車線区分線の調査

ADAS(先進運転支援システム)とインフラが出会う場所

2022/11/21

要約

本レポートについて

 本レポートは、MarkLinesのポータルユーザー向けにVSI Labs(VSI)によって作成された。VSIは、アクティブ・セーフティと自動運転を支えるテクノロジーを対象に、深い洞察と分析を行い業界に発信するテクノロジー調査会社である。

 

区分線が違いを生む

 車線区分線は、自動運転システムにとって究極の路面の真実である。区分線のコントラストや配置に不具合があると、直接的に自動運転システムの安全性と性能が損なわれる。VSIは、自動運転システムの限界を理解するために、長年の間、区分線を研究し、数千マイルを記録してきた。

 この技術説明の目的は、車線の検知不良が起こる一般的な原因を分析することである。これは、主に車線区分線の検知が原因であるが、照明、天候、地形(曲率勾配を含む)、合流、出口、インターチェンジなどの他の要因が原因である場合も多々見受けられる。


 資料:Phil Magney氏による2022年8月26日付けTechnology Brief "Lane Marking Examination: Where ADAS and Infrastructure Meet" をVSI Labs(同社ウェブサイト VSI Labs AUTONOMOUS SOLUTIONS PORTAL)の許可を得て掲載しています。

VSI Labs


VSI Labs レポート:
Cruiseの無人運転配車サービス(2022年9月)
[Ecosystem Brief] 自動運転車(AV)エコシステムと業界の現状(2022年5月)
CES 2022 総括:2022年はEV、プレミアムADAS、レベル3自動運転、ロボタクシー (2022年1月)
Tesla AI Day 2021:FSD Autopilot(全自動運転オートパイロット)の実態 (2021年10月)
米国南部自動走行プロジェクト(Automated Drive South)~要点と考察~ (2021年7月)
カメラの進化 - 見えないものを見えるようにする技術 (2021年4月)