オペル、新型「コルサ」をサラゴサ工場で生産開始  [ スペイン ]

・オペルは10月7日、スペインのサラゴサ(Zaragoza)工場で新型「コルサ (Corsa)」の生産を開始したと発表した。 ・第6世代となる新型「コルサ」は、よりモダンで効率的でダイナミックになっており、空力特性に優れ、重量は1,000kg以下となり従来と比較してかなり軽量化されている。 ・また、燃費とCO2排出量を改善するエンジンも搭載。 ・2020年初めごろから、サラゴサ工場では電気自動車(EV)モデルの「コルサ-e (Corsa-e)」の生産を開始する予定。「コルサ-e」は最高出力100kW (136hp)で、航続距離はWLTPモードで330km。 ・「Blitz」のブランドは、...
<2019年10月09日(水)>