カテゴリー別製品一覧

開発ソリューション

概要
NEW パーソルR&D株式会社
設計・実験でお困りならば、当社へご相談ください
パーソルR&Dは、総合人材サービス・パーソルグループ傘下の技術系エンジニアリング会社です。

<企業概要>
設立       1979年10月11日
資本金      4億9,500万円
代表取締役社長  礒田 英嗣
事業内容     設計・研究開発・実験事業
本社所在地    愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークビジネスセンタービル20階
従業員数     2,447名(2020年3月31日)
企業資格     労働者派遣事業許可番号「派23-301800」
         有料職業紹介事業許可番号「23-ユ-020143」
         ISO9001、プライバシーマーク、優良派遣事業者
概要
SCSK株式会社
日本初開催!!  7月8日  新製品PCBめっき工程の無料Webセミナー‼  Elsycaシミュレーション群ご紹介
◆ 電気化学技術をバックグラウンドとした解析ソリューション
 《対象領域》
 ・表面処理
 ・腐食対策・インフラ防食
 ・ECM(Electro Chemical Manufacturing)

◆具体的な適用分野
・PCBめっき カッパーバランシング
・電着塗装
・音漏れ経路探索
・ガルバニック腐食対策
・電気めっき, 電鋳, 電解研磨
・アルマイト処理 など
・及びそれに伴うエンジニアリングサービス(現状めっき着き回り分析, 工程改善, 電解液測定)

★★Elsyca Webセミナー開催中!!(PCBめっきソリューションのWebセミナー日本初開催!7月)
 https://www.scsk.jp/event/2020/20200617.html

概要
株式会社 JMC
業界最強の産業用CT検査・測定サービス
JMCの産業用CT受託検査・計測サービスは、設計、製造、検査など様々な分野でご活用いただいております。

産業分野での様々な対象物の検査・測定に対応するために、ナノフォーカスCT、マイクロフォーカスCT、ミリフォーカスCT、3タイプのハイエンドな産業用CTスキャナを使用して、産業用CTでできることを網羅したサービス体制を整えています。

>>サービスの詳細は、CTスキャンサービス専門サイトへ
https://www.jmc-ct.jp/
概要
株式会社インプリミス
クルマ部品のコストベンチマーキング
=== 自動車部品のコストベンチマーキング ===

インプリミスは、海外のコスト解析専門の自動車エンジニアリング企業と提携し、グローバルな規模で自動車部品の分解調査、コスト分析サービスを提供します。

お客様の個別ニーズに対応しつつ、費用は最廉価を保証します。

・ 部品のコスト分析 (解体、部品表作成、コスト解析) : 10万円台から提供

詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://www.imprimis.jp/teardown/
概要
株式会社インプリミス
ベンチマーキング車両のCAN信号解析ツール
インプリミスは、ベンチマーキング車両のCAN信号解析ツール CSD(CAN Signal Decoder)を提供します。
CSDは、各OEM固有のCAN BUS システムへのアクセスを可能にするCAN信号解析システムです。

1) 電動車の熱マネジメントシステム解析
・ 様々な温度、走行条件における電動車コンポーネント制御ロジックの解析を可能にする CAN信号モニタが可能です。
・ 同時に最大10のECU通信を監視し、各システム間の複雑なCAN通信を識別できます。
・ 新しい通信ネットワーク(Ethernet、FlexRay)にも対応可能です。

2) 試験時間、コスト、労力を大幅に削減
・ ベンチマーク車両の信号測定には車両に多くのセンサ装着が必要になりますが、CSDは必要な信号の殆どをOBD診断用コネクタから取得できます。
・ 短時間でCANマッピングデータを作成でき(通常、2-3日、最長5日)試験に要する膨大な時間、コストを削減できます。

3) 多数のCAN信号を取得可能
・ 診断用CAN通信を通じ、OBDロガーやブロードキャストCANよりも多くの信号を取得できます。
・ 以下、CSDにより取得したサンプル信号リストをご覧ください。


-------------------- メルセデスE350 48V Hybrid ------------------------------------------------------- Volvo S90 Hybrid -------------------------------
概要
株式会社 JMC
業界最強の産業用CT検査・測定サービス
JMCの産業用CT受託検査・計測サービスは、設計、製造、検査など様々な分野でご活用いただいております。

産業分野での様々な対象物の検査・測定に対応するために、ナノフォーカスCT、マイクロフォーカスCT、ミリフォーカスCT、3タイプのハイエンドな産業用CTスキャナを使用して、産業用CTでできることを網羅したサービス体制を整えています。

>>サービスの詳細は、CTスキャンサービス専門サイトへ
https://www.jmc-ct.jp/
概要
株式会社 JMC
ナノフォーカスCTスキャナnanotom mによるCTスキャンサービス
樹脂成形品や電装部品の検査、開発素材の評価でお悩みではありませんか?
JMCは産業用CTスキャナ【phoenix nanotom m】を使った、
測定・検査サービスを提供しております。

CTスキャナとは物体を透過する"X線"を使って、
物体内部のさまざまな構造を可視化する装置のことです。

JMCが使用する【phoenix nanotom m】は、製品の内部検査、
内部・外部寸法の計測、製品の全形状データの取得を、
高精度で行なうことが出来ます。

また、非接触測定機や3Dデジタイザが苦手とする、
透明な製品、金属光沢を持った製品が測定可能です。

>>詳しくは、CTスキャンサービス専門サイトへ
https://www.jmc-ct.jp/
概要
株式会社 JMC
産業用CTスキャナ v|tome|x c450 CTスキャナによるスキャンサービス
鋳・鍛造品や樹脂成形品などの内部測定や検査でお困りではありませんか?
JMCは国内初となる第三世代CTスキャナ『phoenix v|tome|x c450』を導入し、
CTスキャナによる金属・樹脂製品の測定・検査サービスをご提供致します。

CTスキャナとは物体を透過する"X線"を製品に当てることで、
物体内部の大小さまざまな構造を可視化する装置のことです。

JMCが導入するCTスキャナ『v|tome|x c450』は製品の内部検査や、
内部寸法の計測を短時間で行なうことが出来ます。

また、図面やCADデータが存在しない製品の2D・3Dデータ化や、
応力解析や流動解析などへの撮影データの利用が可能です。

>>詳しくは、CTスキャンサービス専門サイトへ
https://www.jmc-ct.jp/
概要
SCSK株式会社
粒子法流体解析ソリューション Nextflow(ネクストフロー)
Nextflow(ネクストフロー)は、液面のある流体の挙動を精密に解析可能なソフトウェアです。

フランス、ナントにあるNextflow Software社で開発された“SPH-flow”は、最先端の研究成果を取り入れて開発された粒子法流体解析ソルバーです。
プリポストクライアントである“Nextflow Studio”を使い、メッシュレスで簡単に、複雑な自由表面を持った液体の挙動を、高速かつ高精度に解析することができます。
概要
SCSK株式会社
世界トップシェアの鋳造シミュレーションソフト MAGMASOFT(マグマソフト)
MAGMASOFTは、全世界でシェアトップを誇る鋳造用湯流れおよび凝固解析ソフトウェアです。
ダイカスト、低圧鋳造、鋳鉄、鋳鋼、フルモールド/ロストフォーム、精密鋳造、ディサマチック、連続鋳造など、幅広い鋳造プロセスにおいて、湯流れ・凝固だけでなく、残留応力・歪・熱間/冷間割れ、熱処理、組織予測、機械的特性予測、金型損傷解析、最適化等の幅広い解析が可能です。
概要
東京プラント株式会社
タナカ式水動力計
タナカ式水動力計は、世界を代表する水動力計です。
自動車技術ハンドブックをはじめとする、多くの文献で紹介されています。
概要
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
R&S®CMW500 ワイドバンド無線機テスタ
セルラーV2X(C-V2X)向けのエンドツーエンドのアプリケーションレイヤー・テストソリューション。安全上の重要なシナリオをラボで検証する際に必要となる、テスト・ソリューションです。C-V2Xベースの通信アプリケーションの開発とテスト向けに組み合わされた、R&S CMW500 LTEネットワークシミュレータと、R&S SMBV100A/B GNSSシミュレータ、Vector CNNoe .Car2xで構成されるセットアップです。
概要
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
R&S®ESR EMIテスト・レシーバ
従来のステップ周波数スキャンまたはFFTベースの超高速タイムドメインによって電磁波妨害を解析できます。
概要
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
R&S®RTO2000 オシロスコープ
R&S®RTO2000 オシロスコープでは、規格に定義されているテストを実行し、1000Base-T1インタフェース上のデータ通信の信頼性を評価できます。オプションのR&S®RTO-B6 内蔵任意波形発生器と組み合わせることで、R&S®RTO2000は、必要な125 MHzの干渉信号を、追加の測定器を使用せずに単独で発生できます。
概要
株式会社インプリミス
電動車の熱マネジメント システム ベンチマーキング
インプリミスは、中国を含む世界の電動車の電費測定、熱マネジメントベンチマーキング解析を行っています。 提携先のTenergy社は、EVの熱マネジメントシステム解析やCAN信号解析に豊富な経験を持っています。

• 競合車の電動車の熱マネジメント回路解析(エアコン、ヒートポンプ動作)
• CAN信号解析
• EV, ハイブリッド車の燃費、電費効率測定
• バッテリー管理、充電システムの解析
• 熱交換器システム、部品の動作解析
• 電動コンプレッサー、電動ターボのリグ(台上)試験
• エンジン等の冷却システム評価

燃費、電費測定は、エナジーフローダウンと呼ぶ方法で熱力学・熱マネジメントの詳細なプロセスごとにエネルギー収支を測定します。これは、車両に30数個のセンサを装着し、車両走行時に車両のどこから燃費ロスが発生しているかを測定する徹底的な手法で、専用測定環境 VeFAS と表示・記録用PCを接続し左図のようにエネルギー効率の客観的比較を行います。

また、Tenergy社は、世界の自動車メーカの電動車の熱マネジメントシステムのコスト、効率、フェイルセーフのベンチマーク分析を行なってきました。 右図は過去に分析を手がけてきたEVの熱マネジメントシステムの例です。

左図 : EV、ハイブリッド車のベンチマークデータ測定
右図 : EV車熱マネジメントシステム例

概要
東京プラント株式会社
t2200シリーズ アークスプリングカップリング
tectos社製 t2200は特にテストベッドで使用するためのアークスプリングカップリングで、デュアルマスフライホイールのように作用します。モジュール型スプリング設計により、被試験ユニットに剛性特性を合わせることが可能です。
概要
東京プラント株式会社
t1000-800シリーズ エラストマー製クローカップリング
tectos社製 t1000-800はモータースポーツ、二輪車用途、ならびにデュアルマスフライホイールや車両用クラッチ試験等の特殊用途向けに開発されました。このカップリングは軽量、超ロバスト設計、高減衰性及び保守の容易さを特徴としています。

低剛性時の大きな交番トルクの伝達という開発目標は、様々なタイプのカップリングデザインで達成されました。

このカップリングは、硬度の異なるエラストマーを使用して、ねじり剛性を調整することができます。
概要
東京プラント株式会社
t80x 高速等速ジョイントシャフト
tectos社製 t80x高速シャフトは特殊製品グループのシャフトで、お客様の要件に併せて、非常に軽量な等速ジョイントで構成され、特殊用途に最適化されています。HKジョイントは空間的、回転数、剛性及び慣性モーメントの要件だけでなく、その用途により設計されています。
概要
東京プラント株式会社
E-Tractionテストベッド
E-Tractionテストベッドは最高20000rpmの電気モータ(主機)試験用として開発されました。tectos社製 t800ジョイントシャフトと tZLE900 中間軸受により、動力計と供試体を接続します。

電気モーター取り付けフランジは水冷式で、測定フランジと電気モーター取り付けフランジ間の空間は空冷となります。所定位置の温度モニタ用でセンサを有しています。

E-Tractionテストベッドは、オプションで防音チャンバや恒温湿チャンバをご用意しています。
概要
株式会社XTIA
【光コム】非接触型レーザ距離計「光コム距離計」
「光コム距離計」は光コム干渉を使用する非接触型レーザ距離計です。
測定光と参照光に光コムを使用することにより、長距離でも非常に高精度の絶対距離測定を実現しています。
標準機の絶対距離測定の範囲は5m、精度は1μmで計測可能です。
また、参考値として78mの距離計測において評価限界に達する精度5μmが得られています。
原点復帰が不要で高速性に優れ、寸法計測や対象物までの距離測定、位置決めなどの応用に適しています。


概要
株式会社XTIA
【光コム】多点振動計
仕様
多点測定 ~100点
振動振幅 0.1~3μm
高速測定に対応(~100kHz)
非接触
顕微鏡下のサンプル測定
概要
株式会社インプリミス
DFA 10 日本語版 リリース! 製品簡略化、設計の容易性評価ツール
1982年から世界で850ユーザに利用されてきたDFA(Design for Assembly) ソフトウェアバージョン10日本語版がリリースされました。

バージョン10では、ユーザが部品数低減のための分析と製品再設計に集中できるよう、ソフトウェアのユーザインターフェースを刷新されました。 製品コストの8割は図面の内容で決まるといわれています。DFAは 「組立が容易なように製品を設計することが設計者の総合目標であるべき」であるという考えのもと、生産が容易な設計を研究してきた成果です。

DFA 10の新機能
1) 組立方法と部品の取扱いに関し、最も重要なDFA 質問にのみ答えるだけで分析ができるようになりました。
2) CADデータと部品表のインポートが容易になりました。
3) 表組カスタムレポートの作成、複数レポートの一括印刷

ソフトウェアの基本コンセプトはそのままに、ユーザの利便性を向上しました。

詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://www.imprimis.jp/dfa-version10.html
東京プラント株式会社
エンジン受託試験
各種エンジン性能試験の受託業務を実施しております。エンジン受託試験の試験業務内容の打ち合わせ、試験の要件定義のまとめ、またテストシステムサプライヤーとして、エンジン試験に必要なテストシステムなどを、お客様の試験ニーズに合わせて、提携先と一緒に最適なテストベッドの構築を致します。
概要
イーソル株式会社
【 AUBIST Adaptive Platform 】 AUTOSAR Adaptive Platform 仕様に準拠したソフトウェアプラットフォーム:車両のハイパフォーマンスコンピューティング ソリューション
AUTOSAR (AUTomotive Open System ARchitecture) は、自動車業界全体における車載ソフトウェアの再利用や開発工程の自動化を進めるために不可欠な「標準化」を目的として2003年に設立され、現在では、ほぼ全ての自動車関連企業がAUTOSARに参画、既に欧州での新規開発では殆どの場合でAUTOSARが採用されており、日本国内においても今後ますます採用が広がっていくことが予想されます。
イーソルは、オーバス社のAUBIST Adaptive Platform 、Classic Platform の正規代理店です。
今回はその中でAUBSIT Adaptive Platform についてご紹介です。
AUBIST Adaptive Platformは、AUTOSAR Adaptive Platform仕様に準拠したソフトウェアプラットフォームです。シングルからマルチ/メニー コアまで 対応した リアルタイム POSIX OS を採用し、各種SoC に対応します。また、通信、ファイルシステム、セキュリティ、診断など各種機能の提供で車両のハイパフォーマンスコンピューティング時代におけるお客様のシステム開発を支えます。
概要
株式会社インプリミス
DFMA 製品コスト見積ツール (部品コスト解析)
製品コストの8割は図面の内容で決まるといわれています。 一般に、製造コストの50%は材料費が占めますが、製造段階ではこのコストを低減することができません。

製造コストを削減する最も効果的な方法は設計段階で、材料や加工方法を改善することであるといわれる所以です。 また、開発の初期段階で、設計に十分な時間をかけることにより、全体の開発期間をおよそ4割削減することができるという研究結果が報告されています。 (左上図 : Ford Motor Company)

DFMAは、設計の初期段階でも、製品の大まかな形状からでも製造コストを見積もることのできる体系的手法です。 DFMAにより具体的なコスト情報をもとに、国内外の生産拠点といった様々な可能性を検討した上で、設計に最適な材料と工程を採用することができます。

インプリミスは米国ブースロイド・デュウハースト(BDI) 社の生産性設計支援システム DFMA (Design for Manufacture & Assembly)ソフトウェアの販売を行っています。

詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://www.imprimis.jp/dfma/
概要
株式会社インプリミス
中国EV車両購入、試験、テアダウン解析
=== 車両の競合分析、ベンチマーキング活動支援 ===

世界の自動車産業は、電動化新技術の到来による大変革期を迎えています。 2019年には中国で約250車種のEVが生産されています。 中には航続距離500kmを超えるモデルも販売されています。

弊社は、こうした変化の大きい環境のもと戦略立案の土台となるベンチマーキングサ-ビスを2010年から提供しています。 中国、韓国を拠点とする自動車エンジニアリング企業と提携し、日本で販売されていない自動車車両の分解調査サービスをグローバルな規模で提供します。

左図:中国EVの電費、価格対比表。 右表:中国EV車の主要モデルリスト。
概要
イーソルトリニティ株式会社
【 Rapita Verification Suite 】 ISO 26262, DO-178B/C対応 ソフトウェア検証ソリューション
ソフトウェア単体テストからシステムテストまでのトータルソリューションを提供

イーソルトリニティは、高い信頼性を必要とする車載向けソフトウェア検証ソリューションとして、英国Rapita Systems社が開発したソフトウェア検証ツール「RVS」の販売、およびエンジニアリングサービスの提供を行います。
概要
イーソルトリニティ株式会社
【 medini analyze 】 機能安全分析ツール
最新の安全性分析および信頼性分析手法を提供
・機能安全分析を一括で行うことができ、かつ効率的に適用できます。
・IEC 61508, ISO 26262, VDA-Band 4, SAE J1739などの規格をサポートしています。
ライカマイクロシステムズ株式会社
元素分析機能搭載 光学顕微鏡システム ライカ DM6 M-LIBS
LIBS(Laser-Induced Breakdown Spectroscopy) のレーザープラズマ分光原理により、光学顕微鏡で観察しながら微小スポットに含まれる元素組成をその場で分析できる新しいソリューション。
微細構造部分を見つけたら、ワンクリックで LIBS 分析を開始できます。リチウムなどの軽元素も検出可能
ライカマイクロシステムズ株式会社
デジタルマイクロスコープ ライカ DMS1000
ハイスペックより、マイスペック。シンプルな機能と、必要に応じて画像解析機能、照明など選択でいきるフレキシビリティを提供した、デジタルマイクロスコープ。シンプルながら、光学性能は試料の色・形・表面形状・寸法・質感まで忠実にデジタル画像に再現します。