カテゴリー別製品一覧

サービス

株式会社UL Japan
【愛知県のEMC試験所】オートモーティブテクノロジーセンター(ATC)を開設
米国の第三者安全科学機関であるUL Inc.(本社:イリノイ州ノースブルック、以下UL)の日本法人である株式会社UL Japan(本社:三重県伊勢市、以下UL Japan)は、多くの車載機器・自動車部品メーカーが拠点を構える愛知県(みよし市)に、自動車業界向け試験所 オートモーティブ テクノロジー センター(ATC)を開設します。2017年6月に稼働を予定しているATCは、延べ床面積約1,900m2で、車載機器のEMC試験を基軸に、電気、無線、環境、IOP(Interoperability:相互接続性)試験等を実施する予定です。EMC試験業務に精通した専門の試験担当者が、お客様の多岐にわたるニーズに対応します。
株式会社UL Japan
【車載機器EMCサービスのご案内】
UL Japanでは豊富な知識と経験に基づく質の高い車載電子部品のEMC試験を提供しております。
•A2LA (The American Association for Laboratory Accreditation)より、国際規格ISO/IEC 17025に基づいたEMC試験所として認定されております。
•海外自動車メーカー GM(ジーエム)社、FORD(フォード)社、Jaguar Land Rover(ジャガーランドローバー)社 の承認EMC試験所となっております。
•MAZDA(マツダ)様の承認EMC試験所となっております。
•車両認可機関のVCA(イギリス)およびSNCH(ルクセンブルグ)、AVI(ベルギー)の認定試験所であり、UL Japanの試験結果を用いてEマーク申請にご利用いただけます。
SGSジャパン株式会社
「VDA 6.3」 模擬監査サービス ー ドイツ系企業からのプロセス監査の準備をサポート
◆「VDA6.3」はサプライヤーの「品質能力」を評価するための「ドイツ自動車工業会(VDA)」の定めるプロセス監査の規格です。
◆ドイツ系企業への納入は「VDA6.3」での「高得点」取得が要求される場合があります。
◆SGSでは本国での実戦経験を積んだドイツ人監査員による模擬監査を提供することで、実践的な課題抽出と監査準備のお手伝いを致します。
◆SGS日本人監査員のサポートもありますので、言葉の面での不安も不要です。
◆監査準備を万全にすることで、ビジネス獲得への確率が高まります。
サイエンス&テクノロジー株式会社
【技術書籍】ユーザの感性と製品・サービスをむすぶ
『ユーザの感性と製品・サービスをむすぶ:真意を聞き出すアンケート設計と開発・評価事例』

○発刊:2018年12月21日
○体裁:B5判並製本 285頁

<価格>
定価:54,000円(本体50,000円+税4,000円)
S&T会員: 51,300円(本体47,500円+税3,800円)
※送料は当社負担

<著者>
文部科学省
科学技術・学術政策研究所 氏田 壮一郎
パナソニック(株)      立田 美佳
本田技研工業(株)      加藤 拓巳
京都大学         仲村 匡司
神奈川工科大学      高橋 勝美
日産自動車(株)      田中 克則
大阪産業大学       山本 晃輔
花王(株)         杉山 東子
東京大学         伊藤 研一郎
大阪産業大学       高井 由佳
マツダ(株)        藤原 清志
東雄技研(株)       菊地 哲雄
(株)菱健         古川 貴士
東華大学         陽  玉球
(株)岡墨光堂       遠藤 淳司
他、多数

※詳細はパンフレットをご確認ください(資料請求ボタンよりお申込みいただけます)。
リックソフト株式会社
情報共有・ナレッジ共有 / 組織・チームを強くするチームコラボレーションツール Confluence(コンフルエンス)
Confluence(コンフルエンス)とは、現代のチームの働き方を変えるチームコラボレーションソフトウェアです。

組織やチームが保有する知識(ナレッジ)や情報を蓄積して共有する目的で生まれたチームコラボレーションソフトウェア「Confluence(コンフルエンス)」は、まったく新しい情報共有ツールです。
Microsoft Wordのような簡単な操作で誰でも知識を保存・蓄積することができ、蓄積した情報を活用するための豊富な機能が備わっています。

新しい製品開発のアイデアなどの想像を発信して「いいね」の投票を促したり、パートナー企業やサプライヤーなどとのサービスマニュアルや整備マニュアルなどのマニュアル作成業務の共同作業を行ったりすることもできる便利なツールです。
株式会社 日経BP
次世代自動車2017---自動運転、次世代動力で見る“トランプ後”の自動車産業
●日産・三菱連合の誕生など自動車業界の勢力図変化を解説
●自動運転に取り組む自動車メーカー、部品メーカーの動向を詳説
●リコールや排ガス不正など社会を揺るがした事件を分析

2017年の自動車産業は揺籃期にあると言えるでしょう。しかし、その中から、自動運転、次世代パワートレーン、正しい企業統治のトレンドを捉え、将来に備える必要があります。本書では、経営の専門誌「日経ビジネス」と自動車産業の専門誌「日経Automotive」の記事から、経営と技術のエッセンスを再構成しました。今後を正しく読むためにぜひご参考にしてください。

http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/lp/dk17/?n_cid=nbpnat_esln_markb_170310
株式会社 日経BP
図解カーメカニズム パワートレーン編
カラー図解で、パワートレーンの基礎から詳細までが分かる
株式会社 日経BP
新しいトヨタ生産方式「トータルTPS」
世界最強の工場運営のノウハウ
株式会社 日経BP
世界自動運転プロジェクト総覧【増補改訂版】
世界を牽引する53の企業・プロジェクトの調査データから浮かび上がる、
“自動運転社会”の全体像、ビジネスモデル、競争領域
株式会社 日経BP
モビリティー革命2030 〜 自動車産業の破壊と創造 〜
2030年の自動車産業の姿が分かる!
日本アイ・ビー・エム株式会社
[IBM Center for Applied Insights] デジタル化による破壊的変革と自動車業界の未来とは?
影響力を増しつつある消費者を中心としたデジタル・サービスは、自動車業界にディスラプション(破壊的変革)をもたらします。
業界および周辺市場の経済価値は、不可逆的に変化してしまうことでしょう。確実な将来が見通せない世界の中で、自動車メーカーは生き残りをかけて、新しいコアとなる能力を作り出す必要があります。
次に何が起こるのでしょうか。そしてどのように対処すればよいのでしょうか。

◆ 詳細は下記よりご覧いただけます。是非ご覧ください。
http://bit.ly/ibmcai-jp-auto1

tag: connected, car, digital, IBM, CAI, Center for Applied Insights, auto
サイエンス&テクノロジー株式会社
【技術書籍】狙いどおりの触覚・触感をつくる技術
発刊予定日:2017年11月28日 体裁:B5判上製本 653頁
定価(税込):81,000円

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「触る」にまつわる、多種多様な技術分野の研究・開発事例を集約した1冊
総勢60名以上の豪華執筆陣が解説!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆ なぜ人は皮膚感覚を知覚できるか?神経回路、皮膚構造などから説くメカニズム
└ 複雑かつあやふやなプロセス― 「触覚」の理解と、「触覚」が切り拓く世界
└ 受容器(感覚器)の構造、諸個人で異なる触知覚の内的特性
└ 脳が皮膚感覚から知覚を生じる神経回路とそのメカニズム
└ デバイス構造の簡便化、更なる高臨場感をもたらす触錯覚とクロスモーダル効果

◆ 好触感を形成する材料技術と物理的パラメータの関係
└ なぜ、人は「つい触れてみたくなる」のか。素材によって誘引される触れ方の理解
└ プラスチック材料、成形品:表面テクスチャ、精密切削加工、自動車内装材
└ ゴム材料:握り心地、ベトつき、振動特性
└ 化粧品:レオロジー、摩擦係数と使い心地
└ 紙製品:ティシューペーパーと肌触り、高級印刷紙とその風合い
└ テキスタイル:かたさ・しなやかさ、接触温冷感と布構造
└ 塗料:しっとり感をもたらす添加剤技術

◆ 高臨場感伝達に向けた触覚呈示技術の原理と触覚センサ・デバイス開発事例
└ 現在開発されている触覚センサの原理を徹底解説。
  ロボティクス分野への応用等をふまえた、技術要件を詳述。
└ 触覚ディスプレイの開発に。多種多様な触覚呈示技術をまとめて解説。
  超音波、電気刺激、形状記憶合金ワイヤ、
  機械的変位刺激+静電気摩擦刺激、風覚、硬軟感、痛覚・温冷覚
└ センサ開発事例:柔軟、薄型、MEMS、電子皮膚、小型 他
└ デバイス開発事例:額への触覚呈示デバイス、触感記録ツール、VR用触覚デバイス 他
└ 触覚提示技術で強い特許をもっている海外企業の出願動向と他メーカとのライセンス契約状況

◆ 科学的妥当性・高い再現性をもつ触感の定量化・官能評価法
└ 多様な触感を微細に表現するオノマトペ
└ 対象者の世代による触知覚の差異を検証:専門家、幼児、若年者、高齢者
└ 熟練者の技能を継承する風合いの客観評価式
└ 官能評価法の注意点:各検査法の特徴比較、使いどころ
└ 触感定量化のための評価用機器と測定時に知っておきたいコツ

など
中国天津経済技術開発区日本事務所
中国経済の新たな中核として期待高まる天津経済技術開発区(TEDA)
天津経済技術開発区(TEDA)は中国の四つの直轄市の一つである天津市の南東にある。TEDAは1984年に中国中央政府によって認定された14ヵ所の国家級開発区の一つで、設立32年を経た現在、開発した工業用地が400平方キロまで広げた。長年の発展にわたり、TEDAは自動車、電子通信、装備製造、石油化学、バイオ医薬、食品飲料、新エネ・新素材、航空宇宙といった九大基幹産業を形成している。
TEDAは地理的なメリット、どこよりも整備されたインフラ、豊富で優秀な人的資源、安価な立地コスト、当局の強力なバックアップ体制、企業助成振興政策など優位性を持ち、世界の企業から大きな注目を集めています。
株式会社日立パワーソリューションズ
データマイニング技術を応用した予兆診断システム「HiPAMPS」のご紹介
「HiPAMPS」は、長年培ってきた保守サービス事業のノウハウとITおよびデータマイニング技術を組み合わせた予兆診断システムです。設備の状態監視データから自動的に正常状態を学習し、いつもと違う状態を知らせることはもちろん、保守やメンテナンスの情報を登録すれば、定期的に設備が状態変化しても順応します。これによって想定外の停止回避による生産効率の向上や保守コストの低減などに貢献します。

当社製品紹介ページ
http://www.hitachi-power-solutions.com/products/product02/p02_73.html
株式会社日立パワーソリューションズ
スマートフォン/タブレット利用による施設・設備巡回支援システムのご紹介
事業所内の施設・設備巡回にiPhone,iPad,iPodTouch(※1),Android(※2)のスマートフォン/タブレットを用いて、ペーパレスで対応することができるシステムです。

本システムは、通常の巡回に利用できるほかにも、異常・非常事態が発生した際に、発生現場において、事象状況を入力し、事象/通報区分の判断支援を行います。
また、関係官庁・機関への通報が必要な場合においても、速やかに実施することができます。

(※1)iPad,iPhone,iPodTouchは、米国Apple Inc.の登録商標、商標または商品名称です。
(※2)Androidは、米国Google Inc.の登録商標、商標または商品名称です。
(株)技術情報協会
隔月刊 車載テクノロジー
次世代の自動車を支える最新技術、課題や市場情報をタイムリーに掲載

発行:隔月30日(年間6冊)
定価:50,000円(税抜)
(株)技術情報協会
月刊 マテリアルステージ
自動車の軽量化、電動化、知能化に関するマテリアルの市場動向、開発事例を毎号お届けします。

発刊:毎月10日(年間12冊)
定価:50,000円(税抜)
概要
株式会社 新日本翻訳センター
【自動車関連技術資料の翻訳】高いクオリティとフットワークでお答えします
迅速かつフレキシブルな対応で顧客満足の向上を目指します
クライアント様ごとに専属コーディネータを置き、貴社のニーズに即したきめ細やかなサービスをご提供いたします。
また、翻訳サービスに欠かせない『品質』、『納期』、『料金』について、可能な限りご要望に対応できる体制づくりに努めております。
日総工産株式会社
期間工採用~請負提案まで幅広い総合人材サービスのご提供なら日総工産
<メイド・イン・ジャパンを支えるプロ集団>
製造系人材サービスや業務請負事業を提供して40年以上の日総工産は、長年培ってきたノウハウと実績で、企業様ごとに異なる、現場状況に合わせて、オーダーメイド方式でサービスを提供します。
概要
株式会社 構造計画研究所
ISO26262 Part5 安全分析 運用支援コンサルティングサービス
<ISO26262 Part5の安全分析を実務レベルでご支援>
弊社のお客様からのニーズヒヤリングや、ISO26262分析テンプレートに包含するノウハウを基に、回路設計に対する ISO26262要求事項の検証プロセス(安全分析~アウトプット(メトリクス、PMHF、故障率クラス))を手引きします。
サイエンス&テクノロジー株式会社
【技術書籍】プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
プラスチック材料の破壊の機構とタフネス(強靱)化技術を学ぶ1冊。
「安くて強い」材料開発のために、そして「軽くて丈夫」な製品設計のために。

誤解が多い衝突・落下などの衝撃現象を正しく理解し、
不良・欠陥を出さないための実用強度設計へ!

※詳細はパンフレットをご確認ください(資料請求ボタンよりお申込みいただけます)。
概要
リード エグジビション ジャパン 株式会社
世界最大! クルマの先端技術展 900社が出展
2017年1月18日(水)より3日間、東京ビッグサイトにて
「第9回 オートモーティブ ワールド」( http://www.automotiveworld.jp/marklines )
を開催いたします。(主催:リード エグジビション ジャパン(株))

本展は、
 (1) クルマの電子化、知能化
 (2) 自動運転/コネクティッド・カー
 (3) EV/HEV/FCV
 (4) クルマの軽量化
 (5) 部品加工
といったクルマ開発における重要テーマにフォーカスした展示会で、
世界中から900社が出展し(前回比120社増)、30,000名が来場する
クルマの先端技術分野、世界最大の展示会です。

サイエンス&テクノロジー株式会社
【技術書籍】リチウムイオン二次電池の長期信頼性と性能の確保
≪リチウムイオン二次電池の 「劣化解析」 「安全性評価」 を徹底解説した1冊≫
~リチウムイオン二次電池の性能を最大限に引き出し、安全に使うための製造・各種評価・法規制・制御例を解説~

「劣化解析」
 └ 電池内部では、何が起こっている?内部状態推定のための電池構成材料の劣化解析
 └ 劣化した電池はどんな挙動を示す?物理化学的視点、統計的データの活用による各種モデル・状態推定手法
    [ Newmanモデル / 交流インピーダンス法 / 充放電曲線の微分特性 / 1/2乗則(ルート則) / カルマンフィルタ ]

「安全性評価」
 └ 電池の異常発熱・発火のメカニズムとは?市場トラブル、リコール問題を例にその原因を読み解く
 └ 安全なセル設計のための安全性試験の目的と方法、安全性に関する規格を速習
 └ 電池の設計・製造工程で起こり得る、事故原因に繋がる注意どころを解説
 └ 輸出・貯蔵時に気にすべき法規制は?各専門家よりその概要を詳細

○発刊日: 2016年10月27日
○体裁 : B5判上製本 445頁
○ISBN : 978-4-86428-145-4
○Cコード:C3058

<監修>
小山 昇  エンネット(株)

<著者>
小山 昇     エンネット(株)
山口 秀一郎   エンネット(株)
合田 索人    (株)野村総合研究所
奥山 裕貴    (株)野村総合研究所
佐藤 登     エスペック(株) 兼 名古屋大学
青木 靖仁    (株)東レリサーチセンター
鈴木 宏輔     群馬大学
櫻井 浩     群馬大学
鳶島 真一    群馬大学
菅原 秀一    泉化研(株)
小林 恭一    東京理科大学
虎井 総一朗   横河電機(株)
福井 正博    立命館大学
加藤 史朗    (株)KRI
雨堤 徹     Amaz技術コンサルティング(合)
有馬 理仁    大和製罐(株)
曽根 理嗣    (国研)宇宙航空研究開発機構
田口 義晃    (公財)鉄道総合技術研究所
中村 光雄    富士重工業(株)
林 良樹     (株)コベルコ科研
池田 孝     (株)コベルコ科研
坪田 隆之    (株)コベルコ科研
小林 弘典    (国研)産業技術総合研究所
木野 幸一    (国研)産業技術総合研究所
米村 雅雄    (共)高エネルギー加速器研究機構 兼 総合研究大学院大学
石川 喜久    (共)高エネルギー加速器研究機構
神山 崇     (共)高エネルギー加速器研究機構 兼 総合研究大学院大学
幸 琢寛     技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター

※詳細はパンフレットをご確認ください(資料請求ボタンよりお申込みいただけます)。
概要
株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパン
新車購入意向者調査(New-Vehicle Intender Study、略称NVIS)
<新車購入意向者調査(New-Vehicle Intender Study、略称NVIS)について>
本調査は、今後1年以内に新車乗用車の購入を検討中の人を対象として、次回購入を検討している車のタイプ詳細(車の形状や仕様)、重視点、利用オケージョンなど新車選びの際の意識をはじめ、検討段階における情報収集の行動、ブランド認知度や好意度、ブランドイメージなど各ブランドに対する意識、ブランドやモデルレベルでの車選びの比較検討実態、更には自動車の先進技術に対する興味・関心など、消費者の意識や購買行動に関する多様な情報を収集しています。

-商品開発段階における顧客特性によるニーズの違いを効果的に把握したい
-販売・マーケティング戦略策定のために顧客ターゲティングに資する情報の分析を強化したい
-検討者/非検討者のブランドイメージの違いを知り、ブランディング強化の方向性を探りたい
-さまざまな自動車先進技術についての受容性を理解し、商品力の訴求や販売店対応の施策立案に役立てたい
-ブランド・車に関する情報認知経路と貢献度合いの実態を把握することで、自ブランドの情報発信力を強化し、効果的な見込み客の誘引につなげたい

等々、幅広いテーマにご活用をいただくことが可能なデータです。
概要
株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパン
APEAL調査(自動車商品魅力度調査)
<APEAL調査について>
購入初期段階のユーザーを対象に車両特性についての評価を聴取する、お客様視点の商品魅力度調査です。
品質改善活動では、IQSの不具合指摘を単につぶしこむだけではなく、APEAL調査を用いて競合モデルの商品魅力評価の高い製品情報をベンチマークし、商品魅力の高い製品を実現し、お客様ロイヤルティの向上につなげることが重要です。

調査結果からAPEALスコアを統計的に算出しており、APEALスコアは1000点満点の指数で表され、数値が大きいほど評価が高いことを示します。
概要
株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパン
IQS調査(自動車初期品質調査 )
<IQS調査について>
購入初期段階のユーザーを対象に購入車両の不具合内容を聴取する、お客様視点の初期品質調査です。IQSの不具合指摘の多くは、設計領域に起因しており、設計/開発プロセスでの改善活動が重要となっています

調査結果はモデルごとの「100台当りの不具合指摘件数」として集計されます。単位はPP100 (Problems Per 100 vehicles)で表され、数値が小さいほど不具合指摘が少なく、品質が良いことを示します。
株式会社フォトハイウェイ・ジャパン
中国標準規格(GB規格) 正規日本語版提供/法規・認証関連情報Web検索・配信サービス
【中国標準規格(GB規格)の正規日本語版/英語版の提供サービス (GB NAVI)】

  中国政府機関の承認した、正規の日本語版/英語版をご提供いたします。

【中国法規・認証関連の専門情報 Web検索・配信サービス (GB NAVI PRO)】

  自動車業界様向けに収集、選定した中国法規、認証、検査/取り締まり、業界動向などの最新情報を
  毎日 日本語でご提供いたします。(※有料)


私どもは、中国市場で事業展開をされるお客様が安心・安全に発展いただくためのお手伝いをいたしております。

『中国標準規格総合サイト』
http://gbnavi.jp/
サイエンス&テクノロジー株式会社
【技術書籍】自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性
≪国内外の市場・製品動向+要求される技術解説+市場戦略指南を盛り込んだ一冊≫

欧州がおこす新たな技術潮流に、日本の自動車産業はどう立ち向かっていくべきか
48Vシステムは、ますます厳しくなっていくCO2排気量規制に、本当に貢献するのか

48Vシステムではどのくらいの燃費改善効果があるかを具体的に検証しながら
日本企業は市場参入するべきか、また、今後の技術開発や市場へどう影響するかを説いた一冊

○発刊日: 2016年9月28日
○体裁 : B5判並製本 約160頁
○ISBN : 978-4-86428-143-0
○Cコード:C3058

<著者>
島根大学 大学院 総合理工学研究科 准教授 博士 (工学) 山本 真義 氏

※詳細はパンフレットをご確認ください(資料請求ボタンよりお申込みいただけます)。
サイエンス&テクノロジー株式会社
【技術書籍】「自動車排熱回生技術 搭載・実用化に向けたデバイス開発・システム化技術」のご案内
○発刊日:2014年12月9日
○体裁:B5判並製本 199頁

<価格>
定価:54,000円(本体50,000円+税4,000円)
S&T会員:51,300円(本体47,500円+税3,800円)
※送料は当社負担

<著者>
トヨタ自動車(株) 森田 真樹
山根健オフィス/ビー・エム・ダブリュー(株) 山根 健
KE-Technologie GmbH 神戸 満
(株)KELK 藤本 慎一
(株)村田製作所 中村 孝則
(株)東芝 近藤 成仁
東芝照明プレシジョン(株) 伊藤 三男
(独)産業技術総合研究所 三上祐史
名古屋工業大学 西野洋一
(株)アツミテック 内山直樹
豊田通商(株) 中村崇志
カルソニックカンセイ(株) 原潤一郎
(株)三五 西野 寿
千葉大学 小倉 裕直
首都大学東京 首藤 登志夫
(株)日立製作所 島田 敦史
(株)日立製作所 石川敬郎
(株)デンソー 八束 真一
(株)デンソー 小田 修三
(株)デンソー 新山 泰徳
東京大学 鹿園 直毅
サイエンス&テクノロジー株式会社
【技術書籍】「五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全」のご案内
○発刊日:2013年10月30日
○体裁:A4判上製本 420頁

<価格>
定価:75,600円(本体70,000円+税5,600円)
S&T会員:71,820円(本体66,500円+税5,320円)
※送料は当社負担

<著者>
大井 尚行  九州大学
佐野 明人  名古屋工業大学
田中 由浩  名古屋工業大学
桝井 捷平  MTO技術研究所
渡邊 豊彦  (株)棚澤八光社
清水 陸男  リケンテクノス(株)
西松 豊典  信州大学
江部 一成  (株)ブリヂストン
福井 信行  マツダ(株)
片岡 篤    日本大学/元 日産自動車(株)
寺下 勝    日本写真印刷(株)
稲葉 隆   (株)カラーデザイン研究所
杉山 昭博  いすゞ自動車(株)
入倉 隆   芝浦工業大学
美記 陽之介 日産自動車(株)
石田 康二  (株)小野測器
久保 典央  (合)横浜音響研究所
加藤 茂樹  富士通テン(株)
山本 崇史  工学院大学
中川 博   日東紡音響エンジニアリング(株)
井上 敏郎  (株)本田技術研究所
神宮 英夫  金沢工業大学
長谷 寛之  ポリプラスチックス(株)
鈴木 桂輔  香川大学
喜多 純一  (株)島津製作所
永野 秀明  東京都市大学
原 潤一郎  カルソニックカンセイ(株)
高松 敦   セントラル硝子(株)
小林 健一  明治大学
三木 勝夫  三木コーティング・デザイン事務所
生田 広志  住化バイエルウレタン(株)
原田 弘孝  東洋紡(株)

※詳細はパンフレットをご確認ください(資料請求ボタンよりお申込みいただけます)。