人とくるまのテクノロジー展2019:自動運転社会に向けたコネクテッド技術・サービス

商用車の運行管理プラットフォーム、V2X対応通信システムなどの展示取材

2019/06/19

要約

  人とくるまのテクノロジー展 2019(会期:2019年5月22日~24日、会場:パシフィコ横浜)は「新たな自動車技術が支える地方創生」をテーマに、IoTやAIといった革新的社会インフラ技術と融合した“くるま”進化の方向性を示す展示を目指し、携帯電話大手3社が参加するなど、自動車業界の垣根を越える技術やサービスの出展内容も見られた。


  本稿では、通信会社による自動車向けの新たなサービス展開、商用車メーカーによるコネクテッド技術を利用した運行管理プラットフォームや隊列走行システム、通信・電子機器メーカーによるV2X対応通信システムなど、各社が自社リソースを活用して取り組むモビリティ社会、自動運転社会に向けた展示内容を報告する。

人とくるまのテクノロジー展2019 自動運転EVバス「NAVYA ARMA」
人とくるまのテクノロジー展2019
主催者企画展示コーナー
自動運転EVバス「NAVYA ARMA」
SBドライブの展示


関連レポート
自動運転時代に向けた技術・MaaSへの取り組み(2019年6月)
人とくるまのテクノロジー展2019:トヨタと日産の展示(2019年6月)
5Gによる通信や遠隔制御が自動運転を補完・支援(2019年2月)
トヨタのCASE戦略:オートモーティブワールドとCES 2019の講演から(2019年2月)
日産、NTTドコモ、AT&Tの第5世代移動通信システム(5G)導入(2018年11月)
CEATEC JAPAN 2018:つながる車の技術展示(2018年10月)

 



モビリティ:自動運転、5Gの実用化に向けた技術・サービス

  自動車技術会による主催者企画展示コーナーでは「新たな自動車技術が支える地域創生」をテーマに、IoTやAIなどの革新的社会インフラ技術と融合した新しいモビリティサービスの提案を共有する展示が行われていた。本稿ではこのうち携帯電話大手3社を中心にモビリティ関連の展示内容に注目した。

主催者企画展示コーナーの協力企業

Mobility
移動コスト最小
SBドライブ 自動運転バス「NAVYA ARMA」
自動運転バス統合プラットフォーム「Dispatcher」
NTTドコモ
AGC
エリクソン・ジャパン
車載用5Gガラスアンテナ
トヨタ自動車 信号と連携した自動運転(VR)
ダイナミックマップ基盤 ダイナミックマップ協調領域
Business
ビジネス効率最大
KDDI VR観光案内
クボタ 自動運転トラクタ・コンバイン・田植機
楽天技術研究所
会津大学
リモートファッションコミュニケーションビークル
Energy
エネルギーコスト最小
日産自動車 電気自動車
ABB 超急速充電器
デンソー V2H-充電器
古河電気工業 電界結合ワイヤレス電力伝送システム
フォーアールエナジー リユースバッテリー

資料:人とくるまのテクノロジー展 2019横浜 展示会ダイジェストより作成

 

SBドライブ:自動運転EVバス「NAVYA ARMA」と運行プラットフォーム「Dispatcher」

NAVYA ARMA
運転席がない自動運転EVバス「NAVYA ARMA」
内装の画像:前席 / 後席
展示パネル:NAVYA ARMAと自動運転バス運行プラットフォーム Dispatcher
【動画】NAVYA ARMAの試乗会

  ソフトバンクの子会社であるSBドライブは、フランスNavya社製の運転席がない自動運転EVバス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」の展示と試乗会を実施した。NAVYA ARMAは自動運転レベル4での走行を前提としたEVシャトル。日本ではSBドライブが実証実験を行い、2019年4月末までに4,600人余りの乗車実績がある。

  また、SBドライブが開発中の自動運転バス運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を紹介。自動運転バスの運行管理を遠隔操作で行うシステムで、展示会場では試乗会で走行するNAVYA ARMAの走行状況や車内の映像をDispatcherを通してリアルタイムで見ることができるようになっていた。

  SBドライブはNAVYA ARMAのほか、日野ポンチョをベースに改造した自動運転バスの実証実験も行っているという。同社は今回のイベントを通して、自動運転バスの社会受容性の拡大を目指すとしていた。

 

NTTドコモ:5G対応オンガラスアンテナ

  NTTドコモは28GHz帯の第5世代移動通信システム(5G)に対応する車両ガラス設置型アンテナ(オンガラスアンテナ)を展示していた。車両ガラスに複数のアンテナを設置することで、車両デザインを損なわずに、高速走行中の車でも高速かつ安定した5G通信を実現することができる。合成石英ガラスアンテナはAGC独自の微細加工によりアンテナパターンを透明化することに成功した製品で、ハウジング不要で自動車のガラス面に直接アンテナを設置することができるため、美観を損なうことなくアンテナ搭載数を増やすことも可能と説明していた。

5Gガラスアンテナ 5Gガラスアンテナ
5Gガラスアンテナ
左:実証実験に使用 右:新型アンテナ
5Gガラスアンテナ
左:フッ素樹脂基板アンテナ 右:合成石英ガラスアンテナ
展示パネル:5Gガラスアンテナ 展示パネル:5G向け合成石英ガラスアンテナ


  NTTドコモ5Gイノベーション推進室 室長の中村武宏氏による「NTTドコモの5G/C-V2Xコンセプトと取組」と題した講演では、車載センサーで把握できない領域を5G通信によって補完していく役割が紹介された。同社は5G導入に向けて「パートナー協創」を掲げ、自動車を含む多岐にわたる分野で2,600社超と提携し、様々な実証実験を行っている。

  オンガラスアンテナの実証実験は、NTTドコモ、AGC、エリクソンの3社共同で2018年に実施した。茨城県つくば市にあるJARIのテストコースに5G移動基地局を設置、チューンナップした日産GT-Rの前後左右のガラス面に4つのオンガラスアンテナを装備して300km/hの高速走行を行い、1.1Gbpsの5G通信に成功したという。また、走行速度100km/hでは最大8Gbps、30km/hで最大11Gbpsの5G通信が可能なことが確認された。

  2019年4月に発表された通信各社への5G電波割り当てにおいて、NTTドコモは3.7GHz、4.5GHz、28GHzの各電波帯域を獲得、これは世界の主要国で実施される5Gの周波数をほぼ網羅するという。低周波数(3.7GHz、4.5GHz)は広域カバーが必要なエリア、高周波数(28GHz)は都市部やスタジアムなど多接続・高速通信が必要なエリアに適用していく。2019年9月のラグビーワールドカップからプレ5Gサービスを開始、2020年7月のオリンピック・パラリンピックから5G商用導入が開始される予定。また、NTTドコモは5GAA*の理事会メンバーとして、自動車産業のグローバルな通信システム整備にも参画している。
*5GAA (5G Automotive Association):2016年9月にドイツ自動車メーカー3社(Audi、BMW、Daimler)とIntel、Ericsson、Huawei、Nokia、Qualcommが設立した第5世代移動通信システム(5G)通信網の研究・開発のための企業連合。2017年5月にはNTTドコモ、AT&T、サムスン電子などが理事会メンバーに選任された。

  参照レポート:5Gによる通信や遠隔制御が自動運転を補完・支援「NTTドコモの5G/C-V2Xコンセプトと取組」ほか(2019年2月)

5Gガラスアンテナ 5Gが目指す世界
5Gガラスアンテナ 展示パネル:5Gが目指す世界
5Gガラスアンテナ装着部の拡大画像
フロントガラス上部に設置するハウジング内に装備
5G用周波数の割り当て(資料:総務省「第5世代移動通信システム(5G)の導入のための特定基地局の開設計画の認定」2019年4月 総合通信基盤局)

 

KDDI:VR観光案内、ラウンドアバウト周辺での自動運転走行

VR観光案内
長野県飯田市で実施した自動運転車によるVR観光案内
展示パネル:VR観光案内
【動画】長野県飯田市における自動運転・VR観光案内

  KDDIは2018年11月に長野県飯田市で実施した自動運転車によるVR観光案内を紹介した。3次元マップを活用し、自動運転車の走行経路に合わせてバーチャルキャラクターが観光案内を行い、沿道の観光スポットの情報などもバーチャル画像で提示される。運転操作から解放される自動運転時代に向けて、新しい車内の過ごし方やビジネス機会創出の一例として提案している。

  展示ブースでの説明によると、飯田市は古くから人形浄瑠璃の伝統文化があることからアニメのフィギュア製造が発展し、フィギュアの展示販売などを行うフェスティバルが例年開催されていること、また欧州で見られるラウンドアバウトの交差点が市内にあることが今回の実証実験の条件としてマッチングし、自治体の協力を得て実証実験が実現したという。

  実証実験では、ラウンドアバウト周辺においてレベル3の自動運転走行を実施。1回15分程度の乗車で、VRコンテンツ体験(3分程度)について乗客からのフィードバックを取得する。アイサンテクノロジーが 3Dマップ作成、ティアフォーが自動運転走行のためのセットアップおよび走行テスト、ティアフォー子会社のシナスタジアが 3Dマップと連動したVRコンテンツの開発を担当した。

 

ダイナミックマップ基盤:協調領域における高精度3次元地図データの整備

  ダイナミックマップ基盤株式会社は、日系自動車メーカー10社のほか、ゼンリン、三菱電機などが出資、自動走行・安全運転支援システムの実現に必要な協調領域の高精度3次元地図データ整備をオールジャパン体制で進めている。

  同社は2016年に創業、2017年に事業を開始した。2019年3月には日本国内の高速自動車専用道路について全国約30,000kmの地図データ整備が完了。このデータは日産自動車のインテリジェント高速道路ルート走行「ProPILOT 2.0」に初採用となる。

  ダイナミックマップ基盤では今後さらに全国の幹線道路(片道あたり約120万km)や一般道のデータ整備を進めていく。一般道については2020年4月からの事業化に向けてサンプルデータの作成を検討している。各自治体の実証実験へサンプルデータを提供し、MaaSサービス実現に向けた協業を行っていく見通し。

  参照レポート:人とくるまのテクノロジー展2019:トヨタと日産の展示「日産:プロパイロット2.0」(2019年6月) 

高精度3次元地図データ ダイナミックマップ協調領域
高精度3次元地図データ ダイナミックマップ協調領域

 

トヨタ:ITS Connect、信号と連携した運転支援システム

  トヨタは主催者企画展示コーナーで、信号や路側機、車両同士の連携によって、ドライバーに交差点などでの注意を喚起するシステム「ITS Connect」を紹介した。ITS Connectは、路車間通信システム(DSSS:Driving Safety Support Systems)や車車間通信システム(CVSS:Connected Vehicles Support Systems)によって、クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外のクルマや人の存在、信号情報などを取得し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援する仕組み。

  今回展示していたデモ機では、見通しの悪い交差点での衝突回避や、緊急車両の接近を通知する様子を説明。また、VRデモは信号と連携して赤信号の場合にスムーズに停止する運転支援システムを体感する内容だった。トヨタのITS Connect対応車両はすでに約15万台市販済みで、路側機は現在、全国に80基程度設置されているとの説明があった。

ITS Connectのデモンストレーション 路側機の設置状況とトヨタのITS Connect対応車両
ITS Connectのデモンストレーション 路側機の設置状況とトヨタのITS Connect対応車両


商用車: 先進安全装備、運行管理サービス、隊列走行システム

UDトラックス:「風神雷神-ビジョン2030」物流業界の課題解決に貢献する取り組み

  UDトラックスは、自動運転など物流事業に貢献するための各種先進技術を展示パネルで紹介。同社が掲げる次世代技術ロードマップ「風神雷神-ビジョン2030」は、電子商取引の増大による小口配送の需要拡大、排ガス問題やドライバー不足の深刻化といった物流業界の課題解決に貢献するため、大型トラックの特定用途での自動運転や電動駆動における様々なソリューションを提供する2030年までの取り組みを示している。

  UDトラックスは政府が実施している高速道路でのトラック隊列走行プロジェクトに参画している。また、2018年12月には、限定領域(港湾内、工場構内など)を想定した大型トラックによるレベル4の自動運転デモンストレーションを公開した。

  Volvoグループ全体では、つながる車両が80万台におよぶとし、データを活用した自動運転技術やコネクティビティ技術の向上を図り、物流の効率化に貢献していく。

風神雷神-ビジョン2030 自動運転の取り組み コネクティビティ技術
次世代技術ロードマップ「風神雷神-ビジョン2030」 自動運転の取り組み コネクティビティ技術

 

いすゞ:「エルフ」の先進安全装備、商用車の運行管理サービス

  いすゞは「エルフ」のフロントガラス中央部にステレオカメラを設置し、人の眼と同じように左右2つのカメラで車両前方の障害物を検知するシステムを展示するとともに、荷台に展示パネルを設置して同社の先進安全装備を紹介していた。

  また、フリート運行管理サービス「MIMAMORI」(2004年~)と高度純正メンテナンスサービス「PREISM」(2015年~)を組み合わせた商用車の稼働をサポートする取り組みを紹介。ドライバーの運転操作やエンジンの稼働情報、走行状況などのデータを車両に装備されたセンサーやドライブレコーダーで検知・収集し、ISUZU MIMAMORIセンターに送信する。同センターでは複数の商用車から集められたデータを蓄積・解析して、運行管理者やいすゞの販売会社・サービス工場に必要な情報を送信することで、商用車の安全確保、運行管理を支援する。

ステレオカメラを装備 MIMAMORIとPREISM
「エルフ」のフロントガラス中央部にステレオカメラを装備 運行管理サービス「MIMAMORI」と高度純正整備「PREISM」
展示パネル:18型エルフ 先進安全装備の展開

 

日野:「デュトロ」の安全装備、HINO CONNECT

  日野自動車は小型トラック「デュトロ」を展示して、電子インナーミラーや画像センサー、ミリ波レーダー、ソナーセンサーなどの装備を紹介。また、前進誤発進抑制機能をはじめとする安全機能について展示パネルで説明していた。新しい安全装備はHINO CONNECTに対応しており、車両情報をサービスへ活用する事例(運行管理者が燃費情報のレポートを出力する、緊急時に車両の位置情報を確認する等)を紹介していた。

デュトロのセンサー装備 日野デュトロの安全装備
「デュトロ」のフロント部分にソナーセンサーやミリ波レーダーを装備 日野デュトロの安全装備、Hino Connectに対応

 

先進モビリティ・愛知製鋼:磁気マーカシステム、後続車無人隊列走行システム

  愛知製鋼は同社が出資している自動運転技術開発のベンチャー企業、先進モビリティ株式会社との共同出展により、磁気マーカシステムを出展していた。磁気マーカシステムは、車両底部に取り付けたMIセンサー(超高感度磁気センサー)モジュールが、道路に敷設した磁気マーカの微弱な磁力から自車位置を高精度に計測する自動運転支援システム。

  国家プロジェクトとして参画しているバスによる実証実験では、白線の見えない雪道やGPSの届かない林道でも磁気マーカシステムによって安全に自動運転を実現できる事例を紹介していた。

自動運転の実証実験 磁気マーカシステムのデモ機
磁気マーカシステムによる自動運転の実証実験 磁気マーカシステムのデモ機
【動画】磁気マーカシステム 製品画像:磁気マーカ(表面設置タイプ/埋設タイプ)
展示パネル:磁気マーカシステム

 

後続車無人隊列走行システム
後続車無人隊列走行システム

  また、先進モビリティが取り組んでいる後続車無人隊列走行システムの展示パネルがあり、1人の運転手が複数台の無人トラックを運行するシステム構成が紹介されていた。

  各トラックにはカメラやLiDAR、ミリ波レーダーなどのセンサー群とブレーキやステアリングなどの制御システムを装備、車車間通信によって、先頭車の運転支援や短車間距離(最長10m)の制御などを実現する。

 

WABCO:ADOPT (Automated Driving Open Platform Technology)

自動運転オープンプラットフォーム「ADOPT」
展示パネル:ADOPT開発のステップ

  商用車向けに安全システムおよび制御システムを提供しているWABCOは、自動運転オープンプラットフォーム「ADOPT」を紹介。自社のADASセンサー群とアクチュエーションシステム群を組み合わせる先進運転支援システムで、百度(Baidu)の自動運転オープンプラットフォーム「Apollo」と提携して、2019年より自動運転レベル4の開発や実証実験に適用、2021年には中国のトラック市場で実用化する計画。

  参照レポート:百度の自動運転オープンプラットフォーム「Apollo」 (2018年11月)

 



通信システム: 法人向け運行管理システム、V2Xソリューション

デンソー:フリートオペレーションサービス「mobi-Crews」

mobi-Crews
フリートオペレーションサービス「mobi-Crews」
展示パネル:フリートオペレーションサービス「mobi-Crews」

  デンソーはフリートオペレーションサービス「mobi-Crews」を紹介し、テレマティクス端末やドライブレコーダーなどmobi-Crews用の車載端末機器を展示していた。

  mobi-Crewsは営業車など社有車を保有する法人向けのクラウド型社有車管理システムとして、新たに開発した車載通信端末を車両に取り付け、リアルタイムに車両の情報を収集、提供することで、運行管理や安全運転を支援するサービス。「Basicプラン」「Safetyプラン」「Fullプラン」があり、すべてのプランで車両の予約管理、日報・月報の自動作成など運行業務の管理、ドライバー単位での運転評価やヒヤリマップ作成といった安全運転に役立つ基本サービスを提供する。「Safetyプラン」はドライブレコーダー、「Fullプラン」は通信型ドライブレコーダーを使用。動画送信やシーン別の運転分析など、よりきめ細かい個別の運転指導に役立つサービスも提供する。

  デンソーは2019年1月にmobi-Crewsを発表し、通信型ドライブレコーダー(DN-CDR)の先行販売を開始、4月からサービスの提供を開始している。

  参照レポート:自動運転時代に向けた技術・MaaSへの取り組み「映像情報活用の最前線、ドライブレコーダーの活用」(2019年6月) 

 

矢崎総業:通信システム、タクシークラウドシステム

  矢崎総業は、V2X通信に欠かせない複数のアンテナを統合した平面アンテナや、大容量のデータを車載機器に伝送する高速通信ケーブルなど、車内外をつなぐ通信システムを展示。自動運転やコネクテッドにより増大する情報を確実かつ効率的に伝送する通信を実現させるとともに、クルマへの組み付け性なども加味しているという。

  また、タクシーメーター業界初となるクラウドシステムを紹介。LTE通信により運賃データや日報データなどの情報をリアルタイムに取得、タクシー会社の運行管理やドライバーの労務管理を支援する。専用データ回線を使うことで、運賃改定などセキュリティ重視のデータベースと、リアルタイムの売上など拡張性重視のデータベースを使い分けることが可能。タクシー業界の労働環境に対応する法整備や業界再編の動きに適応するシステムとして提案している。同社は従来よりタクシーメーターを供給してきた実績があり、蓄積したデータベースの新たな活用法についても検討しているという。

通信システム タクシークラウドシステム
通信システム タクシークラウドシステム

 

Continental:ハイブリッドV2Xソリューション

  Continentalが出展したハイブリッドV2Xソリューションは、V2X通信をグローバルに適用する際のコストや煩雑性を軽減することができるとしている。V2X直接通信技術の導入状況は国によって異なり、すでに実証されている狭域通信(DSRC)を利用しようという地域もあれば、規格化が進むセルラーV2X(C-V2X)を利用しようとしている地域もある。ハイブリッドV2Xソリューションは同一のハードウェアとソフトウェアプラットフォームで両方の通信規格を満たすことができ、4G・5Gネットワークアクセス技術にも対応した統合システムとして紹介している。

Hybrid V2X セルラーV2Xの開発
Hybrid V2Xソリューション 5GAAの計画に基づくセルラーV2Xの開発

 参照レポート:日産、NTTドコモ、AT&Tの第5世代移動通信システム(5G)導入 「Edge Computingの重要性(V2Xへの導入ではDSRC方式が先行)」(2018年11月)

------------------
キーワード
人とくるまのテクノロジー展、JSAE、自動運転社会、コネクテッド、EV、モビリティ、5G、V2X、ダイナミックマップ、ITS、5GAA、商用車、運行管理、隊列走行、アンテナ、OBD、カメラ、レーダー、センサー、メーター、ドライブレコーダー、インフォテインメント、SBドライブ、NTTドコモ、KDDI、トヨタ、UDトラックス、いすゞ、エルフ、日野、デュトロ、愛知製鋼、WABCO、デンソー、矢崎総業、Continental

<自動車産業ポータル マークラインズ>