人とくるまのテクノロジー展2019:自動運転社会に向けたコネクテッド技術・サービス

商用車の運行管理プラットフォーム、V2X対応通信システムなどの展示取材

2019/06/19

要約

  人とくるまのテクノロジー展 2019(会期:2019年5月22日~24日、会場:パシフィコ横浜)は「新たな自動車技術が支える地方創生」をテーマに、IoTやAIといった革新的社会インフラ技術と融合した“くるま”進化の方向性を示す展示を目指し、携帯電話大手3社が参加するなど、自動車業界の垣根を越える技術やサービスの出展内容も見られた。


  本稿では、通信会社による自動車向けの新たなサービス展開、商用車メーカーによるコネクテッド技術を利用した運行管理プラットフォームや隊列走行システム、通信・電子機器メーカーによるV2X対応通信システムなど、各社が自社リソースを活用して取り組むモビリティ社会、自動運転社会に向けた展示内容を報告する。

人とくるまのテクノロジー展2019 自動運転EVバス「NAVYA ARMA」
人とくるまのテクノロジー展2019
主催者企画展示コーナー
自動運転EVバス「NAVYA ARMA」
SBドライブの展示


関連レポート
自動運転時代に向けた技術・MaaSへの取り組み(2019年6月)
人とくるまのテクノロジー展2019:トヨタと日産の展示(2019年6月)
5Gによる通信や遠隔制御が自動運転を補完・支援(2019年2月)
トヨタのCASE戦略:オートモーティブワールドとCES 2019の講演から(2019年2月)
日産、NTTドコモ、AT&Tの第5世代移動通信システム(5G)導入(2018年11月)
CEATEC JAPAN 2018:つながる車の技術展示(2018年10月)