カテゴリー別製品一覧

開発ソリューション

概要
株式会社 SBDジャパン
コネクテッドカーのビッグデータ商用化戦略
埋め込み型コネクティビティを介してインターネットに接続する車両の割合が年々増えており、これらの車両から取得されるデータの量もますます膨大化しています。多くの自動車メーカーがすでに車両データの社内活用で数多くのメリットを享受していますが、第三者に提供することで得られる潜在的な金銭的価値についてはあまり知られていないのが現状です。

本書では自動車メーカーが中国、欧州、日本、米国などの主要な自動車市場で車両データを収益化することで収入の新たな流れを作れるよう、データ収益化の戦略およびパートナー提携のタイプについて概説しています。

また、データビジネスを推進している自動車関連企業を紹介するとともに、主要な自動車市場におけるデータアクセスおよびデータプライバシーに関する最新動向と重要な検討事項、そしてデータ収益化にまつわる数々の制約について考察しています。

◆ 本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/627_19IB_J.pdf
概要
株式会社インプリミス
中国EV車両購入代行、テアダウン解析
=== 車両の競合分析、ベンチマーキング活動支援 ===

世界の自動車産業は、電動化新技術の到来による大変革期を迎えています。 2019年には中国で約250車種のEVが生産されています。 中には航続距離500kmを超えるモデルも販売されています。

弊社は、こうした変化の大きい環境のもと戦略立案の土台となるベンチマーキングサ-ビスを2010年から提供しています。 中国、韓国を拠点とする自動車エンジニアリング企業と提携し、日本で販売されていない自動車車両の分解調査サービスをグローバルな規模で提供します。

左図:中国EVの電費、価格対比表。 右表:中国EV車の主要モデルリスト。
概要
株式会社インプリミス
DFA 10 日本語版 - ニューリリース! 製品簡略化、設計評価ツール
1982年のリリース以来、世界で850ユーザに利用されてきたDFA(Design for Assembly) ソフトウェアバージョン10日本語版がリリースされました。

バージョン10では、ユーザが部品数低減のための分析と製品再設計に集中できるよう、ソフトウェアのユーザインターフェースを刷新されました。 製品コストの8割は図面の内容で決まるといわれています。DFAは 「組立が容易なように製品を設計することが設計者の総合目標であるべき」であるという考えのもと、生産が容易な設計を研究してきた成果です。

DFA 10の新機能
1) 組立方法と部品の取扱いに関し、最も重要なDFA 質問にのみ答えるだけで分析ができるようになりました。
2) CADデータと部品表のインポートが容易になりました。
3) 表組カスタムレポートの作成、複数レポートの一括印刷

ソフトウェアの基本コンセプトはそのままに、ユーザの利便性を向上しました。

詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://www.imprimis.jp/dfa-version10.html
概要
イーソル株式会社
【 AUBIST Adaptive Platform 】 AUTOSAR Adaptive Platform 仕様に準拠したソフトウェアプラットフォーム:車両のハイパフォーマンスコンピューティング ソリューション
AUTOSAR (AUTomotive Open System ARchitecture) は、自動車業界全体における車載ソフトウェアの再利用や開発工程の自動化を進めるために不可欠な「標準化」を目的として2003年に設立され、現在では、ほぼ全ての自動車関連企業がAUTOSARに参画、既に欧州での新規開発では殆どの場合でAUTOSARが採用されており、日本国内においても今後ますます採用が広がっていくことが予想されます。
AUBIST Adaptive Platformは、AUTOSAR Adaptive Platform仕様に準拠したソフトウェアプラットフォームです。シングルからマルチ/メニー コアまで 対応した リアルタイム POSIX OS を採用し、各種SoC に対応します。また、通信、ファイルシステム、セキュリティ、診断など各種機能の提供で車両のハイパフォーマンスコンピューティング時代におけるお客様のシステム開発を支えます。
概要
イーソルトリニティ株式会社
【 Rapita Verification Suite 】 ISO 26262, DO-178B/C対応 ソフトウェア検証ソリューション
ソフトウェア単体テストからシステムテストまでのトータルソリューションを提供

イーソルトリニティは、高い信頼性を必要とする車載向けソフトウェア検証ソリューションとして、英国Rapita Systems社が開発したソフトウェア検証ツール「RVS」の販売、およびエンジニアリングサービスの提供を行います。
概要
イーソルトリニティ株式会社
【 medini analyze 】 機能安全分析ツール
最新の安全性分析および信頼性分析手法を提供
・機能安全分析を一括で行うことができ、かつ効率的に適用できます。
・IEC 61508, ISO 26262, VDA-Band 4, SAE J1739などの規格をサポートしています。
概要
パーソルR&D株式会社
設計・実験でお困りならば、当社へご相談ください
パーソルR&Dは、総合人材サービス・パーソルグループ傘下の技術系エンジニアリング会社です。

<企業概要>
設立       1979年10月11日
資本金      4億9,500万円
代表取締役社長  宮村 幹夫
事業内容     設計・研究開発・実験事業
本社所在地    愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークビジネスセンタービル20階
従業員数     2,303名(2019年3月31日)
売上高      29,357百万円(2019年3月期、エンジニアリングセグメント※の売上高)
         ※エンジニアリングセグメント:パーソルグループ内で設計開発を行うセグ 
          メント。当社を中核会社とし、パーソルAVCテクノロジー(株)とで構成
企業資格     労働者派遣事業許可番号「派23-301800」
         有料職業紹介事業許可番号「23-ユ-020143」
         ISO9001、プライバシーマーク、優良派遣事業者
概要
株式会社協立製作所
自動車部品等の試作品を短納期(最短1日~7日)で製造しております。
弊社は、昭和57年10月の設立以来、自動車及び二輪車部品の板金試作を行っている会社です。CADデータ作成から組み付けまで加工工程の全てのプロセスを一貫して自社完結できる体制を構築し、高品質かつ短納期を実現しております。製作している主な試作品は、鉄・ステンレス・アルミを主とする金属部品であり、特に深絞りを要する複雑な形状の部品の試作に強みと実績を持ち、取引先及び近隣同業者においてもご評価頂いております。
概要
株式会社協立製作所
自動車部品等の試作品を短納期(最短1日~7日)で製造しております。
弊社は、昭和57年10月の設立以来、自動車及び二輪車部品の板金試作を行っている会社です。CADデータ作成から組み付けまで加工工程の全てのプロセスを一貫して自社完結できる体制を構築し、高品質かつ短納期を実現しております。製作している主な試作品は、鉄・ステンレス・アルミを主とする金属部品であり、特に深絞りを要する複雑な形状の部品の試作に強みと実績を持ち、取引先及び近隣同業者においてもご評価頂いております。
ライカマイクロシステムズ株式会社
元素分析機能搭載 光学顕微鏡システム ライカ DM6 M-LIBS
LIBS(Laser-Induced Breakdown Spectroscopy) のレーザープラズマ分光原理により、光学顕微鏡で観察しながら微小スポットに含まれる元素組成をその場で分析できる新しいソリューション。
微細構造部分を見つけたら、ワンクリックで LIBS 分析を開始できます。リチウムなどの軽元素も検出可能
ライカマイクロシステムズ株式会社
デジタルマイクロスコープ ライカ DMS1000
ハイスペックより、マイスペック。シンプルな機能と、必要に応じて画像解析機能、照明など選択でいきるフレキシビリティを提供した、デジタルマイクロスコープ。シンプルながら、光学性能は試料の色・形・表面形状・寸法・質感まで忠実にデジタル画像に再現します。
ライカマイクロシステムズ株式会社
デジタルマイクロスコープ ライカ DVM6
品質検査/保証や各種解析業務、研究開発などにおいて、品質要求は厳しく、作業効率向上もますます求められています。 顕微鏡のライカが開発したデジタルマイクロスコープ DVM6 は、卓越した光学性能で、圧倒的な解像度と表現力を提供。 さらに直観的な操作で、目で顕微鏡を覗いたかのような、自然で、きれいな画像を記録、レポートできます
株式会社エヌエスティー
ギヤ噛合い検査装置 Gear Checker(ギヤチェッカー)
『Gear Checker(ギヤチェッカー)』は、コンパクトなボディーに必要な機能を搭載したギヤ噛合い検査装置です。

対象ワーク(ギヤ)とマスターギヤと噛み合わせ回転させることにより、打痕、振れの検出、OBDの測定を本装置1台で行うことができます。

また、ギヤチェッカー専用ソフトをインストール済みなので、ソフト開発をする必要がありません。
※マスターギヤは含んでおりません。
※マーキング機能を別途開発可能です。
概要
株式会社インプリミス
EV、ハイブリッド車の燃費・電費、熱マネジメントベンチマーキング評価
インプリミスは、韓国で欧米のエンジニアリング企業に互してパワートレイン開発を手がけるTenergy社と提携し、日本で販売されていない電気自動車、ハイブリッド車の燃費、電費測定、熱マネジメント評価を行っています。

• EV、ハイブリッド車の燃費、電費効率測定
• 電動車の熱マネジメント分析(エアコン、ヒートポンプ動作解析)
• バッテリー管理、クイック充電システムの解析
• 熱交換器システム、部品の動作解析
• 電動コンプレッサー、電動ターボのリグ(台上)試験
• エンジン等の冷却システム評価

燃費、電費測定は、エナジーフローダウンと呼ぶ方法で熱力学・熱マネジメントの詳細なプロセスごとにエネルギー収支を測定します。これは、車両に30数個のセンサを装着し、車両走行時に車両のどこから燃費ロスが発生しているかを測定する徹底的な手法で、専用測定環境 VeFAS と表示・記録用PCを接続し左図のようにエネルギー効率の客観的比較を行います。

また、Tenergy社は、世界の自動車メーカの電動車の熱マネジメントシステムのコスト、効率、フェイルセーフのベンチマーク分析を行なってきました。 右図は過去に分析を手がけてきたEVの熱マネジメントシステムの例です。

左図 : EV、ハイブリッド車のベンチマークデータ測定
右図 : EV車熱マネジメントシステム例

概要
有限会社シスコム
ワイヤレス触覚グローブ
TactileGloveは送信機がグローブ本体に装備され、また、各指、手のひらに多数
の静電容量式触覚センサが内蔵され、全く違和感がないフレキシブルなグローブ
デザインとなっています。装着後、直ちに手に負荷される圧力が測定可能です。
ワイヤレス接続のため、測定範囲が大きく広がります。
概要
有限会社シスコム
リアルタイム & フルフィールド 振動測定装置"VibroMap 1000"
VibroMapはESPI(エレクトロニクス・スペックル干渉測定法)を利用した、全く
新しい振動・変位解析装置。
CCDカメラを用いて、振動・変位測定を行うので振動モード及び変位モードがモ
ニター上で容易に確認できます。
測定結果の画像データがリアルタイムで表示され、振動周波数のスウィープ、静
的変形など負荷調整を画面を見ながら行うことができます。非常に短時間で、且
つ、非接触で解析結果が得られる画期的なシステム。研究開発、機械設計及び
FEM等の解析結果の確認に最適なシステムとなっています。
概要
有限会社シスコム
【風速計】32ch風速温度スキャナー 小型風速温度センサ
ATVS-2020™は風速及び温度を最大32chまで測定することができるポータブルタイプの多点風速・温度測定システムです。
フロー障害を最小限にするための超小型風速温度センサ及び使いやすいLabVIEWアプリケーションソフトウェアによる自動計測、解析、レポート作成を簡単に行うことができます。各風速・温度センサには個別シリアル番号が付帯しているのでPCによる自動認識ができ、対応する校正ファイルから温度と風速を測定します。
シングルセンサの先端部の同じポイントで風速と温度を測定するので、非常に精度の高いデータが得られ、またセンサ2個づつをペアにして温度と風速の同時連続測定やユーザー指定のセンサ温度に基づく多点風速の同時計測など用途に応じた多様な測定方法を選択することができます。
またオプションのDAC-200™アナログ変換器を利用すると、風速と温度のリニアアナログ出力も得られるので、データロガーユニットへの取り込みもでき、その他のデータパラメータとの同期取得も可能になります。
概要
有限会社シスコム
【風速計】4ch/8ch風速温度スキャナー 小型風速温度センサ

eATVS-4/eATVS-8はそれぞれ風速と温度を最大4ch/8chまで測定できる低価格でポータブルタイプの風速温度スキャナーです。
小型の各種風速温度センサには個別シリアル番号が付帯しているのでPCがセンサを自動認識して、対応する校正ファイルから精度の高い温度と風速データを出力します。
PCB基板や電子機器筐体内の複雑な狭小エリアでも、シングルポイントから多点で、エア温度、風速や固体表面温度を容易に測定することができます。
概要
有限会社シスコム
超小型・加速度ロガー
AccStick6はW21.2×D32.5×H10.5mm 、重さわずか15gの超⼩型加速度ロガーです。
2G〜400Gまでの幅広いレンジ、最⼤1.6KHzのサンプリング周波数、メモリは4M搭載で
50万ポイントの連続測定が実現しました。
振動から衝撃まであらゆる環境で手軽に測定できます。
概要
有限会社シスコム
920MHz帯無線 センサシステム
YM920は新たに産業⽤無線帯域で割り当てられた920MHz 帯を使⽤した、新しい無線システムです。
従来の無線規格帯と比較し、長距離通信が可能、特定小電力で低消費電力、電波の回り込みが可能なため安定性に優れた特性を持っています。MEMS デジタル温湿度センサー/ 熱電対と無線IC タグを組み合わせ、より幅広い分野への活用を提案致 しています。
センサは熱電対・Sensirion 社製温湿度センサ・IST 社製温湿度センサを外付けする事ができ、さらに送信機にはSensirion SHT21 搭載。用途によって、使い分けが出来ます。 PCに接続した受信機1台につき、標準仕様の場合最大16chの送信機の通信が可能です。メモリ記録や加速度センサの活用など、カスタムにも対応します。
概要
有限会社シスコム
超小型熱電対マルチ温度ロガー
最大4チャンネルの熱電対を接続することができる超小型ロガーです。
記録したデータはcsv形式でPC出力可能。
高速回転体など、狭い空間にも設置できる、重さわずか4gの基板です。
周囲環境温度105℃まで対応。熱電対はK、E、J、T、E、R、Sに対応。
概要
株式会社 SBDジャパン
コネクテッドカーガイド:法規制編
本書では、欧州、米国、中国、ロシア、ブラジル市場におけるコネクテッドカー関連の義務化、ライセンス要件、制約、政策およびガイドラインがもたらす課題およびビジネス機会について考察し、またその他の国についても関連性のある法に重要な進展が見られた時点で更新版にその都度情報を反映しています。

◆ 本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/528-18IB_J.pdf
株式会社エヌエスティー
モーター試験機
電気自動車(EV)やハイブリッド電気自動車(HEV)の電動車両に使用される車載用モーターから、家電製品・産業用等に使用される小型モーターまで、多様化するモーターのあらゆる性能試験に対応します。
株式会社エヌエスティー
異音(振動)検出ユニット NT-100
従来の多機能解析装置と異なり、合否判定に特化することで低価格を実現しました。
誰でも簡単に低コストで振動・音の合否判定ができます。
株式会社エヌエスティー
バッテリー充放電評価装置
EV・HEV等の車載用バッテリー、ソーラー・風力発電等の汎用電池など、大容量電池の評価に最適な充放電評価装置です。
評価装置だけでなく、周辺装置も含めてトータルでご提案します。
株式会社エヌエスティー
レゾルバ位相計測器 レゾメータ
モーターを手回しするだけで、簡単にモーターとレゾルバの位相差を計測することができます。
今までにない簡単且つ正確な調整方法で、モーターの開発・製造・修理作業にかかる無駄なコストを削減できます。
概要
株式会社 JMC
産業用X線CTによる検査・測定サービスのご紹介
JMCは産業用CTスキャナを使用し、お客さまからご支給頂いた試料をスキャン・測定するサービスを行っています。
産業分野での様々な対象物の検査・測定に対応するために、ナノフォーカスCT『phoenix nanotom m』、マイクロフォーカスCT『phoenix v|tome|x m300』、ミリフォーカスCT『phoenix v|tome|x c450』、3タイプのハイエンドな産業用CTスキャナを使用しています。

また電話やメールでの技術相談、迅速な見積回答、他の検査・測定方法を含めた最適な手段の提案、3Dデータ編集や欠陥解析などのオプションサービスなど、幅広いサービスを提供しています。

>>サービスの詳細は、CTスキャンサービス専門サイトへ
https://www.jmc-ct.jp/
リックソフト株式会社
オープンソースのエンタープライズ・コンテンツ管理(ECM) Alfresco (アルフレスコ)
先進的なアーキテクチャーで変化の激しいITトレンドに迅速に対応する、オープンソースで唯一のデジタルビジネスプラットホームです。

<シンプルで柔軟なコンテンツ管理>
直感的な操作で利用ができるブラウザUIに加え、ユーザの利用シーンによって、様々なアプリケーション、プロトコルで利用できる柔軟性を持ちます。

<便利さと賢さ>
単なるファイルサーバにはない、コンテンツの閲覧、検索、編集機能と、自動処理機能を備えています。

<いつでも、どこでも>
最新の情報をオンプレミス、クラウドのハイブリッドを用意。社内-社外の情報共有で、常に最新のコンテンツを共有、ワークフローによるプロセスもハイブリッドで利用可能です。
概要
株式会社マツイ
実機部品に組込み、実際の運転状態で計測可能な誘導式非接触テレメータ。トルク計測、ひずみ計測、温度計測等可能。
先進のヨーロッパで開発され、数多くの使用実績を有するManner社(ドイツ)のテレメータシステムです。

実機の部品をカスタムすることにより、回転運動や往復運動していてもデータ取得可能。部品の実際の使用条件でのトルク・ひずみ・温度等、生のデータを計測することが出来ます。
概要
株式会社インプリミス
クルマ部品のベンチマーキング
=== グローバル自動車部品のベンチマーキング活動支援 ===

インプリミスは、海外の自動車エンジニアリング企業と提携し、グローバルな規模で自動車部品の分解調査、コスト分析サービスを提供します。

お客様の個別ニーズに対応しつつ費用はできる限り抑えました。

・ 部品のコスト分析 (解体、部品表作成、コスト解析) : 10万円台から提供

詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://www.imprimis.jp/teardown/