インドネシアの日系部品メーカー:新規進出・能力拡大が続く

アイシン精機、IJTテクノロジー、ケーヒン、セーレン、ジーテクト、TPR、プレス工業など

2014/06/19

要 約

インドネシアの自動車工場地図
地図をクリックすると詳細地図が開きます。

 以下は、インドネシアにおける日系自動車部品メーカーの最近動向である (収録対象は、2014年5月下旬までの約7カ月間)。

 インドネシアの自動車販売台数は、大幅に増えた2013年の123.0万台(前年比10.2%増)に続き、2014年1-4月も前年同期比9.3%増の43.5万台と拡大。同国では、トヨタ、日産、ホンダ、ダイハツなど主要自動車メーカーによる生産能力増強、新興国向け戦略車の投入、エンジン工場建設などが進められている(詳細はこちらのレポートをご覧下さい)。

 そのなか、日系部品メーカーも新規進出や生産能力拡充を行っている。現地化要請、軽量化・省エネ促進、低コスト生産などに呼応した動きが中心。

 また、インドネシアでの事業をより強化するための、生産・販売拠点の再編や販売会社設立、インドネシアの輸出拠点化などの動きもみられる。

 ベトナム、マレーシア、ラオス、ミャンマーにおける活動は、近日中に別途報告を予定しています











インドネシアにおける日系自動車部品メーカーの動き

新規進出 <現地化・増産計画に対応>
井原精機(冷間鍛造品)、岡島パイプ(小径薄肉精密電縫管)、カツヤマファインテック(シートベルト部品)、住江織物(フロアマット)、セーレン(シート生地)、千代田工業(シート部品)、西川ゴム(ゴム・樹脂製品)、パイオラックス(樹脂形成・金属部品)、フジオーゼックス(エンジンバルブ)、プレス工業(トラック用フレーム部品)、丸五ゴム(トラック用特殊ホース)など
生産能力増強・新品目の生産など <新工場・新棟建設>
愛三工業(エンジン部品)、アイシン精機グループ(車体部品、エンジン部品、ブレーキ部品)、中央精機(次期IMV向けアルミホイール)、日立化成(粉末冶金製品)、ユタカ技研(排気系部品)など
<軽量化・省エネ対応>
ケーヒン(ECU)、ジーテクト(CVT用部品)、ダイキョーニシカワ(樹脂製エンジン用部品)など
<低コストの生産ライン導入>
大豊工業(エンジン軸受の高効率機械加工ライン:新興国向けモデル用)、ファインシンター(ショックアブソーバーの小規模で高効率な新ライン:トヨタのTNGA対応)
事業強化・再編 JVCケンウッド(生産・販売拠点の再編でカーエレクトロニクス事業強化)、今仙電機(機構製品・電装製品などの販売会社設立)

(資料)各社の計画から作成

 
日系部品メーカー動向関連レポート:
米国編(2014年3月)
中国編(下):華南・華北・東北などでの動向(2014年3月)、中国編(上):華東・華中地域の動向(2014年3月)
中南米編(下)(2014年2月)、中南米編(上)(2014年2月)、
タイ編(上)(2014年1月)、タイ編(下)(2014年1月)、ASEAN編(2013年11月)
欧州編(2013年10月)、インド編(2013年8月)



生産拠点の新規構築:セーレン、パイオラックス、フジオーゼックス、プレス工業、平安製作所など

会社名 活動内容
井原精機
台湾メーカーと合弁会社設立、2015年4月に冷間鍛造品を生産開始予定
 井原精機は2014年3月、台湾の六和機械と合弁でPT.Ibara Lioho Indonesia(West Java州Bandung市近郊)を設立。冷間鍛造品の製造、機械加工、熱処理までの一貫生産体制の工場を建設し、2015年4月の稼働を目指す。初年度の投資額は約8億円。冷間鍛造品の年産能力は100万個。自社で加工してステアリング周辺のシャフト部品を製造する。ほかに、冷間鍛造部材を外販して、輸入部材に頼っている日系自動車関連企業への売り込みを計画。受注動向を見て、2017年までに更に7億円を投じNC旋盤やマシニングセンターなども導入する予定。
岡島パイプ
合弁会社を設立し、2014年11月から小径薄肉鋼管の製造開始
 岡島パイプ製作所は、201 3年11月に豊田通商との合弁会社PT.Top Tube Indonesia(West Java州Karawang県)を設立。資本金は約12億円、岡島パイプの出資比率は53%。普通鋼鋼管、表面処理鋼管、特殊鋼鋼管を生産し、自動車部品メーカーに納入する。
カツヤマ ファインテック
シートベルト用金具の新工場を2014年1月に稼働
 カツヤマファインテックは2014年1月、PT. KATSUYAMA FINETECH INDONESIA(West Java州Bekasi)の新工場での生産を開始。自動車用シートベルト部品の製造、カチオン電着塗装請負加工を行い、現地の大手のシートベルトメーカーに主に納入。投資額は約10億円。日本の本社工場、タイ工場と同水準の能力を持つプレス機のほか、塗装設備を導入。当初は従業員が少ないため一部の稼働にとどまるが、将来的には年間5億円の売上高を目指す。
五光発條
自動車・バイク向けバネ製造会社設立、2014年9月操業開始
 五光発條は、自動車・バイク用バネを製造するPT. Goko Spring Indonesia(Jakarta近郊)を設立。約2億円を投じて新工場を建設し、2014年9月の操業開始を目指す。タイ工場から供給していたインドネシア向けの製品を現地化する。年産数量は、初年度に1億~3億個、将来は15億個を計画。同社の海外拠点はタイ、ベトナムに続き3カ国目で、海外売上高を今後5年で2014年2月期比60%増の23億円に引き上げる計画。
住江織物
フロアマット生産の合弁会社設立、2014年初から生産開始
 住江織物は、現地繊維大手と合弁会社PT. Suminoe Surya Techno(SST: West Java州Bandung)を2013年に設立。資本金は約5000万円で、住江織物が51%出資。2014年初から月4万台分のペースでフロアマットを量産。現地進出した日系大手自動車メーカーに納入する。
セーレン
シート生地の新工場が2013年末に量産開始
 セーレンは、PT.SEIREN INDONESIA(West Java州Bekasi)のシート生地の工場での量産を2013年末に開始。投資額は31億円。月産能力は20万メートル。同時期にインドのSEIREN INDIA PRIVATE LIMITEDの同規模の新工場も稼働。2014年の生産数量は、両工場合計で月15万メートルの予定。アジアでは中国、タイに加え4拠点となり、日系自動車メーカーの増産計画に対応。
千代田工業
シート部品生産の合弁会社設立、2015年に量産開始
 千代田工業は、2013年に現地企業のペランギ・プリマ・テクニクラヤと合弁会社(West Java州Bekasi)を設立。資本金は約1.2億円。千代田工業の出資比率は67%。2015年に日系自動車メーカーが生産開始する車種向けに2列・3列目シートの機能部品を受注。現地取引先のシート工場に納入する。日本で余剰となった設備をインドネシアに移管し、自動化率を高めた生産ラインを安価で稼働させる計画。2016年に売上高5億円を目指す。
東海ゴム
二輪車・四輪車用ホースの新工場が2013年12月に稼働
 東海ゴム工業は、二輪車・四輪車ホースの製造・販売子会社PT. Tokai Rubber Auto Hose Indonesia(West Java州Bekasi)の新工場が2013年12月に完成。2012年2月から使用していたリース工場の生産設備を移設するとともに、新ラインも投入し、これまでの二輪車用樹脂ホースに加えて四輪車用樹脂・ゴムホースを生産開始。投資額は約28億円。2015年の売上高は約23億円を見込む。
西川ゴム
ゴム・樹脂製品の合弁会社工場が2014年1月に稼働
 西川ゴム工業は、現地資本との合弁会社PT.NISHIKAWA KARYA INDONESIA(West Java州Sumedang県)の新工場が2014年1月に裁断・プレス工程でゴム・樹脂製品の量産開始。同年4月に押し出し工程も加わり本格稼働。西川ゴムの合弁会社への出資比率は80%。日本で培ったロスを生まない生産管理、人員配置などの手法を取り入れる。2018年の売上高目標は10億円。
日泉化学
内外装用合成樹脂部品の工場が2013年8月に稼働
 日泉化学は、PT.Nissen Chemitec Indonesia(West Java州Karawang県)の新工場で自動車用内外装品や二輪車用の合成樹脂部品の成形・加工・組立を2013年8月に開始。投資額は約24億円。海外生産拠点は、米国、タイに続くもの。タイ工場と連携し、アセアン諸国で展開する日系メーカーへの供給体制を強化する。
パイオラックス
樹脂成形・金属部品の工場が2013年8月に稼働
 パイオラックスは、PT.PIOLAX INDONESIA (West Java州Karawang県)の新工場を2013年8月に稼働させ、自動車および二輪車用の燃料系樹脂成形部品、駆動系金属部品を製造。売上高目標は2015年に10億円、2016年に12億円。同社は、アジアではタイ、インドにも工場があり、各国で同種の部品が造られているため、品目毎に生産分担を行ってボリュームをまとめ、コスト競争力を高める方針。
フジオー ゼックス
エンジンバルブの量産を2014年秋に開始
 フジオーゼックスは、現地企業のPT. Prospect Motorとの合弁会社PT. FUJI OOZX INDONESIA(West Java州Karawang県)の新工場でエンジンバルブの量産を2014年秋に開始する。現地の日系自動車メーカーからの新規受注を見込み、2014年度は年間600万本ベースで生産する。2015~17年度に、最初の増産体制構築を行い、2017年度には同1500万本にまで生産を拡大する計画。2018年度以降には、さらなる生産能力の引き上げを計画。インドや東南アジア各国への供給を視野に入れている。
プレス工業
トラック用フレームの構成部品工場を2014年1月に稼働
 プレス工業は、PT. P K Manufacturing Indonesia(West Java州 Karawang県)の工場に約20億円を投じてプレス機・穴あけ機・レーザー加工機等を設置し、自動車事業を立上げた。2014年1月から、いすゞのトラック向けに、フレーム構成部品の生産を開始し、年間に約1.7万台分を生産。東南アジア向け大・中型トラック用のフレーム部品は、インドネシアで全てカバーする。
古河電池
インドモービルグループと鉛蓄電池の製造・販売の2合弁会社を2013年12月に設立
 古河電池は2013年12月、インドモービルグループ(サリムグループ)の自動車部品・用品の卸売会社のPT.CENTRAL SOLE AGENCYと二輪および四輪用鉛蓄電池の製造会社PT. FURUKAWA INDOMOBIL BATTERY MANUFACTURING(FIBM、West Java州Bekasi)を資本金約19億円で、販売会社のPT. FURUKAWA INDOMOBIL BATTERY SALES(FIBS、同住所)を同約1億円で設立。古河電池の出資比率はFIBMが51%、FIBSが49%。FIBMの新工場(West Java州Purwakarta県の)生産開始は2015年1月予定。まず、急成長が見込まれる補修市場を取り込み、徐々に新車装着用の供給を計画。将来的には、東南アジアや中東への輸出拠点とする考え。
平安製作所
現地部品メーカーや機械商社と提携し、部品生産・販売の海外展開を本格化
 平安製作所は、2013年9月に現地自動車部品メーカーPT. Pamindo(Jakarta)と技術供与を軸に業務提携し、駆動系部品のドライブプレートの生産技術をライセンス供与。高度の成形技術を施した半製品を平安製作所から送り、Pamindoが完成品に仕上げる。インドネシアの日系自動車メーカーに供給を計画。さらにASEAN自由貿易協定の優遇関税を利用し、アセアン各国にも供給を拡大させる計画で、機械商社のマルカキカイ(大阪府)との協業で、物流網の整備、輸出に関わる業務での支援を得る。2年後には同製品の生産量を現状比2倍の年産100万個に増加させ、海外売上高2億円を目指す。
丸五ゴム
防振ゴム、トラック向け特殊ホースの量産へ
 丸五ゴムは、PT. MARUGO RUBBER INDONESIA(West Java州Karawang県)で防振ゴムの生産を2013年1月に開始。2013年の生産量は150万個。設備を増強して2014年は400万個、2015年は650万個に引き上げる。また、2014年2月からトラック向け特殊ホースの量産も開始。日本からの輸出分を生産移管した。2014年は7万本、2015年は16.5万本を生産する計画。生産力強化のための総投資額は約3.5億円。売上高は2013年の1億円から、2015年には8億円、その後20億円への引き上げを目指す。
丸順
ホンダ向けのプレス部品生産で現地企業と提携
 丸順は、自社工場をもたないインドネシアでも、ホンダの現地調達に対応できる体制を整える。現地企業と2013年内に生産技術を提供する契約を締結。丸順の生産技術を使い量産体制を整え、プレス部品の供給を始める方針。(2013年11月報道)

 

 



生産能力増強・新製品の追加:アイシン精機、IJTテクノロジー、ケーヒン、ジーテクト、TPR、中央精機など

会社名 活動内容
愛三工業
2015年夏をめどに新工場棟建設、スロットルボディ、燃料ポンプモジュールなどを増産
 愛三工業は、2013年度にPT. AISAN NASMOCO INDUSTRI(West Java州Bekasi)の工場に約10億円を投じて生産ラインを増設し、生産能力を約1割高めた。今後、2015年夏をめどに新工場棟を建設し、工場の延べ床面積を2割弱広げる。投資額は10億-20億円。新工場棟では、スロットルボディや燃料ポンプモジュール、キャニスターなどのエンジン部品を増産するほか、二輪車向け部品も生産。2016年に新エンジン工場を建設するトヨタやダイハツ向け供給増などに対応する。
アイシン精機
グループ会社のアドヴィックスと共に車体・エンジン・ブレーキ系部品の生産増強
 アイシン精機は、インドネシアで2つ目の生産会社PT. AISIN INDONESIA AUTOMOTIVE(West Java州Karawang県)を2014年3月に設立。車体部品の生産品目拡大(パワースライドドア、ドアハンドルほか)を図るとともに、新たに設備を導入してエンジンフロントモジュールなどのダイキャスト部品、オイルポンプほかのエンジン部品生産を2015年1月から開始する予定。加えて、アドヴィックスは、インドネシアではアイシングループとして初のブレーキ部品の生産会社PT. ADVICS MANUFACTURING INDONESIAを上記新会社と同じ敷地内に2014年4月に設立。ブレーキブースター、ドラムブレーキなどを同年12月から生産開始の予定。2社で経営資源を共有することで効率的な運営を図る。
IJT テクノロジー
現地子会社の増資、鋳造部品の一貫生産体制構築
 IJTテクノロジーホールディングス(いすゞ系部品メーカーのアイメタルテクノロジー、自動車部品工業、TDFが2013年10月に経営統合し設立した持ち株会社)は、旧アイメタルテクノロジー系の現地法人PT. Asian Isuzu Casting Center(AICC:West Java州Karawang県)の鋳造部品の生産能力を増加させる計画。旧TDFと旧自動車部品工業が経営統合前の2013年3月に設立した合弁会社PT.TJForge Indonesia(TJFI:West Java州Karawang県)の工場もAICCの敷地内に建設し、2014年5月に稼働予定。TJFIには、設備投資資金調達のため約36億円増資し、資本金を約60億円とした。アイメタルテクノロジーの鋳造品とTDFの足回りの鍛造部品製造、自動車部品工業の機械加工・組立を、一貫して行う体制を構築する。年産能力は鍛造品換算で約1万トン。
今仙電機
販売会社を2014年7月に設立、市場拡大や顧客への対応を迅速化
 今仙電機製作所は2014年4月、機構製品や電装製品など自動車用部品の現地販売会社のPT.IMASEN PARTS INDONESIA(仮称、West Java州Bekasi)を2014年7月に設立することを発表。インドネシア自動車市場の拡大、および顧客ニーズに迅速に対応するためで、営業開始は2015年1月(予定)。資本金は約3000万円。
木田精工
めっき加工を2014年から開始、日系メーカーから直接受注
 木田精工は、合弁会社のPT.Indo Kida Plating(West Java州Bekasi)で日系企業からの直接受注による二輪車や四輪車用ファスナー部品のめっき加工を2014年初から開始。これまでの合弁相手のねじメーカーPT.Garuda Metalindo(Jakarta)向けめっき加工が軌道に乗り、日本と同等品質を確立できたため事業拡大を図るもの。60%程度だった工場の稼働率を上げて、2015年4月期の売上高で前期見込み比6割増の8億円以上を目指す。受注動向を見て生産能力の増強も検討する。
ケーヒン
四輪用ECUの量産を2014年4月に開始
 ケーヒンは、PT. Keihin Indonesia(West Java州Bekasi)の第一工場で、インドネシアで初めて四輪車用ECUの量産を2014年1月に開始。同工場にある年産能力400万台の二輪車用ECUラインの一部を共用ラインとして活用するとともに、新たに小型かつシンプルな四輪用ラインを設置し投資額を抑えた。年産能力は約20万台。
JVC ケンウッド
アジア地域での拠点再編により、カーエレクトロニクス事業を強化
 JVCケンウッドは2014年1月、2014年度以降の固定費削減のため、海外の生産・販売拠点再編を発表。アジア地域では、インドネシアに新たに販売会社を設置すると共に、タイではJVC系・ケンウッド系の2販売会社を統合。生産面では、2014年度初頭をめどにマレーシアのJVC Manufacturing Malaysia Sdn. Bhd.(Johor州)でのカーエレクトロニクス製品の生産をインドネシアのPT. JVC Electronics Indonesia(West Java州Karawang県)に移管する。
ジーテクト
生産子会社2社を2014年3月に合併、CVT用部品も新たに生産開始
 ジーテクトは、現地子会社のPT.G-TEKT Indonesia Manufacturing(G-TIM。West Java州Karawang県)とPT. Auto-Body Manufacturing Indonesia (AMI)を2014年3月に合併。存続会社はG-TIMで、経営資源を集約し、事業の効率性を高める。G-TIMでは、トランスミッション部品/車体部品を製造しているが、CVT用部品の生産も2014年から開始した。これまで日本でのみ生産していた製品だが、納入先の現地調達化の要請に対応。
ダイキョー ニシカワ
エンジン部品製造の新工場を建設、2015年度中に稼働へ
 ダイキョーニシカワは、PT.DaikyoNishikawa Tenma Indonesia(West Java州Bekasi)がエンジン用部品の樹脂製オイルストレーナーを生産する新工場を建設し、2015年度中の稼働を計画。ダイハツの新工場に納入する。投資額は約8億円。従来、オイルストレーナーは金属製だったが、ダイキョーニシカワが樹脂化に成功し、内外でシェアを広げている。同社は、マツダ系部品メーカーの最大手で、マツダ向けの売上高が約7割だが、取引先を広げて経営基盤を強化する。
大豊工業
エンジン軸受の高効率な機械加工ラインを2015年に稼働
 大豊工業は、PT. Taiho Nusantara(West Java州Karawang県)の工場にエンジン軸受の高効率な機械加工「RRライン」を2ライン新設し、2015年に稼働する計画。同ラインは従来比で工程数を約30%削減。投資額も15%以上削減し、4億円程度とみられる。エンジン軸受の月産能力は1ライン当たり60万個。トヨタが同県の新エンジン工場で2016年前半から生産する計画の新興国向け戦略小型車のエンジン向けに現地供給する。
中央精機
アルミホイールの第2生産拠点が2014年1月に稼働
 中央精機は、アルミホイールを生産する第2工場のPT.CENTRAL MOTOR WHEEL INDONESIA(West Java州Karawang県)が2014年1月に操業開始。トヨタの次期「IMV」向けに増産するもの。投資額は26億円。第1工場に比べ、設備金額、生産スペース、人員数を削減。現地調達率を8割近くまで高め、コスト競争力を強化。年産能力は25万個。ダイハツ、日産の現地工場からも受注したため、年産能力を2014年10月に50万個、2015年春までに100万個に引き上げる。
TPR
四輪車向けピストンリングの生産能力を拡大
 TPRは、PT. TPR INDONESIA(West Java州Bekasi)の四輪車向けピストンリングの生産量を、2014年初の月40万~50万本から2016年度までに同90万~100万本に引き上げる。日系自動車メーカーのインドネシア、タイなどでの需要増に対応するもの。2016年度に同工場の総生産量は、二輪車・四輪車向け合計で同250万本に増加し、四輪車向け比率を2014年度の2、3割から4割程度に高める。
東伸
合弁会社の工場設備を増強し、2015年末に稼働
 東伸は、インドプリマ・グループとの合弁会社PT.Toshin Prima Fine Blanking (East Java州Surabaya市)の工場を2013年6月に稼働。ファインブランキング製品などをインドネシア国内に供給するとともに、タイにも輸出。インドネシアやタイでの日系自動車メーカーの需要増を受けて、2014年に1100トンと400トンプレス機を各1台導入。2015年初から、サスペンションやエキゾーストマニホールドのフランジ、クラッチ系部品などを生産する計画。2015年12月期に、売上高10億円を目指す。
ノリタケ
エンジン向けセラミック基板の生産能力増強
 ノリタケカンパニーリミティッドは、PT. NORITAKE INDONESIA(West Java州Purwakarta県)に2014年に数億円を投じて生産設備を増強する。これにより2015年にエンジン向けのセラミック製回路基板の年産能力を2014年の約5000万個から2割高める。日本の松坂工場にある焼成炉や基板に配線を印刷する装置も同工場に移管する。ノリタケは、海外売上高比率を2013年度の30%強から2015年度に40%に高めることを目標としており、インドネシア工場の設備増強もこの一環。更なる生産能力増強では、まずは工場の余剰スペースに機械を導入するが、将来的には建屋の拡張も検討。
日立化成
四輪車用粉末冶金製品製造の第2工場建設
 日立化成は、インドネシア子会社の社名を2013年11月にPT Hitachi Powdered Metals IndonesiaからPT Hitachi Chemical Indonesia(HCID。West Java州Karawang県)に変更。既存工場の敷地内に新たに四輪車用粉末冶金製品(エンジン/トランスミッション部品)を生産する第2工場を建設し、2015年春に量産開始予定。ダイハツ、ホンダなど主に日系自動車メーカーに供給する。既存の第1工場は二輪向けを生産中。四輪向けは従来、タイ工場から輸入し供給してきたが、取引先の現地化要請に応えるもの。2015年度の売上高は、2012年度比50%増を計画。
ファイン シンター
トヨタのTNGA対応で、2013年に工場に新ライン導入
 ファインシンターは、2013年に稼働したPT. Fine Sinter Indonesia(West Java州Karawang県)のショックアブソーバー部品の生産に、トヨタのTNGA(Toyota New Global Architecture)に対応した小規模で高効率な新ラインを初めて導入した。新ラインは、生産能力を従来比6分の1に小規模化したもので、投資額も半分以下に抑制。このため、従来は別の場所で行っていた成形後の機械加工を同じラインに組み込み生産効率を高めた。
ユタカ技研
第2工場を増設し、2014年1月から四輪事業を本格化
 ユタカ技研は、PT.YUTAKA MANUFACTURING INDONESIA (West Java州Bekasi)の既存工場に第二工場を増築し、四輪車の排気系製品(サイレンサー、キャタコンバータ)の増産を2014年1月から開始。既存工場は二輪ディスクブレーキ、二輪マフラーのアジアでの最大拠点。四輪用製品の年産台数は、サイレンサーが2013年の6.1万台から2014年に16万台、2016年に26.1万台に、キャタコンバータが2013年の4万台から2014年に14.3万台、2016年に24.9万台に拡大する。

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>