Fiesta (Ford)

 ニュース
2021年07月07日(水)

・英国自動車工業会(SMMT)が7月5日に発表した6月の乗用車の新車登録台数は前年同月比28.0%増の18万6,128台となった。
・1-6月累計では前年同期比39.2%増の90万9,973台となっている。
・6月の乗用車の販売台数をブランド別にみると、フォルクスワーゲン(VW)が前年同月比56.5%増の1万9,454台(シェア10.5%)、アウディが78.4%増の1万4,446台(同7.8%)、フォードが4.5%増の1万4,234台(同7.6%)、BMWが33.8%増の1万4,227台(同7.6%)、トヨタが3.0%増の1万2,061台(同6.5%)など。
・モデル別では、1位がテスラ「モデル3 (Model 3)」で5,468台、2位がVW「ゴルフ (Golf)」で4,629台、3位がフォード「プーマ (Puma)」で4,477台、4位がボクソール「コルサ(Corsa)」で4,375台、5位がフォード「フィエスタ (Fiesta)」で3,811台など。
・使用燃料別では、ガソリン車が1.7%減の8万6,411台(シェア46.4%)、ディーゼル車が34.7%減の1万5,027台(同8.1%)、代替燃料車(AFV)が145.7%増の8万4,690台(同45.5%)。
・販売先別では、個人が前年同月比21.8%増の8万8,715台(シェア47.7%)、フリートが33.5%増の9万2,909台(同49.9%)、ビジネスが53.4%増の4,504台(同2.4%)。
・なお、6月のバン(3.5トン未満)の登録台数は前年同月比14.4%増の3万4,363台、トラック(3.5-6トン)は115.5%増の627台、タクシーは207.7%増の120台となっている。
・SMMTのマイク・ホーズ(Mike Hawes)CEOは、「英国ではワクチン接種が順調に進行し、信頼が高まる中、自動車業界は現在、長期にわたる新型コロナウイルスの課題と戦っている。世界的な半導体不足は自動車生産に影響を与えており、一部のモデルの供給と自動車業界の回復を妨げている。しかしながら、バッテリー生産への投資や多数の新しい電動化モデルなど、今後10年の再建に向けた取組は順調に進んでいる。今月末にロックダウンが解除される可能性が高まるなか、企業や消費者の楽観的な見方がさらに強まっている。特に次のナンバープレート更新となる9月に向けて先行注文を進めていることから、消費が増加するはずだ」と述べた。

SMMTのリリースをみる 1/2

2021年05月06日(木)

・英国自動車工業会(SMMT)が5日に発表した4月の乗用車の新車登録台数は前年同月比3,176.6%増の14万1,583台となった。
・1-4月累計では前年同期比16.2%増の56万7,108台となっている。
・4月の乗用車の販売台数をブランド別にみると、フォルクスワーゲン(VW)が前年同月比6,244.3%増の1万3,323台(シェア9.4%)、フォードが4,135.0%増の1万2,959台(同9.2%)、アウディが8,101.5%増の1万1,154台(同7.9%)、ボクソールが1,773.1%増の8,972台(同6.3%)、BMWが4,050.2%増の8,757台(同6.2%)など。
・モデル別では、1位がボクソール「コルサ(Corsa)」で3,968台、2位がメルセデス・ベンツ「Aクラス(A-Class)」で3,270台、3位がフォード「フィエスタ (Fiesta)」で3,261台、4位がフォード「プーマ (Puma)」で3,036台、5位がVW「ゴルフ (Golf)」で2,902台など。
・使用燃料別では、ガソリン車が4,482.9%増の7万1,173台(シェア50.3%)、ディーゼル車が1,198.6%増の1万4,012台(同9.9%)、代替燃料車(AFV)が3,239.1%増の5万6,398台(同39.8%)。
・販売先別では、個人が前年同月比7,010.8%増の6万1,935台(シェア43.7%)、フリートが2,398.9%増の7万7,241台(同54.6%)、ビジネスが570.5%増の2,407台(同1.7%)。
・なお、4月のバン(3.5トン未満)の登録台数は前年同月比798.7%増の3万440台、トラック(3.5-6トン)は77.9%増の548台、タクシーは366.7%増の42台となっている。
・SMMTのマイク・ホーズ(Mike Hawes)CEOは、「この1年は自動車の歴史の中で最も暗い年の1つとなったが、トンネルの先に光が見えてきた。業界が完全に回復するのはまだ先のことだが、ショールームがオープンし、消費者が最新のクリーンモデルを試乗できるようになれば、自動車業界は再建を始めることができる。市場の信頼感は向上しており、2月に予測したときよりもわずかに良い状態で年末を迎えることが見込まれる。これは主に、ワクチンの導入が成功したことで企業と消費者の信頼がより明るくなったことによるものである。今年は電気自動車 (EV)の販売台数が新車登録台数の7分の1を超え、記録的な1年にもなるはずだ」と述べた。
・SMMTは2021年通年の乗用車販売台数予測について、2月に発表した183万台から186万台(前年比13.9%増)へ上方修正した。

SMMTのリリースをみる 1/2

2021年05月05日(水)

・5月3日付の米独の複数のメディアによると、フォードは半導体不足によりドイツの2工場の休止期間を延長すると発表した。
・4月21日から23日と、4月28日から30日に休止したケルン(Cologne)工場は、「フィエスタ(Fiesta)」の生産を6月の最終週を除いて7月初めまで休止する。
・ケルン工場では5月3日から6月18日までと6月30日から7月9日まで時短操業となり、その後すぐに工場休暇に入り8月16日まで生産を再開しない。
ザールルイ(Saarlouis)工場は5月3日から5月18日までと5月25日から7月7日まで時短操業となり、工場休暇は7月26日から8月23日まで予定されている。
(multiple sources on May 3, 2021)