インドネシアの自動車メーカー、新奢侈税によるセダン需要に言及  [ インドネシア ]

・インドネシア自動車製造業者協会(Gaikindo)は10月29日、インドネシアの新車に対する奢侈税(PPnBM)調和スキームによりセダンに対する差別が撤廃されたと発表した。PPnBMの税率がボディ形状ではなく排気ガスか燃費に応じて決まるよう見直された。 ・ホンダのインドネシア法人Honda Prospect Motor (HPM)は、このスキームによるセダン市場成長の潜在的可能性はあるものの、インドネシアのインフラと顧客の習慣による要素が大きいと述べた。・トヨタのインドネシア法人Toyota Motor Manufacturing Indonesia (TMMIN)は、セダンの国内販...
<2019年11月01日(金)>