カテゴリー別製品一覧

試験機及び周辺機器

株式会社 岩本モデル製作所
2歯面かみあい試験機 ギア JGMA 等級 かみあい誤差 測定 GTR-4LS
ワークサイズ 35x35x15 (mm) 材質 : POM ( ポリアセタール )
使用機器 : 大阪精密機械株式会社 GTR-4LS

樹脂製のギアを、かみあい試験機で測定している様子です。
検出装置にはリニアスケールが採用されており、高精度な測定が可能です。
平歯車、はすば歯車に対応しています。JGMA規格(日本歯車工業会規格)の「1ピッチかみあい誤差」と「全かみあい誤差」を測定でき、同時に等級判定もしてくれます。素材は、樹脂・金属問わず測定ができます。
岩本モデル製作所で作られたギア製品は、この測定結果を添付して納品いたします。


株式会社岩本モデル製作所
E-mail : info@i-model.jp URL http://i-model.jp
〒572-0846 大阪府寝屋川市高宮栄町30番10号
TEL. 072(823)8997(代) FAX. 072(825)1421
富士電子工業 株式会社
焼入れ 鋼材 測定方法
【硬さ試験】
熱処理後の鋼材の硬さ試験は、熱処理の出来栄えの確認に必要です。
測定しようとする対象によって測定方法が異なります。
なかでも代表的ものをご紹介します。

◆ビッカース(HV)硬さ試験
  [概要] 
    結晶粒の微小な硬さを測定。
    正四角錘ダイヤモンド圧力を資料に所定の試験力で
    押し付け、四角錘の表面積を求めます。
    硬さHVは、試験力をくぼみの表面積で割って算出します。

◆ロックウェル(HR)硬さ試験
  [概要]  
    表面の鏡面研磨仕上げが不要。
    円錐ダイヤモンド圧力もしくは超合金球を試料に押しつけます。
    試験力をくぼみの深さで割り算出します。

◆ショア(HS)硬さ試験
  [概要]
    小型でもち運びができるので、作業現場で用いることのできる
    試験法です。超硬合金表を所定の高さから試料片に落とし、
    反発高さを測定します。失った運動エネルギー量として示します。


お問い合わせは富士電子工業営業部まで。
大阪府八尾市老原6-71
TEL:072-991-1361


概要
助川鉄工 株式会社
用途に応じた試験機を設計製作します
写真は、金属丸棒表面にリン酸皮膜処理を施した試験片の摩擦係数を測定する試験機です。

大学や大手企業の研究機関等にオリジナルの試験機を納めています。

用途に応じた使いやすい試験機をご提供します。
多田プラスチック工業 株式会社
恒温槽
-40℃~+100℃の温度帯が設定可能で、
プログラム制御によるヒートサイクル試験、
高温域の耐熱試験を自社で実施可能です。

恒温槽 恒温槽スペック
温度設定域:-40℃~+100℃
湿度設定域:20%~98%rh
容量:408L(内寸 W600×H850×D800)
曙工業株式会社
水没試験機 ダイカスト 鋳造 リーク
顧客要望の高かった水没試験機を製作しました。加工~漏れ検まで対応します。
ダイカストなどの試作加工に加えて、要求いただければ対応いたします。

水槽サイズは「縦800×横850×深さ350」です。
春川鉄工 株式会社
イオンミリング 鉛フリーはんだ合金層の断面観察(電子部品)
鉛フリーはんだ(Sn-Ag-Cu)の接合界面を
断面研磨~イオンミリング加工により、
はんだ接合部(合金層)を露出し、SEM撮影しました。
イオンミリング(フラット)加工を施すことによって、
界面をオリジナル状態のまま観察することができます。
株式会社 山本金属製作所
回転曲げ疲労試験機 GIGAQUAD® YRB300L
回転軸系材料の疲労強度調査を行う装置です。
YRB300Lは最大負荷荷重85kgと高重量タイプとなっております。
高応力が掛かる構造物の設計において重要な低サイクル疲労の評価にも使用頂けます。
なお従来のGIGA QUADシリーズを「試験機使用者の安全性を考慮し、使い勝手が良く省スペース・高効率な試験を実現」をデザインコンセプトに改良を加えた事で、安全性・デザイン性を向上させました。


株式会社計測技術研究所
LED電源にも対応可能なプラグイン電子負荷!
3300F シリーズは12種類の負荷モジュールと3種類のフレームを組み合わせることで様々な用途に対応することができる、プラグイン方式の電子負荷です。GP-IB インターフェースを標準装備していますので、PC を使った自動化にもすぐに対応することができます。
株式会社計測技術研究所
LEDヘッドライトドライバなどの負荷試験に!
LTS-miniは、LEDヘッドライトドライバなど、LEDを点灯するためのスイッチングコンバータ試験に適した検査システムです。LED電源専用の電子負荷(LEDエミュレータ)によりLED電源の負荷試験を自動で行うことが可能です。
株式会社計測技術研究所
車載用DC/DCコンバータや充電器などの負荷試験自動化に!
PTS-miniは、電源自動検査ソフトウエアとして圧倒的な実績を誇るPowerTestSiteの機能を継承したローコストソフトウエアPowerTestSiteMINI (PTSmini) と、必要に応じて機器を選択することができる、手軽で安価な検査システムです。
UKIP media&events
Automotive testing EXPO 2013 in Korea. 自動車専門技術国際展​示会開催のお知らせ
このたび当社主催 自動車専門技術国際展示会を下記により開催いたしますので、ご案内申し上げます。

Automotive Testing Expo 2013
www.testing-expokorea.com/japanese/index.php

今回はテスト技術にフォーカスした内容になっております。
世界有数の部品、素材、システム、自動車テスト、評価、品質工学機器メーカーやサービスプロバイダーが一堂に会します。
過去、現在、そして未来の技術パートナーと課題を協議することができます。
多くの韓国自動車メーカーも参加を予定しています。
(本展示会は技術関係者のみの参加になっています。)


ご多忙中とは存じますが、お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。
(見学は無料となっております。)

展示会日時 平成25年3月18日~20日
展示会会場 韓国国際展示場(KINTEX)
http://www.kintex.com/client/_jap/index.jsp

パワートレイン技術に特化したエリアを設置します。

展示企業リスト
http://www.testing-expokorea.com/japanese/exhib_list.php?n=exhib



申込はウェブサイトからになります。
www.testing-expokorea.com/japanese/visitor_pass.php


また、無料で専門誌の購読もできますので、
情報収集にお役立て下さい。
http://www.ukipme.com/mag_automotivetesting.htm


その他にも様々な国際展示会を行なっています。
http://www.ukipme.com/events.htm



質問等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。
よろしくお願いいたします。



UKIPメディア&イベント
日本担当
鈴木

--
Mr. Tomoyuki Suzuki
UKIP Media and Events Ltd
Asia - Pacific Japan

Tel +61 (0) 267 664921
Mobile +61 (0) 411 222 647
E-mail tomoyuki.suzuki@ukipme.com
www.ukipme.com