人とくるまのテクノロジー展2019:トヨタと日産の展示

トヨタは一連のCASE関連技術、日産はプロパイロット2.0、62kWhリチウムイオン電池など出展

2019/06/05

要約

  本レポートは、2019年5月にパシフィコ横浜で開催された自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 2019」における、トヨタと日産の出展について報告する。

TOYOTA CONCEPT-愛i
トヨタブースの中央に展示された「TOYOTA CONCEPT-愛i」

  トヨタは、自動運転やEV化を進めるとともに、「クルマが、どんな未来になっても愛のつくプロダクトであり続ける」ことを目指している。ブースの中央には、こうしたトヨタのコンセプトを端的に現す「TOYOTA CONCEPT-愛i」が展示されていた。

  CONCEPT-愛iを取り囲むように、トヨタが幅広く進めている電動化、コネクティッド、自動運転や安全など多くのCASE関連技術を部品やパネルで展示した。

  日産は、プロパイロット2.0、新型軽自動車デイズ、「VCターボ」エンジン及び容量62kWhの新開発リチウムイオン電池を出展した。日産は、今後「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」を軸に着実な成長を目指すとしており、その新商品、新技術の一端を紹介した。

関連レポート:

トヨタの自動運転:2つのアプローチ「ガーディアン」と「ショーファー」(2018年2月)
トヨタのモビリティ戦略:DCM標準搭載車の投入を開始 (2018年8月)
日産リーフ分解調査:リチウムイオンバッテリーパックの構造解説(2018年11月、日産の40kWhバッテリーの構造)
「革新的燃焼技術」の研究:どこまで革新進むか?内燃機関エンジン (2016年11月、日産の「VCターボ」エンジンについて)