カテゴリー別製品一覧

ドライビングサポート&セキュリティ

多田プラスチック工業株式会社
ヘッドアップディスプレイ(HUD) 射出成形
精密成形+反射防止塗装
 塗装・電鋳治具マスキング塗装にも対応
多田プラスチック工業株式会社
自動車部品 カメラ洗浄ユニット(小型DCポンプ(生産) + 成形品(一部生産)の組立)
自動車用カメラ洗浄ユニット(小型DCポンプ + 成形品等)
 ①ドライビングサポート&セキュリティ 運転支援システム用
  バックモニター部品
 ②小型DCポンプは、設計から提案し、弊社工場で生産
 ③樹脂成形品の一部は、弊社工場で生産
概要
ユーブロックスジャパン株式会社
衛星信号遮断時の3D自動車推測航法
建物が密集する市街地、屋内駐車場、道路が何層も交差するインターチェンジでは、
微弱な衛星信号を利用するナビゲーション・システムに大きな障害が発生します。
カー・ナビゲーション、道路課金、車両管理、緊急通報といったシステムは、信頼の置ける中断のない
測位性能とナビゲーション能力に依存しているため、衛星信号がブロックされたり途切れた場合でも
X-Y-Zの3軸で車両の位置を計算できる「3次元推測航法」のGNSSがますます重要になっています。
概要
株式会社 SBDジャパン
ADAS機能データベース 欧州版
本書「ADAS機能データベース 欧州版」は欧州の自動車メーカー35社が合計311車種で提供しているADASの情報を集約したデータベースです。
自動車メーカー35社、サプライヤー14社、ADAS機能全15種を対象としています。
概要
株式会社 SBDジャパン
コネクテッドカー ユーザビリティベンチマーク評価 欧州・米国
優れたユーザーエクスペリエンスを提供することはコネクテッドカープログラム全体の成功を握る鍵となります。

SBD では、欧州、米国、中国で提供されている最新のナビゲーションおよびインフォテイメントシステムを検証、評価したレポートをシリーズで発行しています。

2017年度は欧州、米国のBMW 7シリーズ、Porsche Panamera、Jaguar F Pace、Volkswagen Golf、Mercedes-Benz Eクラス、Volvo CX90の評価レポートと総括レポートを発行しました。
2018年度には、1年にわたり欧州・米国・中国の計9車種の評価レポートを発行する予定です。

◆ 本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/619-18IB_J.pdf
概要
株式会社 SBDジャパン
自動車運転機能ユーザビリティ ベンチマーク評価 欧州・米国
より高レベルな自動運転技術の導入が始まりつつある中、OEM各社はADASの性能や限界をユーザーが正しく理解できるよう対策を講じる必要があります。ここで重要な役割を果たすのがヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)です。

SBDではADASのHMIが走行中および停止中にどのように提供されているかを検証、評価したレポートをシリーズで発行しています。各年、四半期毎に1車種1システムを対象とし、1年で4車種の評価レポート提供します。

<2018年度評価実施予定車種>
Tesla Model 3
Audi A8
Citroen DS7
Lexus LS

◆ 本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/806-18IB_J.pdf
概要
株式会社 SBDジャパン
イノベーションガイド<最新テクノロジー>
イノベーションを起こすには、まず参入している市場についての理解を深め、来るべきトレンドについて明確なビジョンを持つ必要があります。自動車業界は現在、様々な産業部門で誕生している新たな技術トレンドに熱き視線を向けており、今後も業界拡大の傾向が納まる気配はありません。

自動車メーカーや、Tier1サプライヤーの多くはいわゆる大企業であり、ディープラーニングや量子コンピュータのような最先端技術でリーダー的役割を果たし、実用化を進めるための十分なリソースを有しています。しかしイノベーションに関しては、企業の規模が諸刃の剣となることもあります。大組織であるが故に技術開発予算を重点的に配分できなかったり、市場のブームや雑音に気を取られ脇道に逸れることもあり得るのです。

本書では各種イノベーション技術の理論、応用、ロードマップ、エコシステム、今後の展開について詳しく解説し、各領域で注目すべき新興企業についても紹介しています。

◆本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/201G_IB_J.pdf
概要
株式会社 SBDジャパン
サイバーセキュリティガイド
コネクテッドカーの急速な拡大によりハッキングに対する新たな脆弱性が生み出され、ブランドの信頼を揺るがすような高度なハッキングが行われていることも確認されています。

自動車メーカー各社では、イノベーションの必要性と同時にそれに伴う脆弱性を考慮することを重要課題としていますが、コネクテッドカーのインフラの複雑性が増しハッキング手法が高度化、様々なソリューションが創出される中、自動車のサイバーセキュリティの最新状況を正しく把握する事が求められています。

本書では、自動車のサイバーセキュリティの脆弱性に関する最新情報、利用可能な対策、法規制、業界標準、キープレイヤーなどを紹介しています。

本書は四半期更新予定です。

◆ 本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/901-MASTER_IB_J.pdf
概要
株式会社 SBDジャパン
ADAS機能データベース - 日本版
数年前まで、ADAS(先進運転支援システム)機能はMercedes BenzやAudi、BMW、Cadillacなど、輸入高級車のものというイメージが強くありました。しかし近年ではそうした輸入高級車だけでなく、国産大衆車へのADAS機能搭載も進んでいます。

本書「ADAS機能データベース - 日本版」では日本でADAS機能を提供するOEM 30社、サプライヤー16社、11種のADAS機能をカバーし、各社による機能の提供状況、搭載戦略、採用しているセンサ技術などの詳細な情報を掲載しています。

また、ADAS機能データベースシリーズとして米国、欧州、中国市場版もご提供しています。

◆ 本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/534JPN-17IB_J.pdf
概要
株式会社 SBDジャパン
自動運転最新動向ガイド
本書では自動運転車を円滑に展開する上で重要となってくる課題やけん引要因、技術、導入シナリオ、エコシステムなどを詳細に分析しています。自動車業界では、より高度な自動運転車の開発目指すOEM 各社の投資や取り組みが加速しています。 20 社以上ものメーカーが 2020 年までに自動運転機能搭載車種の投入を目指しています。

本書「自動運転最新動向ガイド」では、 OEM 各社の最新の開発状況、自動運転の実現に必要なセンサ技術、自動運転の実現における技術的また法的な推進要因と今後の課題について検証しています。また自動運転の実現に最も近いとみられる主要OEM10社の開発真直度、SAE レベル3および4システムのリリースまでのロードマップについて解説しています。

本書は四半期更新予定です。

◆ 本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/804-174_IB_J.pdf
多田プラスチック工業 株式会社
自動車部品 カメラ洗浄ユニット(小型DCポンプ(生産) + 成形品(一部生産)の組立)
自動車用カメラ洗浄ユニット(小型DCポンプ + 成形品等)
 ①ドライビングサポート&セキュリティ 運転支援システム用
  バックモニター部品
 ②小型DCポンプは、設計から提案し、弊社工場で生産
 ③樹脂成形品の一部は、弊社工場で生産

 特徴
  大流量・高圧力・最適なユニット設計
  ①大流量と高圧力による、洗浄力を実現。
  ②ユニットで設計することにより、
   さらに低騒音・低振動化へ

 用途
  自動車部品 バックモニター用洗浄ポンプユニット
   カメラレンズ洗浄用
    モニター視認性向上
概要
株式会社 SBDジャパン
V2X ガイド ~ 車車間/路車間通信のグローバル最新動向(更新版)
SBD では 2016 年 3 月に発行した「V2X ガイド~車車間/路車間通信のグローバル最新動向」にグローバル展開マップを追加した更新版を発行致しました。

現在の自動車業界では、コネクティビティと自動化のレベルがさらに向上した車両の開発を推し進めています。V2X は市場成熟までにはいまだ時間がかかるものの、既に車両とインフラを結ぶソリューション候補として検討されており、情報を絶えず共有する収益構造を形成しています。

本書では V2X 技術が地域レベルおよび国際レベルで車両通信の普及に及ぼす影響について解説しています。

・V2X が必要な理由と業界が抱える主な疑問
・主要市場における V2X の概況
・V2X をサポートする技術の分析
・V2X に関わるキープレイヤーと収益構造の成熟度について
・欧州と米国における V2X 普及に向けたセキュリティ戦略について
・世界各地で進行中/計画中の試験運用について
・V2X 技術が高度自動運転に及ぼす影響と将来に向けたロードマップについて

◆ 本書の詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/802-171_IB_J.pdf
概要
株式会社UKCホールディングス
台湾LCDメーカー、Giant plus technology社のご紹介
台湾老舗LCDメーカーGiant plus社のご紹介です。TN,STN液晶からの長期にわたる実績により、車載ビジネスのノウハウを積み上げてきました。自前で前工程(Array生産)を持つLCDメーカーとしては非常に珍しく、少ロットのカスタム対応が可能です。

http://www.giantplus.com.tw/