カテゴリー別製品一覧

機械要素

概要
長野オートメーション株式会社
液体塗布および硬化装置の設計製作
当社は、各種の生産装置をご要望に応じて設計製作する会社です。



液体を塗布したり、注入する装置についても、多数の実績があります。



イラストの装置は一例ですが、粘度の高いシール材を正確に塗布し、

その後UVで硬化させる装置です。正確に塗布するため、塗布前に

ワーク形状を測定し測定結果を反映して塗布する機能を持っています。

また、硬化後の形状を測定し上位コンピュータに送信する機能もありま

す。



塗布以外にも液体注入など色んなご要望に対応した装置を設計製作

します。



当社の詳しい業務内容は、ホームページをご覧ください。
概要
長野オートメーション株式会社
リチウムイオン,高速電極積層装置,枚葉タイプ,カム駆動タイプ
当社は、各種の生産装置をご要望に応じて設計製作する会社です。



リチウムイオン電池の生産設備や試作のための製造設備についても、

多数の実績があります。



イラストの装置は一例ですが、リチウムイオン電池の電極とセパレータを

高速に積層する装置です。電気自動車や住宅蓄電に使われるような大型

のリチウムイオン電池の電極積層装置です。高速化を実現するためカム駆動

方式を採用しています。



本装置はデモ機を常設しておりますので、随時見学可能です。



このような量産用の設備以外にも試作用の設備まで、色んなご要望に対

応した装置を設計 製作します。



当社の詳しい業務内容は、ホームページをご覧ください。
概要
長野オートメーション株式会社
リチウムイオン電池 電極切断装置
当社は、各種の生産装置をご要望に応じて設計製作する会社です。



リチウムイオン電池の生産設備や試作のための製造設備についても、

多数の実績があります。



イラストの装置は一例ですが、リチウムイオン電池の電極をロールから切断し

マガジンに収納する装置です。高速化を実現するためカム駆動 方式も取り入れ

ています。



このような量産用の設備以外にも試作用の設備まで、色んなご要望に対

応した装置を設計 製作します。



当社の詳しい業務内容は、ホームページをご覧ください。
概要
長野オートメーション株式会社
リチウムイオン電池 18650用組立ライン
当社は、各種の生産装置をご要望に応じて設計製作する会社です。



リチウムイオン電池の生産設備や試作のための製造設備についても、

多数の実績があります。



イラストの装置は一例ですが、18650サイズ筒型のリチウムイオン電池の

組立ラインです。



JR挿入,負極抵抗溶接、センターピン挿入、トップインシュレータ挿入,

トップインシュレータ打ち抜き,ビーディング(溝入れ),電解液注液,封口体レーザ溶接,

封口体挿入,封口体クリンピング(かしめ)など一貫組立ラインです。





このような量産用の設備以外にも試作用の設備まで、色んなご要望に対

応した装置を設計 製作します。



当社の詳しい業務内容は、ホームページをご覧ください。
概要
株式会社 小西製作所
スラストボールベアリング
スラストベアリングの製造、販売を行っています。
概要
フジBC技研 株式会社
ブルーベ 標準タイプ外部給油装置 FK
設定した油量(可変)を安定的にノズル先端から加工点に供給する外部給油装置です。ノズルからのミスト吐出量は、ポンプ1式で最大135ml/hまでの設定が可能であり、ノズル数(ポンプ数)は加工内容に応じて選択できます。既存の設備にも簡単に取り付けることができます。外部から加工点への吐出の為、刃先、工具先端位置が変化しない切断機、旋盤、汎用フライス、などが対象機となります。
概要
フジBC技研 株式会社
ブルーベ コンパクトタイプ外部給油装置 JK
設定した油量(可変)を安定的にノズル先端から加工点に供給する外部給油装置です。ノズルからのミスト吐出量は、ポンプ1式で最大135ml/hまでの設定が可能ですが、ノズル数(ポンプ数)は2本までに制限され、また格納ボックスを持たない簡易型です。小型設備への搭載に適しています。
概要
フジBC技研 株式会社
ブルーベ 微細加工の定番 BK
一定量の油量(不変)を安定的にノズル先端から加工点に供給する外部給油装置です。特に微細・超精密金型加工に適しています。チャンバー内で生成されたミストを加工点に供給するタイプであり、常に同程度の粒径の油剤の供給が可能です。その為、切削工具への加工負荷が変わらず、加工面品位の向上が得られます。
概要
フジBC技研 株式会社
ブルーベ 外部給油装置 BX
設定した油量(可変)を安定的にノズル先端から加工点に供給する外部給油装置です。吐出量は、ポンプ1式で最大2,000ml/hまでの設定が可能であり、ノズル数(ポンプ数)は1本あるいは2本となります。使用油剤により、油性仕様あるいは水溶性仕様が選択できます。既存の設備にも簡単に取り付けることができます。外部から加工点への吐出の為、刃先、工具先端位置が変化しない切断機、旋盤、汎用フライス、などが搭載対象機となります。
概要
フジBC技研 株式会社
エコブースタ 内部給油装置 EB3
マシニングセンターのスルースピンドル配管、またNC旋盤のクーラント配管を搬送に適した粒径の油剤の搬送経路とし、オイルホール付工具を使用して、刃先には加工に適したサイズの粒径の油剤の塗布を行う内部給油装置です。通常の部品加工に必要な2-16ml/h(可変)の油量を塗布する事を主眼に設計されています。
概要
フジBC技研 株式会社
エコブースタ 内部給油装置 EB7
マシニングセンターのスルースピンドル配管、またNC旋盤のクーラント配管を搬送に適した粒径の油剤の搬送経路とし、オイルホール付工具を使用して、刃先には加工に適したサイズの粒径の油剤の塗布を行う内部給油装置です。小径深穴加工などのエア流量が小さい場合でも加工に必要な油量が確保できるよう設計されている給油装置です。エア流量に従って2−70ml/h(可変)の油量の塗布が可能です。
概要
株式会社 北島産業電機
PLC(シーケンサー)の新規リニューアル工事(レトロフィット)
プラント内クレーン操作用制御盤内PLC(旧式オムロン)⇒三菱Qシリーズに変更する工事内容です。PLCのレトロフィットと共に電磁接触器も新型に交換しました。



◇問題点

 1.PLCの出力ユニット故障が発生するも製造中止のため交換対応不可能となる。

 2.別の出力ポートにアドレス変更しようにも変更するツールが見当たらず

   ソフト変更対応不可能となる。

 3.対応した担当者の退職に伴い責任の持てる担当者が不在

   (項?,?のため皆逃げてしまった。)

 4.電磁接触器の溶着により暴走しもう少しで重大事故が発せする寸前だった。

 5.電磁接触器も製造中止のため在庫交換後は打つ手なし



◇三菱Qシリーズ+電磁接触器変更後

 ・オムロン⇒三菱へのプログラム変更が問題ないか現地で確認

 ・EMO回路確認

 ・各種動作にて電磁接触器が問題なく動作しているか確認

 ・各種設備間のインターロックに問題ないか確認

 ・非常用電源で上記の動作が問題無いか確認 ← お客様にて対応。



◇改造工事後の特徴

 1.PLCの故障率の減少。

 2.もしもの場合のアドレス変更も迅速対応。

 3.自信を持ったメンテナンスが期待できる。

 4.電磁接触器の故障率の減少。

概要
株式会社 北島産業電機
制御盤製作のみも可能です。見積依頼お待ちしています。
制御盤の製作のみも受注可能です。

国内外のトップメーカーに納入実績があります。



板金設計、製作もサポート可能です。小ロットからお気軽にお見積下さい。
概要
株式会社 トリニティ
部品設計 試作加工 愛知県のトリニティ
設計、試作加工のトリニティ
概要
株式会社 トリニティ
電気・電子回路の設計・開発 トリニティ 愛知県
電気・電子回路の設計・開発 トリニティ
概要
株式会社 こうら
ポンプ 選定・配管工事 生産設備 愛知県
<真空ポンプ取付及び配管工事>

・業界:自動車・食品・鉄道 (その他ポンプご使用の製造業)

・製品仕様:真空ポンプ OP-W150N (4P・5.5KW・大阪空気機械製)
       
        配管  20~50A ステンレス製

・納期:・ポンプ製作 実働1ヶ月  ・現場調査~配管工事 実働7日間

<備考>
食品工場向けの真空ポンプ取付と配管工事の写真です。

当初は真空ポンプの納品だけのご用命でしたが据え付け工事の

ご提案をさせて頂きました。

現調から打合せ、制作、据え付け工事、配管工事まで一貫で

スムーズに対応します。

株式会社こうらは生産設備改善のサポートをさせて頂きます!

ポンプ・配管工事のお困り事は株式会社こうらにご用命下さい!!

概要
ジャパンセパレーター株式会社
クーラント液自動希釈供給装置
今まで人手によりクーラント液を作り、機械へ人手で配給をしてきましたが、大変な時間と労力が必要でした。クーラント液を自動希釈、自動撹拌して機械への給油まですべてをこの一台で行いますので、人件費の大幅削減と安定した希釈倍率で刃物の寿命をのばし、原液の節約を併せて行います。理想的に撹拌されたクーラント液は、一旦付属のサブタンクへ移し、ここからポンプで十数台の機械へと自動供給されます。さらに詳細は当社HPをご覧ください。



you tube http://youtu.be/l0Edw4YBYOc
概要
ジャパンセパレーター株式会社
三相分離のできる遠心分離機
今までの小型遠心分離機では油の分離できなかったが、新技術により粉、液、油の三相分離が可能になりました。
概要
有限会社 マルタスプリング
小ロットが得意分野
高強度ピアノ線のコイルスプリングも製造可能です
株式会社ディ・ディ・エス
ロボットハンドリング装置
概要
有限会社 Co khi oto Duc Hoa
フィルター
Duc Hoaの製品は原料が韓国から輸入されて、現代的な技術で作られました。韓国家から協力してくれて、高品質の製品を製品を提供することを誓いました。
概要
株式会社コーネット
制御開発・制御設計のことならお任せ下さい
「機械やロボットに、こんな動作をさせたいんだけど。。。」

こんなお悩み、ございませんか?



コーネットは、お客様のお悩みやご要望をじっくりお聞きし、

納得のいく動作を実現します!

一点物から数の多い物まで、制御開発で貴社のビジネスを応援いたします!



・集中制御から分散制御まで手掛けます。

・安全回路と制御回路の統一により、省スペース化、低コスト化。



まずはお気軽にお問合せ下さい。
概要
日本キスラー株式会社
RTM成形プロセスモニタに最適!低粘度樹脂用型内圧センサ 6161AA
RTM(Resin Transfer Molding:樹脂注入)成形法は、CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic:炭素繊維強化プラスチック)の成形法の一種で、溶融した熱硬化性樹脂を金型に封入された強化繊維プリフォームに注入して硬化成形する方法です。近年自動車の軽量化部品用途に注目されています。

低粘度樹脂用型内圧センサ(型式:6161AA )はφ4のダイヤフラムをφ9の本体に組込み後、特殊溶接構造により
圧力測定部への樹脂の侵入を防いでいます。また、Oリングを使用する事で減圧時の負圧の評価も可能となりました。

6161AA はRTM成形プロセスモニタに最適です。RTM成形以外に高圧RTM成形(HP-RTM)、SMC成形、その他RIM成形等の低粘度樹脂成形の開発から生産モニタリングまで使用可能です。
概要
日本キスラー株式会社
豊富な導入実績と製品ラインアップで現場の課題を解決!型内圧測定による不良品判別
型内圧センサによる生産モニタは最近多くの企業で行われていますが、その中でも成形品による不良選別はもっとも多く行われています。ショートショット発生箇所近傍にセンサを入れ、ショートショットが発生する圧力を設定することで不良品の判別が可能になります。
概要
日本キスラー株式会社
世界が認めた水晶圧電式!高応答サーボプレスによるギア圧入時の良否判定
高応答サーボプレスを使用することで、「ギアのシャフト圧入時の過負荷防止」と「組付け部品のばらつき判定」を同時に行うことができます。
圧入力のフィードバック制御を行いながら、ギアとシャフト間の組付け嵌合状態(正常・緩い・きつい)を計測していきます。ポイントは、加圧力と変位の数値を正確に計測できることです。
概要
日本キスラー株式会社
0.1ミリ以下の極薄な切断砥石による微小な切断力を正確に測定!ダイシング加工時の切断抵抗測定
半導体用途のシリコンウェハを回路が描かれたICの基板などとして用いるためにはサイコロ状に小さく切断(ダイシング)する必要があります。
切断には専用の極薄切断砥石を用い、高速で加工します。シリコンウェハを効率よくサイコロ状に切断するための加工条件、使用する切断砥石の選定、高能率な専用機の選定等、これらを決定するための指標として切断時の加工力を把握することが重要です。小型・高剛性な水晶圧電式小型切削動力計9119Aはシリコンウェハの切断抵抗測定に最も適した測定器です。
概要
日本キスラー株式会社
具体的な数値の裏付けを提供!CNC旋盤等による旋削加工時の切削抵抗測定
機械加工技術の発展段階においては、その代表的な加工方法である旋削加工の加工現象を、詳しく観察または測定する技術が必要です。その技術の発展と向上は具体的な数値の裏付けなくしてはあり得ません。
切削条件、工具形状・材質、切削液等の加工に関わる様々な要件は、切削抵抗の大小を決定する主な要素の一部となり、逆に切削抵抗の大小を指標として加工の最適化を図ることも可能です。このような切削抵抗を具体的、且つ正確に測定するためには、切削動力計を用いることが最も有効とされています。
キスラーの水晶圧電式切削動力計は、もはや業界標準と呼ばれるほどに多くの企業や研究機関で選ばれ、研究開発に貢献し続けています。
概要
日本キスラー株式会社
切断加工条件の最適化により生産性向上に貢献!切削動力計によるワイヤソーの切断抵抗測定
ウエハの製造において、各素材(インゴット)の切断方法はワイヤソーによる切断が主流になっています。正確な切断を実現する為には、水晶圧電式切削動力計を用いて装置とワイヤの特性を把握することが重要であり、この特性判断の指標を「切断抵抗」とするケースが増えています。
製品の品質に大きな影響を与える切断抵抗の正確な測定が製造現場には求められています。
概要
日本キスラー株式会社
品質検査の高精度化に貢献!落下試験時の衝撃荷重測定
応答性に優れ、剛の高い水晶圧電式力センサは、製品の落下試験時における衝撃荷重を精度良く測定することが可能です。

3つの電卓の画像は、真ん中が1回目の衝突後に最も弾性変形した状態を示しており、この時の衝撃荷重は約100Nでした。右上の画像は電卓がバウンドした後2回目に衝突したときに最も変形した状態で、衝撃荷重は約230N、つまり1回目の衝突時に示した最大値よりも大きい値を示しています。衝撃荷重を実測することで、このような有用なデータを得ることができます。