インドの日系部品メーカー:日系自動車メーカーの生産増強・新興国モデル投入に対応

愛三工業、カルソニックカンセイ、ケーヒン、小糸製作所、デンソー、豊田自動織機、ニッパツなどの動向

2013/08/21

要 約

日系自動車メーカーの主なインド拠点
日系自動車メーカーの主なインド拠点

 インドの2012年の自動車生産台数は414万台(前年比5.3%増)、新車販売台数は359万台(同8.9%増)と2011年に続き1ケタの低成長となった。2013年1~7月は、高金利や燃料高の継続により、各月の新車販売台数は前年同月比6~15%縮小したため、稼働率が低下する日系部品メーカーもみられる。とはいえ、自動車メーカー各社の中期的な増産計画などを受けて、日系部品メーカーの新規進出、生産能力拡充などの投資は続いている。

 投資地域は、Haryana州、Rajasthan州、Uttar Pradesh州などのインド北部、Tamil Nadu州、Karnataka州、Andhra Pradesh州などの南部、西部のMaharashtra州に広がっている。

 新規工場建設では、ルノー・日産の新興国向けの低価格新型車投入への対応(河西工業ニッパツなど)、ホンダの乗用車第2工場稼働への対応(テイ・エステック)、インド国内および輸出向けの大型トラック用部品生産(TBK)、タイヤ原料量産(丸紅)などがみられる。販売会社設立(住友ゴムクラリオン)では、拡大が見込まれるアフターマーケット向けもターゲットにしている。

 生産能力増強では、他地域の取引先への納入(愛三工業小糸製作所の南部での第2工場など)、事業領域の拡大・新品目の追加(デンソーエクセディ豊田自動織機など)、鋼管の一貫製造体制(新日鉄住金)、CNG用インジェクター生産のインドへ全面移管(ケーヒン)、インド地場企業との提携による顧客拡大(日立金属)などがみられる。R&Dにおいても、インド地場企業との提携によるエンジニアリング・センター設立(カルソニックカンセイ)が行われている。

 なお、低価格指向のインド市場では利益確保が難しいとの理由で、工場進出や製品輸出を見送るケース(曙ブレーキ)もみられる。

 以下は、インドにおける日系部品メーカーの最近動向である(収録対象は、2013年8月初までの9カ月間)。


日系部品メーカー動向関連レポート:

  中国 (華北/東北/西南地域) 編 (2013年8月)中国 (華南/華中地域) 編 (2013年7月)中国 (華東地域) 編 (2013年6月)
  米国編 (2013年7月)メキシコ・ブラジル編 (2013年5月)タイ編 (2013年3月)ASEAN編 (2013 年2月)
  欧州編 (2012年12月)



生産拠点・販売拠点の構築:河西工業、鬼怒川ゴム、テイ・エステック、ティラド、ニッパツ、山下ゴム、住友ゴム、クラリオン

アイシン高丘:初の工場を2014年に稼働計画

 アイシン高丘は、2014年中にもインドで初の工場を建設し、ブレーキディスクローターなどの制動系部品やディファレンシャルケースなどの駆動系部品の機械加工を行う計画。工場には、鋳造から機械加工の一貫生産体制を整え、生産能力が従来設備の4分の1程度の年産約700トンのコンパクト鋳造ラインを採用して稼働率を高める。立ち上がりの工期も半年程度に短縮する。投資額は、従来設備(25億~30億円)の4分の1程度。建設地はKarnataka州Bangalore市で、豊田通商の工場敷地の一部を借りるとの報道もある。

曙ブレーキ:当面、インド進出見送りを決定

 曙ブレーキ工業は、検討を進めてきたインド進出を当面見送ることを決定。成長が見込まれる市場だが低価格志向が強く、主力の自動車用ブレーキで利益を確保するのが難しいと判断。タイやインドネシアの生産拠点からのインドへの輸出も同様の理由で当面行わない方針。北米やアジア事業の強化を急ぐ。(2013年5月17日報道)

オイレス工業: 軸受の生産拠点を新設、2013年4月に操業開始

 オイレス工業は、2013年中にインド、中国など海外4カ国で自動車用軸受を増産する計画。4カ国合計の設備投資額は2012-13年度で約30億円を見込む。インドでは2012年10月にOILES INDIA PRIVATE LIMITED(Haryana州Gurgaon市)の工場を竣工し、2013年4月に操業開始した。すべり軸受の一種のオイレスベアリングなどを生産。

河西工業:内装部品の合弁会社の開所式を2013年2月に実施

 河西工業は、2012年2月にスペインの自動車部品大手GRUPO ANTOLIN-IRAUSA, S.A.と、インドでの合弁会社ANTOLIN KASAI TEK CHENNAI PRIVATE LIMITED(Tamil Nadu州Chennai市。資本金約12億円で折半出資)を設立。開所式を2013年2月に実施し、新工場が稼働した。主にルノー日産向けにドアトリムなどの内装部品を製造・販売。2014年度の売上高は約11.3億円を計画。

鬼怒川ゴム:自動車用車体シール、ホース製造のインド子会社設立

 鬼怒川ゴムは、2012年12月にKinugawa Rubber India Private Limited(Tamil Nadu州)を設立。工場は2013年7月に操業し、車体シールおよびホースを製造する。まず、日産の「ダットサン」(2014年発売)向けに供給し、2015年度には10億円以上の売上げを目指す。提携先の韓国の和承R&A社のインド子会社HWASEUNG HSI AUTOMOTIVE(Tamil Nadu州)にホース部品の生産を委託するなど、2013年度には現地調達先の開拓を進める。

クラリオン:カ-オーディオ、カーナビなどの現地販売会社設立

 クラリオンは、2013年4月に販売会社Clarion India Private Limited(New Delhi市)を設立し、事業を開始した。資本金は6億円。タイ子会社から輸入するカーオーディオ、カーナビなどのクラリオン製品の販売・サービスや自動車メーカーへの技術サポート、マーケティングなどの事業を行い、OEM商品のほか市販市場を開拓する。初年度の売上高は10億円を見込む。将来的には現地生産も視野に入れている。

ジヤトコ:インドがCVT生産拠点候補の一つに

 ジヤトコは、2019年3月期の海外生産比率を72%とする目標を掲げ、中国、メキシコでの生産能力増強やタイでの工場建設を進めている。新たなCVTの生産候補地としてブラジル、インド、インドネシア、ロシアなどでの検討も進めている。2013年中に生産国を決定し、2019年3月期までに生産開始する計画。

住友ゴム:インドでタイヤ販売会社設立

 住友ゴム工業は2012年8月、グローバル展開の一環としてインド市場での市販用タイヤの販売強化を図るため、現地販売会社Falken Tyre India Private Limited(Haryana州Gurgaon市:New Delhi南西部に隣接)を設立し、2013年4月から営業開始すると発表。また、世界でのタイヤ生産能力を2020年には2012年比7割の増強を計画しており、インドへの工場進出も検討。

第一工業:締結部品生産の新会社設立

 第一工業は、2012年11月に輸送機器用締結部品製造のDaiichi Kogyo Co., Ltd. -India Plant(Rajasthan州)を設立し、2013年6月に工場を稼働。投資額は約15億円。マルチ・スズキの四輪車向けにホイールナットなどの締結部品を供給。工場は、材料投入から成形後の熱処理まで一貫生産する日本と同様の体制を築いた。受注が増えれば第2工場の建設も視野に入れ、日系を中心に多様なメーカーからの受注を目指す。将来は、足回りやエンジン周辺の部品の生産も広げたい意向。

テイ・エステック:シート等の新工場建設を決定、2014年2月からホンダ第2工場に納入

 テイ・エステックは2013年8月、2008年の世界金融危機の影響で建設を延期していたTS TECH SUN RAJASTHAN PVT.LTD(Rajasthan州)での自動車用シートやドアトリム製造の新工場建設を再開すると発表。ホンダが同州にある四輪車第2工場(年産能力12万台)を2014年中に稼働させるため、建設再開を決定したもの。2014年2月に稼働させる計画。

TBK:商用車向け部品の新工場が2012年9月に生産開始

 TBKは、主力の商用車向け部品の海外需要拡大に対応し、アジアでの生産能力の増強を図る。2012年9月に開所したTBK India Private Ltd.(Maharashtra州)の新工場で、大型トラック用ウォーターポンプやオイルポンプを早期に供給開始し、インド国内のほか欧州での大型トラックメーカー向けの拡販を計画。売上高は2012年度に5億円、2015年度に30億円を目指している。このほか、2012年度中にタイ、中国の拠点に生産能力増強のためにそれぞれ8億円を投じる。

ティラド:インドでEGR(排出ガス再循環)クーラー生産へ

 ティラドは、2017年度にEGR(排出ガス再循環)クーラーのグローバル生産能力を2013年度の1.8倍に引き上げる。日本、北米、欧州、タイでの生産能力を1.5倍から2倍以上に引き上げるほか、2016年度にインドで、2017年度には中国でも生産を開始する計画。

丸紅:タイヤ原料の量産を2013年6月から開始

 丸紅は、合弁会社のIndian Synthetic Rubber Limited(Haryana州)でタイヤ原料のスチレンブタジエンゴム(SBR)の量産を2013年6月に開始。2014年には年12万トンのフル生産体制にする計画。インドではタイヤ生産拡大に伴い、SBRの輸入量が急拡大している。しかし、SBR調達に時間がかかるため多くの在庫を持つ必要があるなど課題があり、タイヤメーカーは現地調達体制の構築を急いでおり、こうした動きに対応したもの。合弁会社の出資比率は、国営インド石油が50%、台湾の合成ゴム大手TSRCが30%、丸紅が20%。

山下ゴム:防振ゴムの新工場が2013年5月に稼働

 山下ゴムは、Y-TEC INDIA PVT. LTD.(Rajasthan州)の工場建屋が2013年3月に完成。設備導入を進めて同年5月に自動車向け防振ゴム製品の生産を開始した。主に、ホンダの現地工場、マルチ・スズキなどの日系メーカーに出荷。

 

 



生産能力の増強と生産品目拡大:愛三工業、ケーヒン、小糸製作所、三桜工業、デンソー、豊田自動織機

愛三工業:エンジン機能部品の第2工場が2014年に稼働

 愛三工業は、南部Tamil Nadu州Chennai市にインドでの第2工場を建設中。主力の燃料ポンプモジュールやスロットルボディを生産するもので、2014年に稼働させる計画。稼働当初の年産能力はおのおの約10万個を想定。エンジン工場の増強を図っているトヨタ自動車など現地の日系メーカー向けに供給するもの。

エイチワン:金型のトライプレス(試験打ち)専用機を導入し、金型生産能力を5割高める

 エイチワンは、2013年中にH‐ONE India PVT.,Ltd.( Uttar Pradesh州)の工場を拡張し、金型のトライプレス専用機を導入する。これまでは量産用のプレス機を使って試験打ちを行っていたが、専用機を導入することで金型の年産能力を80型から120型に増やし、ホンダでの車体骨格部品需要の増加に対応する。プレス機はインドメーカーのISGEC製で、現地製は初めての採用。日本メーカーでは納期が間に合わず、価格もインド製の方が安いため。

エクセディ:3個所目の工場建設、二輪車用と四輪MT車用クラッチ生産

 エクセディは、EXEDY Clutch India Private Limited(Karnataka州Bangalore市)の3つ目の工場を2012年度に建設し、生産ラインを設置した。総投資額は約100億円。当初は二輪用クラッチを生産・販売。2014年1月から四輪MT車用クラッチ用の摩擦材を生産し、ほぼ同時期に四輪MT車用クラッチの生産・販売を開始する計画。

ケーヒン:インド工場にCNG車用インジェクター生産を全面移管し、生産能力も100万本に増強へ

 ケーヒンは、車載用空調部品を生産するKeihin Panalfa Pvt. Ltd.(Uttar Pradesh州)で2012年7月から天然ガス(CNG)車用新型インジェクターを年産10万台規模の車両向けに生産開始。マルチ・スズキの「マルチ800」CNG車に供給。2013年夏には、日本から最新型の生産設備を移設して同製品の生産を全面的にインドに移管する。最大顧客の近くで効率的に生産し、製造コストを下げる。また、ホンダが北米などで販売するCNG車向けインジェクターもインドからの輸出に切り替える。2011年には独ダイムラーからCNG車用を受注しており、2012年には米GMからCNG自動車用のガスインジェクターを初受注したため、これら全てをインドから供給する。将来的には、少なくとも年間100万本の生産体制を整える。

小糸製作所:南部チェンナイの第二工場が2013年3月に稼働、ヘッドランプ受注増に対応

 小糸製作所は、INDIA JAPAN LIGHTING PRIVATE LIMITEDのChennai工場 (Tamil Nadu州)の敷地内に第2工場を新築し、2013年3月から生産開始した。インド南部の日系自動車メーカーの生産拡大に対応するもので、ヘッドランプの受注増分を生産。第1工場ではヘッドランプのほか、受注増のリアコンビネーションランプを生産し、両工場合計の生産能力は5割増の年150万台程度になった。投資額は約10億円。

三桜工業:インドに2016年3月期までに2工場増設

 三桜工業は、中期経営計画(2014年3月期~16年3月期)に車用配管部品の新工場を中国やインド、ロシア、メキシコなど新興国6カ国を中心に10カ所に建設する。総投資額は約100億円で、年産10万-20万台分の工場を建設し、配管部品の曲げ加工や組み立てを行う。インドでは2工場を増設する。主要顧客の日産などの車メーカーに納める。2016年3月期には、連結売上高で13年3月期実績比30%増の1200億円を目指す。

ジーテクト:インド工場からタイ向けに骨格部品を輸出へ

 ジーテクトは、2013年秋までにG-TEKT India Private Ltd.(Rajasthan州)からタイに骨格部品の輸出を開始する。ジーテクトはタイ南部に第2工場を建設中で2014年からの稼働を予定しているが、タイでの日本車生産の急増に、現状の生産能力では追いつかないため、プレス機の稼働率が低下しているインドの工場で生産を補完し、生産能力を有効活用するもの。緊急対応として1、2年程度は続ける方針。

ショーワ:北部以外に新工場建設を検討

 ショーワは、北部Haryana州に生産会社2社をもち、合計4工場で二輪・四輪車用のショックアブソーバー、電動パワーステアリングを生産している。今後、南部や西部での二輪・四輪車の生産拡大による部品需要の増加を見込み、新たな工場建設場所を検討している。

新日鉄住金:鋼管の一貫製造体制を完了、2013年6月から量産開始

 新日鉄住金は、子会社のNippon Steel Pipe India Private Limited (Rajasthan州)が自動車用鋼管の造管から伸管・熱処理・加工に至る一貫製造体制の構築を2013年1月に完了し、顧客からの材料承認の取得を進め、同年6月から本格生産を開始した。生産能力は月約2000トン。日系を中心とする自動車メーカー、部品メーカーに供給。

ソミック石川:南部・北部の2工場でボールジョイントの生産能力増強

 ソミック石川は、独ZFとの折半出資の合弁会社Somic ZF Components Ltd.(Haryana州)でボールジョイントの生産能力を増強する。2013年中に南部Tamil Nadu州Chennaiの工場では、設備を増設して3~4割生産能力を増強する。2014年に北部Haryana州Gurgaonで、隣接地に新たに工場用地を取得して工場建屋を増設、生産能力を1~2割増強する。いずれも取引先の自動車メーカーの生産台数拡大に対応するもの。

デンソー:メーター事業拡大のためインド部品メーカーへ出資

 デンソーは、メーター事業を拡大するため、2013年4月にインドの大手自動車部品メーカーPricol Limitedの子会社で乗用車用メーターの設計、製造、販売を行うPricol Components Limited(Tamil Nadu州)に51%出資し、連結子会社とした。出資額は約10億円。出資と同時にデンソーが保有していたPricol Limitedの株式は全株を売却した。出資した会社はインド南部(Tamil Nadu州)と北部(Haryana州)に工場をもち、デンソーのメーター事業は、両地域をカバーする供給体制に拡大。今後、DENSO Pricol India Limitedへ社名変更する。

豊田自動織機: トヨタ向けのデーゼルエンジン生産を2016年に開始

 豊田自動織機は、2016年4月からKirloskar Toyota Textile Machinery Pvt. Ltd.(Karnataka州Bangalore市)でディーゼルエンジンの生産を開始する。既存工場の敷地内に建屋と年10.8万基を生産する組み付けラインや機械加工設備を設ける。トヨタの新興国向戦略車「IMV」向けで、エンジン排気量は2500~3000cc程度となる見込み。投資額は150億円。

ニッパツ:シート生産の合弁会社設立、2013年12月から工場稼働

 ニッパツは、2013年2月にインドで初のシート製造の合弁会社NHK F. Krishna India Automotive Seating Private Limited.(Tamil Nadu州Chennai市)を設立。資本金3.78億円、出資比率はニッパツ51%、クリシュナ30%、フォルシア19%。2013年12月に生産を開始し、ルノー・日産連合の現地工場に低価格車向けシートを納入する。2015年度に売上高12.3億ルピーを目指す。

日本ピストンリング: バルブシートの新製造会社が稼働

 日本ピストンリングは、2013年7月にNPR Manufacturing India Private Limited(Tamil Nadu州Chennai市、資本金約11億円)の工場が稼働開始。総投資額は約18億円。エンジンの基幹部品である焼結製バルブシートを生産。数量は2015年に月産約300万個を計画。

パイオラックス:インドでファスナーの材料となる樹脂を現地調達へ、ファスナーの納入先も増加

 パイオラックスは、2012年9月に操業開始したPIOLAX INDIA PRIVATE LIMITED(Andhra Pradesh州)の新工場で日産、ホンダ、スズキ向けに樹脂ファスナーを納入しているが、2013年に現代自動車から新たにインドの工場向けに開閉機構部品を受注したため、納入により稼働率を高める。
 また、インドではファスナーの材料となる樹脂を2013年から新たに現地調達し、廉価材を使うことで原材料コストを引き下げる。併せて、日本にもインド製樹脂を輸入し、日本製に比べコストを4割から5割引き下げる。日本では、原材料の海外調達率を1桁台から2割に引き上げる目標を掲げている。

日立金属:インドの地場企業2社と技術・販売提携し、サスペンション部品の事業基盤構築

 日立金属とそのグループ会社のNam Yang Metals Co., Ltd. (南陽金属)は2013年2月、インドVIKASグループのRPS VIKAS Castings Pvt. Ltd.(New Delhi市)およびGarima Vikas Metals Pvt. Ltd.(Rajasthan州) と自動車用鋳物について技術・販売提携したことを発表。インド系に加えて日・米・欧系自動車メーカーに顧客基盤を持つインドの2社との提携で委託生産・販売の足場を築き、インド市場への展開を加速させる。同年2月からVIKASグループへの技術支援を開始し、高度な技術が要求されるサスペンション部品の生産委託体制の構築を図っている。インドでのサスペンション部品の販売目標は、2016年度に20億円。

ブリヂストン: 2番目のタイヤ生産拠点が2013年1月に稼働

 ブリヂストンは、2013年1月にBridgestone India Private Ltd.(Maharashtra州)のプネ工場が完成し、乗用車用ラジアルタイヤ(PSR)の生産を開始した。同年10月にはトラック・バス用ラジアルタイヤ(TBR)の生産も開始する。生産能力はPSRが2014年末に日産約10,000本、TBRが2017年下期に日産約3,000本とする計画。第1拠点のインドール工場(Madhya Pradesh州)に続く第2拠点で、投資金額は約500億円。

古河電工:ステアリングロールコネクターを2013年末から生産開始

 古河電気工業は、ワイヤーハーネス、電装品を生産しているMinda Furukawa Electric Private Limited(Haryana州)の工場で、2013年末からエアバッグ部品のステアリングロールコネクター(SRC)の生産を開始する。インドでは2014年度までに新車へのエアバッグ搭載を100%に引き上げる動きがあるため、現地生産を決定した。生産能力は年60万個からスタートし、順次生産能力の拡大と構成部品の現地での内製化を進める。

矢崎総業: 合弁を完全子会社化

 矢崎総業は2012年11月、ワイヤーハーネス製造・販売会社Tata Yazaki AutoComp Limited (Maharashtra州)を完全子会社化すると発表。2013年に合弁相手のTata AutoComp Systems Limitedが保有する株式を全株買取り、新社名をYazaki India Limitedに変更した。新たな体制を構築して製造・販売を拡充する。

 

 



インドでの開発体制の新設・強化: カルソニックカンセイ

カルソニックカンセイ:現地会社と提携し、エンジニアリング・センター設立

 カルソニックカンセイは2013年3月、インドのLarsen & Toubro's Integrated Engineering Services社と自動車用熱交換機などの開発業務で提携し、Calsonic Kansei Engineering Center India-L&T (Tamil Nadu州Chennai市)を設立したと発表。同センターには、地域に合わせて製品の仕様などを変更する業務などを委託し、設計や分析、サプライヤーの現地化を進める。また、今後5年間でグローバル・エンジニアリング・センターとして拡張していく。

資料:各社広報資料, 各紙報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>