CES 2018:EV普及促進へ

環境対応車のモデルとアプリケーションが着実に増大

2018/02/05

要約

CES展示会場入口

 CES 2018は、2018年1月9日から12日まで米国ネバダ州ラスベガスにおいて開催された。160件余の自動車関連の展示に約30万平方フィートが充てられ、自動車関連の展示はこれまでのCESで最大規模となった。近年、CESでは自動車メーカーや部品メーカーがこぞって、新たな顧客開拓に向けて発表・展示を行うため、自動車関連の展示が急増している。


 CES 2018で展示されたEV(電気自動車)は様々な顧客にアピールできる、環境にやさしい車の開発における自動車市場の進歩を示している。CESでデビューしたEVはすべて、最近需要が大幅に増加しているSUVだった。現代自動車は燃料電池車Nexoと家庭に電力を供給するためのアプリケーションを中心に展示し、起亜は小型SUVのNiro EV Conceptを発表した。韓国の両ブランドは重要な電動車製品として積極的に展開すると表明した。自動車業界に新規参入したBytonは、その最初のモデルとしてEVの中型プレミアムSUVコンセプトを発表している。

 自動車メーカーはまた、他の展示会ですでに披露している環境対応車も展示していた。日産は第2世代のLeafとIMxコンセプトを展示。Mercedes-BenzはスーパーカーのMercedes-AMG Project ONEに加えて、EVモビリティブランドのEQから小型ハッチバックのConcept EQAとサブコンパクトカーのsmart vision EQ fortwoを出展した。トヨタはSUVのFine-Mobility Rideを出展。CES 2018で強調された環境対応車の技術は、自動車業界の発展に向けたサステナビリティの重要性を示している。

 CES 2018における自動車メーカーの展示を中心にまとめた2本のレポートのうち、本稿はEV、コンセプトカー、環境対応車の技術を取り上げる。もう1本のレポートでは、モビリティの向上に利用される自律的かつインテリジェントな技術アプリケーションと、新しいユーザーインターフェイス、HMI (human-machine interface)に焦点を当てる。

 

関連レポート:
CES 2018:自動運転とHMIの技術展示 (2018年2月)
Daimler:2025年までに世界販売の15-25%をEVへ (2018年1月)
中国新エネルギー車(NEV)詳細 (2017年12月)
東京モーターショー2017:日産・ホンダ・三菱自の出展 (2017年11月)

電動車の市場予測について、全世界の国別、モデル別予測データ(~2027年)もご案内しております。



急成長するSUV市場にフォーカスしたEV

起亜 Niro EV Concept

 起亜自動車はCES 2018において、モダンなコンパクトSUVのデザインと高効率なバッテリーを使用するパワートレインを組み合わせたNiro EV コンセプトを初公開した。パワートレインは、Kiaの未来のEVに搭載される生産技術を利用する。容量64kWhのリチウムポリマーバッテリーパックでモーターを動かし、最高出力201hpを発生。1回の充電で航続距離は約238マイルにのぼる。また、Niro EVコンセプトには、カメラで歩行者や自転車を検知し、スピーカーシステムで彼らに車の存在を警告するアクティブ・ペデストリアン・ウォーニングシステムも搭載される。

Kia Niro EV Concept Kia Niro EV Concept 内装

 

 Niro EVコンセプトの外観の特徴としては、従来のフロントグリルの代わりにインタラクティブなディスプレイパネルを装着。新しいライティングシステムにより、車とユーザー、歩行者の間で直観的なコミュニケーションを可能にした。Niro EVコンセプトは、現行のKia Niroのスタイルをベースに車高を高く、Cピラーの幅を広げ、後部デザインをシャープにした。車内はシンプルで、最小限のデジタル機器を装備。包み込むようなデザインがドライバーと乗員を受け止める一方、ダッシュボードは水平に伸び、表面はすっきりと滑らかである。

 起亜は2025年までにハイブリッド車を5車種、プラグインハイブリッド車を5車種、バッテリーEVを5車種、量産型燃料電池車を1車種の計16車種の電動車を投入する予定。現代グループのWoong-chul Yang副会長によると、起亜が燃料電池車を投入するのは2020年になる。



現代 Nexo FCV

 起亜の姉妹ブランドである現代も燃料電池車のNexoを出展し、新型環境対応車を初公開した。Nexoは、現代の環境対応車の技術的フラッグシップ車であり、Tucson FCEVに替わるモデルである。NexoはTucson FCEVのプラットフォームを改良した新開発の専用プラットフォームを使用し、Tucsonより軽量で、単位重量あたりの出力が高く、車内スペースが拡大した。Nexoの燃料電池スタックとバッテリーの合計出力は135kW。パワートレインは小型・軽量化されたが、最高出力は161hp、最大トルクは291lb-ftで、Tucsonの134hpおよび221lb-ftを上回る。航続距離もTucsonの265マイルに対し、Nexoはおよそ370マイルである。

Hyundai Nexo FCV Hyundai Nexo FCV カットモデル

 

 Nexoは2018年初めから世界の一部市場で販売される。現代は2025年までにNexoを含む18車種の環境対応車を投入する予定。



Byton Concept SUV

Byton Concept SUV

 BMWとAppleの元社員が設立した中国のスタートアップ企業、Bytonは、電気自動車の中型プレミアムSUVコンセプトを発表した。このコンセプトは、「ユニークなデジタルデザインと革新的な人と車のインターアクション」を実現する「新世代のスマートデバイス」と呼ばれる。量産モデルには2種のグレードがあり、後輪駆動車は容量71kWhのバッテリーパックを搭載し、1充電あたりの航続距離は248マイル、四輪駆動車は容量95kWhのバッテリーパックを搭載し、航続距離は323マイル。パワートレインも2種から選べ、1種は最高出力268hp、最大トルク295 lb-ft、もう1種は最高出力470hp、最大トルク524 lb-ft。車内はフラットフロアで、フロントシートは回転し、後部座席も調整可能。50インチ x 10インチの大型ディスプレイ「Shared Experience Display」をはじめ、多数のディスプレイを備える。車内のゆったりしたスペースと高級感あふれるシートは、ラウンジのような雰囲気を醸し出している。

 Byton Lifeクラウドプラットフォームは、「健康」「通信」「エンタテインメント」「アクティビティ」という4分野についてインテリジェントサポートを行う。車載センサーおよびハードウェアをユーザーのスマートフォンや他のデバイスに同期させ、車をインテリジェントアシスタントとして機能させることができる。内蔵された人工知能(AI)により、車は学習し、今後のアクティビティやエンタテインメント、訪れるべき場所等を助言する。2019年の投入時には、量産モデルはレベル3の自動運転機能を備える予定。2020年にはソフトウェアのアップデートによりレベル4の自動運転機能が可能となる。操作には音声認識機能、タッチコントロール、ジェスチャーコントロールが利用できる。

 Byton SUVコンセプトの量産モデルは中国・南京にあるBytonの工場で生産される予定。車両価格はおよそ4万5,000米ドルから。中国には2019年末頃に投入され、米国と欧州では2020年に発売される。



これまでに発表されているEVのラインナップ

日産 Leaf および IMx Concept

 世界で最も多く販売され、ハイウェイも走行可能なEVである日産Leafは、CES 2018における日産の展示に出展された。2018年型Leafは、その社会的重要性により、「CES 2018 Best of Innovation Award」の「Tech for a Better World」カテゴリーに選ばれた。第2世代である2018年型Leafは新型EVパワートレインを使用し、最高出力が147hp、最大トルクが236 lb-ftで、最高出力は旧型を37%、最大トルクは26%上回る。新しいリチウムイオンバッテリーパックにより、2018年型Leafの航続距離はおよそ150マイルとなり、旧型より約50%伸びた。今後のモデルは、さらに拡大した出力と航続距離を選べるようになる。

Nissan Leaf Nissan IMx Concept

 

 日産は、2017年の東京モーターショーで初公開した日産IMxゼロエミッションコンセプトも出展した。日産の新しい高効率EVプラットフォームを使用したIMxは、フラットなフロアと今までにない広いキャビンスペースを実現。モーター2基を前後に搭載し、合計出力430hp、最大トルク516 lb-ftを発生する。エネルギー密度を高めた大容量バッテリーにより、一充電あたりの航続距離は370マイル以上。IMxの自動運転機能は、運転機能が使用されていない時にIMxと地域の送電網を接続し、車両に充電したり、Leafで紹介したVehicle to Home技術の延長として余剰電力を送電網に戻したりすることが可能。



Mercedes-Benz EQ Family および Mercedes-AMG Project ONE Concept

 Mercedes-Benzは、同ブランドのCASE戦略を具現化する、既発表の電動車コンセプトを出展した。同社が展示した3つのモデルは、いずれもIAA2017で初公開したものである。ハイブリッド車の性能の可能性を示すMercedes-AMG Project ONEコンセプトは、1.6リットルV6ハイブリッドエンジンと4基のモーターを搭載し、最高出力は約1,000hp、最高速度は217mph以上、0-124mph加速性能は6秒未満。

Mercedes-AMG Project ONE Mercedes-Benz Concept EQA

 

 また、Mercedes-BenzはEV用ブランドのEQシリーズから、コンセプトEQAとsmart vision EQ fortwoの2モデルを出展した。コンセプトEQAは、航続距離が約250マイルのプレミアムコンパクト車。一方、smart vision EQ fortwoはライドシェアリング用EVとして開発された車で、自動運転機能により、充電ステーションまたはワイヤレス充電エリアに自動走行する。



トヨタ Fine-Comfort Ride FCV Concept

 トヨタはCES 2018に、2017年の東京モーターショーで初公開した燃料電池車コンセプトFine-Comfort Rideを出展。コンセプトカーの展示に加え、同コンセプトカーに実際に乗車しているような体験ができるVRデモンストレーションも行った。Fine-Comfort Rideは燃料電池でインホイールモーターを動かし、最高出力は約415 hp。充電所要時間は約3分で、満充電の場合の航続距離は約620マイル。燃料電池車であるため、走行中は二酸化炭素や他の有害ガスを排出しない。

Toyota Fine-Comfort Ride FCV Toyota Fine Comfort Ride VRデモンストレーション

 

 その名称にふさわしく、Fine-Comfort Rideの車内は6人分のシートがゆったり配置され、自動運転モードの際は、前方の4つのシートは回転させて向きを変えることができる。タイヤは四隅に置かれ、キャビンは中央が広いダイヤモンド型で、車内は開放感が感じられる。ディスプレイは窓に組み込まれ、必要に応じて人工知能(AI)エージェントが情報や娯楽を提供してくれる。



クリーンビークルとグリッドシステムの技術展示

日産 Leaf-to-Home

日産 Leaf-to-Home ステーション

 Leafの展示では、日産のLeaf to Homeという技術も紹介された。これは、朝に太陽光発電による余剰電力をLeafのバッテリーに蓄え、夜間に住宅で使用する電力を補うために使用できる技術である。この技術により、電気代が安くなる夜間にLeafの充電を行うこともできる。停電の際は、Leafは標準的な住宅に最長2日間電力を供給できる。日産Leafのオーナーはスマートフォンのアプリを使用して、充電時間の設定、充電ステーションの検索、車両の充電レベルのチェック等を行うことが可能である。



現代 Hydrogen Life Vision

 現代はCES 2018においてHydrogen Life Visionと称する展示を行い、水素自動車が住宅に電力や消耗品を供給できることを紹介した。まず、Nexoが家庭の様々な機器に電力を供給する可能性を示した。また、燃料電池は副産物として水しか排出しないため、Nexoは植物にきれいな水を供給することができる。さらに、Nexoは空気清浄機能も提供する。燃料電池システムを作動させるには清浄な空気が必要であるため、Nexoのフィルターは空気中の塵の99.9%を除去する。



ホンダ Mobile Power Pack World

 ホンダは着脱可能な可搬式バッテリー「Mobile Power Pack」を中心とするエコシステムのコンセプトを紹介した。同社のMobile Power Pack Worldコンセプトは、太陽光や風力など再生可能な電力源からのエネルギーを再分配する方法を示している。充放電器「Charge & Supply」ユニットに組み込まれたMobile Power Packバッテリーは、電気器具の電源やホンダのPCX Electric bikeのような小型電動モビリティの動力源として使用される。バッテリーの充電レベルが下がると、充電ステーションのExchangerユニットで満充電のバッテリーと交換し、元のバッテリーは再充電される。電力需要のピーク時には、Exchangerはユニット内のバッテリーから送電網に電力を供給し、電力網をサポートする。

ホンダ Mobile Power Pack ポータブル充電・放電バッテリーコンセプト ホンダ Mobile Power Pack バッテリー充電器コンセプト


サプライヤーの展示

 ContinentalDelphiMagna等の大手サプライヤーは、HVおよびEV技術関連の様々なシステムやデモカーを出展した。Continentalは電動化システム・部品を出展し、あらゆる充電ステーションで急速充電が可能になるAllChargeシステムを披露した。Delphi TechnologiesはVW Passatに搭載した48VマイルドハイブリッドDynamic Skip Fire技術を発表、エンジンの各気筒に「Fire」または「Skip」のいずれかを伝えるスマートテクノロジーを利用して燃費改善を行う。Magnaのe1 etelligentDriveデモカーは、3基の電気モーター(フロントアクスルに1基、リアアクスルに2基)を統合したシステムを備えるEVとなっている。

Magna e1 etelligentDrive デモカー Delphi Technologies 48Vマイルドハイブリッド Dynamic Skip Fireを搭載した VW Passat デモカー





------------------
キーワード
CES2018、Byton、Daimler、ダイムラー、ホンダ、現代、起亜、Hyundai、Kia、メルセデス、ベンツ、Mercedes-Benz、日産、トヨタ、EV、FCEV、電気自動車、燃料電池車

<自動車産業ポータル マークラインズ>