カテゴリー別製品一覧

計測器・試験機

概要
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
R&S®CMW500 ワイドバンド無線機テスタ
セルラーV2X(C-V2X)向けのエンドツーエンドのアプリケーションレイヤー・テストソリューション。安全上の重要なシナリオをラボで検証する際に必要となる、テスト・ソリューションです。C-V2Xベースの通信アプリケーションの開発とテスト向けに組み合わされた、R&S CMW500 LTEネットワークシミュレータと、R&S SMBV100A/B GNSSシミュレータ、Vector CNNoe .Car2xで構成されるセットアップです。
概要
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
R&S®ESR EMIテスト・レシーバ
従来のステップ周波数スキャンまたはFFTベースの超高速タイムドメインによって電磁波妨害を解析できます。
概要
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
R&S®RTO2000 オシロスコープ
R&S®RTO2000 オシロスコープでは、規格に定義されているテストを実行し、1000Base-T1インタフェース上のデータ通信の信頼性を評価できます。オプションのR&S®RTO-B6 内蔵任意波形発生器と組み合わせることで、R&S®RTO2000は、必要な125 MHzの干渉信号を、追加の測定器を使用せずに単独で発生できます。
概要
東京プラント株式会社
t2200シリーズ アークスプリングカップリング
tectos社製 t2200は特にテストベッドで使用するためのアークスプリングカップリングで、デュアルマスフライホイールのように作用します。モジュール型スプリング設計により、被試験ユニットに剛性特性を合わせることが可能です。
概要
東京プラント株式会社
t1000-800シリーズ エラストマー製クローカップリング
tectos社製 t1000-800はモータースポーツ、二輪車用途、ならびにデュアルマスフライホイールや車両用クラッチ試験等の特殊用途向けに開発されました。このカップリングは軽量、超ロバスト設計、高減衰性及び保守の容易さを特徴としています。

低剛性時の大きな交番トルクの伝達という開発目標は、様々なタイプのカップリングデザインで達成されました。

このカップリングは、硬度の異なるエラストマーを使用して、ねじり剛性を調整することができます。
概要
東京プラント株式会社
t80x 高速等速ジョイントシャフト
tectos社製 t80x高速シャフトは特殊製品グループのシャフトで、お客様の要件に併せて、非常に軽量な等速ジョイントで構成され、特殊用途に最適化されています。HKジョイントは空間的、回転数、剛性及び慣性モーメントの要件だけでなく、その用途により設計されています。
概要
東京プラント株式会社
E-Tractionテストベッド
E-Tractionテストベッドは最高20000rpmの電気モータ(主機)試験用として開発されました。tectos社製 t800ジョイントシャフトと tZLE900 中間軸受により、動力計と供試体を接続します。

電気モーター取り付けフランジは水冷式で、測定フランジと電気モーター取り付けフランジ間の空間は空冷となります。所定位置の温度モニタ用でセンサを有しています。

E-Tractionテストベッドは、オプションで防音チャンバや恒温湿チャンバをご用意しています。
概要
株式会社XTIA
【光コム】非接触型レーザ距離計「光コム距離計」
「光コム距離計」は光コム干渉を使用する非接触型レーザ距離計です。
測定光と参照光に光コムを使用することにより、長距離でも非常に高精度の絶対距離測定を実現しています。
標準機の絶対距離測定の範囲は5m、精度は1μmで計測可能です。
また、参考値として78mの距離計測において評価限界に達する精度5μmが得られています。
原点復帰が不要で高速性に優れ、寸法計測や対象物までの距離測定、位置決めなどの応用に適しています。


概要
株式会社XTIA
【光コム】多点振動計
仕様
多点測定 ~100点
振動振幅 0.1~3μm
高速測定に対応(~100kHz)
非接触
顕微鏡下のサンプル測定
東京プラント株式会社
エンジン受託試験
各種エンジン性能試験の受託業務を実施しております。エンジン受託試験の試験業務内容の打ち合わせ、試験の要件定義のまとめ、またテストシステムサプライヤーとして、エンジン試験に必要なテストシステムなどを、お客様の試験ニーズに合わせて、提携先と一緒に最適なテストベッドの構築を致します。
ライカマイクロシステムズ株式会社
デジタルマイクロスコープ ライカ DMS1000
ハイスペックより、マイスペック。シンプルな機能と、必要に応じて画像解析機能、照明など選択でいきるフレキシビリティを提供した、デジタルマイクロスコープ。シンプルながら、光学性能は試料の色・形・表面形状・寸法・質感まで忠実にデジタル画像に再現します。
ライカマイクロシステムズ株式会社
デジタルマイクロスコープ ライカ DVM6
品質検査/保証や各種解析業務、研究開発などにおいて、品質要求は厳しく、作業効率向上もますます求められています。 顕微鏡のライカが開発したデジタルマイクロスコープ DVM6 は、卓越した光学性能で、圧倒的な解像度と表現力を提供。 さらに直観的な操作で、目で顕微鏡を覗いたかのような、自然で、きれいな画像を記録、レポートできます
株式会社エヌエスティー
ギヤ噛合い検査装置 Gear Checker(ギヤチェッカー)
『Gear Checker(ギヤチェッカー)』は、コンパクトなボディーに必要な機能を搭載したギヤ噛合い検査装置です。

対象ワーク(ギヤ)とマスターギヤと噛み合わせ回転させることにより、打痕、振れの検出、OBDの測定を本装置1台で行うことができます。

また、ギヤチェッカー専用ソフトをインストール済みなので、ソフト開発をする必要がありません。
※マスターギヤは含んでおりません。
※マーキング機能を別途開発可能です。
概要
有限会社シスコム
ワイヤレス触覚グローブ
TactileGloveは送信機がグローブ本体に装備され、また、各指、手のひらに多数
の静電容量式触覚センサが内蔵され、全く違和感がないフレキシブルなグローブ
デザインとなっています。装着後、直ちに手に負荷される圧力が測定可能です。
ワイヤレス接続のため、測定範囲が大きく広がります。
概要
有限会社シスコム
リアルタイム & フルフィールド 振動測定装置"VibroMap 1000"
VibroMapはESPI(エレクトロニクス・スペックル干渉測定法)を利用した、全く
新しい振動・変位解析装置。
CCDカメラを用いて、振動・変位測定を行うので振動モード及び変位モードがモ
ニター上で容易に確認できます。
測定結果の画像データがリアルタイムで表示され、振動周波数のスウィープ、静
的変形など負荷調整を画面を見ながら行うことができます。非常に短時間で、且
つ、非接触で解析結果が得られる画期的なシステム。研究開発、機械設計及び
FEM等の解析結果の確認に最適なシステムとなっています。
概要
有限会社シスコム
【風速計】32ch風速温度スキャナー 小型風速温度センサ
ATVS-2020™は風速及び温度を最大32chまで測定することができるポータブルタイプの多点風速・温度測定システムです。
フロー障害を最小限にするための超小型風速温度センサ及び使いやすいLabVIEWアプリケーションソフトウェアによる自動計測、解析、レポート作成を簡単に行うことができます。各風速・温度センサには個別シリアル番号が付帯しているのでPCによる自動認識ができ、対応する校正ファイルから温度と風速を測定します。
シングルセンサの先端部の同じポイントで風速と温度を測定するので、非常に精度の高いデータが得られ、またセンサ2個づつをペアにして温度と風速の同時連続測定やユーザー指定のセンサ温度に基づく多点風速の同時計測など用途に応じた多様な測定方法を選択することができます。
またオプションのDAC-200™アナログ変換器を利用すると、風速と温度のリニアアナログ出力も得られるので、データロガーユニットへの取り込みもでき、その他のデータパラメータとの同期取得も可能になります。
概要
有限会社シスコム
【風速計】4ch/8ch風速温度スキャナー 小型風速温度センサ

eATVS-4/eATVS-8はそれぞれ風速と温度を最大4ch/8chまで測定できる低価格でポータブルタイプの風速温度スキャナーです。
小型の各種風速温度センサには個別シリアル番号が付帯しているのでPCがセンサを自動認識して、対応する校正ファイルから精度の高い温度と風速データを出力します。
PCB基板や電子機器筐体内の複雑な狭小エリアでも、シングルポイントから多点で、エア温度、風速や固体表面温度を容易に測定することができます。
概要
有限会社シスコム
超小型・加速度ロガー
AccStick6はW21.2×D32.5×H10.5mm 、重さわずか15gの超⼩型加速度ロガーです。
2G〜400Gまでの幅広いレンジ、最⼤1.6KHzのサンプリング周波数、メモリは4M搭載で
50万ポイントの連続測定が実現しました。
振動から衝撃まであらゆる環境で手軽に測定できます。
概要
有限会社シスコム
920MHz帯無線 センサシステム
YM920は新たに産業⽤無線帯域で割り当てられた920MHz 帯を使⽤した、新しい無線システムです。
従来の無線規格帯と比較し、長距離通信が可能、特定小電力で低消費電力、電波の回り込みが可能なため安定性に優れた特性を持っています。MEMS デジタル温湿度センサー/ 熱電対と無線IC タグを組み合わせ、より幅広い分野への活用を提案致 しています。
センサは熱電対・Sensirion 社製温湿度センサ・IST 社製温湿度センサを外付けする事ができ、さらに送信機にはSensirion SHT21 搭載。用途によって、使い分けが出来ます。 PCに接続した受信機1台につき、標準仕様の場合最大16chの送信機の通信が可能です。メモリ記録や加速度センサの活用など、カスタムにも対応します。
概要
有限会社シスコム
超小型熱電対マルチ温度ロガー
最大4チャンネルの熱電対を接続することができる超小型ロガーです。
記録したデータはcsv形式でPC出力可能。
高速回転体など、狭い空間にも設置できる、重さわずか4gの基板です。
周囲環境温度105℃まで対応。熱電対はK、E、J、T、E、R、Sに対応。
株式会社エヌエスティー
モーター試験機
電気自動車(EV)やハイブリッド電気自動車(HEV)の電動車両に使用される車載用モーターから、家電製品・産業用等に使用される小型モーターまで、多様化するモーターのあらゆる性能試験に対応します。
株式会社エヌエスティー
異音(振動)検出ユニット NT-100
従来の多機能解析装置と異なり、合否判定に特化することで低価格を実現しました。
誰でも簡単に低コストで振動・音の合否判定ができます。
株式会社エヌエスティー
バッテリー充放電評価装置
EV・HEV等の車載用バッテリー、ソーラー・風力発電等の汎用電池など、大容量電池の評価に最適な充放電評価装置です。
評価装置だけでなく、周辺装置も含めてトータルでご提案します。
株式会社エヌエスティー
レゾルバ位相計測器 レゾメータ
モーターを手回しするだけで、簡単にモーターとレゾルバの位相差を計測することができます。
今までにない簡単且つ正確な調整方法で、モーターの開発・製造・修理作業にかかる無駄なコストを削減できます。
概要
株式会社マツイ
実機部品に組込み、実際の運転状態で計測可能な誘導式非接触テレメータ。トルク計測、ひずみ計測、温度計測等可能。
先進のヨーロッパで開発され、数多くの使用実績を有するManner社(ドイツ)のテレメータシステムです。

実機の部品をカスタムすることにより、回転運動や往復運動していてもデータ取得可能。部品の実際の使用条件でのトルク・ひずみ・温度等、生のデータを計測することが出来ます。
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社
マルチファンクションロガー
様々なI/Oの同時集録・複数カメラの同期、大量データ保存が可能!

新規格のNI PXI Expressを使用して、既存の計測器では難しかった複数台のIEEE1394カメラ・車両ネットワーク信号(CAN/LIN/FlexRay)、汎用の計測(電圧、温度、ひずみ、振動)の完全同期データ集録を実現できます。また、大容量のHDDをシステムに組み込むことにより、大量データの保存も可能です。

▼ 資料ダウンロード
ftp://ftp.ni.com/pub/branches/japan/applications/mlv.pdf
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社
要件定義・実装・適合・データ管理まで一貫してサポート!エンジンECU開発におけるNIのRCP/HILソリューション
日本ナショナルインスツルメンツ(NI)は、特にエンジン駆動・燃焼解析の分野で、RCPや燃焼解析に対し高速高精度な演算処理・IO制御が可能なFPGAを提供しています。

グラフィカル開発環境であるNI LabVIEWを使用すると、ガソリン、ディーゼル、HEV、EVなどのエンジンを自在のタイミングで駆動、制御させることが可能です。また、FPGAコードの入れ替え、I/Oの入れ替えのみで柔軟に即仕様変更が可能になります。

本システムを用いることで、従来エンジン駆動に2~3ヵ月かけていたところ、1~3週間ほどに短縮することができ、導入コストやランニングコストも従来の標準的な製品に比べ大きく抑えることが可能になります。

▼資料ダウンロード
ftp://ftp.ni.com/pub/branches/japan/applications/drivven_ecu.pdf
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社
EV/HEV開発のコスト削減を実現!「フルビークルHILS」テストシステム
ナショナルインスツルメンツ(NI)が提供する「フルビークルHILS」は、コンピュータ上でEV/HEVの実環境全てをモデル化し、モーターやバッテリーなどのECUをシミュレーションによりテストできるため、コストや開発時間の削減を実現します。また、このフルビークルモデルを使用することで、メーカーでは実車走行試験回数が減り、実車を持っていない企業では、実車での走行実験を卓上で再現することが可能となり、部品の精度を格段に向上させることが可能となりました。これによりコストや品質での他社との差別化が実現されます。
東海光学株式会社
<分光透過率計(TL-100)のご紹介>
透明基材(ガラス,樹脂,フィルム問わず)やレンズの分光透過率をボタンを押すだけで簡単に測定できます。また、操作性を考慮しながらも、フィールド測定での使用感を重視し、小型でシンプルな構造とすると共に、光源にLEDを採用する事で省電力化と共に長寿命化を実現しました。デザインも測定時に対象物を置く位置をパッと解りやすくしています。
概要
アンリツ株式会社
車内の無線LAN届いていますか?
車内エンタテイメントシステムで提供される車内サービスを支える無線LANの重要性は
今後、いよいよ増してきます。

高品質で安定した車内サービスを提供するためには、
通信モジュール単体の性能データだけではなく、
製品に組み込まれた「完成品状態」かつ実際に使用する「実使用環境」での
「定量的なデータ」を求められるようになることが予想されます。