Norsk Hydro ASA

会社概要

■URL

http://www.hydro.com

■本社所在地

Drammensveien 264, NO-0283 Oslo, Norway

業容

-バリューチェインを通じ、生産、販売、トレードを完全に統合したグローバルなアルミ製品会社。ボーキサイト、アルミナ、一次アルミニウム、アルミ鋳床製品、アルミ製品などを供給。

-事業は以下6部門で構成:

  • ボーキサイトおよびアルミナ (Bauxite & Alumina)
  • 一次アルミ製品 (Primary Metal)
  • アルミ製品販売 (Metal Markets)
  • 圧延アルミ製品 (Rolled Products)
  • 押出製品 (Extruded solutions)
  • エネルギー (Energy)

-圧延アルミ製品部門が、車体内・外ボディ部品、シャシー、部品用のアルミシート・コイルを生産。

-2017年10月、ロンドン証券取引所で上場廃止した。

-同社は、OrklaからSapaの株式50%の取得が完了したと発表した。Sapaは同社の完全子会社となる。Sapaの企業価値は270億ノルウェークローネ。買収に伴い、同社は新規事業としてアルミ押出製品部門を立ち上げる。Sapaの従業員数は22,400名で、約40カ国で事業を展開しており、今後も欧州向け押出製品、北米向け押出製品、精密チューブおよびシステム構築事業を継続する。(2017年10月2日付プレスリリースより)



資本構成

-2017年9月にロンドン証券取引所の上場廃止のプロセスに入り、2017年10月に廃止した。

主要株主リスト

-オスロ証券取引所に上場 (2019年12月31日現在)
主要株主 所有比率 (%)
Ministry of Trade, Industry and Fisheries 34.3
Capital World Investers 5.6
Folketrygdfondet 5.3
Schroder Investment Management Ltd. (SIM) 2.9
The Vanguard Group, Inc. 2.1
DNB Asset Management AS 2.1

主要製品

-アルミ鋳鉄合金 (Aluminum foundry alloys)

  • ホイール (Wheels)
  • ブレーキ部品 (Brake components)
  • サスペンション部品 (Suspension components)
  • シリンダーヘッド (Cylinder heads)

-押出加工用インゴット (Extrusion ingots)
 
-シートインゴット (Sheet ingots)
 
-再溶融インゴット (Remelt ingots)

  • ホイールリム (Wheel rims)
  • シャシー部品 (Chassis components)
  • シリンダーヘッド (Cylinder heads)

-車体用アルミストリップおよびシート (Aluminum strips and sheets for automotive bodies)

  • 車体パネル (Outer body panels)
  • ビジブルインナーストラクチャー (Visible inner structures)
  • 車体骨格構造 (Body-in-white structures)
  • フード (Hoods)
  • トランクリッド (Trunk lids)
  • フロントエンド (Front-ends)

-シャシー用アルミストリップおよびシート (Aluminum strips and sheets for automotive chassis)

  • フロントおよびリアフレーム (Front and rear subframes)
  • アクスルリンク (Axle links)
  • ホイール (Wheels)

-自動車部品用アルミストリップおよびシート (Aluminum strips and sheets for automotive components)

  • シート骨格構造 (Seat structures)
  • インストパネルビーム (Instrument panel beams)
  • ドアシステム (Door systems)
  • サンルーフシステム (Sunroof systems)
  • シートパン (Seat pans)
  • 燃料タンク (Fuel tanks)
  • 圧縮空気タンク (Compressed-air reservoirs)
  • 断熱材 (Heat shields)
  • アクセル補強エレメント (Axle stiffening elements)

-商用車用アルミストリップおよびシート (Aluminum strips and sheets for commercial vehicles)

-電動車用圧延アルミ製品 (Rolled aluminium products)

沿革

1905年 Norsk Hydro Elektrisk Kvaelstofaktieselskabとして設立。
1988年 Hydro Aluminium a.s.を100%子会社化。
1990年 Bohn Aluminum & Brass (米国) を買収。
1991年 Riego Wright S.A. (スペインのアルミ押出メーカー) を615百万NOKで買収。
1995年 子会社Hydro AluminumがSpeedline (イタリア) と合弁会社Hyspeedを設立、イタリアで鋳造、マグネシウムホイールを生産。
Raufoss Automotive A.S.の株式40%を取得。
Portalex Group (ポルトガルのアルミ押出メーカー)、ICI (英国) の炭酸ガス事業を合計728百万NOKで買収。
1997年 Acro, Raufoss Automotiveを100%子会社化。
2000年 Hydro Aluminum Fundoの株式80%をバーレーンのAluminum Wheel Company WLLに売却。
2000年 Wells Aluminum Corporationの全株式を1,352百万NOKで取得。
2002年 ドイツのVAW Aluminium AGを買収し、欧州最大のアルミ会社となる。

2004年

肥料事業を分離し別会社を設立、エネルギーとアルミの部門に資源を集中。
2006年 マグネシウム事業からの撤退を発表。カナダ工場の閉鎖と、その他2工場の売却を行う。
自動車キャスティング事業の売却を発表。
2007年7月 Qatar Petroleumとの折半出資の合弁会社Qatar Aluminium Limited (Qatalum)設立。
2009年 バンパー、横転保護システム、クラッシュマネジメントシステム等の構造部品事業をドイツのBentelerへ売却。
2010年 米国ミシガン州Adrianのアルミチューブ工場を閉鎖。
2010年4月 Qatalumが生産開始。
2011年11月 Novelisとの折半出資の合弁会社Aluminium Norf GmbH (Alunorf) 設立。
2013年9月 同社の押出製品事業とOrkla傘下のSapaを統合した折半出資合弁会社「Sapa AS」を設立。
2013年10月 マレーシアのアルミ圧延工場Hydro Aliminium MalaysiaをUACJの完全子会社である日本製箔に売却。
2013年11月 ブラジルの鉱山会社Vale完全子会社を通じて同社の株式を売却。同社の株式および議決権の所有割合は21.6%から2.0%となる。
2014年5月 オーストラリアのKurri Kurriにあるアルミ工場を完全閉鎖。
2014年11月 Rio Tinto Alcan(RTA)とのノルウェーのアルミニウム精錬所Sor-Norge Aluminium(Soral)の株式でRTAの持分取得。
2015年12月 イタリアのCisterna di Latinaにあるアルミ圧延工場Hydro Aluminum Slimの売却完了。
2017年10月 OrklaからSapaの株式50%の取得完了し、完全子会社化。Sapaの企業価値は2,700百万ノルウェークローネ。



補足 1