東京モーターショー2017:日産・ホンダ・三菱自の出展

日産は自動運転・EVのIMx、ホンダはEVコンセプト3モデルを出展

2017/11/10

要約

ニッサンIMx
日産が出展した「NISSAN IMx」

  本レポートは、2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催された第45回東京モーターショー2017での、日産・ホンダ・三菱自の出展概要を報告する。

  日産は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の未来を具現化した、100%電気自動車で、高度な自動運転技術を搭載するクロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」を世界初公開した。また、スポーツモデルのNISMOシリーズを拡充し、「Note」で好評のe-Powerを搭載するSERENAを発表した。

  ホンダは、モーターショー初日のプレスブリーフィングで、「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をブースコンセプトとして、「グローバルモデル」、「電動化モデル(HV、PHV)」、「コンセプトモデル」の3つのタイプに分けて出展したホンダ車を紹介した。コンセプトモデルとしては、EVの3モデルを出展。市販を予定する「Honda Urban EV Concept」を日本初公開、さらに、「Honda Sports EV Concept」を世界初公開、AIおよび自動運転技術を搭載する「Honda NeuV(ニューヴィー)」を日本初公開した。

  三菱自は、新しいブランド・メッセージ"Drive your Ambition"を体現するコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露、また新しいクーペフォルムのコンパクトSUV「ECLIPSE CROSS」を日本初披露した。


東京モーターショー2017関連レポート:

トヨタの多彩な出展 (2017年11月)
Bosch、デンソー、アイシン、三菱電機の展示 (2017年11月)
EV搭載システム、48V対応などの電動化技術 (2017年11月)