商用モビリティ:トラック隊列走行の公道実証実験

トラックメーカー各社による自動運転技術への取り組み、商用車業界の相関図

2019/08/23

要約

用途に応じてボディ・モジュールが変わるScania NXT(出典:Scania)

  「自動車業界100年に一度の変革」と言われる中で、乗用車では運転手のいらない無人運転車(LEVEL5)の実用化に向けて自動車会社各社がしのぎを削っている。

  乗用車の話題の一方で、トラックなどの商用車においても自動化の開発は着々と進んでいる。商用車の自動運転化には安全面での対応はもちろんだが、その背景には運送業界の人手不足や運転手の高齢化に加え、過疎地における路線バスの廃止など様々な問題があり、乗用車よりも自動運転技術への期待が大きい。また商用における流通や輸送サービスの向上は人々の生活に直結するため、各国が国レベルでの取り組みを行っている。


  本レポートでは、商用車に対する自動運転技術を用いた「商用モビリティ」について、世界の代表的なトラックメーカー各社の取り組みと、日本国内における国土交通省・経済産業省が進めている自動運転時代の輸送力向上、事故リスク低減に関するトラック隊列走行実証実験の取り組みを報告する。

 


関連レポート:
人とくるまのテクノロジー展2019:自動運転社会に向けたコネクテッド技術・サービス(2019年6月)
5Gによる通信や遠隔制御が自動運転を補完・支援(2019年2月)
ハノーバーショー2018:第67回IAA国際商用車ショー報告(下)(2018年11月)
ハノーバーショー2018:第67回IAA国際商用車ショー報告(上)(2018年10月)
VWグループ(上):7事業部門に再編、商用車は新会社TRATONに分離(2018年10月)