カテゴリー別製品一覧

サービス

概要
常盤産業株式会社
【RPA】 単純作業はロボットに任せ、思考・判断の伴う仕事に時間を使う時代
RPAロボット 『BizuRobo!mini』のご紹介です。
あらゆる規模の企業様に気軽に利用いただけるクライアント型RPA製品です。
株式会社UL Japan
【愛知県のEMC試験所】オートモーティブテクノロジーセンター(ATC)を開設
米国の第三者安全科学機関であるUL Inc.(本社:イリノイ州ノースブルック、以下UL)の日本法人である株式会社UL Japan(本社:三重県伊勢市、以下UL Japan)は、多くの車載機器・自動車部品メーカーが拠点を構える愛知県(みよし市)に、自動車業界向け試験所 オートモーティブ テクノロジー センター(ATC)を開設します。2017年6月に稼働を予定しているATCは、延べ床面積約1,900m2で、車載機器のEMC試験を基軸に、電気、無線、環境、IOP(Interoperability:相互接続性)試験等を実施する予定です。EMC試験業務に精通した専門の試験担当者が、お客様の多岐にわたるニーズに対応します。
株式会社UL Japan
【車載機器EMCサービスのご案内】
UL Japanでは豊富な知識と経験に基づく質の高い車載電子部品のEMC試験を提供しております。
•A2LA (The American Association for Laboratory Accreditation)より、国際規格ISO/IEC 17025に基づいたEMC試験所として認定されております。
•海外自動車メーカー GM(ジーエム)社、FORD(フォード)社、Jaguar Land Rover(ジャガーランドローバー)社 の承認EMC試験所となっております。
•MAZDA(マツダ)様の承認EMC試験所となっております。
•車両認可機関のVCA(イギリス)およびSNCH(ルクセンブルグ)、AVI(ベルギー)の認定試験所であり、UL Japanの試験結果を用いてEマーク申請にご利用いただけます。
SGSジャパン株式会社
「VDA 6.3」 模擬監査サービス ー ドイツ系企業からのプロセス監査の準備をサポート
◆「VDA6.3」はサプライヤーの「品質能力」を評価するための「ドイツ自動車工業会(VDA)」の定めるプロセス監査の規格です。
◆ドイツ系企業への納入は「VDA6.3」での「高得点」取得が要求される場合があります。
◆SGSでは本国での実戦経験を積んだドイツ人監査員による模擬監査を提供することで、実践的な課題抽出と監査準備のお手伝いを致します。
◆SGS日本人監査員のサポートもありますので、言葉の面での不安も不要です。
◆監査準備を万全にすることで、ビジネス獲得への確率が高まります。
日本アイ・ビー・エム株式会社
[IBM Center for Applied Insights] デジタル化による破壊的変革と自動車業界の未来とは?
影響力を増しつつある消費者を中心としたデジタル・サービスは、自動車業界にディスラプション(破壊的変革)をもたらします。
業界および周辺市場の経済価値は、不可逆的に変化してしまうことでしょう。確実な将来が見通せない世界の中で、自動車メーカーは生き残りをかけて、新しいコアとなる能力を作り出す必要があります。
次に何が起こるのでしょうか。そしてどのように対処すればよいのでしょうか。

◆ 詳細は下記よりご覧いただけます。是非ご覧ください。
http://bit.ly/ibmcai-jp-auto1

tag: connected, car, digital, IBM, CAI, Center for Applied Insights, auto
日総工産株式会社
期間工採用~請負提案まで幅広い総合人材サービスのご提供なら日総工産
<メイド・イン・ジャパンを支えるプロ集団>
製造系人材サービスや業務請負事業を提供して40年以上の日総工産は、長年培ってきたノウハウと実績で、企業様ごとに異なる、現場状況に合わせて、オーダーメイド方式でサービスを提供します。
概要
株式会社 構造計画研究所
ISO26262 Part5 安全分析 運用支援コンサルティングサービス
<ISO26262 Part5の安全分析を実務レベルでご支援>
弊社のお客様からのニーズヒヤリングや、ISO26262分析テンプレートに包含するノウハウを基に、回路設計に対する ISO26262要求事項の検証プロセス(安全分析~アウトプット(メトリクス、PMHF、故障率クラス))を手引きします。
概要
リード エグジビション ジャパン 株式会社
世界最大! クルマの先端技術展 900社が出展
2017年1月18日(水)より3日間、東京ビッグサイトにて
「第9回 オートモーティブ ワールド」( http://www.automotiveworld.jp/marklines )
を開催いたします。(主催:リード エグジビション ジャパン(株))

本展は、
 (1) クルマの電子化、知能化
 (2) 自動運転/コネクティッド・カー
 (3) EV/HEV/FCV
 (4) クルマの軽量化
 (5) 部品加工
といったクルマ開発における重要テーマにフォーカスした展示会で、
世界中から900社が出展し(前回比120社増)、30,000名が来場する
クルマの先端技術分野、世界最大の展示会です。

概要
株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパン
新車購入意向者調査(New-Vehicle Intender Study、略称NVIS)
<新車購入意向者調査(New-Vehicle Intender Study、略称NVIS)について>
本調査は、今後1年以内に新車乗用車の購入を検討中の人を対象として、次回購入を検討している車のタイプ詳細(車の形状や仕様)、重視点、利用オケージョンなど新車選びの際の意識をはじめ、検討段階における情報収集の行動、ブランド認知度や好意度、ブランドイメージなど各ブランドに対する意識、ブランドやモデルレベルでの車選びの比較検討実態、更には自動車の先進技術に対する興味・関心など、消費者の意識や購買行動に関する多様な情報を収集しています。

-商品開発段階における顧客特性によるニーズの違いを効果的に把握したい
-販売・マーケティング戦略策定のために顧客ターゲティングに資する情報の分析を強化したい
-検討者/非検討者のブランドイメージの違いを知り、ブランディング強化の方向性を探りたい
-さまざまな自動車先進技術についての受容性を理解し、商品力の訴求や販売店対応の施策立案に役立てたい
-ブランド・車に関する情報認知経路と貢献度合いの実態を把握することで、自ブランドの情報発信力を強化し、効果的な見込み客の誘引につなげたい

等々、幅広いテーマにご活用をいただくことが可能なデータです。
概要
株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパン
APEAL調査(自動車商品魅力度調査)
<APEAL調査について>
購入初期段階のユーザーを対象に車両特性についての評価を聴取する、お客様視点の商品魅力度調査です。
品質改善活動では、IQSの不具合指摘を単につぶしこむだけではなく、APEAL調査を用いて競合モデルの商品魅力評価の高い製品情報をベンチマークし、商品魅力の高い製品を実現し、お客様ロイヤルティの向上につなげることが重要です。

調査結果からAPEALスコアを統計的に算出しており、APEALスコアは1000点満点の指数で表され、数値が大きいほど評価が高いことを示します。
概要
株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパン
IQS調査(自動車初期品質調査 )
<IQS調査について>
購入初期段階のユーザーを対象に購入車両の不具合内容を聴取する、お客様視点の初期品質調査です。IQSの不具合指摘の多くは、設計領域に起因しており、設計/開発プロセスでの改善活動が重要となっています

調査結果はモデルごとの「100台当りの不具合指摘件数」として集計されます。単位はPP100 (Problems Per 100 vehicles)で表され、数値が小さいほど不具合指摘が少なく、品質が良いことを示します。
株式会社フォトハイウェイ・ジャパン
中国標準規格(GB規格) 正規日本語版提供/法規・認証関連情報Web検索・配信サービス
【中国標準規格(GB規格)の正規日本語版/英語版の提供サービス (GB NAVI)】

  中国政府機関の承認した、正規の日本語版/英語版をご提供いたします。

【中国法規・認証関連の専門情報 Web検索・配信サービス (GB NAVI PRO)】

  自動車業界様向けに収集、選定した中国法規、認証、検査/取り締まり、業界動向などの最新情報を
  毎日 日本語でご提供いたします。(※有料)


私どもは、中国市場で事業展開をされるお客様が安心・安全に発展いただくためのお手伝いをいたしております。

『中国標準規格総合サイト』
http://gbnavi.jp/
概要
SGSジャパン株式会社
【Eマーク認証】欧米自動車メーカー公認のSGSが強力サポート
ECE認証は正式にはEUのEマーク認証のことで、ECE法規もしくは欧州自動車EMC指令の要求事項に適合した自動車部品に対して表示する適合マークです。

欧州自動車メーカーに限らず、日本を含めた各国の自動車メーカーが、部品サプライヤに対し、Eマーク認証取得を要求する様になって来ており、Eマーク認証取得のご相談が急増しております。現在お取引の無い自動車メーカーに対する拡販の為には、今後必須の認証となる可能性が高いです。

概要
SGSジャパン株式会社
世界最大の第三者認証試験機関のSGS 自動車テスティングサービス
(1)SGSの海外試験所を活用し、低コストでの試験の現地化をサポート
(2)ドイツ・欧州・アメリカ・日系の各自動車メーカーから様々な試験の認定を取得済
(3)ダイムラーから、認定推奨試験所”Class A”を取得!
(4)GM認定のEMC試験所として、競争力のある価格でのEMC試験サービスをご提供中
(5)国内外自動車メーカーからVOCや各種材料試験などの認定または相関性の確認済
(6)遂に始動!タイ現地で故障・不具合・相談分析サービス。現地で不具合解決します。
(7)日系自動車メーカ海外プロジェクト:部品設計後の全ての信頼性試験等の一括請負試験が可能。
概要
鹿沼光商事株式会社
『彼我比較用 最新純正部品』 国内外メーカーの自動車部品取寄せ受託サービスのご案内
弊社は、これまでの国産車・輸入車の各種部品の卸販売の経験を活かし、
研究比較用の競合車種純正部品の取寄せサービスを行っており、
国内OEMおよび部品メーカーの技術者の方々にご利用頂いております。
概要
SGSジャパン株式会社
SGS-TUV機能安全認証サービスのご案内
2011年夏にいよいよ正式版ISO26262が策定される見込みです。自動車メーカーによってはサプライヤー向けの説明会を開き、ISO26262への準拠を求めています。特に欧州では第三者認証を強く推奨する自動車メーカーもあり、日本の部品サプライヤーへの影響も今後大きくなるでしょう。

SGS-TUVはドイツISO26262標準化委員会のメンバーであり、更に機能安全認証の実績・経験豊富なエンジニアチームを有する機能安全認証機関です。世界に1,250拠点、54,000名以上の社員を抱えるSGSグループのネットワークを生かし、日本のみならず世界中のお客様のISO26262など機能安全規格対応をサポートをいたします。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

SGSジャパンホームページ:
http://www.jp.sgs.com/ja/automotive-functional-safety.htm?serviceId=10208490&lobId=17187

SGS-TUVホームページ:
http://www.sgs-tuev.de/en/business-lines/automotive/functional-safety.html
SCSK株式会社
AutoWebサービス、インターネット、暗号化、無制限容量、データ配信
■サービスの概要
・インターネットからJNXブロードバンドのアクセス回線に対応し、簡単なブラウザ操作で、大容量のCADデータなどをより高速に、より低価格で、より安全に送受信する新しいサービスです。

・通信プロトコルとしてSSL、送受信ファイルにAESデータ暗号を採用し、より強固なセキュリティを確保した自動車メーカー・部品メーカーでのデータ交換の仕組みです。

・全世界5,000社が加入しており、日本、海外の加入者間でのグローバルな取引を行うための効果的なサービスです。