(株) ハイレックスコーポレーション

会社概要

■URL

http://www.hi-lex.co.jp

■本社所在地

〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町1-12-28

業容

-自動車用コントロールケーブル世界最大手。国内市場シェアは約60%。 (2016年3月現在、同社調べ)

-ウィンドレギュレーターについてはワイヤー式を供給。国内ワイヤー式市場 (全体の50%) の約半分を供給しているため、国内市場シェア約25%。 (2015年10月マークラインズ調べ)

-独立系サプライヤー。

資本構成

-東京証券取引所二部上場 (2016年10月31日現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
寺浦興産株式会社 20.31
ジェーピー モルガン チェース バンク 385094 6.24
公益財団法人寺浦奨学会 4.06
ビービーエイチ フオー フイデリテイ ロー プライスド ストツク フアンド 3.95
日本生命保険相互会社 3.29
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 3.22
西川ゴム工業株式会社 2.70
ジェーピー モルガン バンク ルクセンブルグ エスエイ 380578 2.32
本田技研工業株式会社 2.22
ステート ストリート バンク アンド トラストカンパニー 2.20
合計 50.56

主要製品

コントロールケーブル (Control cables)
一般 (PULL) ケーブル (General (Pull) cables)
プッシュ・プルケーブル (Push-pull cables)
乗用車用小曲げ高効率マニュアルトランスミッション用ケーブル (Automobile small-radius high-efficiency manual transmission cables)
シート用ケーブル (Seat cables)

システム製品 (System products)
ワイヤー式ウィンドレギュレーター (Window regulators)
スライドウインドシステム (Sliding window systems)
ドアモジュール (Door modules)
PSD (パワースライドドア) システム (PSD - Power Sliding Door systems)
スパイラックス直動システム (SPI-RAX direct systems)
直動式ウィンドオープナー (Direct window openers)
パワーリフトゲートシステム (Power lift gate systems)

沿革

1963年11月 東洋機械金属株式会社の宝塚索導管製作所 (現在の本社工場) および三田工場並びに附帯設備と、東京、名古屋および広島営業所を譲受し、コントロール・ケーブルの製造販売を目的として、資本金1億円をもって、兵庫県宝塚市に宝塚索導管株式会社を設立し、営業を開始。
1970年06月 柏原工場新設。新製品Hi-Lex (プッシュ・プル・ケーブル)の製造、販売開始。
1971年07月 商号を日本ケーブル・システム株式会社に変更。
1972年11月 大韓民国慶尚南道馬山市に韓国TSK株式会社を設立。
1974年05月 株式額面変更のため、宝塚ケーブル株式会社に吸収合併、商号を日本ケーブル・システム株式会社に変更。柏原工場土地取得のため、寺浦不動産株式会社を吸収合併。
1975年04月 米国ミシガン州バトルクリーク市にHi-Lex Corporationを設立。
1977年06月 資本金6億円に増資、大阪証券取引所市場第二部に上場。
1985年07月 宇都宮技術センター新設。
1989年02月 (株) 林スプリング製作所の株式を取得し、(株) 日本ケーブル・システム埼玉に社名変更。
1997年10月 (株) 日本ケーブル・シテスム埼玉の株式をすべて取得し100%出資子会社となる。
2001年02月 株式会社アルファの株式19%を取得し筆頭株主に。
2001年11月 重慶利徳控制拉索系統有限公司 [Chongqing TSK Control Cable System Inc.] (現 重慶海徳世拉索系統集団有限公司[Chongqing Hi-Lex Cable System Group Co. Ltd.]) が子会社 深セン利時徳拉索系統有限公司 [Shenzhen TSK Control Cable System Inc.]に出資。(63.0%出資子会社)
2002年02月 合弁会社 Machino TSK Nippon Cable Private Ltd. (現 Hi-Lex India Private Ltd.) の株式を追加取得。(100%出資子会社)
2002年02月 メキシコ・ケレタロ州・ケレタロ市に合弁会社 Alpha Hi-Lex S.A. de C.V. を設立。
2002年08月 重慶利時徳控制拉索系統有限公司 [Chongqing TSK Control Cable System Inc.] (現 重慶海徳世拉索系統集団有限公司[Chongqing Hi-Lex Cable System Group Co. Ltd.]) およびTSK of America Inc.が広州利時徳控制拉索有限公司 [Guangzhou TSK Control Cable Inc.]を設立。(各々70.0%、30.0%出資子会社)
2002年09月 重慶利時徳控制拉索系統有限公司 [Chongqing TSK Control Cable System Inc.]が子会社重慶利時徳汽車部件有限公司[Chongqing TSK Automotive Inc.] (現 重慶海徳世控制拉索系統有限公司 [Chongqing Hi-Lex Control Cable System Co. Ltd.]) を設立。(100.0%出資子会社)
2003年01月 中国山東省煙台市 (Yantai, Shandong, China) に煙台利時徳拉索系統有限公司 [Yantai TSK Cable System Inc.]を設立。(100.0%出資子会社)
2003年07月 韓国仁川広域市 (Inchon, Korea) に大同ハイレックス [Daedong Hi-Lex Inc.]を設立。(62.8%出資子会社)
2005年06月 Thai Steel Cable Public Company Limitedがタイ証券取引所に上場。
2006年05月 商号を株式会社ハイレックスコーポレーションへ変更。
2006年07月 ハンガリー ブダペスト市にHi-Lex Hungary Cable System Manufacturing LLCを設立。(100.0%出資子会社)
中国江蘇省塩城市 (Yancheng) に子会社大同ハイレックス株式会社が江蘇大同海瑞克斯車門系統有限公司 [Jiangsu Daedong Hi-Lex Ltd.] (現 江蘇大同海徳世車門系統有限公司)を設立。(100.0%出資子会社)
2007年12月 中国広東省増城市に、子会社重慶利時徳控制拉索系統有限公司 [Chongqing TSK Cable Ltd.] (現 重慶海徳世拉索系統集団有限公司[Chongqing Hi-Lex Cable System Group Co. Ltd.]) 並びに子会社TSK of America Inc.が広州海勒徳世拉索系統有限公司 [Guangzhou Hi-Lex Cable System Co.,Ltd.] (現 広東海徳世拉索系統有限公司 [Guangdong Hi-Lex Cable System Co. Ltd.])を設立。(各々70.0%、30.0%出資子会社)
中国吉林省長春市に子会社重慶利時徳控制拉索系統有限公司 [Chongqing TSK Cable Ltd.] (現 重慶海徳世拉索系統集団有限公司[Chongqing Hi-Lex Cable System Group Co. Ltd.]) の100.0%出資子会社として長春利時徳汽車拉索有限公司を設立。
2008年07月 米国アラバマ州チャンバース郡カセッタ市に子会社Hi-Lex Controls Inc.および子会社大同ハイレックス株式会社がDaedong Hi-Lex of America, Inc.を設立。(各々49.0%および51.0%出資子会社)
2010年03月 メキシコケレタロ州ケレタロ市に子会社HI-LEX Controls Inc.がHI-LEX Controls De Mexico S. DE R.L. DE C.V.を設立 (100%出資子会社)
2012年12月 ロシア サマラ州トリヤッティ市に子会社HI-LEX RUS LLCを設立。
2013年03月 ドイツ バイエルン州シュヴァインフルト市に子会社HI-LEX Europe GmbHを設立。
2013年07月 東京証券取引所第二部に上場。
2014年03月 韓国の (株) リーハンドア (現 大同ドア (株)) の株式を取得し、連結子会社化。
2014年05月 インドネシア西ジャワ州にPT. HI-LEX Cirebonを設立。
2014年07月 中国浙江省に杭州海徳世拉索系統有限公司 [Hangzhou HI-LEX Cable Systems Co., Ltd.] を設立。
2016年05月 スペイン・バルセロナ市のCSA Windows Regulator Barcelona S.L.(現 HI-LEX Auto Parts Spain S.L.)を子会社化。
2016年10月 イタリア・リグーリア州キアヴァリのLames S.P.A.(現 HI-LEX Italy S.P.A.)の株式を取得し、子会社化。

補足 1