カテゴリー別製品一覧

表面処理/熱処理

NEW 三光製作 株式会社
黒色 耐熱 耐食性 装飾 黒クロムめっき
【黒色 耐熱 耐食性 装飾 黒クロムめっき】

黒クロムめっきは、「耐食・耐熱・防錆」を特徴とした技術です。
そのため、装飾用部品に多く使用されています。

<特徴>
・通常のシルバークロムめっき同等に、耐食性・耐熱性・外観に優れている
・密着性が良好なため、塗装の下地としても優れている

<膜厚> 0.1μm~(下地めっきを除く)
※基本的に下地にNiめっきを5μm程度施しますが、材質によっては直接処理も可能です

めっき直後では艶がありませんが、磨いて艶を出すことも可能です!

☆ 詳しくは  〔詳細はこちら〕  をクリック!  👇
三光製作 株式会社
アルミ 高硬度 防錆 精度 硬質陽極酸化処理(硬質アルマイト)
【アルミ 高硬度 防錆 精度 硬質陽極酸化処理(硬質アルマイト)】

硬質陽極酸化処理(硬質アルマイト)は、従来のアルマイト処理に比べ
硬度や耐摩耗性が優れているため、航空機部品として多用されています。

<硬度> 300~450Hv程度
※材質によって前後します

<膜厚>
10μm~ (指定膜厚がある場合には、ご依頼時にお申し付けください)
※アルマイトは、膜厚と寸法変化量が同じではありません
精度が必要な場合には、都度ご相談ください。

硬質アルマイトは、通常封孔処理を行いません。
耐食性を要する場合には、封孔処理を行うことも可能ですが
硬度や耐摩耗性が低下します。

※お引き合いの際には、必ずアルミの素材♯をお知らせ下さい

☆ 詳しくは  〔詳細はこちら〕  をクリック!  👇
三光製作 株式会社
均一膜厚 寸法精度 無電解ニッケルリンめっき(Ni-P)
【均一膜厚 寸法精度 無電解ニッケルリンめっき(Ni-P)】

無電解ニッケルリンめっきは、電気を使わずに処理するため
めっきの膜厚を均一につけることが可能です。
そのため、複雑な形状や寸法精度を要するものに適しています。
また、熱処理をすることにより≪硬質クロム≫並みの硬度を得ることができます。

<特徴>
・均一性がある
・耐摩耗性がある
・高硬度(析出状態:Hv=500程度 400℃1h熱処理後 Hv=900~1000程度)

<膜厚> 
精度用途 3~5μm
一般用途 5~8μm
高耐食・耐摩耗性 10μm~
※指定膜厚がある場合には、ご依頼時にお申し付けください

無電解ニッケルリンめっきは 鉄、ステンレス、銅、真鍮、アルミ など幅広い材質に対応しております!

☆ 詳しくは  〔詳細はこちら〕  をクリック!  👇
富士電子工業 株式会社
焼入れ クランクシャフト シェア№1 R焼
◆クランクシャフトのカットサンプル

低歪及び高強度を約束するクランクシャフト焼入

[特徴]
フラット焼入の場合、硬化幅を15mmまで狭くすることができます。
疲労強度向上・耐摩耗性向上に有利なR焼入ができます。



お問い合わせは富士電子工業営業部まで。
TEL:072-991-1361
三光製作 株式会社
艶消し(つやけし) 黒色 低温黒色クロム処理
【艶消し(つやけし) 黒色 低温黒色クロム処理】

低温黒色クロムは黒色の色調で、めっきと塗装の複合処理です。
処理の種類は、Hタイプ、Fタイプ、BLタイプの3種類ございます。

<Hタイプ>
・膜厚:3~5μm 
・色調:艶消し黒色
・乱反射防止
 
<Fタイプ>
・膜厚:鉄材/10~15μm アルミ材/8~13μm 
・色調:グレー
・撥水性、滑り性
 
<BLタイプ>
・膜厚:1μm前後
・色調:艶消し黒色
・耐食性

低温黒色クロム処理は 鉄、ステンレス、銅、真鍮、アルミ など幅広い材質に対応しております!

☆ 詳しくは 〔詳細はこちら〕 をクリック!  👇
株式会社 浜松高周波
冬期休暇 ご案内 2017 浜松高周波 高周波焼入れ
~お客様各位~

【冬期休暇のご案内】

拝啓、毎度格別の御引立に預かり御礼申し上げます。
さて、弊社では12月29日(金)から1月7日(日)まで、冬期休暇とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。

■冬期休暇
 12月29日(金)~1月7日(日)

***********************************
株式会社 浜松高周波
営業技術 池谷 俊 (shun ikeya)

〒435-0004
静岡県浜松市東区中野町3017
TEL (053)421-1700 FAX (053)422-0876
URL: http://www.hama-kou.co.jp
https://www.nc-net.or.jp/company/75321/
E-mail: ikeya@hama-kou.co.jp
***********************************
富士電子工業 株式会社
TFシャフト・ヘリカルシャフト 焼きなまし② 高周波 設備
自動車部品の「トランスファシャフト」、「ヘリカルシャフト」用
高周波焼きなまし設備の、加熱ステーションの写真です。

浸炭焼入れによって全体表面を硬化させたワークの一部のみを
高周波誘導加熱により焼きなましします。

写真は焼きなまし処理後に撮影したもので、中央のワークの
フランジ状の部分が、加熱により青く変色しているのが
見て取れます。

高周波の焼入れ設備を得意とする富士電子工業ですが、
浸炭焼入れ、加工硬化、溶接による硬化など
硬化したワークの部分的な「焼きなまし」も
得意分野の一つです。


お問い合わせは、富士電子工業営業部まで。
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361
富士電子工業 株式会社
高周波焼入れ ギア 歯車 大阪 大型
【受託加工設備のご案内】

この写真は、歯車の歯面を焼入れしている写真です。
焼入れ後、ワークを水中に落として浸漬し、中にあるジャケットから冷却水を噴射してワークを冷却します。
これにより、焼きムラのない均一な硬化層を可能にします。


弊社加工工場には、大型・小型計2台の浸漬噴射焼入れの装置があり、
直径1.8mまで対応が可能です。
また最近では、お客様工場用の浸漬噴射焼入設備も受注し製作致しました。


お問い合わせは、富士電子工業営業部まで。
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361

富士電子工業 株式会社
熱処理 焼きなまし 焼きならし 焼入れ 焼きもど 
【熱処理の分類と種類】

熱処理には、焼きなまし,焼きならし,焼入れ,焼きもどしの4つの種類があります。

これが熱処理の基本形で、その代表が焼入れです。焼きなましは鋼を
柔らかくするため、焼きもどしは粘くするために行う熱処理です。
この他に、浸炭焼入れとか高周波焼入れなど表面を硬くする熱処理が
ありますが、これらはみな基本熱処理の応用例にすぎません。
機械工業の発展に伴って、ニーズが多様化し、これに対応して熱処理も
複雑多岐にわたっていますが、その基本形となるものはなんといっても
焼きならし、焼入れ、焼きもどしの4つです。

[熱処理の分類]
◆一般熱処理:
  焼きなまし、焼きならし、焼入れ、焼きもどし

◆表面硬化熱処理
  浸炭、窒化
  高周波焼入れ、火炎焼入れ

◆特殊熱処理
  光輝熱処理
  真空熱処理
  イオン熱処理(プラズマ熱処理)
  電解熱処理

富士電子工業は、表面硬化熱処理の高周波\誘導加熱によって
焼きなまし、焼きならし、焼入れ、焼き戻しを行っております。

焼入れ機以外の溶解・焼結・鍛造などの熱処理に関しても、
お気軽に富士電子工業営業部までお問い合わせ下さい。
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361



富士電子工業 株式会社
クランクシャフト 汎用 高周波焼入れ 装置② 半開放コイル 自動車部品 IH 熱処理
自動車・農機・建機・船舶・発電機などの各種クランクシャフトに対応できる、
汎用クランクシャフト高周波焼入装置の、ピン・ジャーナル部の
焼入れステーションです。

コイル・治具の段替えと位置調整により、様々なクランクシャフトに
高周波焼入れを施すことができます。

焼入れ時にはワークが回転し、偏芯するピン部を
コイルが追従しながら加熱します。

※写真からは、位相の異なる二つのピン部を、対応したコイルが
追従しながら加熱している様子が見て取れます。 

富士電子工業では、
独特な焼入れ方法を採用することで、

 ・歪の制御
 ・硬化層の均一化、
 ・サイクルタイムの短縮、
 ・設備の小型化、

などを実現しています。

クランク用半開放コイルの製作には、これまで当社で培ってきた
設計ノウハウと、製作現場の職人技が惜しみなくつぎ込まれており、
使用回数として2万ショットを保証しております。

お問い合わせは富士電子工業まで。
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361
株式会社 コアテック  福島工場
粉体絶縁塗装
『粉体絶縁塗装』


<材質>
スミライトレジン ソマール

<使用用途>
自動車電装品 耐熱小型モーターなど

<加工方法>
静電塗装機

<特徴>
こちらは静電塗装機を使用した粉体塗装品となります。
巻線するための絶縁用として使用されています。

良好な塗装付着性があり、複雑形状でも塗装することが可能です。

優れた塗膜性能により、電気絶縁性と機械強度に優れています。

絶縁の主流はインシュレータになっていますが、インシュレータを製作するには
金型が必要になり試作を製作するにも高額となってしまいます。

弊社の粉体塗装でしたら試作1個から量産まで対応可能です。
ご要望がございましたら弊社にご連絡ください。



富士電子工業 株式会社
ドライブシャフト 高周波焼入れ 装置① 自動車部品 IH 熱処理
自動車の駆動系に使われる「ドライブシャフト(ハーフシャフト)」
の高周波焼入れ装置です。

写真には、
 手前に焼入れ機、
 その上部に、ワーク搬入出用の二基のガントリーローダー、
 奥の左手から、受電盤、発振器…が写っています。

焼入れ機中央で赤く光っているのが、加熱中のワークです。

焼入れ機の左手、受け治具台にワークが置かれていますが
写真では見えない右手にも同様の受け治具台があります。

そこに置かれたワークはロボットの手で持ち上げられ、
水平に90度回転した後、ガントリーローダーによって
中央の焼入れ処理部まで運ばれ、上から搬入されます。

高周波により加熱、冷却されたワークは、
もう一基のガントリーローダーによって搬出され
次の工程へと進みます。

富士電子工業が得意とする半開放ラインコイルの特性を
最大限に活かした機械設計により、1本あたり20秒を切るという
非常に短いサイクルタイムを実現しました。

お問い合わせは、富士電子工業まで。
TEL:072-991-1361

富士電子工業 株式会社
高周波焼入れ シャフト 自動車部品 操舵部
【弊社受託加工設備のご案内】

富士電子工業加工工場にある、シャフトの焼入れ設備です。
左右のステーションが独立しており、他品番の焼入れが可能です。
現在の実績では直径14mm~17mm、
長さ145~180mmのシャフトを焼入れすることが出来ます。

富士電子工業は、高周波誘導加熱による受託加工を行っております。
お客様の商品を大切にお預かりし、弊社設備で焼入れさせて頂きます。
ぜひ、ご検討くださいませ。

富士電子工業株式会社
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361

富士電子工業 株式会社
カムシャフト ポンプカム 高周波誘導加熱 オーステンパ処理  装置② 自動車部品 IH 熱処理
【オーダー設備】

自動車エンジン用のカムシャフトの、ポンプカム部を加熱する
高周波誘導加熱装置の、加熱ステーションの写真です。

本ワークの材質はFCD(球状黒鉛鋳鉄)で、ポンプカム部に
オーステンパ処理を施すため、本機で1,100℃以上まで加熱を行い
隣接するソルトバスで急冷・維持します。

三角おむすび状の断面を持つ加熱箇所に対して、
効果的に昇温させるためマルチターンコイルを採用し
ワークを回転させながら、低い周波数を使って
ある程度の深さまで加熱を行います。

加熱箇所の中で、形状の違う2カ所について
1,100℃以上の到達温度域で、±20℃という
厳しい条件でしたが、条件出しにて試行錯誤を行い
高精度で再現性の高い加熱を実現しました。

お問い合わせは、富士電子工業まで。
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361
富士電子工業 株式会社
外注加工 大阪 歯車 ギア ギヤ 外注加工 高周波焼入れ 表面処理
【受託加工】

富士電子の焼入れ設備で加工致しましたギア(歯車)のサンプル写真です。

歯車の歯面に沿って色が変わっている部分が、焼入れ加工されている部分です。
弊社の高周波焼入れでは、歯車の歯先や歯底に沿って加工することが出来ます。
また、歯底にも十分で均一な硬化層を得ることができ、また
高周波焼入れ独自の表面硬化特性と低歪を実現できるため
浸炭焼入れからの高周波化をされるお客様も増えています。

富士電子工業では、高周波誘導加熱による、受託加工を行っております。
お客様の品物を大切にお預かりし、弊社設備で焼入れを行います。
ぜひ一度、ご検討くださいませ。

富士電子工業株式会社営業部
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361
富士電子工業 株式会社
カムシャフト ポンプカム 高周波誘導加熱 装置③ 自動車部品 IH 熱処理
自動車エンジン用のカムシャフトの、ポンプカム部を加熱する
高周波誘導加熱装置の、加熱ステーションの写真です。

本ワークの材質はFCD(球状黒鉛鋳鉄)で、ポンプカム部に
オーステンパ処理を施すため、本機で1,100℃以上まで加熱を行い
隣接するソルトバスで急冷・維持します。

三角おむすび状の断面を持つ加熱箇所に対して、
効果的に昇温させるためマルチターンコイルを採用し
ワークを回転させながら、低い周波数を使って
ある程度の深さまで加熱を行います。

写真からはポンプカムの、軸に近いところまで
深く加熱されている様子が見て取れます。

加熱箇所の中で、形状の違う2カ所について
1,100℃以上の到達温度域で、±20℃という
厳しい条件でしたが、条件出しにて試行錯誤を行い
高精度で再現性の高い加熱を実現しました。

お問い合わせは富士電子工業営業部まで。
TEL:072-991-1361
富士電子工業 株式会社
焼入れの際に、急冷するとわれるか?
【急冷するとわれるか?】

真赤になった鋼をどんなに冷たい水の中に入れても、入れた瞬間
に割れることはありません。真赤な鋼は水の中に入れた瞬間は、
オーステナイト組織で軟粘ですから割れなどは起こりようがありません。
このオーステナイトが、マルテンサイトに変態(Ms点)して、収縮から
膨張に逆転するとき、無理が生じて割れるのです。これが焼割れです。
したがって、どんなに急冷しても鋼は割れるものではありません。
なお、鋼は赤熱状態から急冷すると、外層に圧縮の応力を生ずる
ので、表面割れはおこりません。

しかし、Ms点以下の変態区域では、逆に外層に引張の応力を生じ
てわれるのです。したがって、焼入れの際、熱応力をウンときかせ、
変態応力をなくすれば焼割れが防げることになります。

富士電子工業 株式会社
V6 クランクシャフト 高周波焼入れ 装置2 自動車部品 IH 熱処理
自動車のV6エンジン用クランクシャフト高周波焼入れ・焼戻し装置の
焼入れ機の写真です。

本機はエンジン工場のライン内に設置され、
前工程からワークを受け取り、自動で焼入れを行い
次工程へと送ります。

ワークは写真右奥の受け渡し口から搬入され、
右・中央の2ステーションでピン部を、
左のステーションでジャーナル部を
高周波焼入れし、写真左手前の受け渡し口から搬出します。

本機は、V型6気筒クランクのフラット焼きのため、
焼入れそのものの難易度は高くありませんが、
処理速度を求められる仕様であった為
発振器2台を使用し、焼入れステーションを3つ設けることで
「50秒/1cycle 以下」という高い生産性を確保しました。

お問い合わせは、富士電子工業営業部まで。
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361

株式会社 中遠熱処理技研
真空熱処理 / 真空焼入れ / 固溶化 / 析出硬化
IHI製 真空熱処理炉 を3機保有

【幅1000×高さ1000×奥行1400】 × 1機

AMS2750 準拠

熱処理炉クラス 2

計装タイプ A

アルゴンガス冷却対応可能


【幅650×高さ550×奥行1000】 × 2機

850℃までのN2対流加熱オプション付き
株式会社 中遠熱処理技研
浸炭焼入れ / 浸炭窒化 / 焼入れ / 調質
【幅600×奥行1200×高さ550】 × 2機

滴注式の浸炭焼入れ炉でCPをコントロールし、浸炭焼入れ、浸炭窒化、焼入れを行います

レース用ギヤの浸炭焼入れ

浸炭防止部のマスキング

シャフトの歪修整

薄板製品のプレステンパー

焼入れ後の磁粉探傷検査 etc...

様々な要望に対応可能
富士電子工業 株式会社
高周波 焼入れ コイル 半開放 シングルショット
【半開放コイルの応用展開】

従来高周波焼入れに使用するコイル形状の多くは、同心円形であったが、
この形状では段付き軸に連続的な硬化層を形成するとき、最も強度が必要
な隅部の加熱が不足し、目標強度の硬化層が得られない問題があった。

この問題を解決すべく、円周方向に誘導電流を生起させる手法から、軸
(縦)方向に電流を生起させる半開放コイルを用いてワークを回転させる方法
に転換することで、ワーク表面に沿ったユニフォームな焼入れを実現した。

また、コイルを完全な半円以内とすることで、ワークの脱着を軸方向とは
直角側から行うことが可能となり、加熱工程と冷却工程が同時に行える、
シングルショット焼入れと呼ばれる生産性が高い焼入れ方法を確立した。

同時に半開放コイルでの全体同時加熱は、加熱と冷却が隣接する丸形
コイルでの移動焼入れに比べ熱利用効率が高いため、約40%の電力で
処理が可能である。
 
また、コイルの反対方向に矯正ローラーを設置することでマルテンサイト
変態中も常時矯正が可能である。さらに、移動焼入時に見られるバーバーズ
マークの発生も皆無であり、高強度化等、長所の多い焼入れ方法である。

お問い合わせは、富士電子工業まで。
TEL:072-991-1361



株式会社 中遠熱処理技研
ガス軟窒化
【 幅600 × 高さ550 × 奥行1200 】 × 1機

540℃~580℃の処理を毎日実施

夕方持込 → 翌朝引渡 対応可能

窒化センサーでNH3流量のコントロールが可能
株式会社 太陽塗装
ナイロンコーティング 小ロット ネジ ボルト 工具 部品塗装
ボルトの端に、ナイロンコーティングいたしました。
たくさんの種類の色を使い、大小のボルトの頭の部分に、粉体ナイロンコーティングをしていきました。

サイズ:【10X30~】 /mm
ロット:【10~20】
製作期間:【約10日】

また、弊社では、医療業界、インテリア、建築関連等々、多品種な製品の塗装を行っています。
部品塗装のご用命の際は、㈱太陽塗装までお問い合わせください。
株式会社 中遠熱処理技研
光輝焼準 / 光輝焼鈍 / 応力除去焼鈍 / 磁気取り焼鈍
【 幅680 × 高さ150 × 長さ 20000 】 × 1機 (連続炉)

DXリッチ雰囲気の中で処理するため、酸化スケールの発生なし
(後工程のショットを省くことができます)

冷間鍛造品の浸炭後の結晶粒粗大化防止

手で並べ手で取り、キズ・打痕を防止

加工前に焼準することで、金属組織が均一になり加工効率UP

月に250トンの処理能力
2018年にはもう1機増設し、生産能力倍増
株式会社 太陽塗装
カチオン電着 小ロット 多品種 短納期 医療機器 部品塗装
医療機器の部品をカチオン電着しました。
弊社は、カチオン電着の数量は、1個~受注可能です。
お問い合わせ下さいませ。

サイズ:【200X90X30】 /mm
ロット:【30~100】
製作期間:【約4日】

また、弊社では、医療業界、インテリア、建築関連等々、多品種な製品の塗装を行っています。
部品塗装のご用命の際は、㈱太陽塗装までお問い合わせください。
富士電子工業 株式会社
富士電子工業 焼入れ 冷却方法  
【冷却方法のコツ】

焼入れを正常に行うためには、鋼材の形状に応じた冷却が必要です。

①長いもの
 
長軸を液面に垂直に立てます。横にして沈めると長軸方向に
温度差が生まれ、軸が曲がる為です。

②平らな板状のもの

板を立てる治具で液面に垂直に立てます。鋼材によって加熱された
温水は自然対流で上昇し、冷却水を循環させます。
板状のものを横にすると、加熱された温水が対流せず、冷却ムラが
生じます。

③直径が変化するもの

直径の大きな部分から先に水に入れます。直径の大きな部分の冷却は、
遅れるために、先に入れて薄い部分よりも冷却時間を長くします。

④ねじ穴やくぼみがあるもの

ねじ穴やくぼみは上にむけて沈めます。穴やくぼみを下にしたり横に
したりすると、水蒸気がたまったり高温の冷却水が滞留し、冷却が
著しく遅れてしまうため、焼入れ不良が発生します。

焼入れに関してのご質問、お問い合わせは
富士電子工業営業部まで。
TEL072-991-1361

株式会社 中遠熱処理技研
アルミ熱処理 / 溶体化 / 時効硬化 / 応力除去 / T2 / T4 / T5 / T6 / T7
【 幅1700 × 高さ1400 × 奥行2700 】をはじめ
溶体化炉 × 3機 時効硬化炉 × 8機 保有

AC2B / 4B / 2000系、4A /4C / 6000系、ADC12 / 7000系の3条件を毎日実施

夕方持込 → 翌朝引渡しの対応可能

修整職人による中間歪修整は月に16,000ヶの実績

溶体化後、15秒以内の水没可能

歪低減のための風冷 / ミスト冷却も可能
2018年には新たにアルミの設備を3機 設備導入
株式会社 中遠熱処理技研
品質保証 / 硬さ測定 / 組織観察 / 残留応力測定 / 残留オーステナイト測定
24時間体制の品質保証

金属熱処理技能士 特級3名、1級7名ほか、計20名

当社熱処理品の検査以外に、海外調達材料の異常品等の検査依頼のみの対応も可能

ロックウェル硬さ試験機 × 3機
ビッカース硬さ試験機 × 3機
ブリネル硬さ試験機
ショア硬さ試験機
ピッコロ硬さ試験機(スイス製)
マイクロスコープ(5000倍)
レーザー顕微鏡(16000倍)
残留応力・残留オーステナイト測定装置
3次元測定機(ハンディプローブ)
株式会社 太陽塗装
カチオン電着 部品塗装 小ロット 多品種 歯科機械
歯科医療器械の部品をカチオン電着しました。
素材入荷より、確実な下処理を行い、1個ずつ手作業で行うエアーブロウ等、熟練したスプレー職人による塗装技術でお客様の要望に叶う製品をお届け致します。

サイズ:【200X50X30】 /mm
ロット:【10~20】
製作期間:【約4日】

また、弊社では、医療業界、インテリア、建築関連等々、多品種な製品の塗装を行っています。
部品塗装のご用命の際は、㈱太陽塗装までお問い合わせください。
富士電子工業 株式会社
組立クランク 高周波焼入れ リヒート 装置 2輪 部品 IH 熱処理
オートバイのエンジンに使われる「組立クランクシャフト」
高周波焼入れ・リヒート装置、焼入れステーションの写真です。

※富士電子工業では、高周波での焼戻しのことを
「リヒート」として、炉を用いた焼戻しと区別しています。

写真からは、ワークのシャフト部の2箇所が、
高周波により加熱されている様子が見てとれます。

噴射冷却用のジャケットは、コイルユニットと一体化
しており、加熱後は迅速に冷却を行います。

本機では焼入れとリヒート、両方の加熱を可能にする為、
1台の発振器で2つの周波数を切り替えて発振できるよう
設計しました。

焼入れ・リヒートの2回の加熱冷却を行いながら、
1本あたり1分を切るサイクルタイムを実現しています。

お問い合わせは富士電子工業まで。
TEL:072-991-1361