カテゴリー別製品一覧

素材

概要
株式会社 JMC
250℃高耐熱・高強度マグネシウム合金 精密砂型鋳造
エレクトロン社のマグネシウム合金は亜鉛・希土類(レアアース)及びジルコニウムを加えた合金で高強度、高耐熱(250℃)砂型用マグネシウム合金です。

この軽量で高強度・高耐熱の合金をモータースポーツ及び防衛・航空機用として開発され適応されています。

近年海外では、自動車のトランスミッションケース等にも使用されております。砂型用に開発された鋳造合金であるため、主に特殊少量生産品向けにご利用ください。
概要
株式会社 JMC
アルミニウム・マグネシウムの精密砂型鋳造
近年、自動車業界では次世代技術の発展に伴い「軽量化」がキーワードの一つとなっています。
株式会社ジェイ・エム・シーは、アルミニウム・マグネシウム材料の精密砂型鋳造技術により、
開発から量産までの短納期化とコスト削減にお応えいたします。
概要
VTCマニュファクチャリング・ホールディングス株式会社
可とう軟銅撚り線
可とう性〈柔軟性〉を必要とする電気用導体として、接続部、リード線などに使用されます。

概要
VTCマニュファクチャリング・ホールディングス株式会社
平編銅線
可とう性〈柔軟性〉を必要とする電気用導体として、電気機器や電解槽の接続部、アース線などに使用されています。

特徴:
柔軟性に優れ、機器の作動部の取り付けに適します。
撚り線に比べ表面積が大きいため放熱効果に優れ、安全電流が大きくとれます。
機器の振動を吸収する為、端子のゆるみを防げます。低電圧、大容量の箇所に最適です。
大容量を必要とする場合は重ね合わせて使用でき、便利でスペースが少なくて済みます。
概要
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
ELASTOSIL Film 薄膜状シリコーンエラストマー
詳細は添付ファイルをご参照ください。
概要
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
GENIOPLAST PELLET S 樹脂改質用シリコーン添加剤
詳細は添付ファイルをご参照ください。
概要
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
ELASTOSIL 免振部品用シリコーンエラストマー材料
詳細は添付ファイルをご参照ください。
概要
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
ELASTOSIL ターボチャージャーホース用シリコーンエラストマー材料
詳細は添付ファイルをご覧ください。
概要
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
ELASTOSIL 自己接着型液状シリコーンゴム
詳細は添付ファイルをご覧ください。
概要
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
LUMISIL 光学用シリコーン材料
詳細は添付ファイルをご覧ください。
佐久間特殊鋼株式会社
商社機能とメーカー機能を兼ね備えた特殊鋼のスペシャリスト
ありとあらゆる材質・形状・品質要求にお応えするため、独自のソリューション体制とサプライチェーンを整えています。特殊鋼のスペシャリストとして、付加価値提案を行う「企画提案コンサルティング」、現地調達や海外展開をサポートする「グローバル戦略」、万全の安心・信頼をお届けする「品質保証体制」という3つのソリューション体制で対応。さらに「加工」「情報」「保管」「物流」サプライチェーンを整え、お客様の鋼材ニーズにお応えしています。
概要
東洋炭素株式会社
放電加工(EDM)用黒鉛(グラファイト)電極材 金型製造用
グラファイト(黒鉛)電極は、プラスチック型、鋳造(ダイカスト)型、鍛造型型など、様々な金型の製造工程において、放電加工機(EDM)の電極として使用されています。

グラファイト(黒鉛)電極は、銅電極と比較して、切削性に優れバリなどが発生しない、切削・放電加工両面において速度の向上が可能等、様々な点において強みを有しています。


従来、精密金型用途において求められるシャープエッジ・電極消耗量・放電面粗度及び面精度などはグラファイト(黒鉛)にとっての課題でしたが、東洋炭素が開発したTTKシリーズはそのミクロンオーダーの超微粒子構造により、精密金型用途においても使用が可能となっています。
概要
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
エレクトロニクス用シリコーンゲル・エラストマー
旭化成ワッカーシリコーンのエレクトロニクス用シリコーン製品である「SEMICOSIL(セミコジル)」「ELASTOSIL(エラストジル)」「SilGel(シルゲル)」シリーズは、電気特性はもとより耐熱性、耐寒性、・耐光性・耐候性に優れており、パワーモジュールやLEDなどの半導体デバイス保護のためのポッティング剤・注型封止剤として広く使用されております。
概要
東洋炭素株式会社
耐熱性・シール性に優れた黒鉛シート製品 PERMA-FOIL TM 
 可撓性黒鉛シート「PERMA-FOIL TM」は、従来の黒鉛製品にはない柔軟性、圧縮復元性を有し、相手材との密着性が良いことから、ガスケットやパッキンなどのシール材に適しています。また熱伝導性に優れており、放熱材などとしても使用されます。 
概要
東洋炭素株式会社
自己潤滑性・耐摩耗性に優れたカーボン製しゅう動製品
 炭素材料の有する自己潤滑性、耐薬品性、耐熱性の特徴を生かし、金属材料では使用することができない高温雰囲気、薬液中や潤滑剤が使用できない分野で良好な摺動特性を維持できます。
 専用金型で成形製造することから、量産対応と低コスト化が実現できます。
概要
株式会社ニックス
業界初!車を害虫から守ります。
北米ではガソリンの臭いを好むクモが存在し、自動車の燃料タンク周辺部品に営巣するといった問題があります。また日本においても、自動車のヘッドランプ・リアランプに蛾などの飛来虫がランプ内部に侵入し、外観の見栄えを損なうといった害虫による問題が自動車だけでなく、色々なところで我々の生活空間に影響を及ぼしております。そういった虫と人間がしっかりすみ分け・共存し、単純に殺虫するのではなく、営巣をさせないために忌避をさせる目的としてARINIXを開発しました。
ARINIXは長期的に薬剤を除放させることが出来るため、メンテナンスフリーな防虫対策品です。
害虫が営巣する環境の虫の侵入経路にARINIXを使用し、長期的にその環境に営巣をさせないのを目的としております。 従来のスプレーなどによる殺虫剤の噴霧とは違い、プラスチック表面に薬剤が適量にじみ出ており、害虫が接触して忌避する製品です。 重量の薬剤散布による環境破壊を見直し、全く新しい次世代の環境に優しい防虫製品です。
概要
株式会社深井製作所
韓国サンヨン(雙龍)自動車「コランドC」がembrella®を採用
 韓国サンヨン(雙龍)自動車の主力コンパクトSUV「コランドC」が、床下の遮熱板に従来の公知のテクスチャから、当社の軽量化・環境技術であるembrella®への切り替えを、ランニングチェンジで実施し'14年2月より正式に採用されました。
概要
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
熱可塑性樹脂用シリコーン添加剤
熱可塑性樹脂に対し0.1%~1%添加することで、押出時のトルクの低下、吐出量の向上、内部潤滑性の向上、成形時の金型充填性・離型性の向上など、樹脂の加工性と流動性の改善が期待されます。また、1%~5%添加した場合には、表面平滑性、表面光沢、耐摩擦性、耐傷つき性などの表面特性の改善が期待され、特に、タルクや炭酸カルシウム、水酸化アルミニウム等のフィラーを添加した熱可塑性樹脂複合材料において、顕著な改善効果が得られます。更にハロゲンフリー難燃コンパウンドの難燃性の改良にも効果的です。
概要
オー・ジー長瀬カラーケミカル株式会社
新開発 炭素繊維不織布/成型物 ご提案
炭素繊維を不織布化しており、金型中の曲面に追随して樹脂と混和するため、与型性に優れています。
不織布を構成する熱可塑性繊維が溶融し成型物化するため 接着用の樹脂を併用する必要ありません。
炭素繊維を不織布化する際、相手側の繊維を選定することで、成型物の物性をかえることが可能です。
特殊な成型技術により、りブ:ボスのついた複雑な成型物を作成することができます。
成型物は 軽量化:強度物性等 CFRTP成型物の特徴を有しています。
特徴
株式会社深井製作所
スバル「XVハイブリッド」高電圧バッテリー等専用部品用embrella®製軽量カバー
2013年初夏に発売が予定されているスバル初のハイブッリッド車「XVハイブリッド」
ハイブリッド化に伴い搭載するモーター、高電圧バッテリーなどは、スバル独自のシンメトリカルAWDのレイアウトを活かしたまま配置されていますが、床下に搭載されるこれら専用部品のカバーに、当社の軽量化技術 embrella® が採用されました。
概要
株式会社深井製作所
三菱自動車の新型「アウトランダー」がembrella®製床下遮熱板採用
 2011年秋にスズキ「スイフト」で初の量産採用を果たした薄板・軽量化技術embrella®。2012年10月に発売された三菱自動車の新型「アウトランダー」でも床下遮熱板に採用されました。2WD、4WD共、車体中心の中央部付近に取り付けられています。
概要
株式会社深井製作所
三菱自動車の新型「アウトランダーPHEV」がembrella®製床下遮熱板採用
 2011年秋にスズキ「スイフト」で初の量産採用を果たした薄板・軽量化技術embrella®。2013年1月に発売された三菱自動車の新型「アウトランダーPHEV」でも床下遮熱板に採用され2つ目の採用事例となりました。
 日常走行の大半をEVとして走行できる性能を売りにしている同車において、軽量化は重要な課題であり、優れた環境性能を満足するため従来品に比べ、さらなる軽量化が可能なembrella®を積極的に採用しています。
概要
株式会社深井製作所
スーパー耐久ST-5クラス wako's μ オクヤマ Vitz #213がembrella®を採用
 【写真提供:STO】※車両外観は2012年仕様です。
 スーパー耐久シリーズの1.5Lコンパクトカーで争われるST-5クラスにて、トヨタVitzを駆るwako's μ オクヤマ #213が、今シーズンよりembrella®を採用することとなりました。
 同シリーズでは、今季よりレース中最低1度のタイヤ交換が義務付けられ、エアジャッキ搭載による重量増を相殺する手段として、当社の軽量化技術embrella®に白羽の矢が立ちました。同シリーズでは東和インテックインプレッサ、DIXCELアラゴスタ・NOPROデミオに次ぐ3台目の採用例となります。
概要
株式会社深井製作所
茨城大学レーシング embrella® 適用事例 【全日本学生フォーミュラ大会】
 自動車技術会主催の第10回 全日本 学生フォーミュラ大会に於いて、総合5位表彰台チーム過去最高位を獲得した茨城大学レーシング(IUR)に対し、当社では2010年の第8回大会よりembrella®の提供を始めとするサポートを行っており、ユーザーの中でも最もembrella®を使いこなしているのが彼等です。
 2年先行してembrella®を採用している彼等の研究・開発により、他チームとの競争の中で磨かれ、embrella®の新たな価値が生み出されています。
概要
株式会社深井製作所
学生フォーミュラ 最軽量化賞受賞 【ホンダ テクニカル カレッジ 関東】
第10回 全日本学生フォーミュラ大会に於いて、当社の軽量化技術embrella®を採用したホンダ テクニカル カレッジ 関東が、過去最高位となる11を獲得。加えてジャンプアップ賞、日本自動車工業会会長賞を受賞した他、大会中最も軽量なマシンに送られる“最軽量化賞”を受賞しました。

◆ホンダ テクニカル カレッジ 関東hp
http://www.hondacollege.ac.jp/honda_e/cgi-data/webdir/index.html

◆学生フォーミュラ ホンダ テクニカル カレッジ 関東が最軽量化賞受賞
http://green.atengineer.com/pr/fukai/20120911003.html
概要
株式会社深井製作所
embrella® スーパー耐久ST-5クラス ノガミプロジェクトDEデミオ採用例
 スーパー耐久シリーズでST-5クラス参戦中のノガミプロジェクト DEデミオにて、今シーズンより燃料タンク部の隔壁に軽量化素材としてアルミ製embrella®が採用されました。