中東欧の日系部品メーカー:欧州企業との取引拡大を目指して生産増強

EVシフトに対応した素材・部品の生産・開発体制構築も進む

2018/02/01

要約

 LMC Automotiveによると、2017年の西欧17カ国のライトビークル販売台数は前年比2.7%増の1,620万台と4年連続で拡大した。中東欧15カ国(トルコ、ロシアを含む)は8.4%増の422万台。このうちロシアは11.9%増の160万台弱へ回復している。

  欧州で新車販売台数の回復が見られる中、日系自動車部品メーカーは、欧州自動車メーカー・部品メーカーとの取引拡大を目指し、新工場の建設や生産能力の増強を進めている。河西工業とジーテクトはスロバキアに新工場を建設、Jaguar Land Rover (JLR)が同国で生産する新型車向けに部品を供給するほか、他の欧州メーカーからの受注獲得も目指す。

 また、欧州メーカーによる環境・燃費規制への対応やEVなど電動車への取り組みに伴う新たな需要に対応するため、関連部材や部品の生産体制構築を進める動きも目立つ。東レはハンガリーでリチウムイオン電池用のセパレーター工場新設を計画。ミネベアミツミはスロバキアで車載用モーターの新工場を設立するとともに、EVやADAS向けのエレクトロニクス関連製品や組み込みソフトの開発も行う。一方、欧州メーカーがディーゼル車からEVにシフトしていることなどから、住友化学はディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)事業から撤退するとし、ポーランド子会社の解散を発表している。

 

関連レポート:
西欧の日系部品メーカー:電動化、自動運転など新たな需要に対応 (2017年12月)
欧州市場:乗用車販売は1,500万台超、ディーゼル車は5割以下に減少 (2017年8月)

<日系部品メーカーの海外動向>
インド編 (2017年9月)
北米編 (2017年8月)
ASEAN編 (2017年8月)
メキシコ・ブラジル編 (2017年6月)
中国編 (2017年5月)
地図画像
中東欧の自動車工場マップ(クリックすると拠点マップが開きます)
ロシアの自動車工場マップ /  トルコの自動車工場マップ

 

中東欧

新工場建設 ・アドバネクス:チェコの精密ばね工場が稼働へ
河西工業:スロバキアにドア部品などの工場建設、設計開発体制も拡充
・JSR:ハンガリーの低燃費タイヤ向け高機能合成ゴム工場が稼動へ
ジーテクト:スロバキアにアルミ車体部品の工場建設
・セントラル硝子:チェコにリチウムイオン二次電池用電解液製造の会社設立
・椿本チエイン:チェコのタイミングチェーンの新工場が稼働
・東レ:ハンガリーでPPS樹脂コンパウンド拠点を新設
・東レ:ハンガリーでリチウムイオン電池の主要部材のセパレーター工場新設を計画
日本板硝子:ポーランドでガラス繊維コードの新工場稼働
・日本ペイント:チェコに自動車用塗料の子会社設立
・マブチモーター:ポーランドに電装用モーターの新会社設立
・ミネベアミツミ:スロバキアで車載用モーター工場稼働、研究開発体制も整備
矢崎総業:セルビアのワイヤーハーネス工場が稼働
生産能力増強 ケーヒン:チェコで空調用コンデンサーの生産能力増強
サンデンAS:ポーランドで大型トラック向けのエアコン用HVACユニットなどを新たに生産
タカタ:ハンガリーのエアバッグ工場を拡張へ
ニッパツ:ハンガリーで懸架ばね新工場を増設
・日本ガイシ:ポーランドで排ガス浄化部品とNOxセンサーの生産能力増強
ハイレックス:ハンガリーでウインドレギュレーターの生産能力拡充、開発プロジェクトも実施
ブリヂストン:ポーランドの2工場で乗用車とトラック・バス用タイヤ増産を段階的に実施
ユーシン:東欧拠点などでキーセットなどの生産設備一新へ
事業撤退 ・住友化学:ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)事業から撤退しポーランド子会社を解散

ロシア、トルコ

新工場建設 ブリヂストン:ロシアの乗用車用ラジアルタイヤ工場が本格稼働
生産能力増強 GSユアサ:トルコで新工場を増設、アイドリングストップ車向け鉛蓄電池生産へ
事業領域・売上拡大 クラリオン:ロシアで緊急通報システム用部品の売り上げ増を目指す
・日立ハイテクノロジーズ:ロシアの現地部品メーカーへの生産支援強化、製造委託も仲介


(対象時間は2017年3月からの約10カ月間)



中東欧:新工場の建設・稼働(河西工業、JSR、ジーテクト、セントラル硝子、東レ、日本板硝子、日本ペイントなど)

会社名 活動内容
アドバネクス チェコに深絞り工場建設、2018年秋頃の稼働予定
アドバネクスは、プラハ空港内の物流拠点CT Parkに深絞りを生産するAdvanex Czech Republic s.r.o.を2017年11月に設立。資本金は約8700万円。延べ床面積8500平方メートルの工場を建設し、最新設備を導入する。2018年秋頃に稼働予定で、当初はプローブ用と医療用の深絞りを生産。欧州では、競合他社の供給力が少ない超深絞りでの独占供給を目指す。2020年3月期以降は、引き合いが旺盛な自動車向けを本格生産する。2020年の売上高は3800万ユーロ以上を目指す。
河西工業 スロバキアにドア部品などの新工場建設、設計開発体制も拡充
河西工業は、スロバキアにドア部品などを生産するKASAI SLOVAKIA s.r.o.(Nitra県Levice市)を2017年8月に設立。資本金は13億円。新工場を建設し2019年春以降の稼働を目指す。年産能力は15万~20万台分程度を想定。投資額は約20億円。まず、KASAI  UKの顧客のJaguar Land Rover (JLR)がスロバキアで生産する新型SUV向けに設計を含めて受注したドアトリムのほか、ボディサイドトリム、トランクトリムを供給する。さらに現地での設計開発体制を拡充し、JLRが同国で立ち上げる複数車種での受注を狙う。取引のないVWやDaimlerなどの欧州メーカーからの受注獲得も目指す。
JSR ハンガリーの低燃費タイヤ向け高機能合成ゴム工場が2018年に稼動
JSRは、ハンガリーの総合エネルギー会社MOLとの合弁会社JSR MOL Synthetic Rubber Ltd. (Budapest市)で建設中の新工場が低燃費タイヤ向け高機能合成ゴム(S-SBR)を2018年から生産開始する。大手タイヤメーカーの西欧・東欧での需要増を見込む。2018年の年産能力は6万トン規模。合弁会社の資本金は1.7万ユーロ。出資比率はJSRが51%、MOLが49%。総投資額は百数十億円と見込まれる。2018年の海外拠点での年産能力はタイ工場との合計で16万トン、日本では6万トンを計画。
ジーテクト スロバキアにアルミ車体部品の工場建設、2019年に稼働予定
ジーテクトは2017年11月、スロバキアでアルミ車体部品を生産するG-TEKT Slovakia, s.r.o.(Nitra市)設立と新工場建設を発表。既取引先のJaguar Land Rover (JLR)がスロバキアに建設している完成車工場向けの新規受注に対応。新会社の資本金は2800万ユーロ(約37億円)。工場は、2019年6月に操業開始予定。総投資額は4200万ユーロ(約55億円)。JLR以外のメーカーへの拡販も計画。英国工場との2拠点体制で、軽量化ボディの供給体制を整え、欧州事業の安定的拡大を目指す。
セントラル硝子 チェコにリチウムイオン二次電池用電解液の製造販売子会社を2017年に設立
セントラル硝子は2017年11月、リチウムイオン二次電池用電解液を製造販売する子会社のCentral Glass Czech s.r.o.
(Praha市)を2017年3月に設立。資本金は約9000万円。欧州での自動車の電動化進展に伴う、リチウムイオン電池の需要拡大に対応する。工場の候補地、稼働時期は未定だが、年産能力は2万トンを目指す。新工場の稼働後は、日本、韓国、中国の各拠点と合わせた全社合計の年産能力が5万トン以上となる見通し。
椿本チエイン チェコのタイミングチェーン新工場が2017年12月に本格稼働
椿本チエインは、チェコのTsubaki Automotive Czech Republic(Kolin市)の新工場が竣工。2017年10月に開所式を実施。本格稼働は同年12月。工場の敷地面積は41000平方メートル、建築面積は5500平方メートル。エンジン用タイミングチェーンシステムと四輪駆動車用トランスファーケースチェーンの組立を行い、欧州自動車メーカー、一次部品メーカーに供給。英国に続く、欧州第2の生産拠点。
東レ ハンガリーでPPS樹脂コンパウンド拠点を新設、2018年に稼働
東レは2017年8月、米国子会社でラージトウ炭素繊維の世界最大の供給メーカーであるZoltek Companies, Inc.のハンガリー工場(Komárom-Esztergom県)内にPPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂コンパウンドの生産設備を新設すると発表。耐熱性、機械強度、難燃性、軽量化等の優れた特性から、電装部品やエンジン部品などへのPPS樹脂の需要が増加しているため、欧州で初の樹脂コンパウンド拠点を設置し、販売を強化する。年産能力は3000トンで、2018年3月からの稼働を目指す。

ハンガリーでリチウムイオン電池の主要部材のセパレーター工場新設を計画
東レは、ハンガリーのZoltek Companies, Inc.を最有力候補に、リチウムイオン電池の主要部材であるセパレーターやフィルムなどの工場新設を計画。欧州でEVなど電動車向け需要を取り込む計画。東レの世界全体でのセパレーター年産能力は2017年に6億5000万平方メートルだったが、2020年頃までに1200億~1300億円を投じて3倍に引き上げる計画。東欧での工場新設はその一環。
日本板硝子 ポーランドでガラス繊維コードの新工場建設、2017年に稼働
日本板硝子は、エンジンのタイミングベルトなどに使われるガラス繊維コード「グラスコード」の生産を強化する。その一環として、ポーランドのPilkington Automotive Poland Sp. z o.o.で新工場(Warsaw市郊外)を建設し、2017年5月に稼働。日本、中国、英国、カナダに続く世界で5カ所目の「グラスコード」の製造拠点。当面は、欧州のほか北米、南米の自動車関連メーカーに供給する。投資額は5億円前後。
日本ペイントホールディングス チェコに自動車用塗料の子会社を2017年に設立
日本ペイントホールディングスは2017年2月、グループ会社の日本ペイント・オートモーティブコーティングスが、チェコに自動車用塗料の製造・販売子会社Nippon Paint Automotive Coatings (Czech) s.r.o. (Kolín市)を設立したと発表。資本金は200万ユーロ(約2.4億円)。新工場をトヨタやPSAなどの現地工場がある工業団地に建設。完成は2018年10月、稼働は2019年1月の予定。年産1万トン規模から始め、順次増産を図る。欧州では、英国、トルコ、ドイツ、フランスに続く5拠点目。これにより、北欧、東欧などでの販路開拓を本格化させ、欧州市場でのプレゼンス向上を目指す。
マブチモーター ポーランドの電装用モーター工場の稼働を2019年第4四半期に予定
マブチモーターは、2017年1月にポーランドで電装用モーターを生産販売するMABUCHI MOTOR POLAND sp. z o.o.(Małopolskie県)を設立。稼働予定は2019年第4四半期。生産品目は、パワーシート、パワーウインドウ、電動パーキングブレーキ(EPB)用の中型電装用モーターを計画しているが、現時点では生産の順番を決めていない。2023年の年産能力は約1600万個を予定。総投資額は約3.6億ポーランドズロチ(約110億円)を見込む。
ミネベアミツミ スロバキアの車載用モーター新工場が2018年に稼働、研究開発体制も整備
ミネベアミツミは、スロバキアの車載用モーター工場(コシツェ市=Košice市)が、2018年2月に稼働予定。生産品目は、冷却装置やスピードメーターなどに使うモーターのほか、欧州メーカーからの引き合いが強いLEDバックライトのアッセンブリーも検討。稼働に合わせて同工場に研究機能も整える。2019年末までにエレクトロニクスやソフトウエア系のエンジニアを中心に100人強を採用。EVや先進運転支援システム(ADAS)などに求められるエレクトロニクス関連製品や組み込みソフトの開発を行う。ドイツに置く開発拠点とも連携し、体制を強化する。欧州第2の開発拠点と位置づける。
矢崎総業 セルビアのワイヤーハーネス工場が2017年7月に稼働
矢崎総業は、セルビアに設立したYazaki Serbia d.o.o.(シャバツ市=Šabac市)のワイヤーハーネス工場が2017年7月に稼働。資本金は約1.2億円。投資額は約30.6億円。従業員は約320人からスタートし、2019年末までに1700人に増やす計画。製品は、主に欧州のトラックメーカーに納入。今後さらに取引先を広げる計画。


中東欧:生産能力増強(ケーヒン、サンデンAS、ニッパツ、日本ガイシ、ブリヂストンなど)、事業撤退(住友化学)

会社名 活動内容
ケーヒン チェコの工場で空調用コンデンサーの生産能力増強、VW向けビジネスを拡大
ケーヒンは、チェコのKeihin Thermal Technology Czech, s.r.o.(Kladno郡Krocehlavy)の生産ラインを1本追加して3本とし、空調用コンデンサーの年産能力を200万台から2018年夏に285万台に増強する。VWからの受注増でフル稼働が続いており、今後も受注車種の増加が見込まれるため設備増強を決定。新ラインでは、重要工程の電熱炉で従来以上に温度設定の細密化が可能な新設備を導入し、さらなる品質向上を図る。投資額は非公表だが、数億円と見られる。
サンデンAS ポーランド工場でDAFトラック向けエアコン用HVACユニットやコントロールユニットを新たに生産
サンデン・オートモーティブクライメイトシステムは、Sanden Manufacturing Poland sp. z o.o.(Polkowice市)で、オランダのDAF Trucksの新型大型トラック向けエアコン用HVACユニットおよびコントロールユニットを2017年7月から生産開始。同製品は、Sanden International (Europe) Ltd. German Branch(Bad Nauheim市)の研究開発拠点が開発を担当。欧州で初めて開発から量産までの一貫体制を構築した。コンプレッサーの稼働を必要最小限に抑えて最適冷房温度制御を行い、暖房時もエンジン廃熱を効率的に活用するなど燃費改善につなげた。今後、他の欧州商用車メーカーにも拡販を図る。
住友化学 DPF事業から撤退し、ポーランドの子会社を解散、工場売却を検討
住友化学は2017年11月、ディーゼルエンジン車に装着するチタン酸アルミニウム製のすす除去フィルターのディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)事業から撤退し、ポーランド子会社のSumika Ceramics Poland Sp. z o.o.(Wrocław市)を解散すると発表。欧州市場でのディーゼル車需要の低迷や、欧州メーカーがディーゼル車からEVにシフトしていることなどから、中長期的にDPF事業で安定的な収益を確保するのが困難と判断。工場は同年10月末に停止し、売却を検討。
タカタ ハンガリーのエアバッグ工場拡張を目指す
タカタは、日本と米国で破産申請を行ったが、ハンガリー子会社のTakata Safety Systems Hungary Kft.(Miskolc市)の発表によると、同社工場でのエアバッグ生産は中断されず、さらなる能力拡大を目指しているという。従業員は現在1400人だが、工場拡張により200人を新たに雇用する見通し。投資額や完工時期は明らかでない。(2017年6月報道)
ニッパツ ハンガリーで懸架ばねの新工場を建設、2019年に稼働予定
ニッパツは、ハンガリーで2016年に稼働した子会社NHK Spring Hungary Kft.(Komárom-Esztergom県Tata市)で既存工場の隣接地に新工場を建設する。既存工場では、2020年度をめどにコイルばねの年産能力を350万本、スタビライザーを同120万本にする予定だったが、新工場建設により年産能力はコイルバネが650万本、スタビライザーが250万台に増加する。稼働は2019年11月の予定。投資額は約49億円。
日本ガイシ ポーランドで排ガス浄化部品とNOxセンサーの生産能力を増強
日本ガイシは2017年3月、ポーランドのNGK CERAMICS POLSKA Sp. z.o.o(Gliwice市)の排ガス浄化用セラミックスの生産能力を増強すると発表。2020年4月までに第1工場(Gliwice市)でガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)の年産能力を2016年比約3倍に、2017年2月に稼働した第2工場(ドンブロヴァ・グルニチャ市=Dąbrowa Górnicza市)では炭化ケイ素(SiC)製ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)の年産能力を同約30%引き上げる。投資額は第1工場が約70億円、第2工場が約220億円。
また、日本とポーランドで、窒素酸化物(NOx)濃度を測定する車載用の高精度NOxセンサーの年産能力を2017年の合計約1,800万本から2019年度に2,500万本に増強する。2ヵ国合計で約140億円を投じて設備を増設し、ポーランドのNGK CERAMICS POLSKA Sp. z.o.o第1工場が2019年10月に、日本の工場が2019年1月に生産開始する。
ハイレックス ハンガリー工場で新たなウインドレギュレーターの開発プロジェクトに取り組む
ハイレックスコーポレーションは、ハンガリーのHI-LEX HUNGARY Kft.(Nógrád県Retsag)の工場を2017年に拡張。新ラインを設けて、欧州メーカーから新規受注したウインドレギュレーターを生産。また、同工場で新しいウインドレギュレーターの開発プロジェクトに取り組む。総投資額3億6200万フォリント(130万ドル)。うち、1億5600万フォリントはEUの補助金で賄う。(2017年3月報道)
ブリヂストン ポーランドの2工場で2022年までにタイヤの増産を段階的に実施
ブリヂストンは2017年10月、ポーランドとスペインにある3つのタイヤ工場を増強すると発表。ベルギーの子会社Bridgestone Europe NV/SA(Brussels市)が総額約2億6600万ユーロ(約324億円)を投資して、3工場合わせて20%以上の生産能力増強を2022年までに段階的に実施する。ポーランドでは、乗用車用ラジアルタイヤを生産するポズナン工場(Poznań市)で、日産能力を現在の3.1万本から4万本に拡張。トラック・バス用タイヤを生産するスタルガルト工場(Stargard市)では、同4000本を5000本に引き上げる。
ユーシン 東欧拠点などでキーセットなどの生産設備を2021年までに一新へ
ユーシンは、仏Valeoから買収した世界8カ所のアクセスメカニズムの生産拠点を、2021年をめどに設備を入れ替えて一新させる。キーセットやドアハンドルなどの生産設備の老朽化が進み、高品質の製品作りが難しくなってきたためで、投資額は数十億円規模。対象国はドイツ、ハンガリー、フランス、スペイン、イタリア、スロバキア、ロシア、ブラジル。(2017 年5月報道)。


ロシア:新工場稼働(ブリヂストン)、事業・売上拡大(クラリオン、日立ハイテクノロジーズ)

会社名 活動内容
クラリオン 緊急通報システム用部品の売り上げ増を目指す
クラリオンは、Fordのロシアでの生産車に供給する車両緊急通報システム用テレマティクスコミュニケ―ションユニット(TCU)の2017年度の売上高を2016年度比3倍の9億円に引き上げる。TCUはFordがロシアで販売する全車種に搭載される。ロシア政府は、2017年1月以降に販売する新車に車両緊急通報システムの搭載を義務付けた。TCUの本体は日本で生産し、ブラケットを取り付ける最終組立を現地企業に委託。クラリオンは、ものづくりや品質向上を確実にするため委託先への技術指導を強化している。
日立ハイテクノロジーズ ロシアの現地部品メーカーへの生産支援ビジネス強化、製造委託も仲介
日立ハイテクノロジーズは、ロシアの現地部品メーカーの生産を支援するビジネスを本格化させる。現地法人のHitachi High-Technologies RUS LLC(Moscow市)が現地部品メーカーに対して生産技術、調達支援、経営管理などの知見を提供して育成。また、日系メーカーからの製造委託も仲介。これまで部品メーカーのアフトエレクトロニカ(AE)に協力してきたが、それ以外のメーカーとも交渉を進めている。ロシア現地法人の2016年の売上高は10億円未満だが、まず2~3倍に引き上げることを目指している。(2017年8月報道)
ブリヂストン ロシアの乗用車用ラジアルタイヤ工場が2017年に本格稼働
ブリヂストンは2017年6月、Bridgestone Tire Manufacturing C.I.S. LLC(ウリヤノフスク州=Ulyanovsk州)の乗用車用タイヤ工場の開所式を同年5月に実施し、本格稼働したと発表。人工知能(AI)を実装したタイヤ成形システムなど最新設備を導入した最新鋭工場。工場の敷地面積は81ヘクタール。ラジアルタイヤを生産し、日産能力はフル生産時で1.2万本。ロシア国内と周辺諸国で販売する。


トルコ:生産能力増強(GSユアサ)

会社名 活動内容
GSユアサ トルコで新工場を増設、アイドリングストップ車向け鉛蓄電池生産へ
GSユアサは、トルコの合弁会社Inci GS Yuasa Aku Sanayi ve Ticaret Anonim Sirketi(Manisa県)に、現地パートナーのInci Holding Anonim Sirketiと共に1億トルコリラ(約30億円)の増資を2017年4月に実施。各50%の出資比率は変わらず。増資により新工場を建設(2018年末頃の稼働予定)し、需要の急増が見込まれるアイドリングストップ車に適した鉛蓄電池を生産する。5年後には、自動車用鉛蓄電池の年産能力を2017年の400万個から600万個に増やす。未開拓地域の中近東・北アフリカ・CIS・欧州地域などへのGSユアサブランドの自動車用鉛蓄電池の販売を強化するため、合弁会社の駐在員事務所をUAE、ウクライナ、エジプトに順次開設する。

(参考資料:各社広報資料, 各紙報道)


------------------
キーワード
欧州、中東欧、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ポーランド、セルビア、ロシア、トルコ、日系、サプライヤー、部品メーカー

<自動車産業ポータル マークラインズ>