三菱電機 (株)

会社概要

■URL

http://www.mitsubishielectric.co.jp

■本社所在地

〒100-8310 東京都千代田区丸の内 2-7-3 東京ビル

業容

-総合電機メーカー。

-下記の分野において開発、製造、販売等の事業を行う。自動車機器事業は産業メカトロニクス部門に所属。

  • 重電システム
  • 産業メカトロニクス
  • 情報通信システム
  • 電子デバイス
  • 家庭電器
  • その他

-自動車機器事業では、環境、安全・セキュリティ、情報・エンターテインメントの3分野に関わる部品を開発・生産。

資本構成

-東京証券取引所一部、ロンドン証券取引所上場 (2020年3月31日現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 (信託口) 8.43
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 5.63
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 4.96
明治安田生命保険相互会社 3.81
日本生命保険相互会社 2.87
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口7) 2.17
三菱電機グループ社員持株会 2.00
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口5) 1.90
JP MORGAN CHASE BANK 385151 1.82
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口4) 1.71
合計 35.31

主要製品

-電動化関連製品 (Electrification products)

  • インバーター (Inverters)
  • EVコントロールユニット (EV control units)
  • バッテリーマネージメントユニット (Battery management units)
  • モーターコントロールユニット (Motor control units)
  • 車載充電器 (On-board chargers)

-充電・始動装置 (Charging and starting systems)

  • 9Gオルタネーター (9G alternators)
  • スターター (Starters)
  • モータージェネレーター (Motor generators)
  • フライホイールACG (Flywheel AC generators)

-エンジン制御システム (Engine management systems)

  • ガソリンエンジン制御用コントロールユニット (Gasoline engine control units)
  • GMRタイプ回転センサー (Revolution sensors - GMR type)
  • マイクロエアフローセンサー (Micro airflow sensors)
  • 圧力センサー (Pressure sensors)
  • 吸気温センサー (Intake air temperature sensors)
  • PFIインジェクター (PFI injectors)
  • イグニションコイル (Ignition coils)
  • 燃料ポンプモジュール (Fuel pump modules)
  • ステッパモータ式EGRバルブ (Electric EGR valves - stepper motor type)
  • DCモータ式EGRバルブ (Electric EGR valves - DC motor type)
  • エアバイパスバルブ (Air bypass valves)
  • ターボチャージャー用アクチュエーターバルブ (Actuator valves for turbocharger)
  • VVTアクチュエーターおよびオイルコントロールバルブ (Variable valve timing actuators & oil control valves)
  • アクチュエータードライブユニット (Actuator drive units)

-トランスミッション制御システム (Transmission control systems)

  • トランスミッション制御用コントロールユニット (Transmission control units)
  • 油圧制御ソレノイドバルブ (Oil pressure control solenoid valves)
  • 油温センサ (Oil temperature sensors)
  • パルスジェネレーター (Pulse generators)
  • 電動オイルポンプ (Electric oil pumps)

-電動パワーステアリングシステム (Electric power steering systems)

  • ブラシモーター (Brush motors)
  • ブラシモーターコントロールユニット (Brush motor control units)
  • ブラシレスモーターコントロールユニット (Brushless motor control units)

-ボディ装備関連製品 (Body control products)

  • スマートエントリーシステム (Smart entry systems)
  • イモビライザーユニット (Immobilizer units)
  • ボディコントロールユニット (Body control units)
  • エアバッグコントロールユニット (Air bag control units)
  • 超音波式コーナーセンサー (Ultra sonic corner sensors)
  • HIDバラスト (HID ballast)
  • LEDコントロールユニット (LED control units)

-車載機器 (On-board devices)

  • ナビゲーションシステム (Road traffic information systems)
  • リアシートエンターテイメントシステム (Rear seat entertainment systems)
  • 車載用スピーカー (On-board speakers)
  • 車載用ブルーレイディスクプレーヤー (On-board blue-ray disc players)

ーITS関連製品 (ITS Products)

  • ETC車載器 (On-board units for Electric Toll Collection system)
  • DSRC車載器 (On-board units for Dedicated Short Range Communication)

沿革

1921年01月 三菱造船 (株) (現・三菱重工業 (株)) 神戸造船所の電機製作所を継承し、三菱電機 (株) 創立。
1943年02月 福山工場 (現・福山製作所) 新設。
1944年02月 姫路工場 (現・姫路製作所) 新設。
1944年03月 本店研究部を研究所 (現・先端技術総合研究所等研究所) とする。
1949年05月 東京証券取引所、大阪証券取引所に株式を上場。
1964年05月 小型開閉制御機器生産工場として伊丹製作所三田工場 (現・三田製作所) 新設。
1965年08月 研究本部 (現・開発本部) 新設。
1970年08月 ハードウエアを中心とした全社の生産技術センターとして生産技術研究所 (現・生産技術センター) 新設。
1981年06月 情報処理・伝送・光電波機器の研究開発強化の為、情報電子研究所 (現・情報技術総合研究所) 新設。
1990年06月 自動車機器事業本部新設。
1994年06月 事業本部を電力工業システム・社会システム・電子システム・情報通信システム・映像情報・住環境・FAシステム・自動車機器・半導体の9事業本部に再編し生産システム本部新設。
1996年08月 米国に研究開発拠点三菱エレクトリック・インフォメーション・テクノロジーセンター・アメリカ社 (現・三菱エレクトリック・リサーチ・ラボラトリーズ社) 設立。
1996年09月 欧州に研究開発拠点三菱エレクトリック・インフォメーション・テクノロジーセンター・ヨーロッパ社設立。
1997年06月 欧州販売事業体制を再編、英国、ドイツ、フランス等欧州域内の各販売会社を三菱エレクトリック・ヨーロッパ社として統合。
1998年10月 中国における事業戦略支援のための投資持株会社 三菱電機 (中国) 有限公司を設立。
2003年04月 システムLSIを中心とする合弁会社 (株) ルネサス テクノロジを (株) 日立製作所と設立。
2010年04月 (株) ルネサス テクノロジがNECエレクトロニクス (株) と合併し、ルネサス エレクトロニクス (株) が発足。
2013年03月 メキシコ・ケレタロ州に自動車電装部品を製造販売する子会社三菱電機オートモーティブ・メキシコ [Mitsubishi Electric Automotive de Mexico, S.A. de C.V.] を設立。

補足 1