BMWグループ、ミュンヘン車両パイロット工場の試作に拡張現実を利用   [ ドイツ ]

・BMWは9月18日、車両コンセプトと試作車のエンジニアリングに新しい拡張現実(AR)アプリを利用していると発表した。・個別の車両デザイン選定から複雑な生産段階に至るプロセスを最大12カ月短縮する。ARゴーグルを使うと、実物大のホログラフィック3Dモデルを投影することで、車体の上などに実際の形...
<2020年09月24日(木)>