カテゴリー別製品一覧

加工技術

概要
株式会社 笹川プラスチック工業所
自動車部品(外装)
自動車用レンズ

使用樹脂:PC、PMMA等
概要
丸山工業 株式会社
順送プレス加工の部品
若干複雑な形状ですが、順送プレス1工程にて加工しています。
概要
丸山工業 株式会社
少量ロットのスプール加工
十数個程度のロットに対応した、比較的安価な金型にて製作しています。
概要
丸山工業 株式会社
パイプ加工とプレス加工との複合加工
パイプ端末加工機にて比較的少ない工程で安価に大量生産します。

3カ所の切欠きもプレスで同時に加工します。
概要
丸山工業 株式会社
シールド部品
内径部は特に精度を要求(±0.05程度)されますが、順送プレスにて生産しています。
概要
丸山工業 株式会社
カラー部品
材料は精密引抜き鋼管を使用。

NCではない、自動面取り機にて安価に、しかし職人のセッティングにより精度の良い面取りを実現しています。
概要
丸山工業 株式会社
スペーサー部品
市販の板厚の決まった材料をスタンプして板厚を変えています。

板厚の精度に特に絞り込んだ加工です。

順送プレスにより安価に提供しています。
概要
丸山工業 株式会社
両端末シボリ&スプール部品
素材はSTKM11A。

パイプの両端末ともにシボリ加工とスプール加工、さらには若干のカール加工もしています。それぞれをワンチャックで行なうため、低コストにて加工できます。

表面処理はMFNi(2層)。
概要
丸山工業 株式会社
プレスで斜めカットする部品
素材はSTKM11A。

バルジ等の端末加工をした後、プレスにて曲げ加工、プレスにて斜め切断加工をしています。

プレスなので低コストにて加工できます。
概要
丸山工業 株式会社
NCパイプベンダーによる曲げ加工
素材はSTKM11A。

パイプ両端末にスプール加工、バルジ加工等を行なった後にNCパイプベンダーにて3次元的に曲げ加工を行なっています。

表面処理はMFNi(2層)。
概要
丸山工業 株式会社
ボルトカシメ部品
プレートはSPHC板厚5.0。

プレート製作も順送プレスのみ。

穴明けはもちろん、ボルト用のザグリまで順送にて加工しています。

最後にプレスでボルトを圧入しています。
概要
丸山工業 株式会社
両端異形状面取り部品
素材はSTKM11A。

パイプを切断して面取りする製品ですが、両端の面取り角度や面取り量が異なります。

NC旋盤のような機械ではありませんが、職人の技により長さ寸法も±0.2以下にて管理しています。
概要
丸山工業 株式会社
複合加工部品
素材はSPCC。板厚は0.6と1.4。

2つの部品から成り、それぞれは順送1工程にて加工。

さらにハンドリングロボットにてスポット溶接とCO2溶接をワンチャックにて加工することにより、全体として低コストを実現しています。
概要
丸山工業 株式会社
角パイプ曲げ部品
NCパイプベンダーにて角パイプを曲げた部品です。
概要
丸山工業 株式会社
丸棒曲げ&溶接加工部品
素材は鉄ですが、パイプではなく丸棒を加工した製品です。

NCパイプベンダーとプレスにて曲げた丸棒をCO2溶接にて接合し、さらにナットを溶接したプレートをプロジェクション溶接しています。
概要
丸山工業 株式会社
パイプにプレスで穴明け部品
パイプに9カ所の穴をプレスで同時に明けています。

プレスですので、低コストにての加工が可能です。
概要
丸山工業 株式会社
シールド部品
内径部は特に精度を要求(±0.05程度)されますが、順送プレスにて生産しています。

ジオメット塗装仕上げです。
概要
丸山工業 株式会社
チャンバー部品
シボリが深めのため、加工時にシワにならないよう、またキレツが発生しないよう、

金型の熟成や加工条件の設定に気を使います。

二重構造であり、またステーが付いていますが、スポット溶接にて接合しています。

概要
丸山工業 株式会社
全日本学生フォーミュラ向けマシンのフレームの一部
全日本学生フォーミュラ参戦チームのための一点もの製作。

鉄製パイプの曲げ加工部品。
概要
丸山工業 株式会社
パイプの小R曲げ
太めの鉄パイプ(外径φ50.8板厚2.3)を小さめの曲げRにて曲げています(R50)。

弊社協力メーカーにて加工。
概要
丸山工業 株式会社
バーリング加工部品(プレス加工)
ゴムの中にインサートされる部品です。

順送プレスにて安価に生産しています。
概要
丸山工業 株式会社
SUS(ステンレス)パイプを短く切断
外径Φ50前後、板厚1.5前後のSUS(ステンレス)パイプを長さ3‾4mm程度に切断。

ワークが回転する方式の切断機で突っ切りバイトにて切断。

(試作品)
概要
株式会社 荏原精密
ワイヤーブランク
サイズ:20*10

 板厚:0.3

 材質:りん青銅

 数量:30個

 公差:±0.1

 工程:ワイヤー→曲げ
概要
株式会社宮本樹脂工業
【同時5軸加工】 高速加工 アルミ A5052 複雑形状 試作
写真は同時5軸による高速加工を施した品物です。

材質はアルミ(A5052)です。



アルミ以外にも、金型レスによる金属・樹脂の複雑形状試作部品を短納期にて提供しております。



また、複合形状や精度を求められる製品づくりの為、

ハイブリッド画像測定機を備えております。



  ?タッチプローブによる自動接触

  ?非接触の画像測定

  ?レーザー

の3点が1台に集約された、ミツトヨ社の最新の測定機械をいち早く導入し

品質保証を高めております。

(ワークサイズ  600×650×250)
概要
株式会社宮本樹脂工業
【マグネシウム加工】 3次元加工(3D加工) 薄肉加工 切削加工 試作 開発 高精度
写真はマグネシウムの製品です。

高精度な仕上げで、3次元加工、薄肉加工など幅広く対応致します。



【写真サンプル詳細】

製品サイズ:90×60 12

材質     :マグネシウム

製作日程  :5日

特徴     :0.7t薄肉加工



また、複合形状や精度を求められる製品づくりの為、

ハイブリッド画像測定機を備えております。



  ?タッチプローブによる自動接触

  ?非接触の画像測定

  ?レーザー

の3点が1台に集約された、ミツトヨ社の最新の測定機械をいち早く導入し

品質保証を高めております。

(ワークサイズ  600×650×250)
概要
株式会社宮本樹脂工業
【3軸切削加工】 アルミダイキャスト 2次加工 追加工 アルミダイキャスト ADC12 亜鉛
写真は量産材料であるアルミダイキャスト材にたいしての3軸切削加工を施した品物です。



弊社では、ADC12や亜鉛のブロック材の材料製作も独自に行っております。

ダイキャスト品切削の実績がありますので、ダイキャスト品の切削加工、追加工等のご相談等ありましたら、お気軽にご相談下さい。



概要
株式会社宮本樹脂工業
【アンダーカット加工 同時5軸加工】成形加工 薄肉加工 アルミ A5056
写真は同時5軸によるアンダーカット加工を施した品物です。

材質はアルミ(A5056)、薄肉の部分は、0.05mmです。



アルミ以外にも、金型レスによる金属・樹脂の複雑形状試作部品を短納期にて提供しております。



また、複合形状や精度を求められる製品づくりの為、

ハイブリッド画像測定機を備えております。



  ?タッチプローブによる自動接触

  ?非接触の画像測定

  ?レーザー

の3点が1台に集約された、ミツトヨ社の最新の測定機械をいち早く導入し

品質保証を高めております。

(ワークサイズ  600×650×250)
概要
株式会社宮本樹脂工業
【切削加工】 ワイヤー放電加工 割り出し加工 ステンレス SUS304 高品位面粗度 防錆効果
写真はワイヤー放電加工による割り出し加工を施した品物です。

材質はステンレス(SUS304)です。



<特徴>

◎全体

・B軸機能搭載により ねじれ面や高精度割り出し加工実現

・イオン交換処理で比抵抗を高めた水を加工液として

 用いることで熱変質やクラックが極めて少なく、

 加工面の強度低下も抑制。

 (高品位面粗度・防錆効果の実現)



◎中心部の先端部分:

・φ0.07のワイヤーを使用し最小R0.04以下を実現

・位置寸法精度 5μm

・面粗度 0.5μmRy



◎羽根の部分:

・厚み 0.5mm
概要
株式会社宮本樹脂工業
【PBI】 微細切削加工
PBIは高い熱分解温度を持ち、荷重たわみ温度は410度、ガラス転移温度(Tg)が427度という樹脂としては非常に高い耐熱性を有しております。また、機械的特性、電気的特性でも優れており、従来の樹脂からの代替えやカーボン、セラミックス、金属等からの代替え材料としても使用可能です。



〈用途例〉

・ガラス製造治具、部品

・電気、電子機器部品

・半導体/液晶製造装置部品

・断熱部品

・絶縁部品

・摺動部品





◆極狭で溝加工、幅0.32mm H3.0mm

◆厚み0.5mm,Φ0.05の穴あけピッチ幅0.25mm



上記のような微細加工、微細孔加工を得意としております。

概要
山田マシンツール株式会社
交差穴バリ取り工具”バーカットBC”
【進化するバリ取りツール】

バーカットBCの紹介バーカットBCはドリリング機構のある機械に取り付けて使用する、交差穴用バリ取りツールです。動作不良が少ないため、無人化運転用工具としても活用できます。ツールへの負荷が少なく長寿命なため、ランニングコストも抑えられます。



【簡単なのにモノ凄い】

バーカットBCの特長バーカットBCはピンセット状の先端部に刃が付いた形状をしています。ツールを回転させながら交差穴に挿入し、表・裏のバリをワンパスで除去します。バーカットBCには右記の特長があります。



1.ドリリング可能な機械なら何でも使用可能。

2.シンプルな構造で作動不良がありません。

3.ワンパスで表、裏のバリが取れます。

4.再研磨も3〜6回まで可能。

5.無人化工具として効果的。



【他社との違い】

似た様な「バリ取りツール」は世の中にたくさんありますが、バリに合わせた対応が出来るのはなかなかありません。

バーカットBCはバリの形状や材質、穴の比率などに合わせて刃先形状を変更しています。

特に問題となる同径穴などには実績が多数あります。