カテゴリー別製品一覧

樹脂成形機

株式会社 藤原製作所
真空成型
☆真空成型☆


~~~~~お気軽にいつでもご連絡下さいませ。~~~~~~~~
〒572-0077
大阪府寝屋川市点野4-1-45
株式会社 藤原製作所
TEL:072-801-0801
FAX:072-801-0802
Email:info@fujiwara-seisakusyo.co.jp
HP:http://www.fujiwara-seisakusyo.co.jp/index.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
株式会社 創和
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)/㈱イノアックコーポレーション製
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)は、カーボン樹脂や単にカーボンと呼ばれ、高い強度と軽さを併せ持つ素材です。
航空機や自動車、医療業界など幅広い分野で使用されています。

㈱イノアックコーポレーション製では、3種類のCFRPを展開しております。

【ラインナップ】
 ■ RL-C  熱硬化タイプ(熱プレス成形) *材料構成:カーボン+発泡体
        「軽い」 「強い」 「加工しやすい」 「コストダウン」を実現
 ■ RL-CT 低温(150℃)での形成が可能なCFRTP易成形材料
 ■ RL-CP 熱硬化タイプ(引抜き成形)
        樹脂押し出し時にガラスやカーボン樹脂を同時成形

【材質】
 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)+発泡体

【業界】
 航空機や自動車、医療業界など幅広い分野

【用途例】
 ○介護ロボット部品
 ○ ロール・シャフト部品
 ○自動車部品
 ○ シューズ-インソール
 ○ 鉄道-融雪設備部品
 ○ 太陽光パネル-支持架台
 ○ ドローン-プロペラ

【特徴】
 ■ 軽量化を実現
  対アルミ合金に対し、25~40%の軽量化実績があります。
 ■ コストダウン
  発泡体を使用することでコストダウンを実現しました。
 

●㈱イノアックコーポレーション 一次代理店●
抜き加工は創和にお任せください!
ホームページにも、加工実績を多数掲載しております。
ぜひご覧ください。

株式会社 創和
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8-14-21双英ビル9階
Tel:03-5937-2011
Fax:03-5937-2012
E-mail:contactus@sowa.gr.jp
HP:http://www.sowa.gr.jp/
梅原モデル 株式会社
シリコン型での真空注型により、短納期・低コストのご提案。ウレタン・エポキシ系樹脂・熱可塑性樹脂
真空注型・シリコン型・ウレタン・エポキシ系樹脂・熱可塑性樹脂・短納期・低コスト

~真空注型~
切削マスターモデルから作成したシリコンゴム型に
ウレタン系樹脂を流し込み
樹脂製品を複製する工法です。

金型を作成する費用をかけずに、
高精度の樹脂製品を製作できることが最大の特徴です。

自動車部品・OA機器・アミューズメント関連部品など
幅広い分野の試作に用いられています。

まずは、お気軽にご相談ください。

お問い合わせは
ものづくり総合支援企業の梅原モデル㈱ 営業部まで。

TEL 0276-37-5700
FAX 0276-37-5702
MAIL sales@umehara-m.co.jp

http://www.umehara-m.co.jp

株式会社 イナック
異材料注型 多色真空注型 着色注型 
2色、異材料で真空注型を行なったサンプルです。

弊社では、おおよそ自動車のフロントグリル程度のサイズまで対応が可能です。2色、3色など多色注型、異材料注型が可能な技術を持ち合わせております。

【特徴】
真空注型は、マスターモデルを使用してシリコーンゴムで型取りを行ない、そのシリコーンゴム型へ注型用樹脂材料を流し込み部品を製作する工法です。射出成型用の型と違い、マスタモデルが有れば短期間で数十個の部品を製作することが出来ます。
また、注型用材料の種類も多く揃っておりますので、同じシリコーンゴム型を使用して色々な材料で試作品を製作することが出来ます。
インサート注型も可能です。

【豊富な材料】
・ABS相当 ・PP相当 ・エラストマー相当
・アクリル相当 ・シリコン ・耐熱性樹脂
・難燃性樹脂  ※ガラス繊維添加も可能
 ご希望により調色も可能です。

【短納期対応】
弊社内に、短納期で試作品モデルの製作が可能な光造形でマスターモデルを製作することにより、より短納期で真空注型品を製作することが可能です。

20個程度の数物製作が必要な時にコストパフォーマンスが高い真空注型をお試し下さい。

まずはお問い合わせを!!

E-mail: toiawase@kk-inac.com
Tel: 0564-27-1855
株式会社 岩本モデル製作所
光造形 ボルト オネジ 全ねじ PPライク SCR-737
光造形機で作成されたボルトです。

ワークサイズ 70x15x25 (mm)
材質 : SCR-737 ( PPライク )

ストレートの下穴状態で作成した光造形品にをタップドリルでめねじ形状をつけることはありますが、おねじも作ることが出来ます。ネジ部分もしっかりと形状になっています。小さいボルトは光造形で作るとネジ部がうまく再現されない場合があります。基本的にギアやネジは専用の加工機と切削用材料から作成することをお勧めしますが、形状確認や簡単な嵌合チェックの用途であれば、光造形でスピーディーに対応する事ができます。


株式会社岩本モデル製作所
E-mail : info@i-model.jp URL http://i-model.jp
〒572-0846 大阪府寝屋川市高宮栄町30番10号
TEL. 072(823)8997(代) FAX. 072(825)1421
株式会社ポンド
低発泡エポキシ樹脂 製品 製作。各用途別、発泡エポキシ樹脂。
低発泡エポキシ樹脂を配合、開発して熱硬化性樹脂で製品をより軽量化・高強度化して製品化しています。まだまだ開発途中ではありますが、発泡倍率も任意で選べるよう1.2~4倍ほどでかなり強靭で、成形温度も25~60℃ほどで成形可能な、発泡エポキシ樹脂を配合して製品製作します。
画像の白い光沢のある板は4倍発泡のエポキシ樹脂で製作した25mm厚の断熱ボードですが、発泡ウレタンのボードとは曲げ強度などが全く異なり、人(60㎏)が乗っても全く割れません。
ご興味ありましたら、メールでのお問い合わせをお待ちしております。
梅原モデル 株式会社
社内会議 取引様との打合せ 注型品 PA66GF PBTGF PPSGF等のプラスチック製品依頼
新会議室はPC用大型モニターと電子黒板を設置してあらゆる情報を記録して情報を共有出来るアイテムを完備しております。既存のお客様から設変や材料変更(PA66GF・PPSGF・PBTGF)や注型品での作製(ウレタンタイプ)依頼、量産品の改造依頼など様々な内容を検討・打合せの場所として活用しております。新規のお客様に付きましてもあらゆる御要望にも対応出来るように、製造部と社内ネットワークで連動しており、いち早く御要望に回答出来るシステムになっております。
社内の各種会議等にも使用しております。


お問い合わせは、ものづくり総合支援企業の梅原モデル㈱ 営業部まで。

TEL 0276-37-5700
FAX 0276-37-5702
MAIL sales@umehara-m.co.jp

http://www.umehara-m.co.jp
関連URL: http://www.umehara-m.co.jp/sample.html
株式会社 イナック
真空注型 調色注型 エラストマー注型 各種注型
弊社では、おおよそ自動車のフロントグリル程度のサイズまで対応が可能です。多くは1色ですが2色、3色など多色注型も可能な技術を持ち合わせております。

【特徴】
真空注型は、マスターモデルを使用してシリコーンゴムで型取りを行ない、そのシリコーンゴム型へ注型用樹脂材料を流し込み部品を製作する工法です。
射出成型用の型と違い、マスタモデルが有れば短期間で数十個の部品を製作することが出来ます。また、注型用材料の種類も多く揃っておりますので、色々な材料で試作品を製作することが出来ます。
インサート注型も可能です。

【豊富な材料】
・ABS相当 ・PP相当 ・エラストマー相当
・アクリル相当 ・シリコン ・耐熱性樹脂
・難燃性樹脂  ※ガラス繊維添加も可能
 ご希望により調色も可能です。

【短納期対応】
弊社内に、短納期で試作品モデルの製作が可能な光造形でマスターモデルを製作することにより、より短納期で真空注型品を製作することが可能です。

20個程度の数物製作が必要な時にコストパフォーマンスが高い真空注型をお試し下さい。

まずはお問い合わせを!!

E-mail: toiawase@kk-inac.com
Tel: 0564-27-1855
植木プラスチック 株式会社
真空成形品(大型成形品) 材質:AES 部品名:ゴルフカートフロントパネル
【業界・使用用途】
ゴルフ業界
ゴルフカート用外装カバー

【材寸】
6X950X1350

【成形】
真空成形

【特徴】
こちらの製品は材質AESのゴルフカート用外装カバーです。

本製品は型の高さがあり、真空成形するには難易度が非常に高い製品です。
AES材は耐候性がABSよりよく、屋外で使用する製品に適しています。

植木プラスチックは小型成形から大型成形まで、試作1個から量産まで短納期で生産します。大型成形品は機械サイズ2700x3300x1000 , 1200x4500x1500を、小型成形品は高速の小型成形機を使用し、コストにあった成形機を選択し御提供します

真空成形とは、熱可塑性樹脂シートを上下のヒーターから加熱軟化させ、型と材料の間の空気を真空にすることで、型に密着させて形状を造る成形方法です

真空成形、圧空成形、樹脂加工について動画やホームページで詳しく説明していますので、
ぜひご覧ください。


植木プラスチック株式会社(ウエプラ)
TEL:0276-31-3116
http://www.uepura.com/
e-mail:info-ueki@uepura.jp
株式会社 共栄デザイン
真空注型
真空注型とはプラスチック成形技術のひとつで、金型を使用しないでマスターモデルに忠実な高精度な試作品をつくることができます。しかも任意の数量に対応が可能。突然の設計変更にも金型を使用する場合とは異なり、柔軟に対応できるのも特長です。製品開発分野におけるユーザの方々のご要望にすばやく、高いクオリティでお応えすることができます。
株式会社 イナック
真空注型 カラー注型
カラー注型サンプルです。
カラーサンプルを頂ければ、弊社で調色を行い、サンプルを製作致します。
通常のカラー注型の他にも、メタリック、パール、蛍光なども得意としております。


【特徴】
真空注型は、マスターモデルを使用してシリコーンゴムで型取りを行ない、そのシリコーンゴム型へ注型用樹脂材料を流し込み部品を製作する工法です。射出成型用の型と違い、マスタモデルが有れば短期間で数十個の部品を製作することが出来ます。
また、注型用材料の種類も多く揃っておりますので、同じシリコーンゴム型を使用して色々な材料で試作品を製作することが出来ます。
インサート注型も可能です。

【豊富な材料】
・ABS相当 ・PP相当 ・エラストマー相当
・アクリル相当 ・シリコン ・耐熱性樹脂
・難燃性樹脂  ※ガラス繊維添加も可能
 ご希望により調色も可能です。

【短納期対応】
弊社内に、短納期で試作品モデルの製作が可能な光造形でマスターモデルを製作することにより、より短納期で真空注型品を製作することが可能です。

20個程度の数物製作が必要な時にコストパフォーマンスが高い真空注型をお試し下さい。

まずはお問い合わせを!!

E-mail: toiawase@kk-inac.com
Tel: 0564-27-1855
植木プラスチック 株式会社
PPとは/真空成型
PP(ポリプロピレン)とは、プロピレンを重合して作られた熱可塑性樹脂で、耐衝撃性に優れています。真空成型では自動車部品トレーなどの重量物トレーによく使用されます。


植木プラスチック株式会社(ウエプラ)
TEL:0276-31-3116
http://www.uepura.com/
植木プラスチック 株式会社
PE(ポリエチレン)とは/真空成型
PE(ポリエチレン)とは、エチレンを重合して作られる熱可塑性樹脂で、真空成型ではトレーやバックに使用されます。

真空成形とは、熱可塑性樹脂シートを上下のヒーターから加熱軟化させ、型と材料の間の空気を真空にすることで、型に密着させて形状を造る成形方法です


植木プラスチック株式会社(ウエプラ)
TEL:0276-31-3116
http://www.uepura.com/
植木プラスチック 株式会社
PWとは/真空成形
PWとは日立化成製のPP(ポリプロピレン)とPE(ポリエチレン)を混合してPPより成形をしやすくした材料です。耐衝撃性に優れ、規格寸法がありますので、少量からでも製作が可能です。規格材は耐候性があまりよくないので、屋外使用には不向きです。耐光性を上げるには材料の色を濃くするか耐候材を添加する方法があります。
真空成形で使われる材料で、トレーなどを製作します。

植木プラスチック株式会社(ウエプラ)
TEL:0276-31-3116
http://www.uepura.com/
植木プラスチック 株式会社
PC(ポリカーボネート)とは/真空成形
真空成形で使われるPC(ポリカーボネート)は、耐熱性、難燃性、耐衝撃性にすぐれたプラスチックシートです。加熱した材料は非常に冷めやすいので、成形の難易度が上がります

植木プラスチック株式会社(ウエプラ)
TEL:0276-31-3116
http://www.uepura.com/
植木プラスチック 株式会社
メッキ調ABS樹脂シートとは/真空成形
メッキ調ABS樹脂シートとは、表面にメッキ調に加飾されたフィルムをABS樹脂シートに
貼り合わせて作るプラスチック板です。輝度はメッキに比べると落ちますが、リサイクルがしやすいので、環境によい材料です。主に、真空成型で使用され工程の短縮にもつながります。

真空成形とは、熱可塑性樹脂シートを上下のヒーターから加熱軟化させ、型と材料の間の空気を真空にすることで、型に密着させて形状を造る成形方法です


植木プラスチック株式会社(ウエプラ)
TEL:0276-31-3116
http://www.uepura.com/
植木プラスチック 株式会社
真空成形 自動車用品パーツ プラスチック板(ABSナチュラル)
素材:ABS ナチュラル
サイズ:50X90X800
表面に気を付けて真空成型します


植木プラスチック株式会社(ウエプラ)
TEL:0276-31-3116
http://www.uepura.com/

株式会社 浅野
カーボン 熱可塑性炭素繊維強化プラスチック CFRTP 大物プレス成形
カーボン、熱可塑性炭素繊維強化プラスチックCFRTPでの大物プレス成形サンプルです。自動車のバックドアを製作しました。

◆HP: http://www.asano-japan.com ⇒ 右上「ホームページ」をクイック!

株式会社浅野は、お客様の生産準備支援・開発支援を行っております。
 ■お問い合わせは~
本社・群馬工場:群馬県伊勢崎市三和2718-1
TEL 0270-75-1700
FAX 0270-75-1600
植木プラスチック 株式会社
真空成形 天井 材質:ABS(シボ) 部品名:バス内装
材質:ABS(シボ)
業種:バス天井)
サイズ:H300×1250×2200
大型真空成形品になります

植木プラスチック株式会社(ウエプラ)
TEL:0276-31-3116
http://www.uepura.com/
株式会社 浅野
カーボン 熱可塑性炭素繊維強化プラスチック(CFRTP)成形の共同研究
お客様とカーボン、熱可塑性炭素繊維強化プラスチック(CFRTP)成形の共同研究を行います。CFRTPは金属からの置換、軽量化、生産性の面で大変注目されている複合材です。

◆HP: http://www.asano-japan.com ⇒ 右上「ホームページ」をクイック!

株式会社浅野は、長年培った技術でお客様のモノづくりのご支援を行っています。
 ■お問い合わせは~
本社・群馬工場:群馬県伊勢崎市三和町2718-1
TEL 0270-75-1700
FAX 0270-75-1600
株式会社 浅野
カーボン 複合材CFRTP 自動車シート形状の成形
カーボン 複合材CFRTP(熱可塑性炭素繊維強化プラスチック)で自動車シート形状の成形を行いました。

◆HP: http://www.asano-japan.com ⇒ 右上「ホームページ」をクイック!

株式会社浅野は、長年培った技術でお客様のモノづくりのご支援を行っています。
 ■お問い合わせは~
本社・群馬工場:群馬県伊勢崎市三和町2718-1
TEL 0270-75-1700
FAX 0270-75-1600
株式会社 浅野
カーボン CFRTP 熱可塑性炭素繊維強化プラスチック プレス成形
カーボン CFRTP~熱可塑性炭素繊維強化プラスチックをプレス成形して製作したボディーを取り付けたミニF1カーをドイツ「ハノーバー・メッセ2015」に展示いたしました。

◆HP: http://www.asano-japan.com ⇒ 右上「ホームページ」をクイック!

株式会社浅野は、長年培った技術でお客様のモノづくりのご支援を行っています。
 ■お問い合わせは~
本社・群馬工場:群馬県伊勢崎市三和町2718-1
TEL 0270-75-1700
FAX 0270-75-1600
株式会社 岩本モデル製作所
ウレタン樹脂 真空注型品 ゴム ( 熱硬化性エラストマー ) アンダーカット 無理抜き 【 大型注型 】
ウレタン樹脂(熱硬化性エラストマー)の大型注型品です

ワークサイズ 270x360x100 (mm) 工法 : 真空注型

シリコンゴム型にウレタンゴムを流した注型品です。型も製品も柔らかいので、多少のアンダーカットがあっても、「無理抜き」で脱型できます。金型を用いた射出成形では難しい形状であっても、注型なら可能な場合もあります。岩本モデル製作所では、大型注型も対応可能です。ちなみに熱硬化性エラストマーとは熱を加えると固くなり、軟化しない、一般に「ゴム」と呼ばれるものです。「エラストマー」と単体で呼ぶと「熱可塑性エラストマー」を指す場合があります。熱可塑性は熱で柔らかくなる軟質樹脂で、射出成形で用いられます。ややこしいですね。

株式会社岩本モデル製作所
E-mail : info@i-model.jp URL http://i-model.jp
〒572-0846 大阪府寝屋川市高宮栄町30番10号
TEL. 072(823)8997(代) FAX. 072(825)1421
株式会社 三栄プラテック
アクリルバイザー
自動車のバイザーです。
アクリルスモーク色で成形しています。
プレス成形なので、型当たり跡も無く美しく仕上がります。
外周は5軸NCルーターでトリミングしています。
株式会社 岩本モデル製作所
スケルトン仕様 注型 可視化ワーキング品 
ワークサイズ 80x90x50 (mm)

嵌合済みの注型品一式です。

ひと昔前に流行した「スケルトン製品」をご存知でしょうか。
スウォッチや初期のiMacなどに見られた、外装を透明樹脂で覆った中の機械が見える製品です。これらの製品はデザインとして透明材料が採用されていますが、試作では機械内部の動作を外側から観察するために透明で試作品を作ることがあります。注型で複製品を作る場合、透明品を同時に作成しておけば、内部観察用のワーキングモデルとして使えます。
注型品をご用命の際はご検討ください。


株式会社岩本モデル製作所
E-mail : info@i-model.jp URL http://i-model.jp
〒572-0846 大阪府寝屋川市高宮栄町30番10号
TEL. 072(823)8997(代) FAX. 072(825)1421
株式会社 浅野
カーボン CFRTP 複雑形状プレス成形品
カーボン CFRTP(熱可塑性炭素繊維強化プラスチック)での複雑形状プレス成形品です。自動車フードアッセンブリーのサンプルを製作しました。

◆HP: http://www.asano-japan.com ⇒ 右上「ホームページ」をクイック!

株式会社浅野は、自動車部品の生産準備支援・製造を通して培った技術で、お客様のモノづくりの開発支援を行っております。
 ■お問い合わせは~
本社・群馬工場:群馬県伊勢崎市三和2718-1
TEL 0270-75-1700
FAX 0270-75-1600
(Last update : 2015-07-20)
梅原モデル 株式会社
真空成形 試作 プラスチック 注型
弊社は真空成形の試作加工を行っております。樹脂で試作型を作り、成形もトリム加工も自社で行っているため、小さいものなら約一週間で納品が可能です。また、ボスやリブなどの追加工も自社で対応できます。


お問い合わせは、ものづくり総合支援企業の梅原モデル㈱ 営業部まで。

TEL 0276-37-5700
FAX 0276-37-5702
MAIL sales@umehara-m.co.jp

http://www.umehara-m.co.jp
シーコム株式会社
自動車試作板金 樹脂注型
自動車試作板金 樹脂注型

樹脂注形においては、用具の材質・厚み面積・プレス成型時の加圧に対する強度環境の変化等への細心の配慮のもとに、樹脂注形を行っています。

自動車試作板金部品を中心に、ガスタービン・航空機エンジン等の多品種少量生産が得意です。

構想~設計~製作~ボデー組立まで一貫生産を可能にした総合試作メーカーです。

対応可能な材料もスチールからアルミ・ステンレス・チタン・ニッケル合金・コバルト合金・ジュラルミン等幅広い経験を持つ技術集団です。

ISO9001,ISO14001,JISQ9100,溶融溶接のNadCap認証を取得しております。
ホームページをご覧頂き、どうぞ、お気軽に、ご連絡くださいませ。

【お問い合わせはこちら】
本社・工場(広島) TEL:082-249-4450 / FAX:082-246-7578
名古屋工場 TEL:0565-75-3888 / FAX:0565-76-5150
関東営業所(埼玉)TEL:048-782-8818 / FAX:048-782-8767
関西営業所(神戸)TEL:078-806-8205 / FAX:078-806-8206
概要
三友工業株式会社
ゴム射出成形機
「お客様の声から生まれた、次世代射出成形機VJ登場!! 低価格、省エネ、静音、効率UPを実現!!」
従来機の改善点、ニーズ調査から得られた情報を参考に、射出、押出、型締等各部ごとに改良改善を行った機械であり、200Tクラスでは国内メーカー最安値と高性能を両立した成形機である。
株式会社 岩本モデル製作所
真空注型 内製した マスターモデル から 小ロット量産 へスムーズにシフトできます 【 シリコンゴム 】
シリコンゴムを用いた真空注型のご紹介です。
1~100個の小ロット生産のオススメは真空注型です。シリコン型真空成型設備を備え、注型の内製化により、プラスチック・金属のマスターモデル製作から注型生産まで、一貫生産体制を整備。同時に内製により、コストの抑制と共に納期対応の強化を実現しています。近年では、光造形システムとの連携し、より高速なマスターモデル製作が可能となり、お客様のニーズにあった生産方法の選択肢が広がりました。VA・VE提案いたします。

株式会社岩本モデル製作所
E-mail : info@i-model.jp URL http://i-model.jp
〒572-0846 大阪府寝屋川市高宮栄町30番10号
TEL. 072(823)8997(代) FAX. 072(825)1421