASEANの日系部品メーカー:インドネシア、ベトナム、マレーシア他

インドネシアで、部品メーカーの新規進出・能力拡大が続く。ベトナム、マレーシア等ではグローバル輸出拠点としての強化

2013/02/25

要 約

 以下は、ASEAN諸国 (タイを除く) における日系自動車部品メーカーの最近動向である (収録対象は、2013年 2月中旬までの約10カ月間)。

 インドネシアの自動車販売台数は、2010年が74.2万台(前年比52.7%増)、2011年が86.9万台(同17.1%増)、2012年が108.0万台(同24.3%増)と拡大。更なる市場拡大が見込まれる中、トヨタ、日産、ホンダ、ダイハツなど主要自動車メーカーによる生産能力増強が進められている。

インドネシアにおける主要メーカーの生産増強計画

トヨタ ・2014年の年産能力:25万台(2013年8月までは年産18万台)
 第1工場の年産能力を、2013年9月をめどに11万台から13万台に引き上げ。
 年産能力7万台の第2工場は2013年始めに完成(生産開始時期は未定)。2014年初めに年産能力を12万台に増強する。
日産 ・2014年の年産能力:25万台(2011年8月までは年産5万台)
 既存工場の年産能力を2011年9月に5万台から10万台に拡大。2013年に18万台に拡大。さらに2014年までに25万台に拡大。
ホンダ ・2014年の年産能力:18万台(2013年までは年産6万台)
 既存工場の年産能力は6万台。 建設中の新工場(年産能力12万台)を2014年までに完成。
ダイハツ ・2012年10月からの年産能力:45万台
 既存工場の年産能力は33万台。新工場(年産能力12万台)が2012年10月から操業開始。

(資料)各社の計画から作成


 これに呼応して日系部品メーカーによる新規工場進出や既存会社の生産能力増強、新たな部品の生産計画が進められている。新規進出が依然として多く、ティア1のみならずティア2による工場建設も増加している。青山製作所(ボルト・ナット一貫生産)、エイチワンジーテクト(車体骨格部品)、新日鉄住金(鋼板)、富士通テン(製販2社設立)、トピー工業(ホイール)など。インドネシア国内需要向けだけでなく輸出拠点機能を併せ持つ進出では、積水化学(射出成型)、プレス工業(フレーム)、セーレン(内装材)、タイガ-サッシュ(ドア関連部品)、西川ゴム(ゴム・樹脂製品)などがある。この他、ニッパツフジオーゼックス、山下ゴムなどもインドネシア進出計画の詳細を検討中。

 既存工場の生産能力増強、新製品の投入では、アイシン高丘(鋳造ライン追加)、曙ブレーキ(ドラムブレーキ内製化)、エフ・シー・シー(CVT用の追加)、住友電工(OT線の追加)、ティラド(四輪用ラジエーターの追加)、ユタカ技研(排気系部品・触媒コンバータ)、ユニプレス(車体用プレス部品)などがある。新会社・新工場への追加投資では、デンソー(電子制御ユニット生産の第3工場)、テイ・エステック(シート新工場)、中央精機(アルミホイール新会社)、東海理化(スイッチ類の新工場とシートベルト新会社)、東海ゴム(自社工場および防振ゴム新会社)、トヨタ車体(樹脂めっき新会社)などがある。

 なお、2012年にはインドネシアでの自動車ローン引き締め政策などの影響による需要鈍化のため、一部の部品メーカー(エフ・シー・シーイーグル工業プレス工業など)での増産計画修正、本格稼働の延期などが見られた。

 ベトナムでは、グローバル輸出拠点の強化として、横浜ゴム(製販2社を統合し、ミニスペアタイヤの供給拠点に)、日本電産トーソク(電動オイルポンプの第2拠点)、ムロコーポレーション(既存工場のプレス部品一貫生産体制)、ヨコオ(車載通信機器用部品の新工場稼働と二期建設工事の前倒し着工)などがみられる。この他、三井金属によるベトナムの排ガス規制強化に対応した触媒製販会社設立がある。

 その他の国々 (マレーシア、シンガポール、フィリピン) では、昭和電工がマレーシアでアルミニウム鍛造用の鋳造会社を新設し、シンガポールの鍛造部品会社の生産能力を増強。マレーシアでの新会社設立は、この他にタチエス(シート組立)、東洋ゴム(含む低燃費タイヤ)、日本化薬(安全部品)などがある。フィリピンでのグローバル輸出拠点の強化としては、横浜タイヤ(低燃費タイヤシフト)、群馬合金(アルミダイカスト)での生産能力増強がなど見られる。

 なお、タイでの日系部品メーカーの動向は、別途報告する予定。

関連レポート:日系部品メーカー動向レポート

欧州編 (2012年12月)、インド編 (2012年11月)、

メキシコ・ブラジル編 (2012年9月)、中国(華中地区/西南地区)編 (2012年7月)、中国(華南地区-広東省)編 (2012年7月)、

中国(華東地区)編 (2012年6月)、中国 (東北/華北地区)編 (2012年5月)、米国編 (2012年7月)、

タイ編 その一 (2012年6月)/ その二(2012年7月)



インドネシア:日系自動車部品メーカーの新生産拠点の構築

(2013年2月中旬までの約 10カ月間の動向。配列は企業名 50音順)

青山製作所:ボルト・ナット製造子会社設立

 青山製作所は、2012年にPt. Automotive Fasteners.Aoyama Indonesia(Jakarta郊外のKarawang県KIM工業団地) を資本金約12億円で設立。ボルト・ナット工場を建設し2013年4月に稼働する。投資額は約10億円(土地代除く)。稼働当初は、タイの工場から半製品を受け入れて熱処理と表面処理を行う。2013年末をめどに圧造と転造工程を導入し、一貫体制を整える。トヨタ、ダイハツの現地工場向けに供給する。

アスカ:車体プレス部品の生産販売子会社設立

 アスカは、2012年7月にPT. AUTO ASKA INDONESIA (Jakarta郊外のKarawang県)に設立。資本金800万ドル。2013年12月に、車体プレス部品の工場を稼働する予定。日系自動車メーカーの現地生産化により、自動車部品需要の増加が期待されるアセアン地域における生産体制の構築を図るためで、単独で海外進出する初の工場。

上村工業:樹脂めっき加工の新会社設立

 上村工業は、2012年10月にPT.UYEMURA INDONESIA(Jakarta郊外のKarawang県)を設立。資本金1200万ドル。2013年夏までに工場を建設し、樹脂めっき加工ラインを導入する。自動車のエンブレムのほかドアノブ、フロントグリルなどの樹脂部品にめっき加工する。将来は、需要に合わせてラインを増設するほか、原料となるめっき薬品の生産設備導入も検討する。

エイチワンジーテクト:車体骨格部品の溶接組立の共同出資会社設立

 エイチワンとジーテクトは、2012年12月に折半出資会社のPT. Auto-Body Manufacturing Indonesia (Jakarta郊外のKarawang県Bukit Indah工業団地)を設立。資本金6億円。ホンダの事業拡大に対応するため、2013年8月から量産を開始する。ジーテクトは既にKarawang県に骨格部品のプレス工場を持っており、同工場で成形した部品を新会社に運び、後工程の溶接作業を行う。エイチワンにとっては、初のインドネシア進出。

エフテック:新会社でサスペンション部品を生産へ

 エフテックは、2013年1月に生産子会社のPT.F.TECH INDONESIA(Jakarta郊外のKarawang県Karawang工業団地)を設立。資本金約5億円。2013年9月をめどに自動車用サスペンション部品の生産を開始する。生産能力は当初年10万台規模。2014年から2015年に年20万台に引き上げる方針。現在は、タイからインドネシアに同製品を輸出しているが、現地生産に切り替えていく方針。

カツヤマファインテック:シートベルト用部品の生産会社設立

 カツヤマファインテックは2012年6月に、PT. KATSUYAMA FINETECH INDONESIA (West Java州Bekasi県GIIC工業団地)の設立を決定。資本金3億円。2014年をめどに工場を稼働させ、シートベルトの位置を調整・固定する樹脂製と金属製の部品などを年間約50万台分生産する。工場建設の総投資額は9億円。主に日系シートベルトメーカーに供給する。海外工場はタイに次いで2拠点目。

協和合金:MT部品生産の子会社設立、2014年に操業開始

 協和合金は、PT.KYOWA TECHNOLOGY INDONESIA(West Java州Bekasi県GIIC工業団地)を設立。2013年7月に工場建設を着工し、2014年4月の操業開始を計画。土地の購入や工場の建設、機械の導入などに16億円を投資する。操業初年度は、MT構成部品のシンクロナイザーリングを年間600万個生産し、10億円の売り上げを見込む。将来は、敷地内に研究開発センター設立も検討している。

鬼怒川ゴム:生産子会社を設立、2012年に車体シール部品の生産を開始

 鬼怒川ゴム工業は、2012年にPT.KINUGAWA INDONESIA(West Java州)を設立、同年6月に車体シールの生産を開始した。現地作業者を、キヌガワ大分のモデルラインで品質の造り込みを早期に習熟させ、生産ラインのレイアウトやノウハウをKINUGAWA INDONESIAの工場にそのまま転写して実施。日産、ダイハツ向けに供給。現地での売れ筋の車両に適した設計仕様の部品を提案し、販売を広げる計画。2015年度には約6億円の売上を目指す。

京浜金属:新工場設立で輸送機器用バネの生産へ

 京浜金属工業は、2012年2月に PT. KHN-METAL INDONESIA(West Java州Karawang県Suryatiputa工業団地)を設立。資本金100万ドル。初期投資額3億円で工場を建設し、2013年4月に稼働する予定。当初は二輪車用にキックペダル用バネ、四輪車用のハンドル周辺のバネなどを生産して、ホンダなどの日系メーカーに供給。3年後には売上高5億円を目指す。

児玉化学工業:樹脂部品の生産を2012年に開始

 児玉化学工業は2012年2月に、PT. Echo Advanced Technology Indonesia(West Java州、Karawang県)の設立を発表。資本金は約4.8億円。工場は、2012年9月に射出成型機12台で生産を始め、2年後には32台まで増やす。インパネなどポリプロピレンやABS樹脂で作る部品を生産し、日系自動車メーカーに直接販売する。「当初は2014年頃の立ち上げを想定していたが、震災、タイ洪水、円高などで計画を前倒しして、先ずタイで生産しているインドネシア向け内装部品を移管し、試作品製造」(石井健社長)から始めた。

ジヤトコ:インドネシアを新たな海外生産拠点の一候補に

 ジヤトコは、2019年3月期に売上高1兆円を目指している。そのためにはATとCVTの生産能力は「現在(2012年)の2倍の1000万台分が必要」(秦 孝之社長)。海外生産比率を2019年3月期に72%と見通して、現在、中国、メキシコでの増強とタイ工場の新設を進めている。この他に「ブラジル、インド、インドネシア、ロシアなどを候補に生産地を広く検討しており、2013年中に決め、2019年3月期までに生産を開始する」(同社長、2013年1月報道)。

新日鉄住金:現地企業と鋼板合弁事業を検討

 新日鉄住金は2012年12月、インドネシアで薄板などを生産しているPT Krakatau Steel (Persero) Tbkと自動車用鋼板製造・販売の合弁事業化に向け詳細検討を行うことで合意したと発表。中長期的な成長が見込まれる高級自動車用鋼板需要に応え、事業の拡大を図るもの。まず、近接する工業団地内の土地の使用権を取得するための合弁会社P.T Krakatau Nippon Steel Sumikin(Banten州Cilegon市)を設立する。出資比率は新日鉄住金51%、Krakatau49%。2013年前半の正式契約締結を目指している。

杉浦製作所:ナット・ボルトの新工場が2013年に稼働

 杉浦製作所は、2011年10月にPT.SUGIURA INDONESIA (West Java州Karawang県)を設立し、2013年初から自動車のボディ組み立てに使うナットの生産を始め、春ごろから顧客への納入を開始する。2013年末には、同社の主力製品のタイヤを留める「ハブナット」の生産設備を導入し、生産を開始する計画。日本からインドネシアへの輸出分の生産を同工場に移管し、3年後に15億円程度の売上高を目指す。

セーレン:車内装材、エアバッグ事業の新会社設立

 セーレンは、2012年6月にPT.SEIREN INDONESIA(West Java州のBekasi県Jababeka工業団地)に設立。資本金は約15.9億円。工場建設に27億円(2012-14年の一次投資)を投じ、2013年8月に生産開始の予定。成長著しいインドネシア市場への本格参入とグローバルサプライ拠点の充実・強化を図るのが狙い。事業内容は繊維製品の企画・開発・製造・販売など。2016年に15億円の売上高を目指す。

積水化学:射出成型品の合弁会社設立で車両部品分野に本格進出

 積水化学は2013年1月に、地元の射出成型品製造・販売会社PT ADYAWINSA DINAMIKA(以下ADW社)と共に合弁会社のPT ADYAWINSA SEKISUI TECHNO MOLDING(West Java州のBekasi県Jababeka工業団地)を設立。出資比率は積水化学51%、ADW49%。積水化学の事業会社としてはインドネシアに初進出。2013年4月の操業開始(予定)。二輪車のカウルやカバーシート、四輪車のバンパーやウインドシールドなどを製造し、日系の二輪車・自動車メーカーに供給する。アセアン各国への輸出も視野に入れている。

タイガーサッシュ製作所:ドア関連部品の工場が稼働

 タイガーサッシュ製作所は、2011年にP.T. Tiger Sash Indonesia(West Java州のBekasi県Gobel工業団地)を設立。初の海外生産拠点。2013年2月末に工場を稼働させ、主に鉄製のドアサッシュなどのドア関連部品を生産する。月産能力は1直で30万個。2012年現在、日本で生産している部品の4割をタイやパキスタン、欧州などに輸出しているが、徐々にインドネシア産に切り替えていく方針。日本産に比べ価格は3割程度下げられる見通し。2014年12月期に5000万円の売上高を見込む。

槌屋:現地の日系企業を買収して自社生産拠点に

 槌屋は、2012年にWest Java州Bekasi県MM2011工業団地にある現地日系企業の株式をすべて取得し、法人名をP.T. Tsuchiya Manufacturing Indonesiaに変更した。買収した企業の家電や二輪車向けのプラスチック精密部品成形などの事業を営業権ごと引き継ぎつつ、槌屋が得意とする自動車用のストライプテープ、品質表示用ラベルなどを新たに生産する。新工場の建設を2013年1月に着工し、2014年1月の稼働を予定。総投資額は約10億円。東南アジアでは、タイなどと並ぶ生産拠点にしたい考え。

TDF、自動車部品工業:現地企業との3社で合弁会社設立、鍛造・鋳造品などを生産

 TDFと自動車部品工業は、2012年12月に合弁会社PT.TJForge Indonesia(West Java州Karawang県)を設立。資本金約24億円。出資比率はTDF50.0%、自動車部品工業25.2%、現地法人24.8%。工場は2014年5月の稼働を予定。鍛造素材の製造・販売、鍛造・鋳造品の機械加工、車両用部品(トラックのフロントアクスル等)の組立販売を行う。生産能力は鍛造品換算で年約1万トン。

東伸:合弁会社を設立し、フランジなどの部品生産

 東伸は、2012年10月にインドネシア財閥のインドプリマ・グループと合弁会社PT.Toshin Prima Fine Blanking (East Java州Surabaya市)を設立。エキゾーストマニホールドのフランジや自動車部品のファインブランキング(精密抜き打ち)製品を生産する。資本金は470万ドルで東伸の出資比率は26.6%。工場には、まず400トンのプレス機1台を導入。ファインブランキングの800トンプレス機1台も日本国内工場から移設し、3月中旬から生産を開始する。東伸が技術指導し、生産技術や品質管理の習熟度を踏まえ、さらに1000トンプレス機1台を導入する予定。インドネシア国内のほかアセアン各国の部品メーカーに納入する。

トピー工業:トラック・バス用のホイールを生産販売する合弁会社設立

 トピー工業は2012年12月、合弁会社PT. TOPY PALINGDA MANUFACTURING INDONESIA(West Java州Karawang県Suruyatiputa工業団地)を、現地企業PT. PAKOAKUINAと共に設立すると発表。資本金約30億円、トピー工業の出資比率は70%。約55億円を投じて新工場を建設し、2014年上期に操業を始める予定。2014-16年度で、トラック・バス用ホイールを月11万-15万個生産する見通し。トピー工業は、これまでPAKOAKUINAグループのホイール生産会社への技術援助契約を通じて、ASEAN地域での供給体制を形成してきたが、需要増加が見込まれる中、新工場の稼働で供給基盤を強化する。

西川ゴム:合弁会社を設立し、自動車用ゴム・樹脂製品を生産

 西川ゴムは、2012年12月に現地企業のPT.KARYA PUTRA SANGKURIANGと合弁でPT.NISHIKAWA KARYA INDONESIA(West Java州Sumedang県)を設立。資本金1600万ドル。西川ゴムの出資比率は80%。工場を建設して、2014年1月から自動車用ゴム・樹脂製品の生産を開始。2018年12期に約10億円の売上高を目標にしている。

日泉化学:内外装部品生産の新会社設立

 日泉化学は、2012年にPT. Nissen Chemitec Indonesia(West Java州Karawang県Suryatipta工業団地)を設立。資本金は約18億円。約25億円を投じて新工場を建設し、2013年9月の生産開始を目指す。自動車ドアの内側のプラスチック部材のドアライニングのほか、二輪車用の部品も生産する計画。当面、インドネシアでの販売で年間約13億円の売上高を見込む。海外子会社は米国、タイに続く3カ国目。

ニッパツ: 仏フォルシアと共同でシート生産工場を建設へ

 ニッパツは、提携先の仏フォルシアと共同で、日産向けのシート生産拠点となる工場を2013年度中に新設することを目指す。日産の新興国向け低価格車生産に効率的に対応するもの。(2012年11月報道)

日邦産業:樹脂部品生産の新会社設立、2013年に生産開始

 日邦産業は2012年5月、子会社のP.T. Nippo Mechatronics Indonesia(West Java州Bekasi県)を2012年8月に設立し、樹脂部品工場を建設して2013年1月に操業開始する予定と発表。新会社の資本金は約4.5億円、投資額は約5億円。電子制御系や電子制御系などの樹脂部品を現地の日系完成車・部品メーカーに供給する。

パイオニア:駐在員事務所を開設、カーオーディオの委託生産を開始

 パイオニアは2012年9月、ジャカルタに駐在員事務所Pioneer Electronics Asia Centre Pte. Ltd. Indonesia Representative Officeを同年10月上旬に設立し、また現地EMS生産企業にカーオーディオの委託生産を2013年春から開始すると発表。生産規模は、初年度100万台から開始し、順次拡大する計画。これにより、市販向けカーオーディオの販売体制を強化するとともに、EMS 生産企業と提携し、現地の自動車メーカー向けビジネスを強化する。また、タイでの一極集中生産に伴うリスクを分散するとともに、東南アジアにおける事業拡大を目指す。

万能工業、津田工業:変速機用シフトレバー生産の新会社設立

 万能工業と津田工業は、2012年7月にPT. MTAT INDONESIA(West Java州 Bekasi県Jababeka工業団地)を設立。資本金は640億ルピア(約6億円)。投資額約6億円で工場を建設し、2013年末の操業開始を目指す。当初は変速機用シフトレバー組み付け加工が主体で、構成部品はタイ工場から送るほか現地調達する。万能工業がMT向け、津田工業がAT向けを別々のラインで生産し、トヨタなどの近隣工場に供給。将来は、鋳鍛部品の機械加工も行い、スペアタイヤ用キャリアなど他部品にも生産を広げる。2015年の売上は約7億円を見込んでいる。

フジオーゼックス:進出のための具体化の検討

 フジオーゼックスは、インドネシア進出について「自動車メーカーからの要請に対応する方針で、進出のための具体化の検討に入っている」(深谷研悟社長)。同社は、エンジンバルブとバルブ関連部品を手がけており、海外拠点は米国、韓国、タイ、中国の北京と広州の計5カ所ある。(2012年12月報道)

富士通テン:製造会社と合弁の販売会社を2012年に設立

 富士通テンは2012年10月に、カーオーディオ関連製品および自動車用電子制御機器の製造会社PT. FUJITSU TEN MANUFACTURING INDONESIA(West Java 州Bogor県)を設立。併せて、インドネシアの販売代理店PT. Anugrah Valova Electrindoとの合弁で販売会社PT FUJITSU TEN AVE INDONESIA(Jakarta首都特別州)を設立。工場の操業開始は2013年7月、量産開始は同年12月の予定。CDチューナーやディスプレイオーディオなどのカーオーディオ関連製品およびエンジン制御用/エアバッグ制御用電子機器などの自動車用電子制御機器を製造する。販売会社は、富士通テンが60%出資し、マーケティング、販売、アフターサービスを行う。

プレス工業:新合弁会社で 建機向け部品や大・中型トラックのフレームを生産

 プレス工業は、2011年10月に伊藤忠丸紅鉄鋼との合弁で建設機械用・自動車用部品などの製造販売会社PT. P K Manufacturing Indonesia(West Java州 Karawang県)を設立。工場は2012年9月末から建機向けの部品生産を始める予定だったが、需要の冷え込みから試作程度に留まった。「2013年から建機向けの本格生産を始め、500トンプレス機やレーザー切断機を導入して2014年初に大・中型トラック向けのフレーム生産を開始する。トラックのフレームは東南アジア向け全体をインドネシアでカバーする方針」(真柄秀一社長)。また、外板などのプレス部品の生産も計画し、タイの拠点との補完体制を構築する。

豊和繊維: 内装部品工場が2013年に稼働

 豊和繊維工業は、内装部品会社(West Java州 Bekasi県Delta Silicon工業団地)を設立し、2013年秋をめどに新工場を稼働させる。投資額は土地代を除き5億から10億円の見通し。トヨタ、日産、ホンダの現地工場に内装部品を供給する。インドネシア向け供給は初めて。2016年に15億円の売上を計画。(2012.7.3報道)

三井金属アクト:ドアロック工場が2013年に稼働

 三井金属アクトは、2013年3月にドアロックをはじめとする自動車用機能部品の製造および販売の子会社PT. Mitsui Kinzoku ACT Indonesia(West Java州 Karawang県)を設立し、同年9月にリース工場を活用して本格操業させる予定。インドネシアおよびASEAN 地域でのビジネスの拡大を図る。

村上開明堂:自動車用アウターミラー製造の現地企業を買収

 村上開明堂は2012年6月、自動車用アウターミラーを製造するPT. Delloyd(West Java州Bekasi 県)の株式を51%取得すると発表。PT. Delloydとは技術支援契約を結んでいるが、日系自動車メーカーの増産に伴う市場の拡大に合わせて生産の足場を築く。買収後は日本人駐在員を1人派遣するほか、社名の変更、市場規模の拡大に合わせた生産能力増加を予定している。

ムロコーポレーション:駆動系部品製造販売の子会社設立

 ムロコーポレーションは、2012年8月にPT. MUROTECH INDONESIA(West Java州 Karawang県Suryacipta工業団地)を設立。資本金375万ドル。総投資額約10億円で工場を建設し、2013年8月に稼働予定。日本からインドネシアへのKD部品の生産を移管し、現地での駆動系部品の拡販に注力する。

メイドー:高強度ボルトや長物・太物ボルトの工場を2013年に稼働

 メイドーは、工場(West Java州Karawang県Suryacipta工業団地)を新設し、2013年末をめどに量産を開始し、2014年1月から納入を開始する。主力の冷間鍛造でつくる、ブレーキやエンジンのクランクシャフト部分に使われる高強度ボルトを生産。月産250トンからスタートする。

森六テクノロジー:内外装樹脂部品の生産拠点設立

 森六は、2013年半ばにインドネシアでの自動車用内外装の樹脂部品生産を開始する。現地にインドネシア法人を設立し、当初は地元企業に部品の成形や塗装を委託し、賃貸工場で組み立てる計画。将来は自社工場の建設を検討する。(2012年6月報道)

ユニクラフトナグラ:MT部品の一貫生産工場を建設

 ユニクラフトナグラは、2012年8月にPT.UNICRAFT NAGURA INDONESIAを設立し、West Java州Bekasi県 GIIT工業団地に工場を建設し、2014年12月をめどにMTのシャフト系部品を生産開始する。月産能力は約3万台。同社初の海外工場となる。日本同様に鍛造から切削、表面処理までを一貫生産し、日本と同等の品質を目指す。将来は等速ジョイントやエンジン周辺部品も受注し、2020年に売上高8億円を目指す。なお、新工場の稼働に先立つ2013年8月には、同県内のレンタル工場で試作を始める計画。

山下ゴム:防振ゴム生産の新工場建設を計画

 山下ゴムは2012年12月、自動車用防振ゴムの新工場建設を検討していることを明らかにした。2013年3月までに正式決定し、2015年をめどに操業を開始する意向。投資額は約20億円。ホンダの新工場建設による生産拡大に対応する。生産品目はエンジンマウントなどの防振ゴムが中心。現在、インドネシア向け部品は、タイや日本の工場から輸出しているが、現地生産に切り替える。

資料:各社広報資料, 各紙報道

 

 



インドネシア:日系自動車部品メーカーの新会社・既存拠点での能力増強・新製品の追加

(2013年2月中旬までの約10カ月間の動向。配列は企業名 50音順)

アイシン高丘:鋳造ライン追加で生産能力拡大

 アイシン高丘は、2015年に海外での鋳造能力を現状(2012年)比50%増の年間約60万トンに拡大する。その一環としてPt. AT Indonesia(Jakarta郊外のKarawang県Cikampek)に年産能力約1.4万トンの鋳造ラインを追加導入し、2013年5月に稼働する。投資額は約10億円。その後の増強については、同工場近くにアイシングループで取得した約15万平方メートルの土地を活用。なお、アイシン精機の藤森社長は同土地について「アドヴィックスなどグループでの活用を検討しているが詳細は受注次第」と語っている。

曙ブレーキ:ドラムブレーキ内製化のために増資を計画

 曙ブレーキ工業は、PT. Akebono Brake Astra Indonesia (Jakarta市)で「2013年度以降はドラムブレーキの内製化を始めるため増資する計画で、協業先パートナーと共に体制強化を進める」(信元久隆社長)。また、曙ブレーキは日欧自動車メーカーから受注したグローバルプラットホーム車向けのブレーキシステムを2013年から供給するが、欧州向けにはインドネシア、タイから製品を供給する。

イーグル工業:フローティングシール工場の稼働を2013年6月に延期

 イーグル工業は、建設機械向けフローティングシール工場の生産を開始するため、2011年にP.T. Eagle Industry Indonesia(West Java州Bekasi市)に増資し、既存の二輪車用部品工場の隣接地に新工場を建設した。しかし、中国などの景気後退に伴う建機需要の減少に対応し、2013年1月に予定していた稼働を同年6月に延期した。将来的には、同工場で自動車用ウォーターポンプ用メカニカルシール、カーエアコン用リップシールなどの生産も予定。

エフ・シー・シー(FCC):クラッチの2012年の増産計画を下方修正、3年遅れで増産計画達成

 FCCは、PT. FCC INDONESIA(Jakarta郊外のKarawang県)の2012年の増産計画を、同年半ばに当初計画から200万台分下方修正した。一部設備の導入を延期し、前年比約10%増の800万台分とした。これは、インドネシア政府が自動車ローンの頭金支払額の規制を導入するため、消費が低迷すると判断したもの。しかし、新棟の建設計画は変更せず、当初計画より3年遅れの2015年には年1000万台分体制にする考え。また、取引先のホンダが中型車クラスまで変速機をCVT化していくため、PT. FCC INDONESIAでも2013年度中に生産ラインをAT用からCVT用に改良する。

NOK:シール材の生産能力を2割増強

 NOKは、インドネシアのP.T.NOK Indonesia(West Java州 Bekasi県)やタイでシール材の生産能力を2013年に2割増強する。「中国リスクが顕在化したことにより、顧客が中国以外のアジアで増産するようになっている。方向としては東南アジアでの生産をさらに増やしていくことになるだろう」(鶴 正登社長、2013年1月)。

キリウ:2012年からステアリングナックルの生産を開始

 キリウは、P.T. KIRIU INDONESIA(West Java州Bekasi市)の工場で、2012年から新たにステアリングナックルの生産を開始。電気炉などの既存設備を活用すると共に、専用の設備を配置した。これまで、ブレーキディスク、ブレーキドラム、ギアキャリア・デフケース、キャリパーなどを生産してきたが、現地日系メーカーからの受注を受けて、新たな製品の生産を決めたもの。

ケーヒン:第2工場を新設し、FIシステム製品、四輪車製品製造へ

 ケーヒンは、PT. Keihin Indonesia(ジャカルタ郊外のCikampek)の第2工場の地鎮祭を2012年6月に実施。新工場の生産開始は2013年8月(予定)。二輪車で需要が高まる電子燃料噴射(FI;; Fuel Injection)システム製品や四輪車製品を生産する。

住友電工:オイルテンパー線(OT線)の製造設備を新設し、事業を強化

 住友電気工業は2012年11月、PT. Sumiden Serasi Wire Products(SSWP。West Java州 Bogor)で自動車用エンジンの弁ばねなどの素材となるOT線を製造すると発表した。 2012年12月にSSWPの資本金を5100万ドル増資してOT線製造ラインを新設し、2013年10月から生産開始する予定。同部品を海外生産するのは初めてで、インドネシアを輸出拠点にして、アセアン地域で伸長する需要を捕捉する。新ラインがフル稼働すると、住友電工のOT線の年生産能力は2012年度上期比25%増の1.8万トンに拡大する。

中央精機:アルミホイールの生産の新会社設立

 中央精機は、2012年11月にアルミホイールを生産する第2拠点の新会社PT.CENTRAL MOTOR WHEEL INDONESIA(West Java州Karawang県Suryacipta工業団地)を設立。資本金は1600万ドルで全額出資。2014年1月に工場が稼働し、アルミホイールの生産能力は年50万個。日本向けの輸出用の既存工場の年300万個と合わせて350万個に増加する。第2拠点はインドネシアでの需要拡大に対応するもので、トヨタの新興国向け戦略車「IMV」や2013年に生産開始するトヨタ新工場の車種に供給する。

テイ・エステック:ホンダ「ブリオ」向けシートの新工場建設を検討

 テイ・エステックは、ホンダが2014年からインドネシアの新工場で生産開始する新興国向け車「ブリオ」のシートを生産する。「ブリオ」のシートは、タイやインドでも同社が供給している。このため「インドネシアで新工場を検討する。規模は2勤体制で年20万台が目安」(古明地 利雄社長、2013年1月)。なお、インドネシアには製造子会社のP.T. TS Tech Indonesia(West Java州Bekasi県)がある。

ティラド:四輪車用ラジエーターを2013年から新たに生産

 ティラドは、PT.T.RAD INDONESIA(West Java州 Bekasi県)で四輪車用ラジエーターの生産を2013年から開始する。四輪車用需要の拡大に対応し、二輪車用を生産している既存工場に新たに生産ラインを建設した。投資額は約3.2憶円(汎用設備を除く)。2013年の生産規模は約10万ユニットの見込み。ホンダやダイハツなど日系メーカーに供給する。タイに次ぐ東南アジアでの中核拠点に位置付け、収益拡大を狙う。

デンソー:第3工場建設、電子制御ユニットなど生産へ

 デンソーは2012年9月、PT. DENSO INDONESIAの第3工場PT. DENSO INDONESIA Fajar plan(West Java州Bekasi県)を既存工場の隣接地に建設すると発表。エンジン制御ECU、VCT(Variable Cam Timing /可変カムタイミング)などのエンジン制御関連製品、スターター、オルタネーターを生産する予定。第3工場は、2013年12月に建屋などを完成させ、2014年2月に稼動開始の予定。投資額は約94億円。PT. DENSO INDONESIAの売上高を2020年度までに1000億円に拡大することを目指す。

天馬、ダイキョ-ニシカワ:エンジン外装部品の共同出資会社を設立

 天馬とダイキョーニシカワは2012年11月、折半出資の合弁会社PT. Daikyo Nishikawa Tenma Indonesia(West Java州Bekasi県)設立を発表。資本金2500万円。新会社を通じて、West Java州Karawang県Suryacipta工業団地に新工場を建設する。新会社は当面、 営業及び開発を主務とし、生産はPT. Tenma Indonesia(同州Bekasi県)に委託する。生産品目は、エンジンオイルのポンプ吸入口の先端に取り付ける濾過機やアシストグリップなど。2013年末に新工場の建設着工、2015年の稼働を目指す。

東海ゴム:自動車用防振ゴム工場が2012年に稼働、ホース生産の新工場も建設中

 東海ゴム工業は、現在、リース工場で二輪車用ホースを生産中のPT. Tokai Rubber Auto Hose Indonesia(West Java州Bekasi県)で、自社工場(同県Cikarang工業団地)の建設を決め、その地鎮祭を2012年10月に実施した。2013年秋の稼働を予定している新工場には、リース工場の生産設備を移すとともに、新ラインも投入して四輪車・二輪車用ホースの生産拠点とし、安定供給態勢を整える。将来は、日本への製品納入も検討する。また、もう一つの新子会社PT. Tokai Rubber Indonesia(West Java州Karawang県KIM工業団地)では、2012年10月に新工場での自動車用防振ゴムの本格生産が始まった。

東海理化:スイッチ類の新工場を建設、シートベルトの新会社は賃借工場で生産へ

 東海理化は2012年6月、West Java州Bekasi県MM2100工業団地にP T. TOKAIRIKA INDONESIA」(以下TRI)の新工場建設し、TRIも同所に移転すると発表。2012年7月に工場建設着工、2013年4月までに完成する予定。新工場では、レバーコンビネーションスイッチ、パワーウインドースイッチ、キーセット、ステアリングロック等を生産する。売上高は2016年3月期に50億円を見込む。
 また、同社は2012年8月、シートベルト生産の新会社PT. TOKAI RIKA SAFETY INDONESIA(Banten州Tangerang県Manis工業団地)に台湾・信昌機械グループと合弁で設立することを発表。工場は賃借し、生産設備は東海理化他の工場のものを流用し投資額を抑える。操業開始は2013年4月予定。2013年度の売上高11億円を計画。

トヨタ車体:樹脂めっきの合弁会社設立、2013年に生産開始

 トヨタ車体は2012年12月、関東化成工業との合弁による新部品会社PT. Resin Plating Technology(West Java州Bekasi県MM2100工業団地)を2013年2月に設立すると発表。トヨタ車体の子会社PT. Sugity Creatives (West Java州Bekasi県MM2100工業団地)の自動車用樹脂めっき製品などの中小物部品事業を新会社に分割し、2013年5月からグリル、モール、ガーニッシュ、エンブレムなどの樹脂メッキ部品と樹脂部品を生産する予定。工場建設の投資額は約16億円。売上高は初年度約18億円を見込んでいる。なおPT. Sugity Creativesは、トヨタブランドとなるミニバンNAV1のCKD生産を2012年12月に開始した。

豊田鉄工:金型の開発製造子会社設立

 豊田鉄工は、2012年5月に金型製造子会社PT. Nusa Toyotetsu Engineering(West Java州Karawang県)を設立。工場は2013年に稼働する計画。投資額は約12億円。トヨタの新興国戦略車向けの部品生産などに使う金型を開発製造し、当面はインドネシアや中国などの自社プレス工場で使用するが、将来は日本や北米工場でも利用する考え。他社からも金型製作を受注し、数年後に年間6億円の売り上げを目指す。

野口製作所:プレス部品の新工場建設、既設のめっき会社と連携して受注を開拓

 野口製作所は、2012年6月に現地の電機関連のプレス部品メーカーのPT. TEKUN ASAS SUMBER MAKMUR(West Java州Bekasi県Jababeka工業団地)を買収。近接地に投資額は約5億円で建設した新工場で、2012年秋から主に二輪車用と四輪車用のエンジン用深絞りプレス部品を生産。5年後に売上高10億円を目指す。野口製作所は、West Java州Karawang県にめっきの共同出資会社をもっており、プレス加工とめっきを一貫して請け負うビジネスで、日系や現地のメーカーを開拓する。

日本精機: 四輪車用メーターの現地生産を2013年半ばに開始

 日本精機は、2013年度半ばに二輪車用メーターを生産しているインドネシア子会社PT. Indonesia Nippon Seiki(Banten州Serang市)で、四輪車用メーターの生産を開始する。四輪車用の生産設備を導入し、年間生産能力は60万台とする。これまでは四輪車用メーターは受注量が少ないため、タイや日本から供給してきたが、日系メーカーのインドネシアでの自動車生産増加計画を受けたもの。まずホンダ向けに納入を開始し、徐々に納入先を広げる。(2012年7月報道)

パイオラックス:自動車用・二輪車用樹脂ファスナーや燃料系部品の生産拠点を新設

 パイオラックスは2012年6月、West Java州Karawang県に子会社のPT.PIOLAX INDONESIAを設立。資本金800万米ドル。事業内容は、自動車および二輪車用の樹脂ファスナーや燃料系などの部品生産と販売。2013年秋までに、主に二輪車用から生産開始する、納入先メーカーの調達コスト低減に対応するとともに、市場特性にあった商品展開などで、新規得意先の開拓も進める。2016年度の売上高は、約2,000万米ドルの予定。

三菱マテリアル:焼結部品製造拠点を既存子会社内に設置

 三菱マテリアルは2012年11月、自動車や二輪車向けの焼結部品事業の製造拠点を既存の子会社PT. MMC Metal Fabrication(West Java州Bekasi県MM2100工業団地)に設置すると発表。工場は2013年内に着工し、2014年4月から生産を開始する予定。日系自動車メーカーが生産能力を増強しており、車載用機械部品・軸受用(エンジン・トランスミッションなどに使用)の焼結部品の現地調達ニーズが高まっていることに対応するもの。事業のオペレーションは、三菱マテリアルの100%子会社のダイヤメット(新潟市)が行う。

ユタカ技研:既存工場を拡張し、排気系部品の生産量を約10倍に、触媒コンバーターも生産開始

 ユタカ技研は、P.T. YUTAKA MANUFACTURING INDONESIA(West Java 州Bekasi県)に四輪車用排気系部品の新棟を建設する。「工場を拡張して年産能力を現在(2012年)の約10倍の13万台分に拡大する。ホンダの新型車の部品を受注できたためで、稼働時期などの詳細を詰めている」(岡本 稔社長、2013年1月)。2013年末にも稼働し、その後、段階的に生産能力を引き上げる計画との見方もある。新棟の稼働を機に触媒コンバーターの生産も開始し、排気系システムを一貫生産する。

ユニプレス:工場拡張により生産能力を増強、ダットサン・ブランドの車体用プレス部品生産

 ユニプレスは、PT. Unipres Indonesia (ジャカルタ近郊のPurwakarta)の工場を拡張し、日産からの「ダットサン」ブランド車の車体用プレス部品の受注に対応する。約17億円を投じて新たに2000トンのトランスファープレス機と600トンのブランキングプレス機を導入する。2014年3月に稼働を開始。なお、PT. Unipres Indonesiaには、2012年4月に丸紅(20%)と地場企業(10%)が資本参加した。

資料:各社広報資料, 各紙報道

 

 



ベトナム:日系自動車部品メーカーによるグローバル生産拠点強化への投資、排ガス規制強化への対応も

(2013年 2月中旬までの約 10か月間の動向。配列は企業名 50音順)

日本電産トーソク:第2拠点の新会社で電動オイルポンプ、コントロールバルブ生産へ

 日本電産トーソクは、2012年4月に第2拠点のNIDEC TOSOK PRECISION VIETNAM CO., LTD(Ben Tre(ベンチェ)省)を設立。工場は2013年9月に生産開始予定で、ハイブリッド車やアイドリングストップ車向けの電動オイルポンプを生産する。製品は全て海外へ輸出する。また、新たに受注したATやCVT用のコントロールバルブの納入が、2014、2015年度にかけて順次スタートするため、同工場で生産する。

三井金属:自動車用触媒の製造販売会社設立、2014年10月に工場稼働予定

 三井金属工業は2012年12月、ベトナム国内に自動車用触媒の製造・販売を行う新会社のMitsui Kinzoku Catalysts Vietnam Co., Ltd.(Hanoi市)を2013年1月に設立すると発表。約8億円を投じて新工場を建設し、2014年10月に生産開始する予定。二輪車市場が拡大しているベトナムでは、2017年に排ガス規制が強化されるため、今後、四輪車を含め触媒需要の大幅拡大が見込まれることに対応するもの。

ムロコーポレーション:既存工場でプレス部品を一貫生産

 ムロコーポレーションは、ベトナム、インドネシア、タイの生産会社を基点とするアジア地域での、拡販、取引先の現地調達増加に対応する中長期戦略を明らかにしている。ベトナムでは、MURO Tech Vietnam Corporation(Dong Nai省Long Bien Hoa市)の工場でプレス部品の一貫生産体制を整える。従来は簡単な金型作りとプレス機での成型が中心だったが、2012年度第2四半期に研磨用設備を導入して、最終製品に仕上げ、インドやインドネシア等の顧客に直接納入する体制を整えた。研磨などの仕上げを従来のように日本で行わないことで、納期の短縮やコスト削減につながっている。

ヨコオ: 新拠点工場が2012年に本格稼働、同工場の第2期工事を1年前倒しで開始

 ヨコオは、新拠点Yokowo Vietnam Co.,Ltd.(ハノイ近郊のHa Nam省Don VanⅡ工業団地)の工場(第1期分)を完成させ、2012年9月から本格稼働。日本市場向けに車載通信機器用ワイヤーハーネス製品を生産。2013年からはAM/FM用マイクロアンテナなどに生産品目を拡大するとともに、アセアン・米国・欧州・日本市場向けに順次出荷する計画。また、同工場の第2期工事を当初計画から1年前倒しして2013年1月に開始。欧州メーカーとの新規取引やグローバルでの受注拡大に対応するもの。

横浜ゴム:製販2社を統合、 全世界へのミニスペアタイヤの供給拠点に

 横浜ゴムは2012年9月、ベトナムでのタイヤ生産販売事業強化の一環として、合弁会社のYOKOHAMA TYRE VIETNAM COMPANY(YTVC)を清算し、横浜ゴム100%出資会社のYOKOHAMA TYRE VIETNAM INC.(YTVI。Binh Duong省)に統合することを発表。経営の効率化やブランド戦略の強化を通じて市場プレゼンスの向上を図るとともに、VTVIを全世界にミニスペアタイヤを供給する拠点として整備・強化する。

資料:各社広報資料, 各紙報道

 

 



マレーシア/シンガポール/フィリピン: 日系自動車部品メーカーでのグロ-バル輸出拠点強化の投資

(2013年 2月中旬までの約10カ月間の動向。配列は企業名 50音順)

マレーシア

河西工業:地場の金型メーカーに出資、東南アジアでの金型供給拠点に

 河西工業は、マレーシアでの合弁相手Teck See Plastic Sdn. Bhd.の子会社の金型メーカー、リプロモールドエンジニアリング(クアラルンプール郊外)の株式10%を近く買い取る。取得金額は約3000万円。同社を東南アジア地域での車用内装品生産に使用する金型の供給拠点に位置づける。同社は、小型から大型までの金型生産に対応でき、複数の欧米自動車メーカーや日系二輪車メーカーに納入実績がある。(2013年1月報道)

昭和電工:アルミ鋳造会社を設立し、鋳造工程の日本・マレーシア2拠点体制を構築

 昭和電工は2012年9月、マレーシアにアルミニウムの鍛造材料用の鋳造工場を新設すると発表。新会社はShotic Malaysia Sdn. Bhd.(Johor州)で、資本金12億円(予定)。2014年中に量産を開始する予定。製品は、アルミニウム連続鋳造棒、切断材。これにより、高い成長が見込まれるアセアン、インド市場向けの供給体制の強化を図る。主力の喜多方事業所にマレーシアを加えた鋳造工程の2拠点体制を構築し、サプライチェーンの確保においても万全を図る。

タチエス:自動車用シート組立の合弁会社設立

 タチエスは2013年1月、自動車用シート組立の合弁会社APM TACHI-S SEATING SYSTEMS SDN.BHD.(Selangor州)設立を発表。合弁相手は、技術提携先の現地部品大手のAUTO PARTS HOLDINGS SDN. BHD.(APM)。出資比率はAPM60%、タチエス40%。合弁会社の新工場完成まではAPMの工場に生産を委託。新工場が稼働する2014年下期から年間4万台のシートを生産する。フレーム部品などはタイのタチエスの拠点から輸送し、マレーシアでは組立が中心になる。新工場の稼働に合わせてタチエスの出資比率を引き上げる方針。売上高は、2013年度に24億円、2015年度に32億円を見込んでいる。

東洋ゴム:タイヤ新工場が2013年に量産開始、欧州向け低燃費タイヤ生産も追加

 東洋ゴムは、Toyo Tyre Malaysia Sdn Bhd(2012月12月に商号変更。Perak州Ipoh市)で建設中のタイヤ工場が2013年4月に操業開始する。マレーシアや近隣アセアン諸国、その他の地域向けに乗用車、小型トラック用タイヤを年産約250万本生産する。2015年には500万本の生産能力を計画。また、欧州での低燃費タイヤ「ナノエナジー」販売が軌道に乗った段階で同シリーズの生産も加えるため、最上級モデルを念頭においた生産設備の導入を進めている。なお、商号変更は同社にマーケティング機能を加え、製造部門とマーケティング部門を統合・一体化したタイヤ事業統括会社とするもの。

日本化薬:安全部品の新会社設立、アジア地域への供給拠点に

 日本化薬は2013年1月、Kayaku Safety Systems Malaysia Sdn. Bhd.(Negiri Sembilan州Seranban市)を設立すると発表。新会社では、スクイブ、ガス発生剤、エアバッグ用インフレータ、シートベルトプリテンショナー用マイクロガスジェネレータなど日本国内で生産している製品を全て生産する予定。アセアン・インドでの急速な自動車生産台数の拡大による自動車安全部品への需要拡大に対応するため。これにより日本、欧州(チェコ)、北米(メキシコ)、中国(浙江省)のネットワークに、ASEAN(マレーシア)を加えたグローバル5極体制を構築する。建設する工場の詳細は今後決定するが、2015年度の稼働を計画。

 

シンガポール

昭和電工: アルミニウム鍛造部品の生産能力増強

 昭和電工は、アルミニウム鍛造品を生産する拠点を海外ではシンガポールおよびポルトガルに持ち、自動車部品向けを中心にグローバルに販売しており、今後の需要増加に対応して両国での生産能力を増強する。Shotic(Singapore)Pte. Ltd.にはプレス機が2基あるが、米国拠点から600トンクラスのプレス機1基を移転しローターなどのカーエアコン用部品やエンジンピストンなどを生産。必要に応じて、主力拠点の喜多方事業所からも設備を移転する。(2012年6月報道)

 

フィリピン

群馬合金:アルミダイカスト部品の生産能力増強

 群馬合金は、Gunma Gohkin Philipippines Corpotation(Laguna州)に約5億円を投じて設備を増設し、自動車用アルミダイカスト部品の生産能力を2012年半ば比1.7倍に増強。東日本大震災やタイの大洪水、中国など1か所での集中生産のリスクを減らす企業の需要が高まっていることや、安価な部品調達を加速する顧客ニーズに対応するもの。フィリピン工場は、日本、アセアン諸国、欧米への輸出拠点であり、主にワイパー部品やステアリング部品の生産量を順次引き上げる。(2012年5月報道)

日本クライメイトシステムズ:フィリピンのEMSにメキシコでのエアコン部品生産を委託

 日本クライメイトシステムズ(JCS)は、フィリピンの電子部品受託製造会社(EMS)のIntegrated Micro- Electronics, Inc.(略称IMI。Laguna州)に、メキシコで生産するマツダ車向け車載エアコン用部品の生産を委託。2014年初頭からJalisco州Guadalajara州のIMI工場の既存設備で生産を開始するが、増産が見込める2015年をめどに設備の増強を検討する。JCSが部材供給や組立工程の設計などを手掛け、IMIが金型製作や組み立てを担う。(2013年2月報道)

横浜ゴム:低燃費タイヤ生産で主力のフィリピン工場の生産能力を増強

 横浜ゴムは、2014年度末の低燃費タイヤ生産量を、世界全体で2012年比2倍の年間2400万本に引き上げる。タイヤ性能を表示するラべリング制度を導入した欧州市場の開拓や中国での需要増加に対応するもの。生産量全体の約4割をフィリピンのYOKOHAMA TIRE PHILIPPINES, INC.(Pampamga州Clark Freeport Zone)を中心する海外工場で生産する計画。フィリピン工場の全タイヤの生産能力を、2012年の年700万本から2013年に800万本、2014年に1000万本(海外工場の全生産能力の3分の2)へ引き上げる。

資料:各社広報資料, 各紙報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>