Faurecia SE

会社概要

■URL

https://www.faurecia.com/

■本社所在地

23-27 rue des Champs Pierreux, 92000 Nanterre, France

業容

-フランスの大手自動車部品サプライヤー。以下4事業で構成:

  • シート (Seating)
  • 内装システム (Interiors) 
  • クリーンモビリティ (Clean Mobility)
  • クラリオンエレクトロニクス (Clarion Electronics)

-売上高全体に占める上位5社の最終顧客向けの割合は、2020年12月期が64.0%、2019年12月期が66.7%、2018年12月期が67.8%。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けたが、同社は2020年12月期においても、顧客基盤のさらなる多様化を進めている。

-2020年1月30日、同社はSASの買収を完了し、内装システム事業部門に統合した。従来、SASの全株式のうち50%を保有し、持分法により連結していた。2019年3月28日、同社はクラリオンの買収を完了、完全子会社化するとともに、過去に買収したParrot AutomotiveおよびCoagent Electronicsと統合してクラリオンエレクトロニクス事業部門を立ち上げた。
 

市場シェア

-2021 Capital Markets Day Presentationによると、同社のマーケットポジションは以下のとおり:

  • シートフレームおよびシートメカニズムは業界トップ。シート一式はトップ3。シート部門全体では12%の市場シェア。
  • インストルメントパネルとドアパネルは業界トップ。センターコンソールはトップ3。SAS社を買収したことにより、インテリアモジュールでは業界トップを争う位置。インテリア分野全体では、14%の市場シェア。
  • センサー統合駐車システムでは30%、サラウンドビューシステムでは15%の市場シェア。

 

Hellaを買収へ

-Hellaは、同社との間で合併に関する合意書に署名したことを発表した。Hellaの創業者が持つ60%の持分に加えて公開買い付け(TOB)を実施する。両社の統合により、同社は世界第7位の自動車部品サプライヤーになり、特にeモビリティ、自動運転、内装デザインなどの成長分野でさらなる地位強化を図る。(2021年814日付プレスリリースより)

資本構成

-Euronext Paris SA に上場。

-2020年12月31日時点で、Peugeot S.A.が資本金の39.34%、議決権の56.02%を保有。

-PSAは、FCAとの合併に関連して子会社Faurecia (フォルシア)の株式資本約7%に相当する9663,000株の株式売却を開始したと発表した。株式売却は迅速なブックビルディング方式による機関投資家の私募を通じて行われる。2020914日に発表の通り、合併後の新会社ステランティス(Stellantis)の取締役会および株主の承認を得ることを条件として、売却で得られる資金はFaureciaの残りの39%の株式とともにステランティス株主に分配される見込み。PSAは特定の例外を条件として (資金分配を含む)、主幹事に90日間のロックアップを許可した。売却の最終条件は遅くとも1029日に発表され、決済および譲渡は112日に実施する予定。(2020年1028日付プレスリリースより)

主要製品

シート (Automotive Seating)
-シート (Complete seats)
-フレーム (Frames)
-シート機構部品 (Seating mechanisms and mechatronics)
-ランナー (Runners)
-フォームパッド (Foam padding)
-トリムカバー (Trim covers)
-シート用装飾品 (Seating accessories)
-電動・空気圧調整システム (Electronic and pneumatic systems)
-シート用エレクトロニクス (On-board seating electronics)
-マッサージシステム (Massage systems)
-リクライニング機構 (Recliners)
-シートトラック (Seating tracks)
-回転シート (Rotating seats)
-シート一体型生理学的センサー (Seat-integrated physiological sensors)
-スマートシートアクチュエーター (Smart seating actuators)
-エアバッグ・シートベルト等の統合安全機能付き多目的構造シート (Advanced Versatile Structure seat with integrated safety features including airbags and seatbelts)

クリーンモビリティ (Clean Mobility)
-エキゾーストシステム (Complete exhaust systems)
-マニホールド (Manifolds)
-テイルパイプ (Tail pipes)
-触媒コンバーター (Catalytic converters)
-尿素SCR (Urea SCRs)
-NOxトラップ (NOx traps)
-ディーゼル粒子フィルター (Diesel particulate filters)
-排熱回収システム (Exhaust heat recovery systems)
-排熱回収マニホールド (Exhaust heat recovery manifolds)
-アンモニア貯蔵・供給システム (Ammonia storage and delivery systems)
-マフラー (Mufflers)
-アダプティブバルブ (Adaptive valves)
-バッテリートップカバー (Battery top covers)
-フルバッテリーハウジングソリューション (Full battery housing solutions)
-加熱式尿素水噴射装置 (Heated dosers)
-ASDS脱硝システム (ASDS de-NOx systems)
-ガソリンエンジン向け低圧排気ガス再循環システム (Low-pressure exhaust gas recirculation systems for gasoline system)
-小型排熱回収システム (Compact exhaust heat recovery systems)
-電気加熱式触媒 (Electrically heated catalysts)
-水素貯蔵システム (Hydrogen storage systems)
-水素スタックシステム (Hydrogen stack systems)

内装システム (Interior Systems)
-コックピット (Cockpits)
-インストパネル (Instrument panels)
-クロスカービーム (Cross-car beams)
-センターコンソール (Center consoles)
-装飾トリム・部品 (Decorative trim and components)
-ドアパネル (Door panels)
-ドアモジュール (Door modules)
-パッケージトレー (Package trays)
-トランクトリム (Trunk trims)
-音響インシュレーター (Acoustic insulation)
-グローブボックス (Glove boxes)
-スマートコントロールHMIシステム (Smart Control Unit HMI systems)
-音声コントロールシステム (Voice control systems)
-統合型熱放射パネル (Integrated radiant panels)
-走行モードに応じて動作するモーフィング・インストゥルメント・パネル (Morphing Instrument Panel which shifts based on vehicle driving mode)

クラリオンエレクトロニクス(Clarion Electronics)
フォルシアクラリオンエレクトロニクスの製品(リンク)
-スピーカー (Speakers)
-アクティブノイズコントロールシステム (Active noise control systems)
-内装音響におけるスピーカーレスソリューション向けエキサイター (Exciters for automotive interior sound surfaces to create a speakerless solution)
-デジタルサウンドチューニングシステム (Digital sound tuning systems)
-スピーカー及びマイク付きサウンド・スマートヘッドレスト (Sound and smart headrests with integrated speakers and microphones)
-近赤外線カメラ (Near infrared cameras)
-温度カメラ (Thermal cameras)
-レーダーセンサー (Radar sensors)
-生体センサー (Biometric sensors)
-センサーデータ融合システム (Sensor data fusion systems)
-人工知能テクノロジー (Artificial intelligence technologies)
-システムオンチップ使用コックピットドメインコントローラー (Cockpit domain controllers utilizing system-on-a-chip architecture)
-車載インフォテインメントシステム (In-vehicle infotainment systems)
-リアシートインフォテインメントシステム (Rear seat infotainment systems)
-マルチビューグラフィカルインターフェイス「Quadview」(Quadview multi-view graphical interface)
-バーチャルアシスタント向けインフォテインメントシステム (Infotainment systems compatible with virtual personal assistants)
-HMIシステム (HMI systems)
-ユニバーサルリモートチューナー (Universal remote tuners)
-Androidベースアプリライブラリー (Android-based app library)
-リア・サラウンドビューシステム (Rear and surround view systems)
-E-mirror (E-mirrors)
-カメラ・ライダークリーニングシステム (Camera and lidar cleaning systems)
-自動駐車支援システム (Automated parking assist systems)
-自動ピックアップソリューション (Autonomous pickup solutions)
-最長1.5m対応ディスプレイ (Large display systems up to 1.5 meters in length)
-平面及び曲面対応フレキシブルディスプレイ (Flexible display appearances including flat and curved structures)
-カラーマッチングディスプレイテクノロジー (Color matching display technologies)
-先進バックライトディスプレイテクノロジー (Advanced backlighting display technologies)
-タッチセンシティブディスプレイ (Touch-sensitive displays)
-力センシングディスプレイ (Force sensing displays)
-アクティブ/パッシブ触覚フィードバック技術付ディスプレイ (Displays with active and passive haptic feedback technologies)
-ディスプレイソフトウェアプラットフォーム (Software platform for displays to optimize user experience based on perception and physiology)
-オプティカルボンディング技術 (Optical bonding technologies)

沿革

1997年12月 同社の前身、PSA Peugeot Citroenの68%出資子会社Ecia (1929年設立) が、欧州最大手シートメーカーBertrand Faure (1914年設立) を買収。
1999年06月 EciaとBertrand Faureが正式に統合。Faureciaに社名変更。
2000年10月 Sommer Allibert社を買収。買収に際しPSA Peugeot Citroenグループが財務支援を行い、同社の株式71.5%保有。
2007年 フランスのCadence Innovationの資産の一部を0.4百万ユーロで買収。
ルーマニアの内装品メーカー、Euro Auto-Plastic Systems srlの株式50%を9.4百万ユーロで買収。
Duroplastグループが保有していたFaurecia Duroplast Mexicoの株式50%を取得し、同社を完全子会社化。
中国に3つの新会社を設立。- Faurecia (Shanghai) Automotive Systems Co Ltd、Faurecia Wuhan Automotive Seating Co Ltd.、Faurecia Qingdao Exhaust Systems Co Ltd.
韓国にFaurecia Trim Korea Ltd.を設立。
2008年 モロッコKenitraにFaurecia Equipements Automobiles Marocを設立。
2008年 中国にFaurecia (WUHU) Exhaust Systemsを設立。
2008年 タイにFaurecia Exhaust System Rayongを設立。
2009年05月 フランスCalignyにGlobal Seat Mechanisms Centerを開設。
2010年 排気系部品大手の米EMCON Technologies LLC (ミシガン州トロイ) を買収。
2012年 Plastal France (Plastal S.A.S.)、Sora Compositesの自動車事業部門、Ford傘下のAutomotive Components Holdings (ACH) より、米国ミシガン州Salineの内装部品事業を買収。
2016年7月 Plastic Omniumに自動車外装部門 (バンパーおよびフロントエンドモジュール) を売却。
2017年2月 フィンランドのスタートアップ企業TactoTekとの提携について合意したと発表。 TactoTekはInjection Molded Structural Electronics (IMSE)のソリューションプロバイダー。 
2017年5月 STELIA Aerospace Compositesから複合水素タンクに関する知的所有権の独占使用権を取得したと発表。 燃料電池車用の炭素繊維を使用した高圧水素タンクの設計、製造および商品化が可能となった。
2017年11月 江西好帮手電子科技有限公司[Jiangxi Coagent Electronics Co., Ltd.]の株式取得の手続きを完了。新会社は新型車載インフォテインメントシステムソリューションの開発に注力。
2017年12月

スマートサーフェス技術のさらなる強化を目的に、静電容量センサー技術とヒューマン・マシン・インターフェース (HMI)を専門とする米国のスタートアップ企業Alsentisに投資したと発表。

2018年10月

Parrot Automotiveの100%買収が完了、社名をParrot Faurecia Automotiveに変更

2019年3月 カーナビ、カーオーディオ、ADAS、ドライバーモニタリングシステム及びコックピットドメインコントローラーなどの電子部品大手サプライヤーであるクラリオンの買収を完了した。
2019年4月 クラリオンとParrot Automotive、Coagent Electronicsを統合し、クラリオンエレクトロニクスとして事業部門を新設。
2019年4月 音響およびアクティブノイズコントロールソリューションに取り組むスウェーデンの企業Creo Dynamicsの過半数株式を取得。
2019年5月 イスラエルのサイバーセキュリティソリューションプロバイダーのGuardKnoxに投資。
2020年1月 合弁会社SASの残りの株式50%をContinentalから取得。
2020年7月 車載ディスプレイ用ソフトウェアのプラットフォーム開発を手がけるIRYStec Softwareを買収。

補足 1