(株) 村上開明堂

会社概要

■URL

http://www.murakami-kaimeido.co.jp

■本社所在地

〒420-8550 静岡県静岡市葵区伝馬町11-5

業容

-自動車用バックミラーの最大手。独立系。

-2017年3月期、トヨタ自動車向け売り上げが全体の36.1%。

-バックミラーの国内シェア約40%、世界シェア約7% (2016年11月時点、同社調べ)。

-ミラーシステム事業部、オプトロニクス事業部の2部門で構成。鏡面部から機構、電気系統まで、ミラー製造のほぼ全工程における内製が可能。


業績ハイライト

-2017年3月期、連結売上高69,906百万円 (6.4%増)、経常利益7,567百万円 (19.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益5,020百万円 (23.3%増)。

日本:主力の自動車用バックミラーの販売数量が前年実績を上回った結果、売上高は40,061百万円 (8.6%増)。
アジア:タイ国における自動車用バックミラーの販売数量の減少があったものの、中国やインドネシアにおける自動車用バックミラーの販売数量の増加により、売上高は18,095百万円 (3.5%増)。
北米:メキシコ新工場の稼働による自動車用バックミラーの販売数量の増加により、売上高は11,748百万円 (3.9%増)。
*( )内は前期比の増減率を示す。

-中国広東省佛山 (Foshan) 市に、中国で2カ所目となる自動車用バックミラー製造工場を建設し、2018年1月に稼働する予定。

-自動運転や安全運転システムなどへの対応や、法改正に伴う後方視認装置の新基準に対応する製品の開発に注力している。

資本構成

-東京証券取引所第二部上場 (2017年3月31日現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
株式会社豊英社 14.20
個人株主 7.97
ビービーエイチ フォー フィデリティ ロー プライスド ストック ファンド 6.41
旭硝子株式会社 5.64
株式会社三菱東京UFJ銀行 4.76
株式会社静岡中島屋ホテルチェーン 3.51
株式会社静岡銀行 3.50
明治安田生命保険相互会社 3.41
東京中小企業投資育成株式会社 3.06
バンク オブ ニューヨーク ジーシーエム クライアント アカウント ジェイピーアールデイ アイエスジー エフイー―エイシー 3.04
合計 55.55

主要製品

ミラー関連製品 (Mirror Systems)
親水機能付ミラー (HCM) (Hydrophilic clear mirrors; HCM)
エレクトロクロミックミラー (Electro-chromic mirrors)
非球面ミラー (Aspheric mirrors)
小型電動格納ユニット (Power folding units)
アクチュエーター (Actuators)
ブラインドスポット表示ミラー (Blind Spot indicator Mirror; BSM)
スーパーヒーター (Super heaters)
足下照明内蔵ドアミラー (Door mirrors with foot light)
オート電動格納ミラー (Auto retractable mirrors)
ターンランプ付ドアミラー (Door mirrors with turn lamp)
サイドカメラ付ドアミラー (Door mirrors with side camera)
リバースギア連動ミラー (Reverse-gear combination mirrors)
インジケーター付防眩ワイドインナーミラー (Antidazzle wide inner mirrors with indicators)
防眩ワイドインナーミラー (Antidazzle wide inner mirrors)
車両インレット用アクチュエーター (Actuator units for electric vehicle inlet)

光学薄膜製品 (Opt + Electronics)
凹面成型ミラー (Concave mirrors)
非球面 (球面) ミラー (Aspheric (Spheric) mirrors)

機構製品 (Components)
アクティブスポイラーコントローラー (Active spoiler controllers)

沿革

1948年03月 明治15年創業の「開明堂」より営業を継承し、鏡の製造加工、ガラス卸販売を主たる業務として、(株) 村上開明堂を設立。
1958年09月 トヨタ自動車工業 (株) (現トヨタ自動車 (株))よりバックミラーを受注し、生産を開始。
1967年11月 バックミラーの生産拡大のため、静岡県藤枝市に藤枝事業所を建設。
1967年12月 三菱重工業 (株) (現三菱自動車工業 (株)) よりバックミラーを受注。
1968年04月 建材事業の首都圏の拠点として、東京都葛飾区に東京事業所を開設。
1975年01月 旭硝子 (株) との共同出資により、静岡オートグラス (株) を設立し、自動車ガラスの販売部門を分離。
1977年10月 建材事業の拠点として、静岡県静岡市に流通センター事業所を建設。
1981年05月 旭硝子 (株) および静岡市内の同社系列特約店との共同出資により、(株) 静岡サンミラーを設立し、鏡、硝子加工部門を分離。
1983年04月 筒中プラスチック工業 (株) との共同出資により、(株) カイツ (現 (株) 村上開明堂化成) を設立し、化成品部門を分離。
1989年02月 光学産業分野の需要に応えるため、ファインガラス事業に進出。
1989年12月 米国ミシガン州にKeeler Brass Companyとの共同出資によりKeeler Murakami Inc,を設立し、バックミラーの現地生産を開始。
1990年07月 バックミラーの生産体制充実のため、静岡県焼津市に焼津事業所を建設。
1991年11月 社団法人日本証券業協会 (現日本証券業協会) に株式店頭登録。
1992年09月 Keeler Brass Companyとの合弁契約を解消し、米国市場より撤退。
1993年03月 筒中プラスチック工業 (株) との共同出資により設立した (株) カイツ (現 (株) 村上開明堂化成)を100%子会社とする。
1995年03月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
1996年10月 バックミラーの生産体制充実のため、静岡県藤枝市に大井川事業所を建設。
1997年11月 タイ国にAmpas Industry Co., Ltd.との共同出資により、Murakami Ampas (Thailand) Co., Ltd.を設立し、バックミラーの現地生産を開始。
1999年12月 (株) 静岡サンミラーを解散し、鏡、硝子加工業務を (株) 村上開明堂テクノに移管。
2000年06月 米国ケンタッキー州にバックミラーの生産および販売拠点として、100%子会社 Murakami Manufacturing U.S.A.Inc.を設立
2001年07月 タイにバックミラーの生産および販売拠点として、100%子会社 Murakami Manufacturing U.S.A. Inc. を設立
2001年10月 中国におけるオプトロにクス分野での販売拡大のため、100%子会社村上開明堂 (香港) 有限公司 [Murakami Corporation (Hong Kong) Limited]を設立
2002年11月 中国におけるバックミラー製造および販売拠点として、(株) 石崎本店との共同出資により、嘉興村上石崎汽車配件有限公司[Jiaxing Murakami Ishizaki Corporation.]を設立。
2004年03月 タイにおける金型の製造および販売拠点として、(株) 斉久精機との共同出資により、Murakami Saikyu (Thailand) を設立。
2007年05月 福岡県朝倉市にバックミラーの製造および販売拠点として、100%子会社 (株) 村上開明堂九州を設立。
2008年02月 中国におけるバックミラーの製造および販売拠点となる嘉興村上開明堂汽車配件有限公司[Jiaxing Murakami Kaimeido Corporation]が、営業許可を取得。
2011年02月 中国における自動車用ランプ部品の製造および販売を目的として、OLSA S.p.A.との共同出資により、嘉興奥尓薩村上汽車配件有限公司[Jiaxing OLSA Murakami Corporation]を設立。
2011年12月 バックミラーの生産体制充実のため、静岡県藤枝市に築地工場を建設。
2012年07月 嘉興村上石崎汽車配件有限公司[Jiaxing Murakami Ishizaki Corporation]を存続会社として、嘉興村上開明堂汽車配件有限公司[Jiaxing Murakami Kaimeido Corporation]を吸収合併。
2012年09月 嘉興村上石崎汽車配件有限公司[Jiaxing Murakami Ishizaki Corporation]の社名を嘉興村上汽車配件有限公司[Jiaxing Murakami Corp.]に変更。
2012年11月 インドネシアにおけるバックミラーの製造および販売拠点として、PT Delloydの発行済株式の51%を取得し子会社化。
2013年02月 PT Delloydの社名をPT. Murakami Delloyd Indonesiaに変更。
2013年09月 タイ国における、バックミラーの設計・生産準備の請負を目的として、100%子会社Murakami Corporation (Thailand) Ltd.を設立。
2014年02月 メキシコにおける、バックミラーの製造および販売拠点として、100%子会社Murakami Manufacturing Mexico, S.A. de C.V.を設立。
2016年09月 インドに100%子会社Murakami Manufacturing India Private Ltd.を設立。
2016月10月 中国広東省佛山市にバックミラーの製造及び販売拠点として佛山村上汽車配件有限公司[Foshan Murakami Corporation](孫会社)を設立。

補足 1

技術援助契約

(2017年3月31日現在)
相手方の名称 契約の内容 契約期間
健生工廠股份有限公司
[Ken Sean Factory Co., Ltd.]
(台湾)
福特六和汽車 (Ford Lio Ho Motor) を除く日系自動車メーカーを含む台湾自動車メーカー向けバックミラーに関する設計、製造技術の供与 2017年2月1日から
2018年1月31日まで*
Ampas Industries Co., Ltd.
(タイ)
バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2016年12月29日から
2017年12月28日まで*
Delloyd Industries (M) Sdn. Bhd.
(マレーシア)
バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2016年12月5日から
2017年12月4日まで*
Ficosa Do Brasil, Ltda.
(ブラジル)
バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2004年9月1日から
契約対象製品の
納入終了まで
Ficosa International S.A.
(スペイン)
バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2016年6月30日から
2017年6月29日まで*
Murakami Ampas (Thailand) Co., Ltd. バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2016年7月1日から
2017年6月30日まで*
Murakami Manufacturing U.S.A. Inc. バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2017年1月1日から
2017年12月31日まで*
Murakami Manufacturing (Thailand) Co., Ltd. バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2016年6月30日から
2017年6月29日まで*
嘉興村上汽車配件有限公司
[Jiaxing Murakami Corporation]
バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2016年8月30日から
2017年7月31日まで*
Metagal Argentina S.A.
(アルゼンチン)
バックミラーに関する設計、製造技術の供与 2016年1月27日から
2017年1月26日まで*

*双方が契約の更新を望むときは、1年毎に自動的に更新。

>>>2008年3月期の動向
>>>2009年3月期の動向
>>>2010年3月期の動向
>>>2011年3月期の動向
>>>2012年3月期の動向
>>>2013年3月期の動向
>>>2014年3月期の動向
>>>2015年3月期の動向

>>>(株) 村上開明堂のIR情報

>>>次年度業績予想 (売上、営業利益等)