C-Class (Mercedes-Benz)

 ニュース
2024年02月19日(月)

・米国の複数メディアは2月15日、メルセデス・ベンツが2024年に米国に25種類の新型および改良型車を投入すると報じた。これには新型「Eクラス(E-Class)」や改良型「CLE」のクーペやコンバーチブルバージョンなどのエントリーモデルと中型セグメントのモデルが含まれる。

・同社は米国での販売戦略を調整しており、新型コロナウイルス感染拡大後の数年間に利益をもたらしたが、高金利の影響を受けた「Sクラス(S-Class)」、「Gクラス(G-Class)」、AMGなどのトップエンドモデルから、より手頃な価格の「Eクラス(E-Class)」と「Cクラス(C-Class)」のセダンやクロスオーバーに軸足を移し、今年の成長を加速させるとしている。

・メルセデス・ベンツはディーラーに対し、EV需要の伸びが鈍化していることから、2024年には内燃エンジン車とハイブリッド車の供給を強化し、秋口までには「Sクラス」、「GLE」のプラグインハイブリッド車や「GLC」の電動化モデルのラインアップを拡大すると説明した。

・メルセデス・ベンツは2024年、米国での販売台数の増加が2桁増となり30万台を超えると予想している。メルセデス・ベンツの幹部は「昨年は収益性に、今年は売上の伸びについて注力している」と述べた。

(multiple sources on February 15, 2024)

2023年07月12日(水)

・メルセデス・ベンツは7月10日、欧州においてSAEレベル2運転支援システムの強化機能として、Automatic Lane Change機能を提供すると発表した。新型「Eクラス(E-Class)」と同時に導入される予定で、現在、欧州の交通状況に適合中だという。この機能は、車線表示と車線分離のある高速道路のような道路上で作動する。 
・米国とカナダでは「Cクラス(C-Class)」、「Eクラス」、「Sクラス(S-Class)」、および「EQ」シリーズに、すでにこの機能が搭載されている。「Active Distance Assist Distronic with Active Steering Assist」に統合されており、車線変更のほか、高速道路の出口や乗り換えのナビゲーションもサポートする。 
・メルセデス・ベンツは、SAEレベル2の部分自動運転に「Active Distance Assist Distronic with Active Steering Assist」を採用している。このシステムは、最高210km/hまでの速度におけるステアリング操作をアシストし、あらゆる道路タイプで作動させることができる。 
Based on Mercedes-Benz press release

2023年07月07日(金)

・メルセデス・ベンツは7月6日、ミッドサイズクーペの新型「CLEクーペ(CLE Coupe)」を発表した。「Cクラス クーペ (C-Class Coupe)」と「Eクラス クーペ」の後継車となり、欧州では11月に発売予定となっている。また、2024年には「CLE カブリオレ(Cabriolet)」が追加される。
・車体サイズは、全長4,850mm、全幅1,860mm、全高1,428mm、ホイールベース2,865mmで、トランク容量は420Lとなる。ミッドサイズセグメントとしては最も大型のクーペで、「Cクラス クーペ」と比較するとホイールベースが25mm、全長が164mm長くなった。
・パワートレインは、欧州では当初ガソリンエンジン3種類とディーゼルエンジン1種類が用意され、いずれもマイルドハイブリッド(MHV)となる。将来はプラグインハイブリッド(PHV)バージョンも追加される。エンジンはターボチャージャーと第2世代のスタータージェネレーター(ISG)を採用した48V MHVで9G-TRONICトランスミッションを組み合わせる。ISGは出力23hp、トルク200Nmを追加する。
・CLE 200とCLE 200 4MATICは4気筒ガソリンエンジン(M 254)を搭載し、最高出力150kW、最大トルク320Nmとなる。CLE 300 4MATICは最高出力190kW、最大トルク400Nmとなる。CLE 450 4MATICは最もパワフルな3.0L直列6気筒エンジン(M 256 M)を搭載し、最高出力280kW、最大トルク500Nmとなる。4気筒ディーゼルエンジン(OM 654 M)を搭載するCLE 220 dは、最高出力145kW、最大トルク440Nmとなる。CLE 450 4MATICでの0-100km/h加速時間は4.4秒、最高速度は250km/hとなる。
・内装は12.3インチのデジタルインストルメントパネルと11.9インチの中央タッチスクリーンを搭載する。最新のエレクトロニクス構造と第3世代のMBUXインフォテインメントシステムを備える。AMGグレードはリサイクル素材を利用したシートを採用している。
・先進運転支援システム(ADAS)としては、疲労や注意力の低下を検知するアテンションアシスト、アクティブブレーキアシスト、アクティブ車線維持アシスト、速度制限アシスト、リアビューカメラ付き駐車パッケージを標準装備する。また、後続車から追突される危険がある場合に後方ハザードランプを点灯させるPRE-SAFE PLUSも用意される。

※画像をクリックすると拡大します
Based on Mercedes-Benz press release