Sona Koyo Steering Systems Ltd.

会社概要

■URL

http://sonakoyosteering.com/

■本社所在地

38/6, Delhi-Jaipur Road, NH-8, Gurgaon 122002, India

業容

-Sona Groupのフラッグシップカンパニー。

-インドのステアリングシステムの大手製造メーカーで主に乗用車、多目的車、軽商用車に供給。

-ジェイテクトと技術ならびに資本関係で提携。ジェイテクトは同社に20.1%出資している。その他の主要株主はSona Autocomp Holding (25.12%) およびMaruti Suzuki India (6.94%)。

-同社の子会社は以下の通り:

社名 主な製品
JTEKT Sona Automotive India Limited (JSAI) コラム式電動パワーステアリングシステム (CEPS)
Sona Fuji Kiko Automotive Ltd. (SFAL) ステアリングコラム


-2014年3月期、シートメタル加工を行う同社子会社Sona Stampings Ltd. (SSL) はSona Koyo Steering Systems Ltd.に吸収された。

-2016年3月時点、インドにおける乗用車向けステアリングシステムのマーケットシェアは約50% (同社調べ)。

資本構成

-ボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所に上場。 (2016年3月31日現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
Promoters 52.34
Individual Investors 35.85
Bodies Corporate 6.53
Insurance Companies 0.60
Mutual Funds 0.48
Foreign Institutional & Foreign Portfolio Investors 0.37
Non-resident Indian 1.35
その他 2.48
合計 100.00

主要製品

ステアリング部品 (Steering components)
-ラックアンドピニオン式ステアリングシステム (Rack & pinion steering systems)
-ボール循環式パワーステアリング用ギア (Recirculation ball screw steering gears)
-チルト式ステアリングコラム (Tilt steering columns)
-コラム式電動パワーステアリングシステム用中間シャフト (Intermediate shafts for Column-type Electric Power Steering (CEPS))
-ステアリングコラム用テレスコピックシャフト (Telescopic shafts for steering column)
-コラム式電動パワーステアリング用テレスコピックIシャフト (Telescopic I-shafts for CEPS)
-油圧式パワーステアリングギア (Hydraulic power steering gears)
-コラム式電動パワーステアリングシステム用ステアリングギア (Steering gears for CEPS systems)
-電動パワーステアリングシステム (Electronically Controlled Power Steering systems (ECPS))
-大型商用車用ステアリングコラム (Steering columns for HCVs)
-大型商用車用テレスコピックIシャフト (Telescopic I-shafts for HCVs)
-ステアリングコラム (Steering columns)
-ステアバイワイヤーシステム (Steer-by-wire systems)
-ステアリングECU (Steering ECUs)
-電動パワーアシストモジュール (Electric Power Assist Modules (EPAMs))
-ボールジョイント (Ball joints)
-ユーティリティヴィークル向け防振ダンパー付きインターミディエイトシャフト(Intermediate shaft with vibration dampener for UV)


ドライブライン部品 (Driveline components)
-フロント・リアアクスルシャフト (Front & rear axle shafts)
-リアアクスルASSY (Rear axle assemblies)
-デフキャリアー (Differential carriers)
-デフASSY (Differential assemblies)
-プロペラシャフト (Propeller shafts)
-ドライブシャフト (Drive shafts)
-ベベルギア (Bevel gears)
-シンクロナイザーリング (Synchronizer rings)
-クラッチディスクASSY (Clutch disc assemblies)
-サスペンションアーム・リンク (Suspension arms and links)

沿革

1985年01月 光洋精工 (現JTEKT) との間で、技術提携契約を締結。
1986年02月 Sona SteeringがMaruti Udyog (現Maruti Suzuki) と合弁契約を締結。
1987年10月 マニュアルステアリングギア、マニュアルステアリングコラムの生産開始。
1988年05月 IPOを通じて上場。
1992年07月 光洋精工 (現JTEKT) が同社の株式の8%を取得。
1994年08月 光洋精工 (現JTEKT) の認定ベンダーとなる。
1996年07月 油圧パワーステアリングギアの生産開始。
1997年05月 光洋精工 (現JTEKT) が株式を20.5%に増加。
1998年10月 会社名をSona Koyo Steering Systems Ltd.に変更。
1998年12月 Chennaiに工場を設立。
2003年10月 Chennaiに100%輸出指向型企業 (EOU) を設立。
2004年10月 Fuji Autotech Franceの株式の21%を取得。
2006年03月 コラムタイプ電動パワーステアリングの生産開始。
2007年02月 Haryana州Dharuheraに工場を設立。
2011年 AAM sona Axle Private LimitedをAmerican Axle & Manufacturingに売却。
2012年 Arjan Auto Private Limitedが保有するSSLの株式30.08%を取得し、SSLを完全子会社化。
2013年 合弁会社Fuji Autotech Europe S.A.S.に対する持分の全てを、合弁相手のFuji Kiko Europe S.A.S.に7.75百万ユーロで売却。

補足 1

>>>2012年3月期までの動向
>>>2013年3月期の動向
>>>2014年3月期の動向
>>>2015年3月期の動向

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。