インドネシア、ニッケル鉱石輸出を中止し国内加工強化でEVハブ化計画を支援へ  [ インドネシア ]

・10月29日付のフィリピン現地メディアInquirer.netは、インドネシアが2020年早々海外へのニッケル鉱石の輸出を中止し、国内加工を増やして収入増を目指すと報じた。この動きはインドネシアを電気自動車(EV)ハブにする計画の要となる。ニッケルはEV用リチウムバッテリーの正極材に使われる。 ・インドネシア投資調整委員会(BKPM)によれば、政府はこの決定により国内精錬所建設をスピードアップする。インドネシアのニッケル埋蔵量は世界の1/4を占め3,500億ドルに相当する。 ・インドネシアはトヨタや現代自などにEV工場への投資を働きかけてきた。中国の青山控股集団(Tsingshan...
<2019年11月01日(金)>