カテゴリー別製品一覧

設計開発受託・請負・派遣

概要
株式会社インプリミス
クルマ部品のコストベンチマーキング
=== 自動車部品のコストベンチマーキング ===

インプリミスは、海外のコスト解析専門の自動車エンジニアリング企業と提携し、グローバルな規模で自動車部品の分解調査、コスト分析サービスを提供します。

お客様の個別ニーズに対応しつつ、費用は最廉価を保証します。

・ 部品のコスト分析 (解体、部品表作成、コスト解析) : 10万円台から提供

詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://www.imprimis.jp/teardown/
概要
パーソルR&D株式会社
設計・実験でお困りならば、当社へご相談ください
パーソルR&Dは、総合人材サービス・パーソルグループ傘下の技術系エンジニアリング会社です。

<企業概要>
設立       1979年10月11日
資本金      4億9,500万円
代表取締役社長  宮村 幹夫
事業内容     設計・研究開発・実験事業
本社所在地    愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークビジネスセンタービル20階
従業員数     2,303名(2019年3月31日)
売上高      29,357百万円(2019年3月期、エンジニアリングセグメント※の売上高)
         ※エンジニアリングセグメント:パーソルグループ内で設計開発を行うセグ 
          メント。当社を中核会社とし、パーソルAVCテクノロジー(株)とで構成
企業資格     労働者派遣事業許可番号「派23-301800」
         有料職業紹介事業許可番号「23-ユ-020143」
         ISO9001、プライバシーマーク、優良派遣事業者
概要
株式会社インプリミス
Should-cost(あるべきコスト)手法による自動車部品のコスト分析
競合製品のコストベンチマーキングを実施するには、メンバーが原価管理に精通し、材料費・部品費・組立費を見積る能力が不可欠になります。 しかし、多忙な社員が実務を長期間離れて、ベンチマーキング活動に専念するのは困難なケースが多く、常設のティアダウンチームがない企業では、こうした活動を行うのは難しいのが実情です。

インプリミスは、コストベンチマーキング手法を体系化し、短期間で効率よく、廉価でコスト分析を行う手法を確立しました。 機械加工部品の分析と電子部品の分析 組み合わせることによりほぼすべての製品のコスト解析を可能にしました。

米国ブースロイド・デュウハースト(BDI) 社のDFMA(Design for Manufacture & Assembly)は、テアダウンの際のコスト分析ベンチマーキングツールとして多くの企業で利用されています。 このツールは、生産コスト解析に基づくコストモデルと呼ばれるアルゴリズムにより製品のあるべきコスト(should-cost)を明らかにします。

この手法をテアダウン分析に利用することにより、自社製品と競合製品のコストを同一基準で偏りのなく比較分析することができます。Should-Cost手法は、自社製品と競合製品間の設計の彼我比較をコストの観点から明らかにします。

DFM コスト見積手法については下記をご参照ください。
http://www.imprimis.jp/?eid=11
概要
株式会社UKCホールディングス
多様なカーエンターテインメントシステムの開発・製造受託を行う台湾メーカーJET Optoelectronicsのご紹介です。
Andoroid搭載のCar head unitから各種RSEまで多様なカーエンタテインメントシステムの開発、製造受託を行う台湾メーカーです。日本国内含むTier1メーカーからの受託実績がございます。