カテゴリー別製品一覧

組み立て・溶接

日本タングステン株式会社
抵抗溶接に携わる人の必読書【抵抗溶接電極ガイドブック】の第2版を発行しました!
ご好評頂きました【抵抗溶接電極ガイドブック】の第2版を発行しました。
昨年7月初版発行後、お客様からの感想をお聞きし、ご要望を反映させより充実した内容となりました。
▼【抵抗溶接電極ガイドブック第2版】のお申込みは下記より▼
https://www.nittan.co.jp/inquiry/inquiry.php?type=request
概要
パナソニック デバイスSUNX株式会社
ガルバノスキャニング式レーザー溶着機 VL-W1 シリーズ
パナソニックデバイスSUNXよりガルバノスキャニング式レーザ溶着機VL-W1 シリーズが
リリースされました。
レーザマーカから継承した操作性能を盛り込み、簡単操作で導入工数を削減します。
日本タングステン株式会社
タングステン、モリブデン系電極 抵抗溶接電極ガイドブックを発行!!無料で進呈します。
抵抗溶接電極の事ならお任せ下さい!の日本タングステン(株)は、抵抗溶接でお困りのお客様へ
お応えすべく、W・Mo系抵抗溶接技術を網羅したガイドブックを無料でお届けします。
下記HPよりお申込み下さい。
     ▼
 http://www.nittan.co.jp/  
日本タングステン株式会社
最適な抵抗溶接用電極をご提案、ご提供します。
●タングステン無垢材、ろう付品を使っているが寿命をのばしたい。
●銅の溶接/銅の熱カシメだが、品質が安定しない。
●メッキ品の溶接で電極寿命をのばしたい。
●生産性を向上させたい。
この様な事でお困りの方に最適材質をご提案、ご提供します。
概要
日本キスラー株式会社
「省エネ」「ランニングコスト削減」に貢献するキスラー高応答サーボプレス
キスラーの高応答サーボプレスは、駆動源にACサーボモータを用いた電動式です。電動式は空圧式や油圧式のプレスと比較した場合、ランニングコストを非常に低く抑えることができます。
世界的にサーボプレスのニーズが高まる一方で、「省エネルギー性に優れ、環境への負担を小さく」という環境負荷低減にも対応できるのがキスラーの高応答サーボプレスです。
概要
アトラスコプコ株式会社
超エコなエアー配管カップリング Ergo QIC と Air Line Accesories
電動ツールは一般的にエアーツールに比べてエネルギー消費が10-15%程度しかないこともあり、最近ツールの電動化が進み、ますます省エネに対する意識が高まってきております。

しかしながら、エアーツールは初期投資が低いこともあり、生産状況によってはまだまだ多用されています。

そのエアーツールで最も頭が痛いのが、圧縮空気の発生、つまりコンプレッサーを常時稼働させることによるエネルギーコストです。
概要
アトラスコプコ株式会社
【高精度!バッテリ式クラッチ内蔵スクリュードライバ】BCP
「BCP」はさまざまな低トルクアプリケーションのジョイントに最適なツールです。特にプラスチック製品の締め付けでは、締め過ぎによるひび割れを防止し、高品質な締め付け精度を実現します。バッテリーが前後どちらからでも装着可能なので、作業に合わせたツールバランスが可能です。
概要
アトラスコプコ株式会社
超小型!片手で使えるナットランナー Tensor STR21
Tensor STR21のアングルタイプのナットランナは、新しく開発した専用モーターにより、ツールの回転速度が2倍以上になりました。また、軽量、低反力、小型化をコンセプトとしたエルゴノミクス設計により、作業者の負担が軽減されます。
アトラスコプコ独自の締付け性能と高度なプロセスコントロール、トレーサビリティーに対応した電動ナットランナーです
概要
アトラスコプコ株式会社
Tensor STB 電動無線ナットランナー
「Tensor STB」はコードレスでありながら、通信によるデータの蓄積・検証ができるので、作業領域を制限することなく、高精度の締め付け管理を実現可能な電動アセンブリツールです。
コードレスの手軽さと生産不良ゼロを目指します。
概要
アトラスコプコ株式会社
締付ツールのトレーサビリティ管理 ToolsNet
ボルトやネジを用いて組立てられた製品は世の中には多数ありますが、それらは締め付け作業時にただボルト・ネジを回せばよいというわけではありません。

例えばクルマでは「走る・止まる・曲がる」に関する部品では、たった1つのボルトが緩んでしまったり、逆にきつく締めすぎてボルトがねじ切れてしまうことで、重大な不具合につながることがあります。

その締め付けられた部品が確認不足のまま出荷され、その履歴を確認できず、要因が特定できない場合には、さらに問題が拡大する可能性もあります。

アトラスコプコの締め付け管理システム(ToolsNet 4000)を用いれば、工場内の全締付ツールの状態(稼働状況・各締付結果・設定変更履歴)を監視しデータを収集する事により、ボルトやネジがいつ、どの部位で、何本、どのように(トルク・回転角度・波形・判定結果など)締まったかを「見える化」することが出来、不具合の特定も容易になります。
概要
アトラスコプコ株式会社
締付トルク管理ソリューション STアナライザー STa6000
ボルトやネジが確実に締まったかどうかを確認するには、締付トルクの数値が指標として多用されています。
しかしながら、トルクの数値だけではなく、それが如何にして測定されたか、いつどの締付機器の確認を行い、その結果がどうだったかを管理し記録することは、単に締付機器の故障を判定するだけでなく、ボルトやねじが正しく締まったことを保証するための重要なプロセスです。

アトラスコプコのツール管理システム・STアナライザはこのような場面で活躍します。