カテゴリー別製品一覧

メッキ装置

旭鍍金株式会社
電磁2号機
装置名 :電磁2号機
仕様  :半光沢ニッケル(銅ストライクON,OFF可)
     Ep-Fe/Ni                
浴種  :ニッケルめっき ワット浴
液の特徴・用途 :
ニッケルめっき・・・一般的に密着性の良いワット浴に光沢剤を添加し、美しい仕上がりになります。
また、装飾目的以外に膜厚を調整しリレー等の機能目的としてもよく使われます。
対応素材:鉄
対応部品形状:板物、継鉄、接極子、鉄芯、(コの字、L字等比較的部品を選ばず処理可能。)
重量  :バレル投入最大重量10Kg
表面積 :目安として1バレル150~200dm²
装置の特徴:自動機である為安定した処理が可能、入力したデータもラインデータとして出力されトレーサビリティが出来ます。
1ハンガーに小型のバレルを2台設置し、少量部品の処理効率UPを図り、水中での部品取り出しや乾燥機のインバーター制御を行い、傷や変形を防止しています。
旭鍍金株式会社
三価クロメート装置
装置名 三価クロメート装置
仕様 :有色クロメート(三価)
浴種 :三価クロメート
液の特徴・用途:耐食性、ウィスカの抑制に優れています。
対応素材:亜鉛ダイキャスト(ZDC2) 
対応部品形状:
v字形  L=55㎜ W=32㎜
i字形  L= 50㎜ W= 20㎜
重量 :1ハンガー投入最大重量 10Kg
装置の特徴:
自動機である為安定した処理が可能。
耐食性、ウィスカの抑制に優れており、三価クロメートのつきまわりを
良くするため化成処理中に揺動をおこなっています。
また、樹脂トレーでの処理により傷、変形が出ない工法となっております。
株式会社薄衣電解工業
錫めっきラインの新設
北上工場では、2016年11月に新しく錫めっきのラインを導入いたしました。

・材質:伸銅系(真鍮、銅、リン青銅、ベリリウム銅、等)、鉄・ステンレス系、アルミ
・めっき種別:下地 銅、ニッケル+無光沢錫めっき

前処理から、下地の銅めっき、ニッケルめっき、最終仕上げの錫めっきまでの一貫ラインとなっております。
弊社の特徴である多品種少量のご注文にも柔軟に対応すべく、ハンドワークのラインといたしました。

従来、同分野の製品に対しては、汎用ラインでの処理を行っておりましたが、受注量の増加に対応すべく、この度専用ラインを新たに設けました。

専用ラインの設置により、品質の安定化と、生産性の向上を図っています。
錫めっきでお悩み・お困りの件がございましたら、是非弊社までご相談ください。
旭鍍金株式会社
硬質クロムめっき装置
装置名:硬質クロムめっき装置

仕様 :
Ep-Ms/Cr

浴種:サージェント浴

液の特徴・用途
硬質クロムめっきは電気めっき中で最も硬度の高いめっき皮膜を形成され耐食性・耐摩耗性に優れています。硬度Hv700以上。
用途:車載用燃料ノズルなど。

対応素材:ステンレス

対応部品形状:円筒形

重量 :1ハンガー投入量800個

表面積 :目安として1ハンガー20dm²

装置の特徴:
めっき浴の電流効率が悪い為、先端部分や角にめっきが厚くつきます。この現象を自社で作成した遮蔽板を使用することで、膜厚のばらつきを抑えることができました。
自動ラッキング化(4分間で800個治具に部品を詰めれます)する事で省人化が図れた上高精度な治具詰め及び治具管理により品質の安定化を図っています。
自動機である為安定した処理が可能、入力したデータもラインデータとして出力されトレーサビリティが出来ます。

概要
株式会社 ヒキフネ
めっきフクレ(密着)不具合の解析 断面観察
お客様よりめっき不具合の解析依頼を受ける事が多くなりました。

特にめっき不良である“フクレ”は密着不良で、どこの層間で発生しているかで対策が異なります。当社はその層間剥離を断面観察により解析する事が可能です。



断面観察は製品の問題箇所を刃物で切断し、その断面を観察しめっき不良要因を解析します。断面もマイクロスコープ又は走査型電子顕微鏡での確認なので、数μmレベルまで観察する事が可能です。



フクレ不良とは、めっき皮膜が水膨れの様に膨れ上がる現象で、素材要因とめっき加工要因があります。フクレ不良は密着不良と同等レベルの不良で重欠陥不良の一つです。また、この不良は経時変化によっても起こる不良の一つです。

製品保管の環境状態が高温高湿環境にある場合などは、不良要因となります。



めっき皮膜の断面観察を行う事で、めっき不良であるフクレ原因が分り易く原因追求にも必要不可欠な解析方法です。



当社は不具合解析を担当する部署があり、他社でめっき加工した品物でも解析依頼をお受けいたします。(有料)
概要
株式会社 ヒキフネ
バレル研磨 あらゆる素材に対応可能
バレル研磨とは、製品・研磨石・コンパウンド(洗浄剤)・水を一緒に研磨機に投入し研磨槽を動かし研磨石と製品を擦り合わせて摩擦によって表面を滑らかにする研磨です。



その他、素材表面のスケール取りやバリ取り、鏡面仕上げの目的でも使用されております。



バフ研磨より安価で光沢も出るので、めっき前の研磨としてはとても需要のある方法です。



当社ではバフ研磨機の設備もございますのでバフ研磨と合わせて加工を施すなど、

ご希望に沿った処理が可能です。



バレル研磨+バフ研磨で行うコストダウンのご提案もさせて頂きます。



ご相談をお待ちしております。







回転式バレル研磨 4台

振動式バレル研磨 4台

概要
株式会社 ヒキフネ
切削品、ダイカスト品、プレス品への無反射性、装飾、潤滑黒色めっき
お客様の声を聞くと、様々な用途に黒色めっきが求められております。

当社がめっき処理している主な部品は下記の通りです。機能性、装飾性全てに対応可能な黒色めっきとなっております。



□ 二次体裁機構部品への潤滑黒色めっき(撥水性黒色めっき)

□ ピアノの様な深みのある装飾目的の黒色めっき

□ 細かい部品なので、バレルめっき方式の黒色めっき

□ レンズ周りの部品なので、反射率が低い黒色めっき

□ 外装部品で装飾性も必要だが、耐食性も必要

□ センサー部品で黒色が欲しい

□ コネクター部品への黒色

□ 自動車部品への機能性、装飾性黒色めっき



黒色めっきは様々な部品へ使われております。当社は幅広く黒色めっきのご用意があります。黒色は用途によってその黒色感が異なります。



また、装飾めっきでは黒色めっき上へクリヤー塗装を施すと、更に深い黒色となります。

クリヤー塗装は一貫加工が可能ですので、めっき後に塗装だけ出す場合と比較しても、抵コストで加工が可能です。



また、アパレルでの黒色めっきとして、検針器対応の黒色めっき、ニッケルフリーの黒色めっきもご用意しております。



当社は幅広く黒色めっきのご用意が御座いますので、ニーズに合わせた提案が可能です。
概要
株式会社 ヒキフネ
ステンレスへのめっき、得意です
☆ステンレス素材のハンダ性、導電性を高めるためのめっき、安価なバレルから傷を嫌う吊るしまで得意です☆



一般的にステンレスは耐食性が高く、表面処理を必要としません。



しかし昨今では部品強度を高めるためにステンレスを選定しながら、ハンダ性や導通性を持たせる目的でめっきを行う事が多くなってきました。



ところがステンレスが錆びにくい理由でもある、強固な酸化膜が表面に存在しますので、めっきなどの表面処理に密着性を持たせることが難しい素材でもあります。



【ヒキフネならステンレスの番定を問わず、密着の良いめっきを行うことが出来ます】



・オーステナイト系(SUS303/SUS304/SUS316など)

・マルテンサイト系(SUS403/SUS420など)

・フェライト系(SUS403/SUS430など)



上記の素材全てにヒキフネはめっき対応が可能です。

また、バレルめっき、治具掛けめっき問わずに対応が可能ですので、製品の形状、サイズを問わずにめっきを行う事が可能です。



● 具体例

5〜6社のめっき業者でSUS304に対するバレル金めっきをトライしていましたが密着が取れません。助けてもらえませんか?

→トラブル案件でしたので、納期が非常にタイトでした。お客様が持ち込まれた製品をテストなしで一発生産し、その日のうちに無事に良品を上げることが出来ました。その後も密着不良は全く発生せず、お客様で最も手離れの良いめっき製品の1つになったそうです。



ステンレスへめっきをお考えでしたら、ぜひ一度ご相談ください。
概要
株式会社 ナンシン
微細テーパーパイプ 金 ニッケル 銅 ニードル ノズル 成型 樹脂 金型 加工
テーパー状の微細パイプです!(テーパーパイプ)。





外だけでなく、内部を均一のテーパーにする事が可能です。

Ra 0.1以下が当たり前。Ra 0.05以下の実力値があります。



流体、気体、レーザー光などの射出用にご好評頂いています!!







材質:ニッケル(表面金メッキ等の処理可)





スウェージング加工だと外面・内面の【しわ】が気になりますが、ナンシンの電気鋳造技術であればそのような心配は無用です。



株式会社 ナンシン

399-3702  長野県上伊那郡飯島町飯島739

TEL 0265-86-3175(代) FAX 0265-86-4221URL  

http://www.nanshin.com

概要
株式会社 ナンシン
大口径 銅電極管 銅 肉厚 薄肉 極細 カット 管 パイプ 成型 金型  
銅電極用パイプです(銅管)。



当社の電極パイプは 【大口径・高精度】 です。この口径でこの精度は、他では実現できません!





電気鋳造により寸法が安定しますので、切削等による二次加工が不要!

そのため価格面で有利です!





自動車産業の大手企業様向けにコストダウン目的で採用され、ご好評頂いております。





R溝加工、貫通電極穴、細溝(微細溝)の加工にご活用ください!



株式会社 ナンシン

399-3702  長野県上伊那郡飯島町飯島739

TEL 0265-86-3175(代) FAX 0265-86-4221URL  

http://www.nanshin.com





概要
株式会社大倉
全自動遥動バレル式亜鉛めっき装置
バレル鍍金は通常、製品を入れ蓋を閉めて、液中にて回転させて鍍金します。弊社の遥動式バレルの一番の特徴は回転しないバレルです。180°の回転をし、180°逆転回転、これを繰り返して撹拌します。これにより製品の変形、傷を大幅に抑えることが出来ます。物により、これまで引っかけ鍍金していたものをバレル鍍金に切り替えることも可能です。また、蓋がないので、隙間に挟まって部分的無鍍金にもなりません。3×100mmのネジ。板厚0.8ミリのプレス品。板厚2mm長さ300ミリの帯状のもの。