カテゴリー別製品一覧

樹脂流動解析

多田プラスチック工業 株式会社
CAE解析
CAE解析を実施することにより様々なVA・VE提案を提供しております。
 ①反り対策の提案
  最適なゲート位置、冷却位置の提案
 ②薄肉化、軽量化の提案
  成形可能な肉厚で解析、提案
 ③外観向上の提案
  最適なウエルドの位置、ゲート位置の提案
 ④最適成形機、予想サイクルの提案
有限会社 フィロソフィー
樹脂流動解析
当社で導入しているオートデスク社のAutodesk Moldflow は、プラスチック射出成形シミュレーションを行う事ができ、プラスチック部品および射出成形用金型の設計を検証および最適化し、プラスチック射出成形のプロセスを詳細に検証できます。
Autodesk Moldflow Adviser および Autodesk Moldflow Insight は世界中の多くの企業で導入されており、コストのかかる試作の回数を低減し潜在的な製造上の不具合を回避させ、高品質な製品をより早く市場に投入することに貢献しています。

当社ではAutodesk Moldflow を使用して、プラスチック部品、射出成形、および射出成形のプロセスを検証し、最適化するための各種射出成形シミュレーションを行い、肉厚、ゲート位置、材料、形状が製造性に与える影響を調査します。
薄肉部品から厚肉およびソリッドの成形品まで、幅広い部品形状を調査・検証する事が可能で、実際の製造を行う際にどの様な状況になるのかを把握する事で潜在的な不具合を回避、あるいは既に起きている問題の原因を突き止めることができます。
また不具合を見つけた場合、即座に部品の設計の最適化を行います。
ジェムス・エンヂニアリング株式会社
受託解析からソリューション Moldex3D樹脂流動解析のご提案
金型製作・成形の育成段階で発生する治療的な費用(ブラインドコスト)を削減する事を目標とした
ソリューション事業を提案させて頂きます。
樹脂流動解析はMoldex3Dを使用します。
Moldex3Dは、境界層を数層に分けてハイブリッドメッシュを自動作成する事で,
高精度な解析結果を得る事ができます。
等距離ランナーのアンバランス流動の挙動解析では、世界初の解析結果を得る事ができました。 
これまで、解析結果と実成形との差異により解決手段を実行できない環境があったと思いますが、
より現実に近い結果を得る事で,金型製作、成形条件,製品設計に及ぶフロントローディングの展開が
現実的なものとなっています。

永年の金型ビジネスの経験と知財により、金型への応用部品の販売、加工や成形品のご提供まで
ご支援させて頂きます。

http://www.moldex3d.com/jp/about

株式会社セイロジャパン
技術講座「成形シミュレーション基礎技術」第2回講習会 樹脂材料特性編〜「流動特性全般」「伸長粘度」「溶融粘弾性とそのモデル」
技術講座「成形シミュレーション基礎技術」第2回講習会
樹脂材料特性編〜「流動特性全般」「伸長粘度」「溶融粘弾性とそのモデル」

講師:当社技術顧問 工博 吉井正樹


関東・名古屋・大阪で開催!!

--------------------------------------------------------------------------
成形シミュレーションにおいて必要な知識および技術を体得して頂くため、本年度より技術講座「成形シミュレーション基礎技術」を開講しております。
当講座は,樹脂材料特性編と加工プロセス編で構成されており、それぞれの分野についてテーマ毎(約10テーマ)にシリーズでセミナー(計7回)を開催して参ります。
第2回は,樹脂材料特性編の「流動特性全般」「伸長粘度」「溶融粘弾性とそのモデル」に関するセミナーを下記の要領で開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。


--スケジュール--
14:00~16:00 セイロ・技術講座 第2回セミナー
16:10~16:30 Moldex3D新情報,解析事例紹介等
16:30~  個別技術相談等,レオロジーセンター見学(関東会場のみ)


--費用--
1万円

--日程--

①関東会場:平成28年7月22日(金) 14:00~
(埼玉県春日部市,㈱セイロジャパン)
http://www.saeilo.co.jp/seminar/moltechnical-kanto.html


②名古屋会場:平成28年7月28日(木) 14:00~
(名古屋市熱田区,名古屋市工業研究所第5会議室)
http://www.saeilo.co.jp/seminar/moltechnical-nagoya.html


③大阪会場:平成28年7月29日(金) 14:00~
(大阪研修センター江坂 会議室C)
http://www.saeilo.co.jp/seminar/moltechnical-osaka.html

概要
株式会社先端力学シミュレーション研究所 (ASTOM R&D)
樹脂射出成形 【インサート成形解析】
ASU/MOLDはインサート成形解析が可能です

画像はインサート成形の事例を示します。

金属製のピンをインサート物とした成形解析を行っております。



ASU/MOLDでは、インサート物がある場合の樹脂流動解析が可能な他、反り解析が標準装備となっており、事例では筐体や金属ピンの反り量が精度良く予測できます。

弊社では樹脂成形の受託解析業務、商品の販売やカスタマイズを実施しております。



ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先

ASU-info@astom.co.jp

概要
株式会社先端力学シミュレーション研究所 (ASTOM R&D)
樹脂射出成形 【そり解析】
ASU/MOLDは、離型後の反り量を予測できます

画像は、ドアミラスラーを射出成形で製造したときの反り量の計算値と実測値を比較したもので、非常によく一致しております。





ASU/MOLDでは反り解析が標準装備となっており、事例では反り量が正確に予測できております。

弊社では樹脂成形の受託解析業務、商品の販売やカスタマイズを実施しております。



ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先

ASU-info@astom.co.jp
概要
株式会社先端力学シミュレーション研究所 (ASTOM R&D)
樹脂射出成形 【ランナー】
ASU/MOLDは、樹脂射出成形解析ソフトウェアです。



画像のような製品を製造する際に、ランナー配置位置を変えてウエルドラインの長さを最小化する検討事例の結果を示します。



ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。



お問い合わせ先

ASU-info@astom.co.jp
概要
株式会社先端力学シミュレーション研究所 (ASTOM R&D)
樹脂射出成形 【ウェルドライン】
ASU/MOLDは、樹脂射出成形解析ソフトウェアです。



図のような製品を製造する際に、ランナー配置位置を変えてウエルドラインの長さを最小化する検討事例の結果を示します。



当社では、樹脂射出成形解析に関して、受託解析、商品販売等のサービスを行っています。



ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。



お問い合わせ先

ASU-info@astom.co.jp
概要
株式会社先端力学シミュレーション研究所 (ASTOM R&D)
樹脂射出成形 【ウエルドライン長グラフ】
ASU/MOLDは、樹脂射出成形解析ソフトウェアです。



図のような製品を製造する際に、ランナー配置位置を変えてウエルドラインの長さを最小化する検討事例の結果を示します。



当社では、樹脂射出成形解析に関して、受託解析、商品販売等のサービスを行っています。



ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。



お問い合わせ先

ASU-info@astom.co.jp
概要
有限会社 米山金型製作所
樹脂流動解析【Moldex3D/eDesign】 金型設計 長野県
樹脂流動解析「Moldex3D/eDesign」



「ソリ変形」、「ウェルドライン」、「最終充填部」のガス焼け等を

事前に把握することができ、金型製作に反映することができ、

金型の「修正回数」の低減します。
概要
株式会社 猩々テクノ
流動解析を行い 信頼性の高い金型設計をめざします。
猩々テクノの強み



光学機器の角形状の精密部品から、内スライド(コラプシブルコア)や回転抜きという機構が必要とされる高精度かつ複雑な金型設計において、業界からは高い評価を得ています。



設計の現場では、ショット数や多数個取りをはじめ、難易度の高いご要望をお客様からヒアリングさせていただき、独自に培ってきたノウハウを基に一歩進んだ金型設計をご提案いたします。

概要
クリエス精機株式会社
精密射出成型金型,モールドフロー,流動解析
全製品で流動解析を実施し、事前検討します。

・最適ゲート位置解析

・ガス焼け発生位置解析

・ウエルドライン解析

・ソリ解析 全て無料です。(金型、量産ご注文時のみ)

概要
株式会社 エムジーテックス
流動解析
仕様決め・流動解析
概要
株式会社 エムジーテックス
流動解析
仕様決め・流動解析
概要
株式会社フジグローバルワーク
樹脂押出成形の流動解析
樹脂の押出成形では、金型のマニホールドは流動を制御する重要なものでありますが、内部は複雑な曲面の連続でブラックボックスになっております。我々フジグローバルワーク(FGW)では、お客様の金型をスケッチやスキャニングして、樹脂データと照らしあわせて、樹脂流動解析(CAE)が可能です。自社の金型の形状がわかれば、少量多品種の生産の中で、事前にどのような結果(成形品)になるかが判断できます。30年以上前の金型であれば、図面も残っておらず手彫りマニホールド削っていると思われます。リバースエンジニアリングとしてスキャンして、流動解析結果をお付けして、同一形状を作ることも可能です。ご一報下さい。



フジグローバルワークは

多層ダイ、小径チューブ成形装置のR&D開発を中心に、

?エンジニアリング部門 ?IT部門 の2つの事業を行っております。



一つ一つの部門にスペシャリストが対応し、開発・設計のコンサルタンティングまで一連で請け負うことが可能です。



株式会社フジグローバルワーク (FGW)

〒144-0042 東京都 大田区羽田旭 7番1号 大田区創業支援施設306号室

TEL / FAX : 03-6844-0886  担当:横田
概要
SCSK株式会社
樹脂射出成形シミュレーション
プラスチック成型加工プロセスにおける金型内圧力温度履歴や充填挙動、離型時のプラスチック成形品に発生する不良現象を有限要素法を用いた数値計算により予測、可視化します。業界における高い知名度と国内外に多くの導入実績があります。