VW Tiguan 分解調査:ADAS(先進運転支援システム)

Continental製前方レーダー、Bosch製後方レーダー、Valeo製アラウンドビューモニターなど

2019/04/02

概要

VW Tiguan分解調査
VW Tiguan分解調査

  VW Tiguanは、2015年9月のフランクフルトモーターショーで2代目が世界初公開され、2016年初頭から欧州等で販売を開始したSUV。VWグループが開発したMQBプラットフォーム(FFとFFベースの4WD車用のエンジニアリングアーキテクチャ)を採用している。

  本レポートは2019年2月にひろしま産業振興機構のベンチマーク活動で実施されたVW Tiguanの車両分解調査から、Tiguanに搭載された電子部品について予防安全機能部品を中心に解説し、VWグループの最新ADASシステムを知ることを目的としている。


関連レポート:
VW Tiguan 分解調査:1.4L TSIエンジン(2019年3月)
ホンダ シビック分解調査:ADAS (先進運転支援システム)(2018年8月)
トヨタ C-HR 分解調査:ADAS (先進運転支援システム) (2018年3月)

 



過去の分解レポート
トヨタ C-HR
1.2Lダウンサイズターボエンジン(2018年10月)
ADAS (先進運転支援システム) (2018年3月)
VWパサート
1.4Lガソリンターボエンジン(2016年10月)
日産セレナ
自動運転技術プロパイロット(2017年2月)
BMW i3
 バッテリーシステム (2017年4月)
 CFRP 製ライフモジュール車体構造 (2017年4月)
 アルミニウム製シャシーフレーム (2017年10月)
トヨタ 4代目プリウス
(上)燃費40km/Lのために高効率化と軽量化されたパワートレーンユニットの進化(2016年2月)
(中)TNGA/シャシー・空力性能技術の進化(2016年3月)
(下)新プラットフォームTNGAの車体構造と遮音吸音材・制振材の技術(2016年3月)
132部品の写真集:TNGAのコンポーネント/部品の詳細写真と主要部品サプライヤー一覧(2016年4月)
トヨタクラウン
(Ⅰ)直噴V6 2.5Lエンジン「4GR-FSEエンジン」(2016年5月)
(Ⅱ)レクサス車と共通のFR高級車用シャシー技術(2016年5月)
(Ⅲ)車体構造と遮音吸音材 (2016年8月)
(Ⅳ)トヨタクラウン車両分解調査:写真集 (2016年9月)
ダイハツムーブ (2015年2-3月掲載)
(上) サプライヤーリストとシャシー/シート/電装関係部品
(中) 軽量化・小型化を追求したターボエンジンと3軸ギヤトレーンのCVT
(下) 直線的骨格で合理性を追求した車体構造