American Axle & Manufacturing Holdings, Inc.

会社概要

■URL

http://www.aam.com

■本社所在地

One Dauch Drive, Detroit, MI 48211-1198, USA

業容

-小型トラック、SUV、乗用車、クロスオーバー車および商用車用ドライブライン、金属成形品を開発・製造。

-2017年4月、同社は1,600百万ドルのキャッシュ、持株でMetaldyne Performance Group Inc.(MPG)の買収を完了した。

-同社は、ドライブライン事業セグメントとメタルフォーミング事業セグメントの2つで構成。2019年第1四半期に、同社は事業再編によりパワートレイン事業を分割し、その一部をドライブライン事業、残りをメタルフォーミング事業に組み入れた。第3のセグメントであった鋳造は2019年12月に売却され、現在は同社の事業に含まれない。

  • ドライブライン:フロント/リアアクスル、ドライブシャフト、デフASSY、クラッチモジュール、バランスシャフトシステム、ディスコネクトドライブライン技術、電動車/ハイブリッド車向けドライブライン製品およびシステム
  • メタルフォーミング:アクスルおよびトランスミッションシャフト、リングおよびピニオンギア、ディファレンシャルギア/ASSY、コンロッド、可変バルブタイミング製品

 

主要納入先

-同社は、GMが北米で生産するフルサイズ後輪駆動小型トラック、SUV、クロスオーバー車の車両プラットフォーム向けに、リアアクスル、4WDシステム、AWDアクスルを供給する主要サプライヤー。この他にも様々な製品を納入しており、2020年12月期売上高に占めるGM向けは約39%。

-FCA (2021年1月よりStellantis傘下) 向けは、大型ピックアップトラック「Ram」とその派生車であるAWD車「Jeep Cherokee」、「Chrysler Pacifica」向けに、ドライブラインシステム製品を供給。2020年12月期売上高に占めるFCA向けは約19%。

-Ford向けは、「Edge」「Escape」「Lincoln Nautilus」等の特定車種プログラムにドライブライン製品を供給。2020年12月期売上高に占めるFord向けは約12%。

資本構成

-ニューヨーク証券取引所に上場

主要製品

ドライブラインシステム (Driveline systems)
-リアビームアクスル (Rear beam axles)
-リアアクスルシステム (Rear axle systems)
-フロントアクスル (Front axles)
-ドライブシャフト (Driveshafts)
-マルチピース式ドライブシャフト (Multi-piece driveshafts)
-バランスシャフトシステム (Balance shaft systems)
-TracRiteアクスルディファレンシャル (TracRite axle differentials)
-ディファレンシャルケース (Differential cases)
-ディファレンシャルASSY (Differential assemblies)
-トルクトランスファーデバイス/電子制御カップリング (Torque transfer devices / Electronic control couplings)
-等速ジョイント (Constant velocity joints)
-Quantum軽量アクスル (Quantum lightweight axles)
-Quantum AWD/RWD モジュール (Quantum AWD/RWD modules)
-NVH性能アルミドライブシャフト用Sylentフォームライナー (Sylent foam liner for aluminum driveshaft NVH performance)
-EcoTrac ディスコネクトAWDシステム (EcoTrac disconnecting AWD systems)
-e-AAM ハイブリッドおよび電動ドライブシステム (e-AAM hybrid and electric drive systems)
-AWDモジュール (AWD modules)
-リアドライブモジュール (Rear drive modules)
-サスペンションモジュール (Suspension modules)
-VecTracトルクベクタリングリアドライブモジュール (VecTrac torque vectoring rear drive modules)
-トランスファーケース (Transfer cases)
-パワートランスファーユニット (Power transfer units)
-TracRiteトランスアクスル・トランスファーケースディファレンシャル (TracRite transaxles / Transfer case differentials)

メタルフォーミング製品 (Metal formed products)
-アクスルシャフト (Axle shafts)
-インプットシャフト (Input shafts)
-アウトプットシャフト (Output shafts)
ートランスミッションシャフト、ハブおよびギア (Transmission shafts, hubs and gears)
-パーキング歯付きCVT部品 (CVT components with net parking teeth)
-PTUシャフト、ギア (PTU shafts and gears)
-ドライブシャフト、プロペラシャフトヨークおよびトラニオン (Driveshaft and propeller shaft yokes and trunnions)
-可変バルブタイミング部品 (Variable valve timing components)
-コンロッド (Connecting rods)
-バルブボディ (Valve bodies)
-クラッチハウジング (Clutch housings)
-ボールジョイントハウジング (Ball joint housings)
-ソレノイドボディ (Solenoid bodies)
-ブレーキピストン (Brake pistons)
-サスペンション部品 (Suspension components)
-ベアリングキャップ (Bearing caps)
-スプロケット (Sprockets)
-スタブシャフト (Stub shafts)

-ディファレンシャルギア (Differential gears)
-トランスファーギア (Transfer gears)
-アニュラスリングギア (Annulus ring gears)
-入力ギア (Input gears)

-トラニオンおよびスパイダー (Trunnions and spiders)
-フロント/リアハイポイドピニオン (Front & rear hypoid pinions)
-ステムピニオン (Stem pinions)
-ハイポイドリングギア (Hypoid ring gears)
-フロントアクスルディスコネクト部品 (Front axle disconnect components)
-インナー/アウタータイロッドおよびリレーロッド (Inner and outer tie rods and relay rods)
-タイロッドソケットおよびリンク (Tie rod sockets and links)
-ホイールハブおよびスピンドル (Wheel hubs and spindles)
-SmartBar電動スタビライザーシステム (SmartBar electronic stabilizer systems)
-ディファレンシャルASSY (Differential assemblies)
-ボールソケット (Ball sockets)
-成形ギア (Net formed gears)
-成形スプライン (Net formed splines)
-スプラインスリーブ (Splined sleeves)
-クラッチ歯 (Clutch teeth)

沿革

1994年03月 Richard E. Dauch率いる投資家グループが設立。
1997年10月 Blackstone Capital Partners II Merchant Banking Fund L.P.が管理・運営する
AAM Acquisition Inc.に買収される。
1998年 American Axle & Manufacturing of Michigan, Inc.の事業を受け継ぎ、現社名でデラウエア州に設立。
1998年 Albion Inc.を買収。
1999年 Colfor Manufacturing, Inc.とMSP Industries Corporationの2社を買収。
2001年 Detroit ForgeにStabilizer Bar Development Centerを開設。
2004年 インドPuneにPune Business Office & Engineering Centerを開設。
2005年 中国上海市、韓国ソウル市にオフィスを開設。
2005年 Process Development Centerを開設。
2006年 中国Changshu、ポーランドOlawaに新工場を設立。
2007年10月 Sona Koyo Steering Systems Limitedとインドで合弁会社AAM Sona Axle Private Limited (AAM Sona Axle) を設立。
2008年02月 タイで新工場建設開始。
2008年12月 中国のHefei Automobile Axle Co, Ltd.,と折半出資による合弁会社設立を合意。
2010年03月 米国ペンシルベニア州Lancasterに新工場を設立。
2010年09月 Spyker Cars (オランダ) 傘下のSaabと合弁会社「e-AAM Driveline Systems AB (e-AAM)」を設立。
2011年01月 Sona Koyo Steering Systems Limitedとの合弁会社AAM Sona Axleを完全子会社化。
2011年09月 タイ Rayongに新工場を新設。
2012年02月 過去にSaabとの合弁会社であった、スウェーデンのe-AAM Driveline Systemsの全株式を取得。
2012年05月 メキシコで2番目の金属加工拠点 AccuGear Silao を新設。
2012年08月 インド Chennai に生産拠点を開設。
2012年09月 スウェーデン Arjeplog にウインターテストセンターを新設。
2017年04月 Metaldyne Performance Groupを16億ドルで買収。
2019年第1四半期 事業構成を4セグメントから3セグメントに再編し、パワートレインセグメントを解消するプログラムを開始。
2019年12月 鋳造セグメントを売却。これにより、141.2百万ドルの現金と60百万ドルの繰延支払債務を受領。

補足 1