タイの日系部品メーカー:能力拡大、事業体制・開発機能強化などが続く

エイチワン、カルソニックカンセイ、GSユアサ、ジェイテクト、大豊工業、帝人、横浜ゴム、ヨロズ、プレス工業など

2014/09/03

要 約

Thailand Map 以下は、タイにおける日系自動車部品メーカーの新生産拠点構築、生産能力増強、開発拠点強化、生産品目拡大等の動きである (収録対象は、2014年8月上旬までの約11カ月間)。

 タイの2014年1-6月の自動車生産台数は、95.3万台(前年同期比29.0%減)と2013年後半からの減少が続いている。原因は、国内景気の減速や政局の混乱に伴い国内販売台数が2014年1-6月に44.1万台(同40.5%減)となっているため。輸出は、同56.0万台(同3.6%増)と比較的堅調である。

 こうしたなか、トヨタやホンダによる2014年のタイ国内販売計画の下方修正や、ホンダによる2015年予定の新工場稼働の延期方針などはあるものの、中期的にはトヨタをはじめとする日系完成車メーカーの生産能力拡大計画に大きな変更はない。日産は新工場を2014年7月に稼働させ、国内販売冷え込みの影響を輸出でカバーする計画。

 このような動きを受けて、日系自動車部品メーカーによる生産能力の増強が活発で、既存取引先の生産拡大への対応のみならず、納入先拡大に伴う生産体制強化の動きがみられる。また、現地生産拠点の完全子会社化、現地企業の買収、地域統括会社設立などによる事業体制の強化、生産品目の拡大、タイでの開発機能強化などにより事業拡大を図る動きもみられる。新生産拠点構築も、かつてほど多くはないが続いている。

タイにおける日系自動車部品メーカーの動き

新規進出  アステア(ピックアップ車用金属プレス部品)、ジヤトコ(CVT)、帝人(タイヤコード)、東プレ(骨格部品)、豊田鉄工(骨格部品)、大陽ステンレススプリング(スペーサー部品など)、福井鋲螺(圧造パーツ)
生産能力増強 <新工場・新棟建設>
 エイチワン(プレス工場)、カネミツ(プーリーの第2工場)、大豊工業(バキュームポンプ工場)、椿本チエイン(4棟目の建屋)、日清紡ブレーキ(商用車用ブレーキ工場)、日東精工(ねじの第3工場)、パイオラックス(樹脂製締結部品の新建屋)、ファインシンター(粉末冶金の新工場)、モルテン(樹脂部品の第3工場)、村上開明堂(ドアミラーの新建屋)
<設備増強>
 帝人(ホースコード)、ヨロズ(金型製造)、愛知製鋼(鍛造品)、カルソニックカンセイ(熱交換器など)、北川鉄工所(鋳造部品)、日鍛バルブ(四輪車向けバルブ)、日本電産トーソク(コントロールバルブ)など
<能力増強延期>
 住友ゴム(乗用車用ラジアルタイヤ増産)、ユタカ技研(トルクコンバーターなどの第2工場稼働延期)
生産品目拡大  JVCケンウッド(車載カメラ)、ジェイテクト(パワステの構成部品)、日本モリマー(精密部品)、プレス工業(大型トラック用および1トンピックアップ用リアアクスルケース)、ユニバンス(トランスファーユニット)
事業体制強化・再編  新日鉄住金(2子会社の経営統合)、田中精密(地域統括会社)、タチエス(完全子会社化)、カルソニックカンセイ(連結子会社化)、日本モリマー(買収)、山下ゴム(日本からの生産移管)
開発・技術センター等 <新規設立>
 アステア(金属部品の設計・開発機能)、GSユアサ(鉛電池の開発調査会社)、
<拡充・強化>
 ポリプラスチック(新技術センター)、横浜ゴム(タイヤ性能試験用テストコース拡充・開発体制)

(資料)各社の計画から作成


 なお、タイ以外のASEAN諸国における日系自動車部品メーカーの動きは、2014年6月に掲載した "インドネシアの日系部品メーカー"と "ベトナム、マレーシア、ラオス、ミャンマーの日系部品メーカー" に収録した。

 日系部品メーカー動向関連レポート:
インドネシア編 (2014年6月)、ベトナム/マレーシアなど編 (2014年6月)、欧州編 (2014年7月)、米国編 (2014年3月)
中国編(下):華南・華北・東北などでの動向 (2014年3月)、中国編(上):華東・華中地域の動向 (2014年3月)
中南米編(下) (2014年2月)、中南米編(上) (2014年2月)、
タイ編(上) (2014年1月)、タイ編(下) (2014年1月)、ASEAN編 (2013年11月)
欧州編 (2013年10月)、インド編 (2013年8月)



生産拠点の新規構築:ジヤトコ、帝人、東プレ、豊田鉄工など

 

会社名 活動内容
アステア
ボディ骨格の金属部品を2014年秋から委託生産
アステアは、タイの現地メーカーに金型や設備を供給して、ボディの骨格となる金属プレス部品を2014年秋から量産する。三菱自動車の現地工場に次期1トンピックアップ車の部品を納入する。2013年7月には、設計や開発を行う現地法人ASTEER(THAILAND)CO.,LTD.を設立。
ジヤトコ
新工場でのCVTの本格生産を2013年7月開始
ジヤトコは、2013年7月にJATCO(Thailand)(Chonburi県)新工場で小型車用CVTの生産を年50万台規模で立ち上げた。当面は70万台まで増やす計画だが、100万台まで対応可能という。日本への輸出も開始。軽自動車の販売増によるCVT需要増加を受けたもの。
大陽ステンレス
スプリング
スペーサー部品などを生産する工場建設
大陽ステンレススプリングは、2014年4月にTaiyo Stainless Spring MFG(Thailand)Co.,Ltd.(Chonburi県)の新工場を建設。当初はステンレス製スペーサー部品やブッシュ部品などを月10万個生産し、現地部品メーカーに供給。順次生産能力を増強し、年3億円の売上を目指す。
大東プレス
トラック・バス用ミラーを対日輸出、現地自動車メーカー向けにも供給
大東プレス工業は、トラック・バス用ミラーの海外売上高を2013年度の1億円から2015年度に4億円へ引き上げる計画。このため、中国子会社で増産体制を整えたほか、タイ子会社のDAITO LANG MIRROR (THAILAND) Co., Ltd.(Chonburi県)で2014年4月から現地商用車メーカー向けにトラック用ミラーのアームを供給。同年末までにバックミラーと周辺装置をセットで納入する予定。この他、トラック・バス用ミラーの完成品を2013年12月から日本に輸出。
帝人
自動車用ゴム資材事業を拡大
帝人は、タイヤ補強材のタイヤコード生産メーカーの綾羽㈱との合弁でTeijin FRA Tire Cord (Thailand) Co.,LTD.(Ayutthaya県のTeijin(Thailand) Limited敷地内)を2014年6月に設立。資本金は3.8億バーツ。工場は2015年10月に稼働し、タイヤコードの撚糸、製織、接着加工を開始する。投資額は36億円。年産能力は約1.6万トン。また、Teijin Cord (Thailand) Co.,Ltd (Ayutthaya県)では、自動車用ホース補強材のホースコードの生産設備を増設し、2015年4月には年産能力を2013年度比約7割増の750万トンに引き上げる。
東プレ
プレス部品の自社工場を建設し、2015年7月稼働予定
東プレは、プレス部品販売を行うTOPRE(THAILAND)CO.,LTD.(Bangkok)の新工場建設を決定。2015年7月に稼働予定。従来、委託生産していた車体骨格部品を、新規受注分から自社生産に切り替える。超高張力鋼板にも対応する。投資額は約100億円。新工場の2016年度の売上高は80億円を計画。
豊田鉄工
新工場が2015年4月に稼働、トヨタにブレーキペダル、ホンダに車体骨格部品納入
豊田鉄工は、2013年6月にToyotetsu (Thailand) Co., Ltd. (Prachin Buri県)を設立。資本金は約31億円。新工場は2015年4月に操業開始予定。トヨタに次期「IMV」向けブレーキペダル、クラッチペダルを納入するほか、初受注のホンダには新四輪車工場に車体骨格部品を納入する。投資額は35億円。
福井鋲螺
特殊形状の圧造パーツ工場の開所式を2014年3月に実施
福井鋲螺は、2014年3月、Fukui Byora (Thailand) Co., Ltd. (Rayong県)の新工場の開所式を実施。アジアでの自動車、家電、エレクトロニクスメーカーからの関連部品の需要拡大を見込んだ進出。生産品目は、微小・特殊形状の圧造パーツなど。

 

 



納入先拡大、開発拠点新設、事業体制強化:市光工業、GSユアサ、新日鉄住金、横浜ゴム、ヨロズなど

 

会社名 活動内容
市光工業
フォードの現地工場にランプ納入開始
市光工業は、2013年3月からIchikoh Industries (Thailand) (Rayong県)で日産、三菱自動車のアセアン域内工場向けに各種ランプを生産しているが、2014年からフォードのタイ工場向けにもランプの納入を開始。資本提携先のヴァレオを通じて受注したもの。今後もヴァレオと提携してアセアン域内の欧米自動車メーカーへの受注を強化し、タイ生産拠点の稼働率引き上げを図る。
GSユアサ
鉛電池の開発拠点を2014年1月設立、四輪車用鉛電池を2018年度までに年500万個生産
GSユアサは、2014年1月にGS Yuasa Technical Center Ltd.(Samutprakarn県)を全額出資で設立。資本金約1億円。投資額は約3億円(予定)で、東南アジアおよび周辺国の地域特性に応じた自動車用・二輪車用鉛電池の開発、市場調査を行う。高品質・低コストの生産設備も開発する。同社は、タイでの四輪車用の鉛電池の生産を2012年度実績の約300万個から、2018年度までに年500万個に引き上げる計画。タイでのアイドリングストップ車用バッテリーの需要拡大や周辺国への輸出増加を見込む。
新日鉄住金
現地2子会社を2014年7月に経営統合
新日鉄住金は2014年3月、タイで自動車用電縫管事業を展開している旧新日鉄子会社のSiam Nippon Steel Pipe Co., Ltd.と旧住友金属子会社のTHAI STEEL PIPE INDUSTRY COMPANY LIMITEDが、同年7月に新設合弁の方式で経営統合すると発表。新会社は、NIPPON STEEL & SUMIKIN PIPE (THAILAND) CO., LTD.(Chonburi県)で、事業基盤の強化、経営資源の効率化を図る。新会社の年産能力は17.6万トン(造管ベース)。
タチエス
米リア社との合弁会社を解消し、完全子会社化
タチエスは2014年4月、米リア社との合弁会社4社の出資比率変更を発表。このうち、タイと米国の2社ではタチエスグループが100%出資し運営。タイ子会社名を、TACLE Seating Thailand Co.,Ltd.からTACHI-S AUTOMOTIVE SEATING (THAILAND) Co.,Ltd (Samutprakarn県)に変更。合弁会社設立から約8年が経過し、各地域での運営・生産が安定したことから合弁形態を見直し、顧客対応の一層のスピードアップと向上を図るもの。
田中精密
地域事業統括会社を2014年4月設立
田中精密工業は、インド、アジア大洋州地域の事業統括本部としてAsian Tanaka Bangkok Co., Ltd.を2014年4月に設立。資本金は約3000万円。同地域の自動車及び二輪車市場は今後も継続的な拡大が見込まれるため、タイ、インド、ベトナムの製造子会社での事業運営を最適化し、経営資源面でのサポートを行い、グローバル競争力を確保する。
ポリプラスチックス
新技術センターを2014年2月に拡張移転
ポリプラスチックスは、Polyplastics Marketing (T) Ltd. (Bangkok)の新ASEAN Technical Solution Center (Pathum Thani県Thailand Science Park)の開所式を2014年2月に実施。従来のセンターを約2.5倍に拡張し近隣に移転したもの。投資額は約1.6億円。各種エンジニアリングプラスチックの輸入販売において、自動車・部品メーカー等による現地での開発設計へのサポートを強化するため、設備・人員も拡充。同センターをタイのみならず他のASEAN各国、インドをカバーする重要拠点と位置付け。
山下ゴム
埼玉工場からの防振ゴム生産移管を2014年に完了
山下ゴムは、埼玉工場での生産を2014年に終了する予定。すでにホース、チューブ、防振ゴムなどの大部分はY-TEC CO.,LTD.(Prachinburi県)の工場に生産移管したが、残りの防振ゴムもタイでの生産体制が整い次第、移管する計画。
横浜ゴム
タイヤ性能試験用のテストコース拡充、開発体制も併設し新車用生産比率引き上げ
横浜ゴムは、Yokohama Tire Manufacturing (Thailand) Co., Ltd. (Rayong県)のTire Test Center of Asiaのタイヤ性能試験用のテストコースの拡充工事を2013年10月に完成。タイヤの運動性能、振動性能の全ての評価が可能となり、加えて、新たに開発センターも併設。設計に関する機能や権限を日本から順次移行しつつ、タイ工場での新車向け生産比率を2013年の3割から2015年末までに5割以上に引き上げる計画(残りはアフターマーケット向け)。年産能力は2013年で400万本だが、需要に応じて拡大する方針。
ヨロズ
トヨタからIMV用部品初受注、金型の生産能力拡充
ヨロズは、トヨタからIMV(ピックアップトラック、SUV、ミニバン)用の部品を初受注。フレーム部品やリアサスペンションリンクなどを新型車立ち上げに合わせ、2015年以降順次Yorozu(Thailand) Co., Ltd(略称YTC、Rayong県)、Y-Ogura Automotive(Thailand) Co,. Ltd.(同県)の工場から納入する。また、サスペンションなどの足回り部品に使う金型製造では、Yorozu Engineering Systems Thailand (Rayong県YTC内)の設備を増強して、年産能力を2013年度の約250型から2016年度までに約700型に引き上げる。

 

 



生産能力増強:エイチワン、カルソニックカンセイ、大豊工業、日清紡ブレーキ、日鍛バルブ、村上開明堂など

 

会社名 活動内容
愛知製鋼
鍛造品の生産能力を中期的に増強
愛知製鋼は、エンジン向け鍛造品の海外生産比率を2013年度の29%から2015年度に34%に拡大する。その一環として、Aichi International (Thailand) Co., Ltd.(Chonburi県)の鍛造品生産設備を増強し、中期的に供給能力を高める。また、これまで進めてきた現地社員の日本での実習生教育では、鍛造生産ラインを中心により高いレベルでの技能習得を進めると共に、今後現地工場に生産トレーナーを派遣して日本の生産ノウハウを定着させる取り組みを強化する。
エイチワン
南部のプレス工場を増設、ホンダ以外の日系メーカーからの受注に対応
エイチワンは、タイ南部のH-ONE Parts Sriracha (Chonburi県)の溶接専用工場に建屋を増設し、2500トントランスファープレス機などを導入して拡張。2014年2月にプレス工場を稼働し、日野自動車、スズキ、三菱自動車のピックアップ車向けにプレス部品を納入開始。投資額は約13億円。2015年には1500トントランスファープレス機も導入する予定。同工場は、ホンダ以外の自動車メーカーへの専用工場との位置付け。
カネミツ
プーリーの第2工場が2013年11月竣工、2014年度には前工程ラインを増設
カネミツは、Kanemitsu Pulley (Rayong県)の第2工場が2013年11月に竣工、自動車用プーリーを中心とする部品の年産能力を900万個へと5割高めた。2014年度は、ボス(突起)部加工専用ラインを2ラインに倍増させ需要増に対応する。
カルソニック
カンセイ
南部の製造会社を連結子会社化、熱交換部品などの生産能力増強へ
カルソニックカンセイは2013年12月、Siam Calsonic(Chonburi県)の出資比率を49%から51%に引き上げ連結子会社とした。従来の取引先の日産、GMなどに加えて、三菱自動車からの初受注やマツダへの納入増などによる熱交換部品や排気部品の事業拡大に対応するため、工場の生産能力引き上げを2014年に実施する。
北川鉄工所
鋳造部品の生産能力を2014年中に増強
北川鉄工所は、Kitagawa (Thailand) Co., Ltd. (Chonburi県)のグレー鋳鉄、ダクタイル鋳鉄、高ニッケル鋳鉄などの鋳物部品の年産能力を2013年度の1.2万トンから2015年1月までに1.7倍に引き上げる。タイをはじめとする東南アジア諸国、中国に出荷し、売上高を2013年度の45億円から2015年度に約60億円に増加させる。
住友ゴム
乗用車用ラジアルタイヤの増産を先送り
住友ゴムは、Sumitomo Rubber(Thailand) Co., Ltd.(Rayong県)で2014年に計画していた乗用車用ラジアルタイヤの日産10万本への増産を、2016年に変更。欧州の景気低迷で、タイからのタイヤ輸出が減少しているため。
タイガース
ポリマー
ホンダ向け燃料用ホースを増産
タイガースポリマ-は、2014年度にTIGERPOLY (THAILAND) LTD.(Ayutthaya県)の燃料用ホースの生産能力を金額ベースで前年度比3割増の約3億円に引き上げる。主要取引先のホンダの増産を見込んだもの。
大豊工業
エンジン軸受等の生産能力を2015年度までに増強、バキュームポンプの新工場建設
大豊工業は、エンジン軸受の月産能力を2012年度の3千万個から2015年度に4千万個に増強する計画。うち、タイ、インドネシアなど東南アジアの工場では350万個増加。また、低燃費化エンジンのグローバル対応では、タイ子会社Taiho Corporation of Thailand(Prachin Buri県)にバキュームポンプを生産する新工場を2014年2月に完成。
椿本チエイン
タイミングチェーンの生産能力を2014年度中に拡充
椿本チエインは、Tsubakimoto Automotive (Thailand) Co., Ltd. (Chonburi県)に4棟目の工場建屋を導入し、組立ラインや部品の製造設備を設置し、2014年度中にタイミングチェーンと構成部品の生産能力を2013年度比1.5倍に増強する。タイを中心に東南アジアでの需要増に対応するほか、構成部品については中国の自社生産拠点にも供給する計画。
日清紡ブレーキ
商用車用ブレーキの新工場を建設、2014年12月に量産開始
日清紡ブレーキは、2013年7月にNisshinbo Commercial Vehicle Brake Ltd.(Rayong県)を設立。資本金は2.7億バーツ。商用車向けドラムブレーキ専用工場を2014年5月に竣工、同年12月に量産出荷予定。主にタイ国内とインドネシアに出荷する。投資額は約15億円。今後、Nisshinbo Somboon Automotive Co., Ltd.(Rayong県)の第1工場を摩擦材の専用工場に、第2工場を乗用車向けドラムブレーキ工場にする計画。 
日鍛バルブ
四輪車向けエンジンバルブの生産能力増強
日鍛バルブは、2014年-2016年の期間にNittan (Thailand) Co., Ltd. (Chonburi県)の工場で、四輪車向けバルブの生産ラインを追加し、二輪車向けを含めた年産能力を2013年度比約2割増の3000万本に拡大する。従来の二輪車向け中心の生産体制から転換し、四輪車向けを増強する。
日東精工
ねじの新工場を建設、2014年4月に稼働
日東精工は、NITTO SEIKO(THAILAND)CO.,LTD.(Samutprakarn県)の3カ所目の工場を2014年4月に稼働。自動車部品メーカーからの受注拡大に対応し、ねじの生産能力を前年度比15%増加させる。投資額は3億円。工場増設により、タイでの2014年度の売上高を前期比7割増の20億円にする計画。 
日本電産トーソク
グループ会社工場を借りて増産体制整備
日本電産トーソクは、タイでは購買拠点の駐在員事務所(Bangkok)を置くが自社工場を持たず、グループ会社のタイ日本電産Rangsit工場(Pathumthani県、HDD用スピンドルモーターの製造)の余力スペースや設備を借り、コントロールバルブなどの自動車部品を生産。増産体制整備も同工場で実施。
パイオラックス
工場隣接地に建屋購入、生産スペース拡大
パイオラックスは、2013年に既存工場のPiolax (Thailand) Ltd.(Rayong県)隣接地の土地と建屋を購入。生産スペースを2.3倍に拡大。投資額は約4億円。中期的な生産拡大を見込んだもの。現在は、樹脂製締結部品の生産が中心だが、将来は金属製締結部品の生産も検討。
ファインシンター
既存工場と同じ工業団地に新工場建設、2015年めどに稼働
ファインシンターは、Thai Fine Sinter Co., Ltd.(Rayong県)でトヨタの次期IMV向けの変速機部品供給のための増強を実施。また、次の拡大を見込み既存工場と同じ工業団地に用地を取得。粉末冶金部品の新工場を建設する。生産品目は、既存工場と同じエンジンバルブやショックアブソーバーの部品、変速機部品。トヨタやその他日系メーカー向け供給増を見込んだもので、2015年の稼働を予定。投資額は30-40億円。新工場には、小規模・高効率の新生産ラインを投入し、投資負担を軽減する。
モルテン
第3工場を建設し、樹脂部品の生産能力増強
モルテンは、Molten Asia Polymer Products Co.,Ltd. (Rayong県)の敷地内に第3工場を建設し、樹脂部品の生産能力を増強。タイをはじめとするアセアン各国での自動車生産の拡大に対応。量産開始は2014年9月予定。投資額は8200万バーツ。納入先は、日系部品メーカー。
村上開明堂
第2工場を拡張し、ドアミラーの生産能力拡大
村上開明堂は、Murakami Ampas (Thailand) Co., Ltd. (Samutprakarn県)の第2工場に新建屋を建設。第2工場の延べ床面積を、従来の約5千平方メートルから1.3万平方メートルに拡張し、乗用車のドアミラーの生産能力を2割増強。2014年4月から稼働。投資額は約8億円。
ユタカ技研
第2工場(トルクコンバーターなど)の稼働を2015年以降に延期
ユタカ技研は、YS TECH (THAILAND)CO.,LTD. (PRACHINBURI県)の第2工場を2016年までに2段階に分けて建設し、年産能力(トルクコンバーターの場合)を、2013年の40万台から60万台に増強する計画。第1段階の工場棟は、2014年1月に完成したが、稼働時期は現地市場の低迷を受けて2014年中の予定から2015年以降に延期された。生産品目は第1工場と同じで、サイレンサー、キャタコンバーター、トルクコンバーター。

 

 



生産品目拡大: JVCケンウッド、ジェイテクト、日本モリマー、プレス工業、ユニバンス

 

会社名 活動内容
JVCケンウッド
北米向け車載カメラを2014年3月から量産開始
JVCケンウッドは、JVC Optical Components (Thailand) Co., Ltd.(Nakhon Ratchasima県)で生産ラインを増設し、2014年3月から車載カメラの量産を開始。北米の車載カメラ搭載の義務化やデジタルコックピットシステムへの需要拡大を見越して、車載カメラの内製を開始したもの。2014年度で約5万台を出荷予定。2016年度には100万台の出荷を目指す。需要動向を見ながら次のライン増設や建屋増設も検討。投資額は今後詰める。
ジェイテクト
原価低減のためパワステの構成部品を内製化
ジェイテクトは、新中期経営計画(2014~2018年度)で営業利益率7.5%の目標を掲げている。対策の一つとして主力のパワーステアリングの原価低減を図る。奈良工場とタイで、2015年度の新型車向け製品の立ち上げに合わせてラインを新設し、構成部品を生産。外部購入から内製に切り替える。具体的品目は明らかでない。
日本モリマー
タイの現地企業を買収し精密部品の生産へ
日本モリマーは、2013年7月に現地企業のTIK Manufacturing Co., Ltd.(現TS Molymer Co., Ltd. Samut Prakarn県)を買収。2014年には隣接する現地企業のMunekata Thai Plastics Co., Ltd(Samut Prakarn県)の株式の大半を取得し子会社化。これにより、精密部品の金型製作から成型、塗装、組立までの一貫生産体制を築き2014年9月から生産開始する。買収金額は10億円。
プレス工業
1トンピックアップ向けリアアクスルケースを2014年に新たに生産
プレス工業は、THAI SUMMIT PKK BANGPAKONG CO.,LTD.(Chonburi県)の工場を増築し、2013年8月から大型トラック用のリアアクスルケースの生産を開始。2014年には、新たに受注した全面改良の1トンピックアップトラック向けのリアアクスルケースを生産する。
ユニバンス
レンタル工場で日産車向けトランスファーユニットを生産開始
ユニバンスは、2014年からUNIVANCE (Thailand) Co., Ltd. (Chonburi県)の既存工場近くのレンタル工場に生産設備を整え、日産のSUV向けFF車用トランスファーユニットの生産を新たに開始した。投資額は約4億円。同トランスファーユニットの海外生産は、これまで主に米国とインドネシアの工場で行われていた。

(参考資料:各社広報資料, 各紙報道)

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>