中東欧の日系部品メーカー:欧州企業との取引拡大を目指して生産増強

EVシフトに対応した素材・部品の生産・開発体制構築も進む

2018/02/01

要約

 LMC Automotiveによると、2017年の西欧17カ国のライトビークル販売台数は前年比2.7%増の1,620万台と4年連続で拡大した。中東欧15カ国(トルコ、ロシアを含む)は8.4%増の422万台。このうちロシアは11.9%増の160万台弱へ回復している。

  欧州で新車販売台数の回復が見られる中、日系自動車部品メーカーは、欧州自動車メーカー・部品メーカーとの取引拡大を目指し、新工場の建設や生産能力の増強を進めている。河西工業とジーテクトはスロバキアに新工場を建設、Jaguar Land Rover (JLR)が同国で生産する新型車向けに部品を供給するほか、他の欧州メーカーからの受注獲得も目指す。

 また、欧州メーカーによる環境・燃費規制への対応やEVなど電動車への取り組みに伴う新たな需要に対応するため、関連部材や部品の生産体制構築を進める動きも目立つ。東レはハンガリーでリチウムイオン電池用のセパレーター工場新設を計画。ミネベアミツミはスロバキアで車載用モーターの新工場を設立するとともに、EVやADAS向けのエレクトロニクス関連製品や組み込みソフトの開発も行う。一方、欧州メーカーがディーゼル車からEVにシフトしていることなどから、住友化学はディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)事業から撤退するとし、ポーランド子会社の解散を発表している。

 

関連レポート:
西欧の日系部品メーカー:電動化、自動運転など新たな需要に対応 (2017年12月)
欧州市場:乗用車販売は1,500万台超、ディーゼル車は5割以下に減少 (2017年8月)

<日系部品メーカーの海外動向>
インド編 (2017年9月)
北米編 (2017年8月)
ASEAN編 (2017年8月)
メキシコ・ブラジル編 (2017年6月)
中国編 (2017年5月)
地図画像
中東欧の自動車工場マップ(クリックすると拠点マップが開きます)
ロシアの自動車工場マップ /  トルコの自動車工場マップ

 

中東欧

新工場建設 ・アドバネクス:チェコの精密ばね工場が稼働へ
河西工業:スロバキアにドア部品などの工場建設、設計開発体制も拡充
・JSR:ハンガリーの低燃費タイヤ向け高機能合成ゴム工場が稼動へ
ジーテクト:スロバキアにアルミ車体部品の工場建設
・セントラル硝子:チェコにリチウムイオン二次電池用電解液製造の会社設立
・椿本チエイン:チェコのタイミングチェーンの新工場が稼働
・東レ:ハンガリーでPPS樹脂コンパウンド拠点を新設
・東レ:ハンガリーでリチウムイオン電池の主要部材のセパレーター工場新設を計画
日本板硝子:ポーランドでガラス繊維コードの新工場稼働
・日本ペイント:チェコに自動車用塗料の子会社設立
・マブチモーター:ポーランドに電装用モーターの新会社設立
・ミネベアミツミ:スロバキアで車載用モーター工場稼働、研究開発体制も整備
矢崎総業:セルビアのワイヤーハーネス工場が稼働
生産能力増強 ケーヒン:チェコで空調用コンデンサーの生産能力増強
サンデンAS:ポーランドで大型トラック向けのエアコン用HVACユニットなどを新たに生産
タカタ:ハンガリーのエアバッグ工場を拡張へ
ニッパツ:ハンガリーで懸架ばね新工場を増設
・日本ガイシ:ポーランドで排ガス浄化部品とNOxセンサーの生産能力増強
ハイレックス:ハンガリーでウインドレギュレーターの生産能力拡充、開発プロジェクトも実施
ブリヂストン:ポーランドの2工場で乗用車とトラック・バス用タイヤ増産を段階的に実施
ユーシン:東欧拠点などでキーセットなどの生産設備一新へ
事業撤退 ・住友化学:ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)事業から撤退しポーランド子会社を解散

ロシア、トルコ

新工場建設 ブリヂストン:ロシアの乗用車用ラジアルタイヤ工場が本格稼働
生産能力増強 GSユアサ:トルコで新工場を増設、アイドリングストップ車向け鉛蓄電池生産へ
事業領域・売上拡大 クラリオン:ロシアで緊急通報システム用部品の売り上げ増を目指す
・日立ハイテクノロジーズ:ロシアの現地部品メーカーへの生産支援強化、製造委託も仲介


(対象時間は2017年3月からの約10カ月間)