マツダ、インドネシアの2019年通年目標を5,000台に下方修正  [ インドネシア ]

・インドネシア自動車製造業者協会(Gaikindo)は11月27日、マツダのインドネシア配給会社PT Eurokars Motor Indonesia (以下、EMI)が、2019年通年目標を当初の6,000-7,000台から5,000台に下方修正したと発表した。・EMI会長はその理由について、インドネシアの経済と自動車販売市場の減速に加えて、日本での生産中止に伴い、2018年に販売を打ち切った中型MPV「ビアンテ(Biante)」に要因があると説明した。・2019年、EMIはコンパクトセダンとハッチバックの新型「マツダ3(Mazda3)」、クロスオーバーSUV「CX-8」、改良型「マツ...
<2019年11月28日(木)>