東京モーターショー2017:Bosch、デンソー、アイシン、三菱電機の展示

電動化・自動運転・コネクテッドの3分野に対応

2017/11/02

要約

 東京モーターショー2017(会期:2017年10月25日~11月5日、会場:東京ビッグサイト)では、自動車メーカーおよび部品メーカーとも、電動化・自動運転・コネクテッドを重点分野に掲げている。

venue_scene

東京モーターショー2017
プレビューデーの東京ビッグサイト入場口

 本レポートでは、この3分野を自社テーマに掲げた、Bosch、デンソー、アイシン、三菱電機の展示内容を取り上げる。電動化ではeAxleやモーター、インバーターなどEV向けの駆動系システム、自動運転では測位システムや車両制御システム、コネクテッドではOTAアップデートやV2Xを活用したサービス、次世代HMIなどに関する多様な製品・技術が披露されている。各社が今回発表した主な展示内容は下表のとおり。

 欧州や中国を中心にEVシフトのグローバルな潮流が見られる中、ハイブリッド車でリードしている日系メーカーも、将来の様々な市場の変化に備え、EV対応を急いでいる様子が展示内容から伺える。

 自動運転やコネクテッドの分野では、自社の製品・サービス開発だけでは実用化が難しいことから、異業種も含めた国内外での幅広い協業や、専門機関と連携するサービスの実証実験など、多角的な取り組み状況が紹介されている。

 

 

 

電動化・自動運転・コネクテッドに関する主な発表・展示内容

 

電動化 自動運転 コネクテッド

Bosch

EV駆動システム、
eAxle

自車位置推定技術、高精度マップ
フェールオペレーショナル対応EPS

OTAアップデート、予防診断、
eCall緊急自動通報、
次世代ヘッドユニット

デンソー

SiCインバーター、
電池ECU

ステレオ画像センサー、
ミリ波レーダー

解析プラットフォーム、予防安全、
サービスプラットフォーム、予防診断、
サイバーセキュリティ

アイシン

FF 1モーターハイブリッドトランスミッション、
eAxle

車両運動統合制御、
自動バレー駐車

おもてなしサービス、
位置情報活用サービス

三菱電機

48Vハイブリッド車向けISGシステム

自動運転技術の実証実験車、
センチメータ級測位補強サービス (CLAS)、
高精度3次元地図

AI活用の次世代カーナビ、
車載ゲートウェイ、
ドライバーモニタリング



関連レポート

東京モーターショー2017:トヨタの多彩な出展 (2017年11月)
CEATEC JAPAN 2017:ドライバーモニタリング技術の展示 (2017年10月)
自動運転の2つのトレンド:レベル3の高速道路型とレベル4の生活道路型 (2017年7月)
人とくるまのテクノロジー展 2017:電動パワーステアリング(EPS)技術の進歩 (2017年6月)
自動運転実現のため、2018年までに高速・自動車専用道路の三次元地図を生成 (2017年1月)